飛距離と頭の位置

飛距離を伸ばしたければインパクト以降もアゴに右肩が触れるまで頭を止めておきましょう。

ゴルフスイングの基本理論として、飛距離を伸ばすにはヘッドスピードを上げる必要があることは、ゴルファーなら誰もが理解している根本原理です。

しかし、一般のゴルファーはこれが実践できない事の方が多いのです。

プロゴルファーとアベレージゴルファーの違いの一つは、インパクト直後の頭の位置です。それがヘッドスピードの差となって表れてきます。

ツアープロのレベルになると、クラブフェースがボールをとらえてから、フェース面上でボールが瞬間的につぶされて、そして打ち出されるまでしっかりボールを見ているものです。

頭をトップ・オブ・スイングの位置に止めたまま、クラブヘッドが視界を通過するまでボールがあった元の位置をずっと見続けているようです。

しかし、アベレージゴルファーはインパクトでクラブフェースがボールをとらえた時点で、すぐに顔を上げてターゲット方向を見てしまうものです。

顔がボールの行方を追っていたり頭が左にスエーしているのです。そのため、インパクトの後もクラブヘッドがグリップ位置よりも先行する形にはならないのです。

これがヘッドスピードをアップできないゴルファーの最大の欠点なのです。トップ・オブ・スイングからインパクトまでは、クラブヘッドはグリップ位置を追い越しません。

けれども、インパクトからフィニッシュにかけてはクラブヘッドが先行した状態になってはじめて、ヘッドスピードが上昇するのです。

インパクトの時点でボールがつぶれて飛び出すまで顔を上げないようにするというのはイメージ的な見方でしかありません。

スポンサード リンク


インパクト以降、クラブヘッドが先行するゴルフスイングを作るには、アゴに右肩が触れるタイミングまで頭をストップさせることが一番よい方法です。

無茶苦茶速くヘッドを振っているのに、飛距離がさっぱり出ないという人の多くは、ダウンスイングでアゴが右肩と離れていないかチェックしましょう。
007
頭の位置が左に動いてしまい、それが原因でヘッドスピードの上昇を妨げている原因にもなっているかもしれません。

トップ・オブ・スイングで顎の下に左肩を収めたなら、ダウンスイング以降は左肩をターゲット方向へ回転させ、次に顎の下に右肩が来るまで頭の位置を保ちましょう。

これがビハインド・ザ・ボールのインパクトフォームに繋がります。

ドライバーの魅力は、やはり「豪快に打って遠くまでを出すこと」と考える人は少なくないでしょう。

しかし、インパクトでからだのどこかに無駄な力が入ったゴルフスイングになってしまっては、何もかもが水の泡になってしまう危険性があります。

飛距離を出そうとする場合でも、力を入れるは必要はありません。ゴルフスイングの基本として大切なのは力ではなく、スイングのスピードのほうです。

トップ・オブ・スイングからダウンスイングに移行するときに「わずかに腰を元に戻す」動きを取り入れるだけでヘッドスピードがアップします。

これは、ゴルフクラブの切り返しを始動させるためのきっかけをつくってあげるということを意味しています。これによってシャフトのしなりも大きくなって、よりシャープなゴルフスイングの基本ができあがるのです。

注意が必要なのは、絶対に力を入れたり、勢いをつけたることを意識しないことです。腰をキュッと回転させる動作ではなく「アドレスの位置に戻す」感覚だけで十分です。

このゴルフスイングをすぐに実践するのではなく、しっかりとゴルフスイングの基本の感覚を身に着けてから行うようにしましょう。

切り返しで力まずに軽く腰を戻す

スポンサード リンク



大きくゆっくりなゴルフスイングをしていても腰は自然にターンするものです。

切り返しで、ダウンスイングに移行するタイミングで、左腰を軽く引くように動かして腰をアドレスのポジションに戻してみましょう。

これで、腕に余分な力を入れなくても、腰のターンにうながされてすばやくスムーズに腕が振れるようになるでしょう。

このとき、下半身だけ勢いよくターンさせて、上半身が後ろ側方に置いていかれないように注意することです。

体幹を安定させるゴルフスイングの基本を意識して、ゆっくりと切り返しのタイミングを見極める程度に腰を戻すことにしましょう。比較的簡単にできそうですが、実際にやってみると飛距離の伸び具合に驚くはずです。

飛距離を出すもう一つポイントは、インパクト直前に肩甲骨の下に意識を向けることです。

その瞬間にわきが締まりヘッドスピードがアップするので、力強いゴルフスイングができるでしょう。この場合も、力まないように軽く意識する程度にすることを心がければうま<力が入るでしょう。

体重移動がゴルフスイングのキーポイント

ドライバーショットの正しい体重移動とは、バックスイング→ダウンスイング→フィニッシュの順に、両足→右足→左足へとスムーズに重心を移動させることを言います。

この一連のゴルフスイングの中、バランスを崩してしまえばボールをジャストミートできる確率はそれだけ低くなります。

ドライバーショットの正しい体重移動とは、バックスイング→ダウンスイング→フィニッシュの順に、両足→右足→左足へとスムーズに重心を移動させることを言います。

この一連のゴルフスイングの中、バランスを崩してしまえばボールをジャストミートできる確率はそれだけ低くなります。

肩を回しすぎて足元のバランスが崩れることなど問題外なのです。

そこから、「断崖絶壁に立た状態でドライビングコンテストをするイメージをいつも持て」といった過激でわかりにくい表現をする人もいます。ゴルフスイングを教わっている最中の人には無用の言葉でしょう。

このような体重移動を見事に成功させるためには「ビハインド・ザ・ボール」を実現させることが不可欠です。「ビハインド・ザ・ボール」とは、インパクトでボールの位置よりも後方に頭を残すという意味で使われる言葉です。

スポンサード リンク



「頭、つまり、顔面を動かすな」という指導をする向きもありますが、この点ばかりを意識しすぎると、バックスイングの時点では右足への体重移動がスムーズに実行できずに、左足に体重が残る可能性があります。

反対にダウンスイングでは顔面を動かさないと右足に体重が乗ってしまうので、いわゆる「ギッコンバッタン」のゴルフスイングが出来上がってしまいます。

顔面自体はゴルフスイングの一連の流れの中で多少は左右に動いても構いません。

体重移動の面から考えると、大切なのは頭そのもののポジションを動かさないようにすることです。肩を回しすぎないことからスタートする体重移動です。

1つ1つのポイントに気を配りながら、ゆくりとドライバークラブを振ってみましょう。リズムがつかめると、飛距離も方向性も圧倒的に安定感が高まるはずです。

ゴルフスイングの体重移動を体感できる練習方法がありますので、別な機会にみなさんに紹介したいと思います。
ハンドファースト
どんなスポーツであっても、からだが柔軟に使えるほうが有利であることは確かでしょう。

ゴルフスイングでも、からだを柔らかく使うことができれば、スムーズで無駄のない動きでボールをヒットできるようになります。

柔軟性が高いということは、それだけ身体の可動域が広いことを意味しますから、打球にも力強さが加わることは確かでしょう。

以上の話の前提条件になるのは、からだをうまく活用できた場合のこと話です。

からだをうまく利用する感覚がマスターできていなければ、美しいフォームのゴルフスイングで安定したボールを打つことは難しくなります。

身体の捻りが大きいとクラブヘッドが移動する距離が伸びることを意味するため、美しいゴルフスイングになる可能性が高まります。

しかし飛距離が伸びるということは、わずかにゴルフスイングにリキミが加わることでブレ幅が大きくなってしまうというデメリットもあります。

身体の柔軟性が高いゴルファーや美しいゴルフスイングを意識している場合は、からだの捻りがききすぎて、いつの間にか回転軸がブレてしまう傾向が出てくることもあります。

スポンサード リンク



この場合の対策としては、身体の捻りを抑えたフォームをつくってからゴルフスイングすることを考えた方がいいでしょう。

身体を大きくひねると、女子プロのような美しいゴルフスイングができそうな気がすることは確かです。

けれども、せっかくダイナミックなゴルフスイングをしても、からだの軸が安定していないと、せっかく身体に蓄積されたひねりのパワーも効率的に利用できません。

また軸が不安定になると、それだけゴルフスイングのブレ幅も増すことになります。

クラブフェースの端でボールに当たったことがあるのでしたら、それはスイングにブレが生じていることを意味しているのですi

身体の回転が大きすぎる人は、足を閉じた状態で素振り練習をしてみると改善できます。

足を開いた状態よりも、回転は抑えられた状態になるはずです。身体の捻りはこの程度の軽いもので十分なのです。

ベッド・ビハインド・ザ・ボールできているか

001ダウンスイングからインパクトに至るまで頭がターゲット方向に流れるようですと、著しくミート率を低下させる原因となってしまいます。

頭の位置が変わってしまえばスイング中に首の付け根を安定した位置にキープできず、体の回転にどうしても歪みが生まれてきます。

そのため、体が開かないように「ヘッド・ビハインド・ザ・ボール」と言う意識が大事になってくるのです。

これはインパクトの時点でボールよりも頭が先に出ないように頭をボールよりも後方に保っておくことを意味しています。

だからと言って頭が右側(ボールの飛球方向と反対側)に動いていいというのとは違います。フィニッシュで右足体重になって、上体が右側にのけぞるのは明らかな間違いです。

スイング中に頭をアドレスの位置にキープ

スポンサード リンク



ドライバーショットではボールを左カカトの前に置くことになりますが、スイング中に頭は必ずボールよりも後方に保たれることになります。

ショートアイアンはボールと頭の位置がほぼ同じ状態になりますが、この場合も頭がターゲット方向に流れないようにする必要があります。

大切なのは構えたときの頭の位置をキープすることが重要という意味であり、結果的にどのクラブでも頭がボールよりも先に出ることがないようにしないといけません。

こちらの記事もどうぞ!

  • ボール位置の最適化ボール位置の最適化 ゴルフスイングの基本となる思考方法は、ボールを打つにではなくクラブを振るという意識です。これが飛距離を伸ばすために一番必要な考え方です。ボ […]
  • ドライバーの飛距離アップドライバーの飛距離アップ ゴルフスイングの中でもドライバーショットとなると、ほとんどの人が遠くまで飛ばしたいという強い意識が働くのは自然なことです。しかし、大振りし […]
  • トップからの切り返しで飛距離アップトップからの切り返しで飛距離アップ ゴルフスイングで飛距離を伸ばす方法の一つとして、トップでの切り返しについて説明しておきます。ドライバー・ショットを曲げないことは飛距離アッ […]
  • ストロンググリップで飛距離を稼ぐストロンググリップで飛距離を稼ぐ ゴルフクラブの進化に伴ってゴルフスイングの基本のセオリーも変しました。ゴルフスイングの基本となるグリップ方法もそのひとつです。最新のゴルフ […]
  • ドライバーで飛ばすコツドライバーで飛ばすコツ ゴルフスイングがある程度固まってくるとドライバーを手にしたティーショットでは、誰もが飛距離を出したいという気持ちがわいてくるのも当たり前の […]
  • 右膝を絞り込んで飛距離アップ右膝を絞り込んで飛距離アップ 冬場のゴルフスイングで飛距離アップに有効な手段は滞空時間の短く、風の影響を受けにくい低いドライバーショットを狙うことです。具体的な実現策は […]
  • 飛距離を伸ばしたいなら右腰を切れ飛距離を伸ばしたいなら右腰を切れ ゴルフスイングで飛距離を伸ばしたいならトップ・オブ・スイングはコンパクトにすることを心がけましょう。バックスイングの時点で左の肩がアゴに触 […]
  • ドライバーショットのアドレスでのボールの位置ドライバーショットのアドレスでのボールの位置 ドライバーショットのアドレスにおける「ボールの位置」について最新のゴルフスイング理論を踏まえて説明します。ドライバーショットでは、ボールは […]
  • フェース面の確認フェース面の確認 ドライバーのゴルフスイングで最も大切なもの、それはクラブのフェース面のコントロールです。最新のドライバーで飛距離を稼ぐには、ここが大きなポ […]
  • ゴルフクラブいろいろフェアウェーウッドの打ち方2 ゴルフスイングにおいては、ターゲットラインに対してフェースの向きをスクエアにすることと、スタンスをターゲットラインに対してスクエアにセット […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ