飛距離を伸ばしたいなら右腰を切れ

ゴルフスイングで飛距離を伸ばしたいならトップ・オブ・スイングはコンパクトにすることを心がけましょう。

バックスイングの時点で左の肩がアゴに触れる程度で十分な大きさです。

バックスイングをいくら大きくしても飛距離は伸びません。

それよりも、コンパクトなゴルフスイングにすれば余計な動作が抑えられて、ダウンスイングの時点ではゴルフクラブを鋭く振り下ろせるメリットが挙げられます。

ゴルフスイングは和太鼓を叩く時をイメージすると良いかもしれません。

力まかせにいくらバチを振り下ろしても、肘をテコの支点として振り下ろした方がずっとパワフルな音が出せます。よく考えてみるとこれはゴルフスイングと同じことに気が付くはずです。

鋭く振り切るために、そして飛距離を伸ばすゴルフスイングにするためには、コンパクトなバックスイングにすることが大切です。

けれども、意図的にバックスイングを小さくする意識は必要ありません。バックスイングを小さくしようと意識してしまうと、ゴルフスイングのリズムが乱れて、手先だけでクラブを振り上げてしまうので逆効果です。

ゴルフスイングで「腰を切る」という言葉は主にダウンスイングの段階でよく使われます。

しかし実は、ダウンスイング以前に腰を切ると効果があり、バックスイングの時点でこの「腰を切る」という意識を持つことが、飛距離アップのためのポイントになるのです。

バックスイングで腰を回転させたなら、ウエートは自然と右足にシフトし、上体もスムーズに動くようになります。左の方も比較的容易にアゴの下に入るでしょう。

十分にバックスイングで腰を右サイドに回転させることによって、今度はダウンスイングで腰を左方向に切ることができるようになるでしょう。

スポンサード リンク

では、具体的にどんなイメージで腰を切ったらいいのかを説明します。簡単なイメージを挙げておきましょう。空手で積み重ねた瓦を割る動作を頭の中に思い浮かべてみましょう。

右手の拳を引き上げた際、自然に右腰をキュッと後方に引いて回転運動しています。

これと同じ動きをバックスイングに取り入れてみるのです。瓦割りの空手のイメージで右腰を回転させると左肩がアゴの下までスムーズに入っていくことでしょう。これでコンパクトなトップ・オブ・スイングができるのです。

飛距離を伸ばそうと思ったら、まずはバックスイングで腰を切る動作を取り入れることが大切です。

これを実行することがゴルフスイングから無駄な動きを遠ざけて、ボールを遠くまで飛ばす一つのヒントになるでしょう。

ここから先は、グリップの仕方についてのアドバイスです。これも飛距離を伸ばすためには欠かせないポイントだからです。

グリップは、スイングした際の遠心力に負けない程度の弱い力を入れるだけで構いません。

ここでクラブがすっぽ抜けてしまうのをおそれる気持ちが働いて強く握りすぎると、腕の力でゴルフスイングの軌道がズレるため、ミスショットにもなりかねません。

自分ではかなりゆるくグリップしたつもりでいても、そう簡単にクラブがすっぽ抜ける心配はいりません。

大切なポイントは、中指と薬指をグリップに引っかけるような意識で握ることです。

人差し指や小指を使おうとすると腕に力が入りすぎてしまうので、軽く添える程度の気持ちで十分です。

グリップの仕方と連動して気を配ったほうが良い点は、わきを締める意識を持つということです。

スポンサード リンク



ゴルフでは、わきを締めろという言葉によく遭遇しますが、このイメージを正しくマスターするにはコツがあります。

この場合、からだの正面でギュッと力が入りがちになりますが、大切なのは背中にある筋肉で支えるイメージです。

この点を勘違いすると腕に余分な力が入り、グリップの力みにもつながってしまって飛距離が伸びないゴルフスイングになります。

正しいグリップの握り方を練習するには定規を使ってみるのも良いでしょう。

最初に定規の上側に親指を乗せ、下側に中指と薬指を引っかけた形を作ります。

小指と人差し指は自然に添える程度にします。

このとき、親指で押さえつけることは避けて、親指は引っかけた2本の指を支える程度にとどめておきます。これがゴルフの正しいグリップです。

こんなにゆるいグリップでクラブが抜け落ちないか心配であれば、定規を引っ張ってもらって確認するとよいでしょう。

引っ張られるとなるほど腕は前に移動しますが、腕が伸び切ったところに達するとしっかり止まるはずです。

脇の下の後ろ側の筋肉に力が入っていることがわかれば満点です。この状態がゴルフの「脇を締める」という動作そのものです。

飛距離アップのゴルフスイングは無駄を取り除くこと

ドラコン王に輝くようなプロゴルファーであっても飛距離を第一に意識したゴルフスイングをしているとは限りません。

試合中に飛距離計測ホールに回っても、「一発かっ飛ばしてやろうと」とドライバーを振り回したりすることはないと聞きます。

それよりも、ボールを曲げないように、フェアウエーをとらえるぞという意識を強く持ってゴルフスイングに臨んでいると言われています。

飛ばそうと意識したことは飛ばし屋でもほとんどないのが実際のところです。

その理由は、いくら飛距離が伸びても左右に曲がってしまうよりも、ボールが曲げなければ、その分飛距離のロスを抑えられるからです。

その積み重ねがドライビングディスタンスの向上につながるという話です。

アマチュアゴルファーの中には、いざドラコンホールを迎えると、バックスイングを普段よりも大きくして、ダウンスイングでヘッドスピードを速めるためにドライバークラブを目いっぱい振り回しているのではないでしょうか。

スポンサード リンク



そのゴルフスイングでうまくボールをとらえることができたならば、飛距離アップが望めるのるかもしれません。

しかし、飛ばしたいといくら頭で考えても、実際はとんでもない方向へ飛んではいないでしょうか。

飛ばしのテクニックの核心的なお話をします。それは、ゴルフスイングから一切の無駄な動きを切取り除くことにあります。

もう少しわかりやすくポイントだけ言うと、バックスイングをコンパクトにして振ることです。

大きなバッグスイングを取れば一見すると飛距離が伸びそうに感じますが、実際はそうではありません。

クラブがスイングプレーンから外れたり体がスエーしたりとゴルフスイングに無駄な動作が生じやすくなります。そして、ミスショットに結びつきます。

飛ばそうと意識することが、実は飛ばないゴルフスイングになってしまっているということです。

その点、バックスイングをコンパクトに抑えて、左肩がアゴの下に触れたらバックスイングは終了させるイメージを持てばインパクトにボールを強く叩くことができますし、きちんとした大きなフォロースルーを取ることができるのです。

これによってパワーのロスを最小限に留めて、無駄の無いパワーをボールに伝えられ、余計なスイング動作をしない分だけボールは曲がりにくくなります。

結果的に、飛距離アップにつながります。

ここで飛距離アップのためにドライバーの基本的な特性をもう一度理解しておきましょう。

どんなスポーツでも使用する道具の特性を知っていなければうまく扱うことはできないからです。

ゴルフというスポーツは、他の競技と比較しても特に道具の性能をうまく引き出すことが上達の大きなポイントになる競技です。

近年のゴルフクラブとりわけドライバーは、性能が飛躍的に向上していることは驚嘆を覚えるほどです。

ボールをヒットしたときのクラブフェースの反発力やシャフトの効果的なしなりが影響して、無駄なパワーを入れなくても、からだに無理なくクラブを自然体でスイングするだけで驚くほど飛距離が伸びます。

つまりいいゴルフスイングをするには、ドライバーの性能を正確に把握したうえで、それを妨げないようにからだを動かしていけばいいことになります。

クラブの性能を邪魔しないからだの使い方といっても、普通に考えるだけで構いません。余分な力を入れず、リラックスして姿勢を崩さずにと楽にスイングするだけです。

スポンサード リンク



ゴルフスイングを始める前にドライバーの特性を理解して、どうして力を入れる必要がないのか、どうして思い切り振らなくても飛距離が伸びていくのかを、しっかり理解しておきましょう。

こちらの記事もどうぞ!

  • 飛距離と頭の位置飛距離と頭の位置 飛距離を伸ばしたければインパクト以降もアゴに右肩が触れるまで頭を止めておきましょう。ゴルフスイングの基本理論として、飛距離を伸ばすにはヘッ […]
  • ストロンググリップで飛距離を稼ぐストロンググリップで飛距離を稼ぐ ゴルフクラブの進化に伴ってゴルフスイングの基本のセオリーも変しました。ゴルフスイングの基本となるグリップ方法もそのひとつです。最新のゴルフ […]
  • 右膝を絞り込んで飛距離アップ右膝を絞り込んで飛距離アップ 冬場のゴルフスイングで飛距離アップに有効な手段は滞空時間の短く、風の影響を受けにくい低いドライバーショットを狙うことです。具体的な実現策は […]
  • トップからの切り返しで飛距離アップトップからの切り返しで飛距離アップ ゴルフスイングで飛距離を伸ばす方法の一つとして、トップでの切り返しについて説明しておきます。ドライバー・ショットを曲げないことは飛距離アッ […]
  • ドライバーの飛距離アップドライバーの飛距離アップ ゴルフスイングの中でもドライバーショットとなると、ほとんどの人が遠くまで飛ばしたいという強い意識が働くのは自然なことです。しかし、大振りし […]
  • ドライバーで飛ばすコツドライバーで飛ばすコツ ゴルフスイングがある程度固まってくるとドライバーを手にしたティーショットでは、誰もが飛距離を出したいという気持ちがわいてくるのも当たり前の […]
  • ゴルフスイングと風対策についてゴルフスイングと風対策について ドライバーでのゴルフスイングする場合、でティーの高さを調整することで弾道の高低をコントロールすることは理論的には適当な方法ではないことを以 […]
  • フェース面の確認フェース面の確認 ドライバーのゴルフスイングで最も大切なもの、それはクラブのフェース面のコントロールです。最新のドライバーで飛距離を稼ぐには、ここが大きなポ […]
  • ゴルフスイングを途中で止めないゴルフスイングを途中で止めない 基本になるゴルフスイングは、クローズドスタンスに構えてからテークバックして、トップ・オブ・スイングに達したらスイングをストップさせずに、一 […]
  • ゴルフスイングはクローズドスタンスからゴルフスイングはクローズドスタンスから ゴルフスイングの上達は、ゴルフというスポーツの魅力を知るためには欠かせないことです。ゴルフの楽しみ方は人それぞれでしょうが、基本は「ボール […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ