フェース面の確認

ドライバーのゴルフスイングで最も大切なもの、それはクラブのフェース面のコントロールです。最新のドライバーで飛距離を稼ぐには、ここが大きなポイントになります。

最新のドライバーは、クラブ自体に飛距離を伸ばすためのパワーがあります。

ドライバーのクラブ自体が持つパワーを十分に生かすためには、長く直線的なインパクトエリアを作ることが有効だと以前説明しました。

そのためクラブのフェース面をしっかりコントロールすることがドライバーショットの最大のポイントになるのです。最初にテークバックから考えてみましょう。

多くのアマチュアゴルファーは「肩を回そう」という意識が強すぎるあまり、クラブをすぐにインサイドに引いて上げたりする例を良く見かけます。

ゴルフは楽しいある調査結果では、アマチュアゴルファーのおよそ8割がこのような間違ったテークバックをしているという結果が出ました。

これは、スライスのミスショットを避けたいと考えたうえでのことでしょう。

しかし、これではいきなりクラブフェースがオープンになり、かえってダウンスイングの時点でアウトサイド・インの軌道となり、こすれ球のスライスボールを誘発してしまうのです。

ゴルフスイングにおけるテークバックの動作とは、ボールをつかまえて遠くまで飛ばすためにクラブフェースにエネルギーを蓄積する動きと理解してください。テークバックまでの手順は次のようになります。

  1. ストロンググリップにして左手をかぶせる、左手の親指方向に手首を曲げる。
  2. コッキング(手首の折り曲げ)は、右腰の高さにグリップが到達した時点で終える。
  3. 腰の位置で、クラブのフェース面を前傾姿勢をとっている背骨の軸と平行にする。

スポンサード リンク


どうしてもインサイドに引いてしまう癖が抜けない場合は、心持ちアウトサイドに上げることをイメージすれば、その逆のインサイドにクラブを下ろすことになります。これでボールをつかまえやすくなります。

クラブのフェースの向きのチェック方法としては、グリップが腰の位置に達した時に、フェースの先端側が12時から2時の範囲を指しているかを確認してください。

テークバッグからバックスイングに移行する、クラブがトップ・オブ・スイングの位置に入った時もフェース面を意識する必要があります。

トップ・オブ・スイングでは理想的なのはフェース面が45°の方向になることですが、気持ちの上では空を向くぐらいのイメージでも良いでしょう。

ただし、上を向いた状態よりも外側に向いた形にはならないように注意しましょう。

テークバックからトップ・オブ・スイングまでフェースの向きをコントロールすることが、ボールをうまくつかまえることに結びつくのです。

フェースコントロールの要領をつかむトレーニングとしてはドライバーでのアプローチショットが良いでしょう。
001
100ヤード程度飛ばすつもりのスイングで、ドライバーを右腰の高さから左腰の高さまでの振り幅で振ってみましょう。

ボールがつかまるという感触がつかめれば成功です。

実際に試してみると、思った以上に飛距離が出たりします。

これも、無駄なパワーを抜いてスイングすることで、いかに飛ぶかを体感できたことになります。

フェース面の目の錯覚

スポンサード リンク



フェース面の確認をする場合、目の錯覚がつきまとうことがあります。クラブフェースをまっすぐに合わせる方法を書いておきます。

まずヘッドを胸のあたりまで持ち上げた状態で、フェースをまっすぐに合わせてみましょう。

そして、そのまままっすぐにクラブを下ろしてみるだけでクラブフェースはまっすぐになっています。

フェースを徐々に下ろしていくと、なんとなくまっすぐではないような気がしてくるでしょうが、これは目の錯覚です。実際にやってみるとわかるでしょう。

このことに気づかずに、見た目だけでクラブフェースをボールに合わせて決めてしまうと、打つときに方向がズレたものになってしまいます。

アマチュアゴルファーの中にはこの目の錯覚がわからずに、狙っている方向にフェースを向いていない状態でゴルフスイングした結果、ミスショットになることも多いのです。

この状態でゴルフスイングをいくらいじってみても無駄な努力に終わります。曲がって見えたとしてもそれが本当のまっすぐだと覚えておきましょう。

見た目に頼らずにフェースをまっすぐにする感覚でマスターするには、腰の高さでクラブを上下に振ってみることが効果的です。

クラブフェースが正しい方向に向いていれば、軽く握っていても左右にブレることは起きません。

錯覚があることを実感するには、フェースの向きを意図的に左右に傾けて試してみるとわかるでしょう。

007ゴルフスイングの基本としてインパクトではスクエアなフェースでボールを叩きましょう。

インパクトの瞬間は、右ひざが飛球線方向に向かって送り込まれます。しかし、その他の位置はアドレスの再現だと考えてください。

右ひざの送り込みと左足のがまんによって、確かに腰はやや回転し始めますが、意識としては正面を向いているイメージです。

これがボールに一番強いパワーを与えられるスイングの姿勢なのです。

理想的な形でインパクトするために必要なのは、とくにポイントになる点として、右肩と右足が大切です。

スポンサード リンク



右肩はダウンスイングの5時のポジションの段階で止めておく意識を持ちましょう。

そうでないと、上半身が早い段階で開いてしまうという欠点を生み出します。

右足はつま先を意識して強く地面を踏みつけてください。

インパクトの前に右足がヒールアップをおこしてしまうと、これも腰が早く開いてしまって最大限のパワーを発揮することも出来ませんし、正確にインパクトすることも不可能です。

トレーニング方法としては、マットの端をインパクトのポイントと想定するのが良いでしょう。

切り返しのタイミングを意識しながら、ゆっくりとしたハーフスイングで打ちつけてみましょう。

クラプフェースがスクエアに当たっているか、体の開きはないか、右足つま先は踏ん張っているか。

こうした点に注意しながらハーフスイングしてみましょう。

これはゴルフスイングの基本全般に対して言えることです。

インパクトの瞬間は左肩を引き上げたり後方に引いたりしないことも重要なポイントです。

フォロースルーまで左わきの締めを意識していればこうしたミスは防止できます。

練習でのポイントをまとめると次の3点になるでしょうか。

  • 右肩を止める意識。
  • 右足つま先での強烈な踏みつけ。
  • 左ひざのがまん。

こうしたポイントが忠実に守られていれば、正確で最大限のパワーがインパクトの瞬間に発揮されます。

ミスショット

ドライバーのミスショットというよりも、すべてのゴルフスイングに共通するミスショットがいくつかあります。

しかし、こうしたミスはどれも、基本的なスイングを身につけてしまえば解決することが可能なもなのです。今回は、代表的な例と矯正法を挙げてみました。

スポンサード リンク



テンプラ

また、いわゆる″テンプラ″と呼ばれるミスショットは、ボールが高く舞い上がりすぎて距離がまったく出ないミスです。

この場合、上体からの打ち込みすぎが主な原因になります。クラブの振り抜きがない状態で、上から打ち込んだだけというゴルフスイングでは、クラブフェースが芝に向かって突き進みます。

そのため、フェースの上の部分にボールが当たることになって、ドライバーではティーアップされた分だけ高く舞い上がってしまうということです。

この場合、ドライバーがボールの手前に入るとダフリになることがご理解いただけると思います。

テンプラの矯正法としては、ダウンスイングであわてないことが大切です。正しい手順に従って、ゆったりとゴルフスイングすることを心がけていくことで改善できます。

ハーフ・トップ

テンプラとは逆のケースで、すくい上げるようなゴルフスイングをすると、ボールのずっと手前でクラブのソールがいったん地面に接してしまいます。

そして、上がりぎわでクラブフェースの下部でボールの上半分をこするようにして当たります。

そのため、弾道は低くなり、先へいっても高く舞い上がりません。状態が通常のトップ・ボールと似ていますが、この場合にはインパクトで体重が後方に残らないようにすること、つまりウェートシフトをはっきりとさせていくように心がけることが必要です。

こちらの記事もどうぞ!

スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ