正しいアドレスがナイスショットを生み出す

シーズオフの期間には、練習場でゴルフスイングやパッティングの精度を高めておくことは非常に大切な心がけです。

その場合にぜひチェックしておきたいのが、正しいアドレスになっているかどうかについてです。

ターゲット地点に対して正しくスクエアに構えられているでしょうか。

たとえどれほどゴルフスイングが素晴らしくても、アドレスの方向が間違っていたのでは、ショットの方向性は安定感を欠いて飛距離をロスするのと同じことになってしまうからです。

プロゴルファーであってもスタート前とラウンド後に必ずアドレスの向きのチェックをしているそうです。

打席にクラブを置くのも良いでしょうし、ターゲットの方向にラインを引いたりして、ターゲット方向に正しくアドレスできているかのチェック作業を必ずしたほうが良いのです。

派手さはない作業ですが、アドレスの狂いがゴルフスイングやショットの乱れに結びつく可能性は無視できません。

アドレスの向きを正しくとることによって、やっとゴルフスイングの確認や矯正を行う意味があるといえます。

ゴルフ練習場には打席の向きや打席マットのラインなどがあるので、自分が目標とする地点に対してスクエアにアドレスできていないケースはあまり目立たないかもしれません。

最初にターゲット方向に対して打席上で一本のクラブをスクエアに置いて、そのクラブをひとつの目標に考えてスクエアスタンスを取ってみましょう。

次にいったんアドレスした後に、両腰、両肩のラインもスクエアにセットされていることを確認しましょう。

スポンサード リンク


これは、地面と平行にしたクラブを体にあてがうことで確認できます。自分のスクエアだと思うアドレスの感覚と実際のアドレスに違いがあることを体感できるでしょう。

ほとんどのアマチュアゴルファーは、ターゲット方向に対して右方向を向いていることが多いと言われています。

地面に置いたクラブと平行な姿勢になるためには、最初に両足を揃えた状態から足幅を広げてスタンスを取ります。

これによって両腰、両肩ラインもスクエアにセットすることができますので、この手順を踏むことでスクエアに構える感覚を体に覚え込ませましょう。

次にターゲット地点を別な方向に変えて、同様の要領でアドレスの向きをチェックしてみましょう。

これを繰り返すことで、ターゲット方向に対していつもスクエアに構える感覚を身につけましょう。

スクエアなアドレスが身に付いたら、ボールよりも前方50㎝先にもう1個ボールをセットしてき、そのボールの上をヒットした手前のボールが通過するようにゴルフスイングの練習をしてみましょう。
persimmon
出玉の方向、つまりボールの打ち出し方向ですが、これがコンスタントになるようにすることで、ゴルフスイングの方向性を安定させることができるでしょう。

ターゲット方向にスクエアに構えることができてこそ、ゴルフスイングを安定させて打つことができるのです。そのためには、出球も安定させることをぜひ習得し下さい。

不思議なことに基本のゴルフスイングは、感覚さえつかめば思っている以上に簡単に覚えられます。

たとえば、ゴルフスイングを全く知らない子どもでも、ほんの数回正しいレッスンをしただけで、きれいなゴルフスイングでまっすぐボールを飛ばせるようになることもあるほどです。

しかし、ゴルフスイングの知識がこれでもかと頭に詰め込んでいる人ほど、ゴルフスイングはなかなかマスターできないかもしれません。

スポンサード リンク



こういうゴルファーは、ぶらんとした状態でクラブを振るだけと説明されても、ここでリストをコックさせればいいのかなどと、自分の頭の中にあるゴルフスイング理論から考えてしまいがちです。

つまり、ゴルフスイングの感覚を知ろうとせずに、頭の中の知識にどうにか当てはめようとしてしまうわけです。

これではどれほど練習を積んでもゴルフスイングの上達は期待できません。ぶらんと振れと言われたら、本当にそのままで構いません。

ただ余計なことは考えずにぶらんとスイングするだけで、からだがその感覚を自然に覚えてくれるものです。

そのため、いいゴルフスイングをマスターするための手始めとしては、今あるゴルフスイングの理論をすべてクリアしてしまうことも必要でしょう。

ゴルフクラブには、シャフトのしなりやヘッドの重心などの道具の持つ大きな特徴があることは確かです。

最初のうちにクラブヘッドの重みを感じつつ、シャフトがしなる感覚をマスターするとゴルフスイングが容易になります。

飛ばしたいと思うと、ついつい力を入れすぎて握ったり、無理な姿勢でスイングしようとしまいがちになるので、楽に握る、自然にアドレスする方法を覚えていきましょう。

ゴルフには、まっすぐなつもりでも、実際には曲がっているというような目の錯覚がつきまといます。見た目に惑わされない方法を身につけておくことも必要です。

アドレスの基本

アドレスの基本は正しいゴルフスイングの基本にもなります。スタンスは飛球線に平行なるように構えるスクェアスタンスが基本と考えましょう。

アドレスでは、ゴルフボールと目標地点を結んだ飛球線に対して、左右両足のつま先を結んだ線が平行(スクェア)になるようにスタンスをとりましょう。

ボールをどうしても曲げて打ちたい場合には、左側を向いたオープンスタンスをとったり右側を向くクローズドスタンスをとるケースも出てきます。

しかし、あくまでも初心者のうちはスクェアスタンスが基本だとの意識が大切です。

スタンスの幅ですが、使用するクラブが短くなるにしたがって少しずつ狭く構えることになります。

スポンサード リンク



ドライバーでのゴルフスイングの場合、肩幅程度のスタンス幅を目安に考えれば良いでしょう。

また、通常のボール位置は左わきの下になるように構えます。足との関係で考えると、左足かかと線上か、あるいは少し内側になるはずです。

アドレスをとる場合、最初は飛球線上のゴルフボールに対して直角な位置に両足を揃えて立ちます。

それから、左足のつま先を少し開いてください。

最後に、右足を右へそのまま平行に移動させます。

この手順を踏むことでスクェアなスタンスを身に着けましょう。

トレーニングするときにも、頭の中にコースの情景をイメージしながらアドレスできれば言うことはありません。

ゴルフスイングの基本としては段階を追って背伸びせずに正しいスイングを作り上げることが大切です。アドレスした時点で、自分の正面に大きなアナログ時計の文字盤が置いてあると想像してください。

この時計の文字盤によって左腕が指し示すゴルフスイングの位置を説明しながら、この後の解説もなりたっています。

なお、ゴルフスイングの基本をマスターするのは、トップが5時-フィニッシュが7時の一番小さい振り幅からスタートして、最後にフルスイングの完成を目標にします。

いつも頭の中にアナログ時計の文字盤をイメージして、これから先の項目も読み進めてください。

アドレスについて説明します。アドレスはゴルフスイングの原点ですから、正しい基本の姿勢を早い段階で身につけましょう。

アドレスは「スイングの原点」とも呼ばれるほどゴルフにとって大切な要素です。

スタンスの幅やセットアップの手順などについてはこれから後に述べていきますので、ここではアドレスの姿勢に関して説明します。

まず両腕の状態です。左腕はしっかり伸ばした状態ですが、右腕はひじが軽く曲がる程度のゆとりを持たせましょう。

スポンサード リンク



仮に、右腕をまっすぐ伸ばした状態では右肩が前に出てしまう恐れがありますから注意しましょう。

グリップの位置はおへその前で構えます。そして、あご軸の下がベストの位置です。

体重は左右均等に保ち5:5を意識します。

下半身の緊張感を保つ必要がありますから少しつま先よりに体重をかけます。

スキー競技の経験のある方には、滑り出すときにスキー板に体重を乗せるイメージだと説明すれば理解できるでしょうか。

重心は腰から下に感じられる様にバランスよくどっしりと構えられればよいでしょう。

アドレスのチェックポイント

上半身の前傾は約30°を目安にしましょう。
この角度と、さらに両ひざの曲げ具合や、体重のかけ方は、イスに腰かけた状態から立ち上がる途中の姿勢と同様です。

ご自宅のイスを使ってチェックできます。

それから、背筋を伸ばして「いらっしゃいませ」とあいさつするときの姿勢もイメージとしては良いでしょう。

こちらの記事もどうぞ!

  • ドライバーショットのアドレスでのボールの位置ドライバーショットのアドレスでのボールの位置 ドライバーショットのアドレスにおける「ボールの位置」について最新のゴルフスイング理論を踏まえて説明します。ドライバーショットでは、ボールは […]
  • スライスとアドレスの入り方スライスとアドレスの入り方 ラウンドの最中にボールに触れることが許されているのは、基本的にティーアップするタイミングとグリーン上に乗った場合に限定されます。このルール […]
  • 正しいアドレスでパットする正しいアドレスでパットする ゴルフスイングの基本の中でもパットに関しては、ドライバーショットやアイアンショットに比べて軽視する風潮もありますが、理想的なスコアメークの […]
  • 練習場では1球ずつボールを曲げる練習場では1球ずつボールを曲げる ストレートボールを打つ練習ばかりでは、ゴルフスイングの上達には限度があります。 ストレートボールよりも曲がるショットのほうが使い勝手 […]
  • ストロンググリップで飛距離を稼ぐストロンググリップで飛距離を稼ぐ ゴルフクラブの進化に伴ってゴルフスイングの基本のセオリーも変しました。ゴルフスイングの基本となるグリップ方法もそのひとつです。最新のゴルフ […]
  • フェース面の確認フェース面の確認 ドライバーのゴルフスイングで最も大切なもの、それはクラブのフェース面のコントロールです。最新のドライバーで飛距離を稼ぐには、ここが大きなポ […]
  • ドライバーの飛距離アップドライバーの飛距離アップ ゴルフスイングの中でもドライバーショットとなると、ほとんどの人が遠くまで飛ばしたいという強い意識が働くのは自然なことです。しかし、大振りし […]
  • ゴルフクラブいろいろフィニッシュまで振り切る 飛距離アップのゴルフスイングづくりをスタートする前に、ゴルフ練習場で7番アイアンを使った練習をしてみましょう。ボール代わりにゴムティーを使 […]
  • ゴルフスイングのドライバーのミスゴルフスイングのドライバーのミス ドライバーのミスショットの中から、テンプラ、トップ、チョロについて説明しておきます。ゴルフスイングの悩みの種とも言えるミスショットを極力減 […]
  • ドロー、フェードのゴルフスイング2ドロー、フェードのゴルフスイング2 ドロー、フェードのゴルフスイングでは左へのヒッカケ、右へのプッシュアウトというミスショットのリスクも高いスイングになります。それでは精度の […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ