3Wはダフっても飛ぶ

近年は、フェアウエーからドライバーを使用するプロも例外的にいますが、グラウンドのボールを打つクラブで一番長いのは3番ウッド(3W)です。

この3Wを苦手に感じているゴルファーが実に多いとききますが、このゴルフスイングをマスターすると確実にプレーが楽になります。

3Wはシャフトが長く、ドライバーの次にロフトが立ったクラブであり、その上ドライバーと違ってティアップしていない状態のボールを打つので、ボールを高く上げる意識が強く働きすぎてしまい、ミスショットにつながる危険性があります。

これが苦手意識を強くしている原因なのかもしれません。

しかし、3Wなどを含めてフェアウェーウッドは、アイアンよりもソール幅が広い特徴を持ち、低・深重心のヘッド構造で、スイートスポットエリアが広いというメリットがあります。

一番助かるのはソール幅が広いので多少のダフリならばクラブヘッドが地面の上を滑ってくれるメリットが挙げられます。

誇張した表現かもしれませんが、ボールの手前、ヘッド1個分ダフってもソールが滑ってインパクトを迎えられることが期待できます。

その意味では、使いやすいクラブなのですから、3Wと友達にならない手はありません。

クラブヘッドは横にすべってくれるので、ソールの幅のないアイアンよりも、ウッドのほうがゴルフスイングは簡単でゴルフ初心者でも、比較的距離を稼ぎやすいクラブといえます。

フェアウェイウッドでは、ボールはドライバーと同様に左足かかと延長線上にします。

ドライバーとは違ってティアップはしていませんが、この位置で横になぎ払えばターゲット方向にきちんと飛んでくれます。

スポンサード リンク


距離の出るクラブだからといって強く意識しすぎると、上体に不要な力が入ってしまい、打ちそこなう危険性があります。

体重移動がうまくいかないで右足体重のままスイングすると、ボールのトップをたたいたり、はるか手前をダフったりするミスショットになる可能性があります。

フェアウェイウッドはシャフトが長いので、ボールと身体との距離があいているせいで、視線をボールに釘づけにしたゴルフスイングになりやすいものです。

まずは3Wでハーフショットをしてみることで、苦手意識を払拭しましょう。右腰から左腰の高さまでの振り幅のハーフショットで、ボールを前方に転がし出すイメージのゴルフスイングを心がけます。
001
このトレーニングでのコツは、ボールの前後の練習マットを、ソールでこする音を立てるようなゴルフスイングを意図的に行ってみましょう。

この「マットをこする音」を実現させるためには、クラブヘッドを水平に振り抜くことが要求されます。

クラブヘッドを鋭角的に打ち込んだり、ボールをすくい上げようとするゴルフスイングでは、こする音は聴こえません。

3Wを使ったハーフスイングによるランニングアプローチをイメージすると良いでしょう。これが「こすり音」を出すレベルスイングに結びつきます。

多少ダフリになってもクラブヘッドが振り抜ける感覚が持てて、ボールを転がし出すようなゴルフスイングをしても思いの外、ボールは上がっていくことを実感できればそれで正解です。

この練習に慣れるにつれて、ゴルフスイングの幅を徐々に大きくしていきましょう。

それだけで3Wはやさしく使いこなせるようになるでしょう。

フェアウェイウッドがもたらす効果を今では抜きにしてゴルフスイングを考えることはできません。

スポンサード リンク



プロゴルファーのキャディーバッグを覗いてもドライバーからはじまる奇数番手の計5本のウッド(1W、3W、5W、7W、9W)が入っていることも珍しくなくなりました。

中には5番アイアン代わりに11番ウッドも入れている例もあり、クラブセッティングは14本中、ウッドは6本という状況まで生まれています。

これまで触れてきたようにフェアウェイウッドの長所は、ロングアイアンやユーティリティークラブよりもボールが上がりやすいことが第一に挙げられます。

その上、アイアンと比較してソール幅が広いために少しくらいダフっても突っかかることなく芝の上を滑ってくれるので、ほとんどいのライから打てる点も見逃せません。

更に、高弾道を描くボールは硬いグリーンでもボールをうまく止められるでしょう。

もともと持ち球の弾道が低いタイプのゴルファーにとっては、フェアウェイウッドの方が高い球を打ちやすいのです。

スイートスポットに目を向けても、アイアンやユーティリティーよりもウッドの方が広いですし、とにかく簡単です。

見えを張ってフェアウェイウッドを使わないというのは愚の骨頂とも言えるでしょう。

注意点としては、フェアウェイウッドはボールをすくい上げようとするゴルフスイングをしてはいけません。

低い弾道でも構わないというくらいの気持ちでスイングすることがナイスショットを生み出すポイントになります。クラブに仕事を任せてしまえばそれでいいんです。

ミドルアイアンを打つ要領で、ボールの先のターフを取る意識でゴルフスイングしてみるといいと思います。

最初のうちの練習では右腰から左腰までのハーフスイングから取り掛かるといいでしょう。

飛距離を度外視して、ショットラインを重視してトレーニングをするわけです。

ストレートにボールが飛ぶようになったら徐々にスイング幅を大きくしていけば済む話です。アイアンと比べて重心深度が深いウッドの方が打ちやすいと感じるでしょう。

使いこなせないロングアイアンに固執するのは止めにして、ウェアウェイウッドでやさしいコース攻略を組み立てた方がゴルフスイングもずっと早く上達するはずです。

フェアウェイウッドのポイント

スポンサード リンク



フェアウェイウッドとドライバーとの違いは、ボールをスイングの最下点で捉えるという点だけです。

バックスイングからフィニッシュに至るまで、できるだけ肩を水平に回して、低くて長いフォロースルーをとるのが基本です。

フェアウェイウッドは距離のあるミドルホールやロングホールではスコアメイクの決め手になるということは確かです。

ドライバーショットを仮に失敗してもフェアウェイウッドさえ確実にショットすれば、ミスを挽回してパーをキープするチャンスが残るためです。

また、フェアウェイウッドはクラブヘッドの重心を低く設計されています。そのため、ロングアイアンよりもボールが高くあがるという特徴を備えています。

クラブヘッドをぶつけるイメージでのスイングでも思ったよりも距離が伸びますから、手にしっかりとなじむ感覚さえあれば手放せないクラブとなるでしょう。

3番ウッドなどは、ラフでも十分ボールを捉えることが可能ですし、距離の長いパー3ホールなどではティショットで使用するという方法もあります。

シニアゴルファーがフェアウェイウッドを多用する例が多いのは、フェアウェイウッドのあつかいやすさが重宝がられているからかもしれません。

ダフリ・トップからの脱出

トップ・ダフリはフェアウェイウッドに多いミス名のは確かですが、その原因として挙げられるのは、ボールの位置がいつもより体の左に出ているケースです。

そうするとクラブヘッドが軌道の最下点を過ぎてからボールに当たってしまいますから、ボールの頭を叩いてトップしてしまうというわけです。

また、メンタルな面としては、ボールを知らず知らずのうちにすくいあげる打ち方をしている可能性もあります。

そのためインパクトで左肩があがって、逆に右肩が落ちてしまって、ボールの手前を叩いてダフるというパターンです。

バックスイングで体が伸び上がり、インパクトで反対に沈み込むというパターンも少なくないでしょう。これでは、インパクトはもっと不安定になります。

フェアウェイウッドはソールが厚く、地面を滑らせるように打つのに適した設計がなされています。

ソールを地面に対して平行に動かす条件として、体も地面に対して平行に回転させなくてはいけないということが言えるでしょう。

トップ、ダフリが増えてきたら、もう一度アドレスしたときの、スクエアの条件を確認してみましょう。

3Wのゴルフスイングのドリル

3Wのゴルフスイングのドリルとしてレベルに振り抜くの上達のカギになります。

スポンサード リンク



インパクトしてからボールがあった元の場所をずっと見るようにすることがこの場合のコツと言えるでしょう。

ボールのあった場所を見続けることで左へのスエーを防止できて、インパクト以降にヘッドを加速させるゴルフスイングにつながります。

ドライバーショットのゴルフスイングに自信が持てないアマチュアゴルファーの特徴は、ダウンスイングのタイミングで左肩を早くターンさせることが多く、それと同時に頭が左へ動き、顔もターゲット方向へと向いてしまう状態です。

これによってラブヘッドは振り遅れるフォームになり、飛ばないスライスボールが出ること多いアウトサイドイン軌道を描くのです。
007

頭はトップ・オブ・スイングの位置のままにしてクラブヘッドを先行させれば、ボールのセット位置をクラブヘッドが通り過ぎるインパクトを見ることができます。

フィニッシュでシャフトが首筋の後方に触れるまでボール位置を見続けるようにするのが、3Wのゴルフスイングのポイントになります。

その際、フィニッシュの姿勢としては右足かかとが上がることなく、べ夕足状態でクラブを担ぐような状態が望ましいものです。

ダウンスイング以降に、身体の左へのスエーを防止するためには、クラブヘッドが先行する形の「ビハインド・ザ・ヘッド」のインパクトを迎えるようにします。

このゴルフスイングをマスターする練習方法として、3番ウッドでティーアップしたボールを打つことが効果的です。

3Wはドライバーと比較してヘッドの縦方向の長さが短いため、フェース面のどこでボールをとらえたかでインパクト時のヘッドの入射角を感じやすいというメリットがあります。

アッパーブローのインパクトになれば、ヘッドが下から上方に向かって移動するため、フェース面の下部でボールをヒットすることが多くなります。

それとは逆に、上方から下方のダウンブローの軌道になると、フェース面上部ボールをヒットすることが多くなります。

このトレーニングで目指すのはスタンス幅の範囲内でヘッドをレベルに走らせることにあります。これが、ボールに不要なスピンが加わらない理想的なインパクトと言えるでしょう。

スポンサード リンク



体の上下動を防止して、両肩を水平に回転させてクラブヘッドをレベルに振り抜く感覚をつかむコツをマスターするためにも、3番ウッドでべ夕足で、クラブを担ぎ上げるフィニッシュをとるドリルは非常に効果的です。

こちらの記事もどうぞ!

  • ゴルフクラブいろいろフェアウェーウッドの打ち方2 ゴルフスイングにおいては、ターゲットラインに対してフェースの向きをスクエアにすることと、スタンスをターゲットラインに対してスクエアにセット […]
  • ラフからのフェアウェイウッドラフからのフェアウェイウッド フェアウエーウッドは、その名前からフェアウエーだけで使うゴルフクラブだと誤解されている節があります。状況次第でドライバーやアイアンよりもず […]
  • 飛距離と頭の位置飛距離と頭の位置 飛距離を伸ばしたければインパクト以降もアゴに右肩が触れるまで頭を止めておきましょう。ゴルフスイングの基本理論として、飛距離を伸ばすにはヘッ […]
  • ゴルフスイングのドライバーのミスゴルフスイングのドライバーのミス ドライバーのミスショットの中から、テンプラ、トップ、チョロについて説明しておきます。ゴルフスイングの悩みの種とも言えるミスショットを極力減 […]
  • ドロー、フェードのゴルフスイング2ドロー、フェードのゴルフスイング2 ドロー、フェードのゴルフスイングでは左へのヒッカケ、右へのプッシュアウトというミスショットのリスクも高いスイングになります。それでは精度の […]
  • フェアウェーウッドの使い方フェアウェーウッドの使い方 ゴルフスイングの中でもフェアウェーウッドで飛ばす場合時は、トップ・オブ・スイングまで力を入れずにゆっくりとした動作でクラブを上げて体に捻じ […]
  • ドライバーショットのアドレスでのボールの位置ドライバーショットのアドレスでのボールの位置 ドライバーショットのアドレスにおける「ボールの位置」について最新のゴルフスイング理論を踏まえて説明します。ドライバーショットでは、ボールは […]
  • ゴルフクラブいろいろフィニッシュまで振り切る 飛距離アップのゴルフスイングづくりをスタートする前に、ゴルフ練習場で7番アイアンを使った練習をしてみましょう。ボール代わりにゴムティーを使 […]
  • ダウンスイングは自然落下ダウンスイングは自然落下 ほとんどのゴルファーは、ゴルフスイングというものはトップ・オブ・スイングの高さまでドライバーを振り上げたら、いきなり腕でクラブを加速させる […]
  • フェース面の確認フェース面の確認 ドライバーのゴルフスイングで最も大切なもの、それはクラブのフェース面のコントロールです。最新のドライバーで飛距離を稼ぐには、ここが大きなポ […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ