冬場のゴルフスイングと両肩ポジション

冬場のゴルフスイングで一番気を付けるべきポジションは両肩です。

芝が枯れて、地面が硬い状況の冬場のゴルフにおいては、高弾道のキャリーボールを打つよりも、低弾道でファーストバウンドをフェアウエーに落とすゴルフスイングが有利です。

低弾道のドライバーショットが威力を発揮するので、夏場以上にボールのランが増して、飛距離を伸ばすことが期待できます。

逆に、高弾道のボールを打つゴルフスイングでは、冬になると強風の影響をもろに受けて、左右に大きくボールを曲げたり、キャリーが伸びずに飛距離をロスする傾向が強まります。

もちろん、低弾道のショットでも風の影響は避けられませんが、高弾道のショットほど大きくボールが曲がることはありません。

ティーググラウンドで、左もしくは右からの横風を感じた際び有効な攻略法があります。

まず、風の強さにもよりますが、右方向からの横風が吹いている場合、アドレス方向をフェアウェー右サイドに設定します。

両足のつま先を結んだラインをフェアウエー右サイドに向かってスクエアにセットしましょう。両肩のラインもスタンスラインと平行になるように構えます。
001
構えてからターゲット方向をチェックする際に、左肩が見えるか見えないかの状態になっていればうまくいっている証拠です。

スクエアにセットできたことを意味します。しかし、左肩が見え過ぎる場合は、両肩ラインがショットラインよりも右方向を向いていることになります。

クローズドスタンスに構えたことで、そのままゴルフスイングに入ってしまうとフック系の弾道になってしまいます。

スポンサード リンク


逆に左肩が全然見えなかったら、上体がオープン気味にセットされている証拠です。この状態では、スライスになりすくなるので注意しましょう。

両肩ラインをスクエアにセットした後、更に気を配るべきポイントがあります。それは、両肩の高さのことです。

右肩を下げ過ぎるとヘッドの軌道がアッパー気味になりやすく、これは高い弾道のボールを打つ構えになります。

右肩を下げ過ぎないようにするには、構えてからターゲット方向を確認する視線をできるだけ低く抑えると良いでしょう。

イメージとしては、打ち下ろしのショットを想像することで、左肩の高さよりも上に視線を上げないようにすれば良いでしょう。

左からの横風の場合については、フェアウェーの左サイドをターゲットにして構えて、低い弾道のショットを打つことが必要です。

これが冬場のゴルフコースで横風の影響を最小限に抑えて、飛距離を最大限に稼ぐための正しいドライバーショットのゴルフスイングです。

意識したいティアップの高さ

ゴルフ初心者はドライバーのティアップの高さひとつとっても自信が持てないものです。

基本は、クラブヘッドを地面に押しつけず、軽くソールした状態で、クラブヘッドからボールの上3分の1くらい顔を出す程度の高さが、標準的なティアップと考えましょう。

一般的にいえることは、この高さから高くするほど球筋も高くなり、その上フックボールになりやすく、低くするほど低い球筋で、スライスボールが出やすくなります。

では、ティアップの高さに正しくする方法を考えてみましょう。それはティアップのしかたを工夫することによって調整できるのです。

準備としては、ティペッグを右手の人差し指と中指の間に挟みこみます。ティペッグの広い部分にボールを当てがったまま、親指でボールを上から押さえつけるようにします。

スポンサード リンク



そして、ティアップする場所にティペッグの先を当てがい、体重を少し上からかけるようにすることで、ティは簡単に芝の中にささります。

右手の2本の指(人差し指と中指)がボールと地面の間に挟まりますが、いつでも芝に触れたその指の太さが、ティの高さになります。

これで、おおよそボールが上に3分の1だけ顔をだす高さが、システマティックにつくれます。右手を使わずに、左手でやっても問題ありません。

ゴルフ初心者の方はこれをルーチンワーク化させるようにしましょう。

スムーズに狙いどうりの高さのティにセットアップする方法としては、このやり方が一番やりやすいはずです。

毎回、高さなど測る必要もなく、自分の指をボールの下に当てがうだけで、指の太さの分だけの高さができて、正しいティの高さを作れるでしょう。

スイングを変えずにティの高さだけを変えるという方法は、アゲンストや左右から強い風が吹いている場合にも有利です。

低い球筋を狙って、風の影響を受けにくくするわけです。低い球筋を狙うための工夫としては、ティアップの高さをかなり低くするだけで十分です。

普通は、クラブをソールしたときにボールがヘッドより上に出る高さにセットするでしょう、風が強い場合もヘッドから出ないようにしてみまhそう。

ボールの高さは打ち方でもコントロールすることは可能ですが、スイングがズレてミスヒットになりやすいというリスクがあります。

上記のように、ティの高さだけ変えるほうが簡単だしおそらく上手くいく確率も上がるでしょう。

アイアンでティアップすることもたまにはあるかもしれませんが、その場合は指の腹でティを挟まずに指先を当てがうようにして、ボールが芝につくまで押し込むと良いでしょう。

ドライバーと違って、アイアンではティを高くしないようにする工夫です。

ゴルフ初心者の方は、プロのティアップの仕方を観察しているとほとんどのゴルファーが、指をボールの下に挟むこのやり方でティアップしていることがわかるでしょう。

冬場のゴルフでは地面が硬いものですが、自分の体重をかける方法なので、比較的簡単にティアップできます。

さらにティアップで注意したいポイントは芝の長さです。新しいティグラウンドなどでよくあることですが、芝が長くふかふかした状態のときは、条件があまりにも良すぎて注意する必要が出てきます。

普段と同じ高さにティアップしたつもりであっても、芝の長さに惑わされてしまうことも少なくありません。

スポンサード リンク



実際にはいつもより高くティアップしてしまうケースがあり、その違いに気づかずにショットすると、ヘッドがボールの下をかいくぐってしまい、テンプラのミスショットになることがあります。

伸びた芝に翻弄されずに、できるだけ普段通りの高さを保つようにします。

冬場のコースは夏場と異なり芝が枯れて、ボールのライ状況が決してよくないことは先ほど述べました。

さらに寒さの影響で着膨れの状態でのゴルフスイングとなります。これではジャストミート率が確実に落ちます。オンシーズンのようなナイスショットを期待することははやはり難しいです。

そこで、ここでは冬場のゴルフで少しでもミスショットを抑えるレッスンを付け加えておきます。

ミス防止の対策はいたって簡単です。一言でいえば、「グリップのチョークダウン」です。

クラブを握る際に、グリップエンドから普段よりも指1本分から5本分まで5段階に分けてグリップする方式です。

クラブを短く握れば握るほど、ゴルフスイングがしやすくなるメリットがあり、同時にそれだけミート率がアップします。

5番アイアンは苦手に感じても、9番アイアン、PWは比較的苦にもせずに打てるという理由はシャフトの長さが一番大きいのです。

シャフトが短いほど、ヘッドが振り遅れにくくなるためです。

クラブを短く握ったら飛距離が落ちると心配するかもしれませんが、通常の長さでクラブをグリップしてミスヒットするのと、短く握ってジャストミートするのとを比べてみてください。

その違いは明らかです。コンパクトなゴルフスイングで、スイートスポットで確実にボールをとらえれば、その方が飛距離は落ちません。

通常のゴルフスイングで、グリップエンドからクラブを指1本分ほど短くグリップして打っているとしたら、ボールのライの状態が悪い状況では、指2本分以上は短く握ってゴルフスイングして、ミート率を高めましょう。

さらにミート率を上げるために、フルスイングはしません。テークバックでグリップ位置が右腰、フィニッシュでは左腰に収まる範囲の振り幅でスイングするようにします。

冬場は飛距離が落ちることをまず理解し、大振りをせず、さらにクラブを短く握ったゴルフスイングを心がける。

ゴルフスイングの面白味は薄れるかもしれませんが、スコアを大きく崩す心配はなくなるでしょう。

練習場からフルスイングよりもコンパクトなスイング幅でトレーニングしておくようにしましょう。それが本番のラウンドで必ず花開きます。

スポンサード リンク



こちらの記事もどうぞ!

  • 低弾道を狙うゴルフスイング低弾道を狙うゴルフスイング ゴルフスイングにおいて、ヘッドアップしてしまうことはミスショットにつながる可能性が高くなってしまうことはご存知だと思います。とは言っても、 […]
  • 冬場のゴルフスイングは滞空時間を短くする冬場のゴルフスイングは滞空時間を短くする 大きなキャリーボールを打つゴルフスイングを目指すことだけが、飛距離アップに結びつくと考えるのは早計です。ファーストバウンドまでのキャリーが […]
  • 冬場のアプローチとフェードボール冬場のアプローチとフェードボール 冬場のアプローチショットではフェードボールを打つイメージでゴルフスイングに臨むことでミスショットを防止しましょう。芝が枯れた冬場のゴルフコ […]
  • フェース面の確認フェース面の確認 ドライバーのゴルフスイングで最も大切なもの、それはクラブのフェース面のコントロールです。最新のドライバーで飛距離を稼ぐには、ここが大きなポ […]
  • ゴルフスイングではストレートボールへのこだわりを捨てるゴルフスイングではストレートボールへのこだわりを捨てる ゴルフスイングでは、絶対に右か左かに曲がるショットを打つことができれば正解です。ストレートボールへのこだわりを捨て去るのです。それがコース […]
  • ティーアップしたボールのゴルフスイングティーアップしたボールのゴルフスイング ドライバーショットではゴルフスイングの中で唯一ティーアップしたボールを打つことになります。ショットの中でもこれだけは、スイングの最下点を通 […]
  • ゴルフスイングはクローズドスタンスからゴルフスイングはクローズドスタンスから ゴルフスイングの上達は、ゴルフというスポーツの魅力を知るためには欠かせないことです。ゴルフの楽しみ方は人それぞれでしょうが、基本は「ボール […]
  • ゴルフスイングと風対策についてゴルフスイングと風対策について ドライバーでのゴルフスイングする場合、でティーの高さを調整することで弾道の高低をコントロールすることは理論的には適当な方法ではないことを以 […]
  • ゴルフスイングを途中で止めないゴルフスイングを途中で止めない 基本になるゴルフスイングは、クローズドスタンスに構えてからテークバックして、トップ・オブ・スイングに達したらスイングをストップさせずに、一 […]
  • 高い弾道を狙うゴルフスイングの注意点高い弾道を狙うゴルフスイングの注意点 高い弾道を狙うゴルフスイングの注意点としては、アッパーブローやハンマー投げのイメージばかりを極端に考えてしまう結果、右肩が下がり過ぎること […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ