フェアウェーウッドの打ち方2

ゴルフスイングにおいては、ターゲットラインに対してフェースの向きをスクエアにすることと、スタンスをターゲットラインに対してスクエアにセットすることが基本であることは多くのレッスン書で指摘されていることです。

これができれば、グリップ位置はボールポジションよりも左サイドになって、いわゆる「ハンドファースト」の構えができます。

しかし、フェアウエーウッド(FW)が得意でないゴルファーの多くは、ターゲットラインに対して右方向を向いて構えるケースが見受けられます。

それにもかかわらずクラブフェースはターゲットラインに対してスクエアにセットしていることが多いのです。

これによって、「ハンドレイト」と呼ばれるボールポジションよりもグリップが後方に位置する構えになっているのです。

ハンドレイトの構えでは左手リストが甲側に極端に曲がり過ぎるせいで、テークバックがアウトサイドに上がり、ダウンスイングで極端なインサイドから下りやすくなります。

また、テークバックで左足に体重が残る影響で、その反動が出てダウンスイングでは右足にウエートをシフトさせるいわゆる「ギッタン・バッタン」の体重移動に陥りやすいのです。

アドレスを完成させた時点でのグリップ位置がスクエアアドレスが取れていることがヘアウェーウッドのゴルフスイング上達のための第一歩です。

右向きアドレスのままターゲット方向にボールを打ち出そうとする動きは、どうしてもリーディングエッジから鋭角的に振り下ろす状態になるためクラブヘッドがうまく振り抜けなかったりします。

これと同様に、ボールを上げる意識が影響して鋭角的にクラブを振り下ろすのもフェアウェーウッドをうまく使いこなせない原因となります。

その点、スクエアアドレスができていれば、スタンスのラインに沿った軌道でクラブを振り下ろすことで、ダウンスイングでのヘッドの入射角が鈍くなってくれます。

スポンサード リンク


これで、FW特有の幅広いソールを滑らせるイメージのインパクトを迎えられるようになります。

ダウンスイングの意識としては、リーディングエッジからではなく、ソール後方を先に接地させることを考えます。

フェアウェーウッドの特長であるアイアンよりもソール幅が広いヘッドを十分に生かすことが、やさしいゴルフスイングをマスターする秘訣です。

これはバンカーショットの要領でゴルフスイングすることが、実はフェアウェーウッドでの高い打ち出し角の弾道やヘッドの振り抜きやすさにつながってくるのです。

フェアウェーウッドの打ち方には、大きく2つのゴルフスイングの基本のポイントが挙げられます。

ひとつめは、頭と上半身が突っ込まないようにすることで、ふたつめは、ソールをダフル意識でゴルフスインをすることです。

頭と上半身の突っ込みは厳禁

「うまくヒットしたい」「飛距離を伸ばそう」という意識が強く働くほど、上体は突っ込んでしまうことが多くなります。

特に右肩が突っ込んでしまうと、カット打ちの軌道になりスライスやチョロといったゴルフスイングのミスも出やすくなります。

グリップだけが先行し過ぎて、振り遅れになることもよくもあります。

結果的に、正しいスイングプレーンからクラブヘッドが逸脱した、急スピードで落下する。典型的なミスショットのパターンに陥ります。

それを克服するゴルフスイングの対策としては、ダウンスイングからインパクトにかけてウエートシフトを極力少なくして、右足にウエートを置いたままインパクトを迎える意識を持つことが良いでしょう。

ソールでダフれ

スポンサード リンク



フェアウェーウッドのゴルフスイングでは、ボールの真後ろにヘッドを入れようとは考えずに、ボールの前にもう1つボールがあるイメージを持つことで、その仮想のボールを打つ感覚を持つと良いでしょう。

慣れないうちは右足のつま先がインパクトと思うくらいの意識でいても構いません。

要するに「意図的にダフらせる」ということです。

しかし、入射角が鋭角の状態でダフると地面に対して先にリーディングエッジが当たってしまい、ヘッドははじかれてしまいます。

右足体重のイメージをもって、鈍角にしてソールからダフって初めて、スッとクラブヘッドが芝の上を滑るように走ってくれるのです。

「上体が突っ込まない」という縛りがあるとはいっても、「ダフリでOK」と考えれば、心理的な負担は軽減されると思います。

人間の心理は難しいもので「クリーンに打とう」と思えばトップしたり、ダフったりすることがよくあります。

今回のように、逆に「ダフらせよう」と思えば、実際はダフリにならずに、ヘッドが地面のスレスレを走りクリーンにボールを打つことができたりするものです。

恐れるものは何も無いという気持ちで、フェアウエーウッドを使ってみましょう。

ロングアイアンからドライバーまでのゴルフスイングでは、ほとんど同じ軌道を描きます。もちろん、その中間に位置するフェアウェイウッドの同じで横なぎに払うイメージにします。

フェアウェイウッドはソールに厚みがある関係上、ゴルフ初心者であっても少しであればボールの手前をダフっても、芝の中にもぐりこみません。

トップ・オブ・スイングで視線がボールから離れるてしまうことに不安を感じて、上から肩越しにのぞきこむような姿勢になりやすく身体が左サイドに倒れこんだフォームとなります。

これではウエートがバックスイングで右足に十分にシフトせず、右腰が伸びてしまい左足にウエートがかかる姿勢になります。

その反動でダヴンスイングでは、こんどは逆に左腰が伸びて、ウエートが左足に乗ってきません。

肩の上下動も大きくなってしまい、よく言われる「ギッタンバッコン」のゴルフスイングになりがちです。

右足の軸が正確にできれば、トップ・オブ・スイングで顔がボールから遠ざかっても不安を感じる必要はありません。

スポンサード リンク



目とボールの距離が離れてしまっても、打ち損ないになる可能性は低いのです。

それどころかスイングアークを大きくすることができて、飛距離が伸びるのです。

トップ・オブ・スイングが普段よりも小さくならないように、大きなスイングアークになるように意識することは大切です。


フェアウェーウッドのバンカーとティーショット

フェアウェーウッドをバンカーとティーショットで使用する場合の、ゴルフスイングのポイントをまとめてみました。

フェアウェーウッドは、使い道の広いクラブです。固定観念を持たずにいろいろなシーンで活用してみましょう。

ゴルフクラブいろいろ
場合によっては、ランニングアプローチでも使えます。

まずは、バンカーでのゴルフスイングです。ただし、フェアウェーウッドをバンカーで使用するにはアゴがそろほど高くないという前提条件がつきます。フェアウェーウッドの出球は低いからです。

ソールを滑らせるスイングをイメージすれば、フカフカの材質の砂地ではヘッドが潜ります。

反対にカチンカチンに硬ければ、少しでもタイミングに狂うが生じえしまうとヘッドがはじき返されるので、その場合は避けた方が賢明です。

しかしアゴが低く、適度な硬さの砂地という条件が揃うならば上級者でもフェアウエーウッドをよく使っています。

ティーショットで使用する場合は、ドライバーよりも曲り幅が少なくなることを頭の中に入れて置きましょう。

フェアウェーウッドを使用する状況としては、フェアウェーが極端に狭いホール、OBラインが極端に浅く設定されているホール、300ヤード前半のミドルホールでの使用が想定されます。

クラブフェースがドライバーと比較して薄いことを考慮に入れてティーアップはドライバーの場合よりも低くすることも忘れないでください。

このようにフェアウエーウッドは、状況さえ整えば、かなり有効な武器になることは確かです。

スポンサード リンク



丸山茂樹プロは米ツアーでは、5番ウッドを多用するようになったそうです。7番ウッドを入れることもあるそうです。

ラフ、バンカー、ティーショットでもこうしたクラブを自在に使いこなしてスコアメークしているのです。

特に5番ウッドには絶対の自信があるようで、240ヤードから180ヤードの距離を自在にコントロールしています。さすがにプロというところでしょうか。

繰り返しますが、フェアウェーウッドを使いこなせるようになれば確実にスコアアップが期待できます。

007正しい使い方をマスターしてピンチでもチャンスでも対応できるようになれば、もう80台への突入目前です。

フェアウェーウッドは基本的に中弾道をイメージするだけで問題ありません。

高い弾道を意識して打てば回転軸が右に傾いてしまう結果を招きかねませんが、中弾道や低弾道をねらって打つには軸が傾いていることを強く意識しましょう。

ゴルフスイングの最中に。左右どちらにも傾かないで真っすぐな状態を維持できれば最初に構えたポジションにヘッドを戻すことができるので確実にボールをヒットしやすくなります。

こちらの記事もどうぞ!

  • フェアウェーウッドの使い方フェアウェーウッドの使い方 ゴルフスイングの中でもフェアウェーウッドで飛ばす場合時は、トップ・オブ・スイングまで力を入れずにゆっくりとした動作でクラブを上げて体に捻じ […]
  • persimmonゴルフスイングのダフリを解消しよう ダフリ、トップ、チョロ、テンプラといった具合に、ゴルフスイングにミスショットは付き物です。しかし、特にドライバーでのティーショットで、こう […]
  • 3Wはダフっても飛ぶ3Wはダフっても飛ぶ 近年は、フェアウエーからドライバーを使用するプロも例外的にいますが、グラウンドのボールを打つクラブで一番長いのは3番ウッド(3W)です。こ […]
  • ラフからのフェアウェイウッドラフからのフェアウェイウッド フェアウエーウッドは、その名前からフェアウエーだけで使うゴルフクラブだと誤解されている節があります。状況次第でドライバーやアイアンよりもず […]
  • フェース面の確認フェース面の確認 ドライバーのゴルフスイングで最も大切なもの、それはクラブのフェース面のコントロールです。最新のドライバーで飛距離を稼ぐには、ここが大きなポ […]
  • ダウンスイングは自然落下ダウンスイングは自然落下 ほとんどのゴルファーは、ゴルフスイングというものはトップ・オブ・スイングの高さまでドライバーを振り上げたら、いきなり腕でクラブを加速させる […]
  • ストロンググリップで飛距離を稼ぐストロンググリップで飛距離を稼ぐ ゴルフクラブの進化に伴ってゴルフスイングの基本のセオリーも変しました。ゴルフスイングの基本となるグリップ方法もそのひとつです。最新のゴルフ […]
  • トップからの切り返しで飛距離アップトップからの切り返しで飛距離アップ ゴルフスイングで飛距離を伸ばす方法の一つとして、トップでの切り返しについて説明しておきます。ドライバー・ショットを曲げないことは飛距離アッ […]
  • ドライバーの飛距離アップドライバーの飛距離アップ ゴルフスイングの中でもドライバーショットとなると、ほとんどの人が遠くまで飛ばしたいという強い意識が働くのは自然なことです。しかし、大振りし […]
  • プロのフィニッシュプロのフィニッシュ ゴルフレッスン書やゴルフ雑誌にはプロのゴルフスイングの連続写真がよく載っていますね。この連続写真から、何を学びとるべきだかというテーマです […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ