ユーティリティの有効活用

現代のゴルフプレーにおいては、ロングアイアンの代わりにユーティリティが欠かせない存在になっています。

ユーティリティのゴルフスイングとは打ち込むイメージではなく芝の上を引きずるような感覚を持つ方が遥かに効果が高いものになります。

ユーティリティクラブに関しては、大きく2種類のタイプに分類することが可能です。

第一は、ロングアイアンの代わりになるアイアン感覚のタイプのものです。

以前からカラーとその形状から「タラコアイアン」との愛称で呼ばれ、かなり多くのゴルファーが使用した時代もありました。

ロングアイアンのクラブヘッドと比較すれば、膨らみのある形状となっており、低重心であるがゆえに振り抜きやすいという特徴があります。

また、距離が残っている状況でのセカンドショットや、安全に刻んで攻略する場合のティショットでも使用します。

第二のタイプは、ウッドの延長線にあるタイプと表現すれば良いでしょうか。

3番~5番、7番、9番といったゴルフクラブなどがよく使用されます。

こうしたタイプの特徴としてはクラブは扱いやすいというのが一番のポイントでしょう。

球も簡単に上げることが可能なため、プロゴルファーでも積極的に取り入れている人は少なくありません。

多くのクラブセッティングでは、3番アイアンはソールが薄いので完全にセットから外して、容易にボールを上げることが可能なユーティリティクラブを組み込むパターンでしょうか。

実用面から考えれば、わざわざ取り扱いの難しいロングアイアンを避けて、ボールをやさしく打てるユーティリティにした方が、明らかに効果があるでしょう。

飛距離の点から考えると、ユーティリティクラブの7番が、3番アイアンにほぼ匹敵するものと考えれば良いでしょう。

スポンサード リンク

3番アイアンに相当する飛距離が出せる上に、高い球筋なのでボールがピタリと止まるわけですから、ユーティリティはまさに理想的なゴルフクラブとも言えるでしょう。

ユーティリティクラブの場合、機能的にはロングアイアンよりもボールが上がりやすい設計構造がなされています。

どちらかと言えばソール幅が広いため、少しくらいダフリ気味に入ったとしても、入射角が緩やかなゴルフスイングであれば芝の上を滑っていくためにミスショットが出にくくなります。

そのため、打ち込むようなゴルフスイングは避けてボールの少し手前側から芝の上を引きずるイメージのスイングを心がけると良いでしょう。

軌道は横長のだ円が正解

ユーティリティクラブはアイアンのゴルフスイングというよりも、FWの延長線上にあるととらえた方が正解と言えます。

もちろん、製造メーカーごとに多少の違いはあるため、長いものでシャフトが42インチ以上というものもあります。

ロフト角にしてもユーティリティの4番でアイアンの3番とほぼ同等となるでしょう。

そうした点を考慮すれば、ロングアイアンより振り抜きが容易になり、飛距離が伸びる高い弾道になることが期待できるわけです。

ところが、アイアンと同じような感覚でクラブヘッドを叩きつけるゴルフスイングをしてしまうと、スピンが過剰にかかりすぎるため、ボールが吹き上がるケースがあるのでその点は注意しましょう。

こちらの記事もどうぞ!

  • ダウンスイングのとらえかたダウンスイングのとらえかた ダウンスイングのとらえかたについて ダウンスイングの正しい流れ、動きはこれまで説明してきましたが、ここではダウンスイングを別な側面か […]
  • グリップの基本とアドレスの手順グリップの基本とアドレスの手順 グリップの基本 正しいゴルフスイングは正しいグリップからスタートします。グリップはクラブとボディーが唯一の接触するポイントです。 […]
  • スタート前のドライバーの練習と朝イチのティーショットスタート前のドライバーの練習と朝イチのティーショット アマチュアゴルファーの多くは、日頃は練習場に行く時間もほとんど取れずゴルフスイングの練習も十分ではなく、久しぶりのラウンドもぶっつけ本番に […]
  • フォロースルーでのポイントとフィニシュフォロースルーでのポイントとフィニシュ トップからフィニッシュまでの一連の動作の中で、フォロースルーに関する解説が一番難しいと言われています。 その理由に挙げられるのは、フ […]
  • 飛距離と頭の位置飛距離と頭の位置 飛距離を伸ばしたければインパクト以降もアゴに右肩が触れるまで頭を止めておきましょう。ゴルフスイングの基本理論として、飛距離を伸ばすにはヘッ […]
  • スリークォータースイングの基本スリークォータースイングの基本 スリークォータースイングでの基本は、これまでのハーフスイングまでの振り子運動から回転運動へ大きく躍動していくところにあります。体のターンを […]
  • ドライバーショットの感覚を養うドライバーショットの感覚を養う ゴルフ初心者のドライバーショットではハーフスイングでショットの感覚を養うのがゴルフスイング上達の近道です。 言うまでも無く、ドライバ […]
  • バックスイングの基本バックスイングの基本 バックスイングでは左手小指が回転する感覚を大切にして、ゴルフスイングを始動させます。 左手のグリップの中でも特に左手小指から動き出す […]
  • ドライバーのスイングドライバーのスイング ドライバーとアイアンのゴルフスイングは、本質的には同じと言われますが、必ずしも全く同じというわけでもありません。ゴルフ初心者はこの点を最初 […]
  • スタンスの基本はスクエアスタンスの基本はスクエア ゴルフスイングの土台になるのは下半身であるという認識は皆さんお持ちだと思います。土台が不安定な状態ならばゴルフスイングはしっかりとしたもの […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ