練習場では1球ずつボールを曲げる

ストレートボールを打つ練習ばかりでは、ゴルフスイングの上達には限度があります。

ストレートボールよりも曲がるショットのほうが使い勝手が良いのです。フェアウエーの幅が40ヤードのセンターを狙ってストレートボールを打つ仮定してみましょう。

ストレートボールを打つ練習ばかりでは、ゴルフスイングの上達には限度があります。ストレートボールよりも曲がるショットのほうが使い勝手が良いのです。

フェアウエーの幅が40ヤードのセンターを狙ってストレートボールを打つ仮定してみましょう。

ストレートに打てるテクニックが備わっていれば何の問題もありませんが、ほとんどのプレーヤーは右か左にボールが曲がります。

この時、センター狙いをしてそこからボールが曲がったなら40ヤードあるフェアウエーも実質的に半分の20ヤードに狭い状態と変わりありません。

その点、最初から左右どちらかに曲がるショットを狙ってスイングすれば、フェアウエーの右端もしくは、左端に狙いを定めて打ち出すことができるので、その幅を十分に使えることになるのです。

フェアウエーをキープできないと幾多のハザードや深いラフが待ち受けるホールでは、安全に打てるのは曲がるボールなのです。

それでは、曲がるボールを打つゴルフスイングの練習法をレッスンするにはどうすれば良いのでしょうか。

まずは、パー3のティーショットであると想定してボールをティーアップしてトレーニングしましょう。それを7番アイアンで打つ練習がポイントになります。

スライスかフック、いずれかの球筋を打つかを心に決めてゴルフスイングに臨んでください。次は、前のゴルフスイングとは逆の球筋を打ってみるのです。

スライスボールを打った次はフックボール、またその次はスライスボールといった具合です。球筋を交互に打ち分けるトレーニングをするのです。

スポンサード リンク


ショットの善し悪しはこの際問題ではありません。もともとの持ち球がスライスの人にとってはフックボールは打ちにくいし、フックボールが得意な人はスライスボールを打ちこなすのは大変でしょう。

その打ちづらさを我慢してゴルフスイングのどの部分に違和感を感じるのかをつかみましょう。

球筋の打ち分け方はまだ練習したこともないのにと考える人もいるでしょうが、決して悪意で打ち分け方を勧めてえいるのではありません。

1球ずつ交互に球筋を打ち分ける練習を続けているとゴルフスイングの最中の体や腕の振り方、筋肉の使い方、スイング軌道などの違いおのずと感じ取れると思います。

また、球筋を打ち分けようとするとアドレスの際に、フェース向きを開閉したり、グリップもスライスグリップやフックグリップに握らざるを得なくなります。スタンスをオープンやクローズドにしてみる工夫をしてゴルフスイングに臨むことでしょう。
007
球筋を打ち分けるイメージの違いを体で覚えることが非常に大切なことになります。

ことにゴルフ練習場では、騙されたと思って球筋を1球ごとに打ち分ける練習を繰り返してみてください。

そのために要求される創意工夫や努力がコースに立ったときに有効になるでしょう。

ゴルフスイングでは方向の錯覚さえ無くせば、あとはまっすぐクラブを振ることを身に着けるだけです。

これによって、確実にまっすぐボールを飛ばせるようになりますが、まっすぐクラブを振るためには、腕をまっすぐリラックスさせてと振らなければなりません。

これを簡単だと思うかもしれませんが、実際にやってみると意外にもすぐにはできないものなんです。

そこでゴルフスイングの最初の1歩として、腕を振る感覚を理解しておく必要があるでしょう。

スポンサード リンク



腕がまっすぐ振れる技術が身に付けば、クラブは腕の延長線と考えれば良いわけです。

それを意識するために、最初は片手でクラブを持ってリラックッスして軽く振ってみましょう。

非常にシンプルな動きですが、これをやっておくことはゴルフスイングをマスターするうえで非常に重要なことになります。

実際に振ってみると、重さや速度の変化によって位置が微妙に違うことを感じられるでしょう。

このクラブの重みや重心の移動速度を、肌で感じてマスターすることで、ゴルフスイングは飛躍的に向上していきます。

最初は正面を向いてボールを転がしてみて、まっすぐ転がったら次は真横を向いて転がす練習に移りましょう。

最初からまっすぐ投げれる人は意外と多くはないはずです。まずはこのトレーニングを繰り返して「ストレートに腕を振る」という感覚を体得しましょう。

腕の振り方が理解できてからは、次はクラブを実際に振ってみる段階に移行しましょう。

右手一本でゴルフクラブを持ち、ボール転がしの感覚でスイングしてみるだけです。クラブを握った瞬間に、力を入れて振ってしまう人も少なくないので注意しましょう。

ボールを転がすときと同じで、腕をゆっくり柔らかく軽く振るだけの動きです。クラブは腕の延長線と考えた上で、ゴルフスイングは意識せずに腕をリラックスさせてやってみましょう。

ボールを曲げるのはスタンスの向き

フック、スライスに対応した特別な足の向きはないと考えることもできます。つまり、打ち出し方向に対していつもスクエアという意味です。

球筋を打ち分ける練習をするとき、足の向きをオープンにしたりクローズにしたりする必要ありません。

自分の打ち出していきたい方向に対して常にスクエアに構えるだけで、ボール位置やボールとの距離感などは何も変わりません。

スクエアといっても、少しだけクローズ気味のアドレスと呼ぶべきでしょうか。

ピンをデッドに狙う練習では、ドローボールではそのピンの右サイドに打ち出していき、フェードボールはその逆です。

スポンサード リンク



打ち出す方向が変わるだけで、基本的には常にスクエアに構えることです。

実際の打ち分け方は、ドロ一、フェードと意識を変えるだけで結果的にクラブ軌道に変化が生じて球筋も変わると思っても良いでしょう。

あくまでも“打ちたい”と意識するだけで打ち分けて可能ですから練習場でまずは試してみましょう。意識の違いと構える向きだけでこんなにも差が出るのかと驚くかもしれません。

ハーフスイングを2個のボールで

ハーフスイングのトレニング方法として、2個のボールを並べて長いインパクトエリアを準備しましょう。

ショットの方向性の精度を上げるためには、インパクトから少なくとも7時のポジションまでは、クラブヘッドは飛球線上を真っ直ぐに走らせたいものです。

ハーフスイングのトレーニング方法として、ボールを2個使ってショットしてみます。

ゴルフスイングの基本をマスターする上で、ハーフスイングでの2個のボール打ちは有効な練習方法です。

1個目のボールは左足かかと前に、そして2個目のボールはその約40センチ前方にボールを並べてティーアップします。この両方を打つ練習です。

ダウンスイングの5時のタイミングでアドレスの位置に戻ってきた左肩関節のつけ根部分(左腕のスイングの支点)を、8時のフィニッシュまでしっかりと固定する意識を持つことが必要です。

そして、あごの軸を意識して注意することで、2個のボール両方をまっすぐに飛ばせるようなゴルフスイングをしましょう。

インパクトエリアでクラブフェースを真っ直ぐに走らせることが、このスイングトレーニングの目的です。

4時-8時のハーフスイングの振り幅でうまくショットできない場合は、少し小さめの4-8時スイングでトレーニングしても構いません。

今回のレッスンのポイントは、スイングの軸と支点が正しい位置で、クラブヘッドを正しく走らせることができていることにあります。

あご軸の向きと左肩関節のつけ根を動かさないことを意識的におこなってくださ,い。

2個のボールのうち1個しか打てない人はバックスイングをもう一度チェックしてみましょう。

スポンサード リンク



この練習で、ティーアップした2個のボールのうち、40センチ先のボールが打てない人は、ほとんどバックスイングに原因があるケースです。

ひとつ目は、バックスイングで右サイドの我慢が足りずに、右腰や右肩が後ろに引けてしまうケースが考えられます。

こうしたバックスイングからは極端なインサイド・アウトの軌道が生まれます。

もうひとつは、手先だけでひょいとクラブを持ち上げてしまうケースです。

この場合はバックスイングでの肩の回転が浅くて、結果的にダウンスイング以降はアウトサイド・インになりやすいものです。

この他にも、ダウンスイングの段階で左ひざが伸びて左腰が早く開きすぎたり、右肩が前に出てしまい、インパクトの前後でストレートな軌道でクラブヘッドが走らないケースもあります。

どのケースでもゴルフスイングの基本からは逸脱した状態です。

ハーフスイングでのボール2個打ちのトレーニングでこうした問題から脱却してください。

こちらの記事もどうぞ!

  • ゴルフスイングではストレートボールへのこだわりを捨てるゴルフスイングではストレートボールへのこだわりを捨てる ゴルフスイングでは、絶対に右か左かに曲がるショットを打つことができれば正解です。ストレートボールへのこだわりを捨て去るのです。それがコース […]
  • ドライバーショットのアドレスでのボールの位置ドライバーショットのアドレスでのボールの位置 ドライバーショットのアドレスにおける「ボールの位置」について最新のゴルフスイング理論を踏まえて説明します。ドライバーショットでは、ボールは […]
  • スライサーの練習ドリルスライサーの練習ドリル スライスに悩むゴルファーは両肩をレベルに回転させる練習ドリルをゴルフスイングのトレーニングの中に取り入れてみてはどうでしょうか。ターゲット […]
  • ティーアップしたボールのゴルフスイングティーアップしたボールのゴルフスイング ドライバーショットではゴルフスイングの中で唯一ティーアップしたボールを打つことになります。ショットの中でもこれだけは、スイングの最下点を通 […]
  • スライスとアドレスの入り方スライスとアドレスの入り方 ラウンドの最中にボールに触れることが許されているのは、基本的にティーアップするタイミングとグリーン上に乗った場合に限定されます。このルール […]
  • フェース面の確認フェース面の確認 ドライバーのゴルフスイングで最も大切なもの、それはクラブのフェース面のコントロールです。最新のドライバーで飛距離を稼ぐには、ここが大きなポ […]
  • プロのフィニッシュプロのフィニッシュ ゴルフレッスン書やゴルフ雑誌にはプロのゴルフスイングの連続写真がよく載っていますね。この連続写真から、何を学びとるべきだかというテーマです […]
  • ゴルフスイングのドライバーのミスゴルフスイングのドライバーのミス ドライバーのミスショットの中から、テンプラ、トップ、チョロについて説明しておきます。ゴルフスイングの悩みの種とも言えるミスショットを極力減 […]
  • ドロー、フェードのゴルフスイング2ドロー、フェードのゴルフスイング2 ドロー、フェードのゴルフスイングでは左へのヒッカケ、右へのプッシュアウトというミスショットのリスクも高いスイングになります。それでは精度の […]
  • ストロンググリップで飛距離を稼ぐストロンググリップで飛距離を稼ぐ ゴルフクラブの進化に伴ってゴルフスイングの基本のセオリーも変しました。ゴルフスイングの基本となるグリップ方法もそのひとつです。最新のゴルフ […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ