右膝を絞り込んで飛距離アップ

冬場のゴルフスイングで飛距離アップに有効な手段は滞空時間の短く、風の影響を受けにくい低いドライバーショットを狙うことです。

具体的な実現策は、インパクトのタイミングでクラブフェースがオープンにならないように注意することです。

オープンにならないとは言うのは手先でフェース面をコントロールする意味とは全く違います。

そのポイントになるのは下半身の動きです。それも特に右膝の使い方が大切です。ダウンスイングのタイミングで右足を蹴り上げることを行ってしまえば、右膝が前方に出てしまいます。

これでは、手元が浮き上がるためにクラブのフェース面がオープンになってしまうでしょう。

右足を蹴り上げる意識は、ウエートシフトを実現するためにはどうしても必要な動きであることは確かですが、その方向を間違ってしまっては無駄な動きにしかなりません。

カギになるのは、右膝を内側に絞り込むようにする動きです。左膝に右膝を引き寄せるよう動かして右足かかとを蹴り上げるようにするのです。

右膝を絞り込む意識によって、手元を低い位置で通過させることが実現できます。

これでクラブヘッドは低く長く移動し、フェース面がオープンになることはありません。

結果的に、打ち出し方向を低目にコントロールした球筋が生まれるのです。右膝を左膝に寄せる動きが正しくできたなら、フォロースルーでは身体が目標方向に正対した状態になります。

逆に、ダウンスイングで右膝が前に突き出してしまうと、フォロースルーでは身体の回転運動がうまく機能せずに、アドレス位置に止まったままのゴルフスイングに陥ってしまうのです。

ダウンスイングでの右膝の動き次第で、ゴルフスイングの良否が決するわけです。

スポンサード リンク


特に、フェース面がオープンの状態でインパクトして、打ち出し角が高いスライスボールしか打てないというタイプのゴルファーの多くは、ダウンスイングで右膝が前に出ているケースが多いので注意が必要です。

右膝を内側に絞り込みながら左膝に近づける意識を持ったゴルフスイングをすることで、弾道は劇的に違ってくるはずです。

冬場のゴルフコースでは、強風がよく吹くものです。

ドライバーショットではフェアウェーに確実にボールを送り込むことが、結果的に大きな飛距離を出せることにつながります。

芝が枯れているために、ラフからのゴルフスイングが夏場よりも容易である状況だとはいっても、ラフであることには違いはありません。

ボールが枯れた芝の中に沈んでしまったのでは、決してやさしい状況とは言えません。

ハンドファーストその点、ファーストバウンドをフェアウェーに乗せれば、グラウンドの硬さを利用して夏場以上のランが望めるでしょう。

もともと筋力が強い人のほうがそうでない人よりも力を抜いてゴルフスイングをしても、ボールを遠くに飛ばせます。パワーのある人は、特別に意識しなくても自然に力を発揮できるでしょう。

しかしパワーがある人は、往々にしてさらに飛距離アップを狙ってしまい、ついつい力を入れてゴルフスイングしてしまいがちです。

その上、からだの硬さをカバーしようとして無理に力を入れてからだをひねることで、腰に負担がかかる状況が多くなり、それが力みにつながることが多いのです。

リキミが出ないようにするためには、ヘッドの重みを感じることだけに集中してゴルフスイングすると効果があるでしょう。

スポンサード リンク



腕に力が入っていると、クラブヘッドの重みは感じられません。力めば力むほどヘッドは走らず、飛距離も出なくなってしまいがちです。

こうした場合は、手の感覚に意識を集中することでヘッドの重みがよくつかめて、無駄なパワーを抜いたゴルフスイングができるようになります。

それでも腰がつらいと感じる場合は、まだ姿勢に無理があることを意味します。もっと楽に振ってみましょう。

からだが硬いと自覚している人は、大きなゴルフスイングを心がけるせいで、必要以上に無理に捻ることを意識しがちです。

不自然な姿勢をとるとどうしても、身体のどこかに無駄な力が入ってしまいます。複雑な動きの中で毎回、同じ力の入れ具合を保つことはかなり難しいものです。その場合のバラツキ幅が、結果としてゴルフスイングの乱れにつながるのです。

バックスイングのときに、少しでも身体につらさを感じる人は、腰だけをひねって振ろうとしていることが多いようです。

こうした場合、少し右足を意識しながらスイングを始動させてみましょう。

この意識だけで、少し重心が右にシフトするはずです。

その結果として、腰ばかりではなく、股関節を回す負担のかからないイメージがつかめるでしょう。

これまでとの違いを実感できるはずです。

ハーフスイング

ハーフスイングの練習として左ひざをイスに乗せてスイングしてみましょう。左サイドの強い壁を感じてみましょう。

左ひざをイスの上に乗せた状態で、4時-8時のハーフスイングを練習する方法を説明します。ゴルフスイングの基本をマスターするひとつの練習方法として活用してください。

このハーフスイングのトレーニングでは、バックスイングの時点で右足太ももの内側に強い緊張感を感じるでしょう。

そして、ダウンスイングから8時のフィニッシュまでずっと左足太ももと左腰から左わき腹にかけての左サイドの筋肉が強烈く緊張することが感じられるはずです。

これが、「切り返し」の動作以降に必要な壁なのです。

右膝をイスに乗せたスイングレッスンと同様に、左ひざをイスに乗せた姿勢で実際にボールを打つのはかなり難しいと感じるでしょう。

スポンサード リンク



やはり、最初は素振りやシャドースイングから練習を開始するのがよいでしょう。

シャドースイングなら室内でも可能ですので、毎日少しずつでもかまいませんからトレーニングしてみてください。

できれば、イスは腰かける部分が回転するタイプのものを用意しましょう。

インパクトから8時のフィニッシュまでうまく回転するようにスイングしてください。

切り返しの動作の後に左足太もも、左腰から左脇腹に感じる左サイドの強い緊張感は実際のスイングでも大切になってきます。

通常のハーフスイングとこのイスを利用したハーフスイングを交互に繰り返してトレーニングして、強い左の壁をつくりあげて下さい。

フルスイングでのフォワードプレス

フルスイングにおけるフォワードプレスでインパクトのイメージを事前に再現してみましょう。フォワードプレスとは、アドレスの状態から左手の甲の向きを変化させずに飛球線方向に右手を押し込む動作です。

この時、同時に、右足親指のつけ根に圧力を加えて右膝を送り込むようにして行なうのが本当のフォワードプレスです。

ここでインパクトの形をイメージしてください。

フォワードプレスした状態は、ちょうどインパクトの形そのものなのだと言う事に気づいたでしょうか。

「インパクトはアドレスの再現」という言葉がありますが、このアドレスとは、まさにフォワードプレスした状態を指して言っているのです。

では、なぜフォワードプレスがフルスイングで必要になるのでしょうか。

それは、このフォワードプレスの動作の反動を利用すれば、フルスイングのスムーズな開始のきっかけとして非常に有効だからです。

フォワードプレスのイメージはバケツの水を撒く動作に似ています。

まず最初は前方ヘバケツを少し動かして、その反動で後ろへ振り上げるでしょう。

それと同様の動作なのです。

ゴルフスイングの基本といえば大げさすぎると感じる方もいらっしゃるでしょうが、フォワードプレスを実際に体験してみるとこの意味がわかるでしょう。

スポンサード リンク



フルスイングの前には小さくクラブヘッドを動かすワッグルを実行するように心がけましょう。

体の緊張がほぐれて、ワッグルの後に一瞬静止することでで集中力をアップし、さらにスムーズにフォワードプレスに入るために役に立つ動作です。

アドレスでじっと構えて静止してしまうとスムーズにバックスイングに移れません。

右手と右膝を飛球線方向に押し込む動作をスイングのスタートのきっかけにするわけです。

こちらの記事もどうぞ!

  • トップからの切り返しで飛距離アップトップからの切り返しで飛距離アップ ゴルフスイングで飛距離を伸ばす方法の一つとして、トップでの切り返しについて説明しておきます。ドライバー・ショットを曲げないことは飛距離アッ […]
  • 飛距離と頭の位置飛距離と頭の位置 飛距離を伸ばしたければインパクト以降もアゴに右肩が触れるまで頭を止めておきましょう。ゴルフスイングの基本理論として、飛距離を伸ばすにはヘッ […]
  • ドライバーで飛ばすコツドライバーで飛ばすコツ ゴルフスイングがある程度固まってくるとドライバーを手にしたティーショットでは、誰もが飛距離を出したいという気持ちがわいてくるのも当たり前の […]
  • ストロンググリップで飛距離を稼ぐストロンググリップで飛距離を稼ぐ ゴルフクラブの進化に伴ってゴルフスイングの基本のセオリーも変しました。ゴルフスイングの基本となるグリップ方法もそのひとつです。最新のゴルフ […]
  • ドライバーの飛距離アップドライバーの飛距離アップ ゴルフスイングの中でもドライバーショットとなると、ほとんどの人が遠くまで飛ばしたいという強い意識が働くのは自然なことです。しかし、大振りし […]
  • 飛距離を伸ばしたいなら右腰を切れ飛距離を伸ばしたいなら右腰を切れ ゴルフスイングで飛距離を伸ばしたいならトップ・オブ・スイングはコンパクトにすることを心がけましょう。バックスイングの時点で左の肩がアゴに触 […]
  • ゴルフクラブいろいろフェアウェーウッドの打ち方2 ゴルフスイングにおいては、ターゲットラインに対してフェースの向きをスクエアにすることと、スタンスをターゲットラインに対してスクエアにセット […]
  • スライサーの練習ドリルスライサーの練習ドリル スライスに悩むゴルファーは両肩をレベルに回転させる練習ドリルをゴルフスイングのトレーニングの中に取り入れてみてはどうでしょうか。ターゲット […]
  • ドライバーショットのアドレスでのボールの位置ドライバーショットのアドレスでのボールの位置 ドライバーショットのアドレスにおける「ボールの位置」について最新のゴルフスイング理論を踏まえて説明します。ドライバーショットでは、ボールは […]
  • ドライバーの体重移動の練習方法ドライバーの体重移動の練習方法 ドライバーショットでの体重移動をイメージだけでなく、その状況を実際に体感できるうまい練習法方があります。用意するものは簡単で、2つのクッシ […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ