冬場のゴルフスイングは滞空時間を短くする

大きなキャリーボールを打つゴルフスイングを目指すことだけが、飛距離アップに結びつくと考えるのは早計です。

ファーストバウンドまでのキャリーが長いほど飛距離が伸びるものと感じてしまうとは思います。

しかし、ボールの滞空時間が長くなるほど、ショットの曲がり幅にも影響を及ぼします。

強風の天候が多い冬場のゴルフでは、滞空時間の長いゴルフスイングを狙うよりも滞空時間の短いショットで、確実に飛距離アップを期待できるのです。

つまり、弾道が低く、キャリーの少ないボールを狙って、ショットの方向性を高めた方が有利に働くというわけです。

ダウンスイングヘ移行する切り返しのタイミングで、右肘を右脇に引きつけることにより、シャフトをしならせるテクニックについては以前に書きました。

この引きつけ動作を行った後は、ティーアップしたボールのヘッド1個分先に仮想のボールを想定して打つ気持ちでスイングすることです。
002
この意識があればクラブヘッドが低く長く動くので、ボールに左右のスピンが加わりにくいメリットがあります。

その上低い弾道になるため、ショットの方向性が向上します。確実にフェアウエーをとらえた低弾道のショットはボールがよく転がるため、総計の飛距離が大きくなります。

大きなキャリーを放って飛距離を稼ごうとするゴルフスイングをしていては、インパクトのすぐ前から上体が起き上がりやすくなるデメリットがあり、手元が浮き上がることによるミスショットをしてしまいがちです。

その点、ボール前方の仮想のボールをヒットする感覚のゴルフスイングをした場合、身体の起き上がりや手元の浮き上がりをコントロールできる効果もあります。

スポンサード リンク


別な表現をすれば、ドライバーショットではインパクト以降のフォロースルーの時点でもクラブへッドを低く長く振り抜くことが望ましいのです。

ボールは風の影響をあまり受けずに、ショットの曲がりを抑える効果が大きくなるのです。

ドライバーショットでは、ティーアップしたボールを打つわけですから、どうしてもボールを上げるようなゴルフスイングに陥りやすいものです。

そのため、低く長く振り抜くゴルフスイングを意識することで飛距離アップも望めるようになるのです。冬場のゴルフスイングは滞空時間を短くすることにしましょう。

風の影響は練習場には無いものですから、ゴルフコースでは気を配りましょう。

風の中でのゴルフ

冬場の風の中でのゴルフでは、どんな点に注意してプレーすべきなのかをまとめてみました。

フォローやアゲンストの縦方向の風向きの場合には、無風の場合よりも飛距離が伸びたり、伸びなかったりするだけで、手にするゴルフクラブの番手を下げるか、上げるかの違いしかないということもできます。

問題なのは横風です。まずショットは曲がるのは当たり前と腹をくくってしまうのが正解です。

風向きに無理に逆らう球筋を狙って打つ必要は滅多にありません。

持ち球がフェードボールの場合、右からの風の場合は右に曲がる度合いが減少するだけです。フェードボールがストレートボールに近づくと考えて良いでしょう。
005
問題になるのは、フェードの右方向に曲がる程度がさらに大きくなる左サイドからの風の影響です。

風の抵抗をできるだけ受けないようにするという考えではなく、風を利用することを意識しましょう。

風にボールを乗せる意識でゴルフスイングに臨みます。たとえば左風が強くて、ホール左サイドに池がある状況だとしたら、大胆に池方向に向かってアドレスを取り、池に向かって打ち出すのも良いでしょう。

スポンサード リンク



文章で書けば単純ですが、いざコースでこれを実践しようとすると相当な勇気と覚悟が必要です。

万が一、ゴルフスイングが右方向に曲がらずにフェアウエーに戻ってこなかったらどうしようと思う人は少なくありません。

しかし、その場合は仕方がないと割り切るのです。ショットが右に曲がる(あるいは左に曲がる)と割り切り、もう一方のサイドを捨てることです。

仮にその方向へ打ち出したらあきらめる気持ちを持つのです。意図した球筋とは逆の球筋となる逆球が飛び出してしまったら、それはこれからの練習で挽回するテーマだと思えばいいのです。

しかし横風が強いにもかかわらず右にも左にもショットを曲げたくないと考えてしまって中途半端なゴルフスイングをしてしまうと、逆にショットが曲がり、飛距離は落ちてスコアメイクも難しくなります。

左右どちらかのサイドには、絶対に打たない意思を明確にすることです。これが風が吹く日のスコアメイクのセオリーです。

アベレージゴルファーはスライサーが多いものです。それなら左風の時は、アドレスをターゲット方向よりも大胆に左に向けて構えてゴルフスイングをしてみましょう。

通常では思いもつかない方向にアドレスを取ってみるのです。その強い意志が問われるのが、風の日のゴルフプレーだと考えましょう。

そしてクラブを短く握って、コンパクトなゴルフスイングをしてジャストミート率を高める対策としましょう。クラブを短く握った分だけ弾道が低めになることも考慮してください。

アゲンストでも飛距離ロスを抑えるゴルフスイング

冬場のゴルフでは強い風がスコアメークの邪魔をします。

最初から風に慣れているゴルファーにとっては苦痛ではないかもしれません。

しかし、アゲンストの風が吹くと飛距離が極端に落ちるアベレージゴルファーは多いものです。

これはゴルフスイングを少し改善するだけで飛距離のロスを最小限に抑えられ、スコアメークがかなり楽になります。

まず飛距離のロスの原因から考えてみましょう。アゲンストの風の場合の飛距離ロスは、すくい上げるゴルフスイングに起因するものです。

不要なバックスピンが多く加わることでボールが吹き上がってしまうからです。すくい打ちを止めるだけで、飛距離のロスが解消することができるでしょう。

スポンサード リンク



具体的に、ボールが吹き上がるのを防止するには、セットアップしてターゲット方向を見るタイミングで、目線を上に向けないことが大切になります。

目線を高く上げれば上げるほど右肩が下がります。これは、アッパーのスイング軌道を招きやすい動きです。肩の高さと同じレベルを限界と考えて、目線を低く保ちましょう。

そしてライナー性のボールを打つイメージを持ちながらアドレスに入るのです。

インパクト直前からフォロースルーまではクラブヘッドを水平に走らせるのが一番のポイントになります。

ダウンスイングで鋭角的にクラブヘッドを振り下ろしてしまうとV字形の軌道を描くことになって、バックスピン量の増加を招くので修正するようにしましょう。U字形の軌道にするイメージを持つようにしましょう。

時計の4時の位置にヘッドが収まるまで、つまり右足前地点からフォロースルーに至るまでクラブヘッドを水平に走らせることを考えます。

そのためのポイントになるのは、インパクト以降の両腕で作る形です。両腕で二等辺三角形を作るように意識すれば、クラブヘッドは4時の位置に収まってくれるでしょう。
007
これによって、水平にクラブヘッドが走り、ボールに余分なバックスピン量が加わることなく低く抑えた強い軌道を描いてボールが飛び出すでしょう。

このゴルフスイングを意識することで、アゲンストの風を切り裂くようにボールが飛ぶでしょう。

その上、左右の曲がりも抑えることになるので、確実にフェアウェーからセカンドショットを打つことができるでしょう。

こちらの記事もどうぞ!

  • 冬場のゴルフスイングと両肩ポジション冬場のゴルフスイングと両肩ポジション 冬場のゴルフスイングで一番気を付けるべきポジションは両肩です。芝が枯れて、地面が硬い状況の冬場のゴルフにおいては、高弾道のキャリーボールを […]
  • 冬場のアプローチとフェードボール冬場のアプローチとフェードボール 冬場のアプローチショットではフェードボールを打つイメージでゴルフスイングに臨むことでミスショットを防止しましょう。芝が枯れた冬場のゴルフコ […]
  • フェース面の確認フェース面の確認 ドライバーのゴルフスイングで最も大切なもの、それはクラブのフェース面のコントロールです。最新のドライバーで飛距離を稼ぐには、ここが大きなポ […]
  • ゴルフスイングのドライバーのミスゴルフスイングのドライバーのミス ドライバーのミスショットの中から、テンプラ、トップ、チョロについて説明しておきます。ゴルフスイングの悩みの種とも言えるミスショットを極力減 […]
  • ドロー、フェードのゴルフスイング2ドロー、フェードのゴルフスイング2 ドロー、フェードのゴルフスイングでは左へのヒッカケ、右へのプッシュアウトというミスショットのリスクも高いスイングになります。それでは精度の […]
  • ゴルフクラブいろいろフェアウェーウッドの打ち方2 ゴルフスイングにおいては、ターゲットラインに対してフェースの向きをスクエアにすることと、スタンスをターゲットラインに対してスクエアにセット […]
  • ダウンスイングは自然落下ダウンスイングは自然落下 ほとんどのゴルファーは、ゴルフスイングというものはトップ・オブ・スイングの高さまでドライバーを振り上げたら、いきなり腕でクラブを加速させる […]
  • ストロンググリップで飛距離を稼ぐストロンググリップで飛距離を稼ぐ ゴルフクラブの進化に伴ってゴルフスイングの基本のセオリーも変しました。ゴルフスイングの基本となるグリップ方法もそのひとつです。最新のゴルフ […]
  • ドライバーショットのアドレスでのボールの位置ドライバーショットのアドレスでのボールの位置 ドライバーショットのアドレスにおける「ボールの位置」について最新のゴルフスイング理論を踏まえて説明します。ドライバーショットでは、ボールは […]
  • プロのフィニッシュプロのフィニッシュ ゴルフレッスン書やゴルフ雑誌にはプロのゴルフスイングの連続写真がよく載っていますね。この連続写真から、何を学びとるべきだかというテーマです […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ