ラフからのフェアウェイウッド

ラフからはクラブを短く握る

ラフと呼ばれているのは、一般的に芝がきれいに刈り込まれたフェアウェイの外側の部分であり、意図的に芝を長く伸ばしてあります。

このラフからショットする場合は芝の抵抗に負けやすく、力に自信のある人でもミスをおかしやすいでしょう。

本来ゴルフコースにラフがある目的は、芝を刈る経費削減のためだけではありません。ショットを曲げたことに対するペナルティをプレーヤーに与えるという意味合いを持っています。

そのため、立派なトラブルショットの一つと言えますから、まず絶対に無理はしないことが鉄則と言えるでしょう。

それを理解した上で、可能なかぎりの攻略法を考えていくというのが一般的な考え方です。

ボールのライが悪い状況では、できるだけコンパクトなゴルフスイングを心がけるという点ではスロープとも似ています。

大振りは大敵です。その意味で是非取り入れておきたい対策は、フェアウェイウッドを短く握ってアドレスに入るということです。

グリップエンドが少なくとも3cmほど残るように握ると良いでしょう。当然ですが、その分だけボールに少し接近するポジションをとります。

次にポイントになるのが、ボールの後方にクラブヘッドをソールする時、クラブヘッドの底を芝に強く押しつけないようにすることです。つまり、浮かして構えることになります。

こういう構えにする理由は、芝を強く押しつけてしまうと、ルールブックに明記されている球のライの改善に関する決まりに抵触する可能性があることです。これは、建前上も守らなくてはいけません。

スポンサード リンク


本音の部分では、クラブヘッドを芝に押しつけたことによって、全身に力が入ってしまいリキミが生じて、どうしても手前の芝の部分をダフるミスになりやすいということです。

クラブヘッドを浮かして構えると、ボールをクリーンにとらえる確率が上がります。これは是非マスターしておきたいポイントと言えるでしょう。

フェウェイウッドを短く握って構えることで、自然にゴルフスイングがコンパクトになるでしょう。

フェアウェイからのフルスイングと比較して、トップ・オブ・スイングとフィニッシュがかなり低い位置におさまるはずです。

これを一種のワクとみなして、この範囲でスイングするようにすべきでしょう。インパクトを意識せずに、フィニッシュを目標に一気に振り抜くように心がけましょう。

これが、ボールの手前の芝をなるべくダフらずに、クリーンにヒットする秘訣と言えるでしょう。

フェアウェイウッドはスプーン、バッフィ、クリークと、ロフト角の異なるクラブがそろっているわけです。

ロフトが増えればそれだけ打ちやすくなると感じるゴルファーは多いのかもしれません。

そこで検討したい点は「芝の長さ次第でクラブを持ち替える」という発想です。ラフが伸びている状況では、スプーンよりバッフィで打ったほうが効果的なこともあります。場合によっては、クリークに持ち替えてもよいかもしれません。


フェアウェイウッドは、その名前からフェアウェイだけで使うゴルフクラブだと誤解されている節があります。

状況次第でドライバーやアイアンよりもずっと役に立つゴルフクラブなのです。

是非、多彩なゴルフスイングをマスターしておいて下さい。

「ティーショットはドライバー」「バンカーはサンドウェッジ」「ラフはアイアン」という固定概念は時代遅れです。

もっと、積極的にフェアウェイウッドを活用すればスコアアップにも結びつくことでしょう。

スポンサード リンク



ゴルフクラブを選択する際に、フェアウェイウッドもそのひとつに加えたほうがよい状況というのはいくつか考えられます。

グリーンまで距離がまだ残るラフからのショットでロングアイアンを振り回したり、クロスバンカーだからといって、すぐにアイアンを握ってしまうケースがあります。

フェアウェイウッドの正しい使い方をマスターすれば、こんな状況も苦になりません。

ラフからでもクロスバンカーからでもフェアウェイウッドを使えそうなシーンはいくつもあるのです。

深さ5センチ程度のラフであれば、躊躇無くフェアウェイウッドを選択するべきところでしょう。

グリーンまで残り180ヤードあるとすれば、アべレージゴルファーでこの距離をクリアするには4番アイアンを手にするとことでしょう。残り200ヤードなら3番アイアンとなるでしょうか。

ただ、これはフェアウェー上に限った話です。ロングアイアンはソールが薄くクリーンヒットが難しいので苦手意識の強い人も多いでしょう。

ダフリが出やすくなり、それを避けようとボールの打点を高くしてはトップする失敗になってしまいます。

これらのミスが生まれる危険性は、ラフではより大きくなります。その一方で、ソールが厚いフェアウェイウッドを使えば、ラフの中でも芝の抵抗を減らし、ヘッドをスッと滑らせることが可能になるのです。

スイングのポイントは、ボールの前にもう1つボールがある感覚をイメージして打つことです。アイアンでは厳禁であるダフリが、フェアウェイウッドではやっても良いのです。心理的にも大きく違ってきます。

上体が突っ込む悪い癖をなくして右足体重でスイングしましょう。

入射角を緩やかに、低く長いインパクトゾーンを意識するゴルフスイングになれば距離が残っているラフからでもフェアウェイウッドでも十分にグリーンを狙うことは可能になります。

フェアウェイウッドとはドライバーともアイアンとも違うということでその扱いに悩む人も少なくないようです。

ドライバー以外のウッドの総称が一般的に「フェアウェイウッド」と呼ばれています。実際に使用するシーンとしては、その名が示すとおり、フェアウェイ上で使うことがメインです。

ただし、フェアウェイ以外でも必要な距離に応じて、ティショットでも使いますし短いラフでも使用できるという点ではかなり便利なゴルフクラブと言えるでしょう。

スポンサード リンク



だからといって、14本のクラブをそろえるときに絶対に加える必要があるかといわれると、必ずしもそうでもありません。

表示されているロフトと飛距離はメーカーによっても違ってくる点が難しいと感じるかもしれますが、基本的には同じ番号のアンアンより飛距離が出ることは間違いありません。

とりわけゴルフ初心者にとってはゴルフスイングが難しくなるロングアイアンの代わりにフェアウェイウッドを加えるパターンが少なくありません。

自分の体力、技術レベルなどに合わせて、何本かバッグに入れておくと役に立つでしょう。

フェアウェイウッドとはドライバーともアイアンとも違うということでその扱いに悩む人も少なくないようです。

ドライバー以外のウッドの総称が一般的に「フェアウェイウッド」と呼ばれています。実際に使用するシーンとしては、その名が示すとおり、フェアウェイ上で使うことがメインです。

ただし、フェアウェイ以外でも必要な距離に応じて、ティショットでも使いますし短いラフでも使用できるという点ではかなり便利なゴルフクラブと言えるでしょう。

だからといって、14本のクラブをそろえるときに絶対に加える必要があるかといわれると、必ずしもそうでもありません。

表示されているロフトと飛距離はメーカーによっても違ってくる点が難しいと感じるかもしれますが、基本的には同じ番号のアンアンより飛距離が出ることは間違いありません。

とりわけゴルフ初心者にとってはゴルフスイングが難しくなるロングアイアンの代わりにフェアウェイウッドを加えるパターンが少なくありません。

自分の体力、技術レベルなどに合わせて、何本かバッグに入れておくと役に立つでしょう。

こちらの記事もどうぞ!

  • ゴルフクラブいろいろフェアウェーウッドの打ち方2 ゴルフスイングにおいては、ターゲットラインに対してフェースの向きをスクエアにすることと、スタンスをターゲットラインに対してスクエアにセット […]
  • 3Wはダフっても飛ぶ3Wはダフっても飛ぶ 近年は、フェアウエーからドライバーを使用するプロも例外的にいますが、グラウンドのボールを打つクラブで一番長いのは3番ウッド(3W)です。こ […]
  • ラフの状況に応じたゴルフスイングラフの状況に応じたゴルフスイング ラフの状況に応じたゴルフスイングの考え方を説明してみます。ひとくちに「ラフ」といっても普通のラフから深いラフまで、あるいは順目のラフと逆目 […]
  • 雨の日のラフ雨の日のラフ 雨の日の濡れたラフから確実に脱出するポイントについて説明しておきます。ゴルフスイングではインパクトの時にボールとフェース面の間に芝草が入り […]
  • ゴルフスイングのアプローチは状況次第ゴルフスイングのアプローチは状況次第 グリーン周りからのゴルフスイングになるアプローチは、いつでも条件の整った花道やフェアウエーからだけとは限りません。当然ラフからのケースもあ […]
  • バックスイングの基本バックスイングの基本 バックスイングでは左手小指が回転する感覚を大切にして、ゴルフスイングを始動させます。 左手のグリップの中でも特に左手小指から動き出す […]
  • スリークォータースイングの基本スリークォータースイングの基本 スリークォータースイングでの基本は、これまでのハーフスイングまでの振り子運動から回転運動へ大きく躍動していくところにあります。体のターンを […]
  • グリップの基本とアドレスの手順グリップの基本とアドレスの手順 グリップの基本 正しいゴルフスイングは正しいグリップからスタートします。グリップはクラブとボディーが唯一の接触するポイントです。 […]
  • フォロースルーでのポイントとフィニシュフォロースルーでのポイントとフィニシュ トップからフィニッシュまでの一連の動作の中で、フォロースルーに関する解説が一番難しいと言われています。 その理由に挙げられるのは、フ […]
  • ダウンスイングのとらえかたダウンスイングのとらえかた ダウンスイングのとらえかたについて ダウンスイングの正しい流れ、動きはこれまで説明してきましたが、ここではダウンスイングを別な側面か […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ