フェアウェーウッドの使い方

ゴルフスイングの中でもフェアウェーウッドで飛ばす場合は、トップ・オブ・スイングまで力を入れずにゆっくりとした動作でクラブを上げて体に捻じれを加えるのがコツです。

フェアウェーウッド(FW)は、ソール面が広いデザインなので多少ダフリになっても振り抜きやすいヘッドだといえます。

ゴルフスイングがやさしくなり、その上に飛距離を稼げるクラブだと言えるので、スコアメイクに役立つ頼りになるクラブだといえます。

フェアウェイウッドは、ヘッドをなぎ払うようなゴルフスイングにすることが大切だとこれまで述べてきました。

払い打ちを可能にするポイントになるのは、グリップを握る力加減をできるだけ弱めることが挙げられえます。グリッププレッシャーは弱い方が良いのです。

ゆるゆるのグリップでゴルフスイングすることで、クラブヘッドはスムーズに加速されえ、ソールの広さもあいまって払い打ちする動作がより簡単に行えます。

そして、フェアウェイウッドの技術をレベルアップするには、アドレス時に作り上げた上体の前傾角度を、フィニッシュの寸前まで維持することが大切です。

トップボールが出やすい、スライスボールになる、ボールがうまくつかまらない、ダフリになってしまう、といったさまざまなミスショットの原因として、アドレス時の前傾角度が変わってしまうことが挙げられます。

トップ・オブ・スイングやバックスイングで上体が伸びてしまったり起き上がったり、またダウンスイングで逆に縮み込んだりして前傾姿勢が変化すると、ゴルフスイングの軌道に乱れが生じてしまいます。

アドレスの体勢を取った後にシャフトを背骨にあてがった状態で素振りをしてみるとわかります。

スイング軸になる背骨の角度を意識してスイングしてみると、違和感を感じるかもしれません。こうした違和感を感じるのは、前傾角度が普段から一定でない証拠ともいえるでしょう。

スポンサード リンク


007前傾姿勢をキープしたままゴルフスイングする意識を持つことで大切なのは、先ほど説明したようにグリッププレッシャーを弱めることにあります。

また、フォロースルーの段階ではヘッドがボールの置かれていた場所の前方30㎝ほどのポイントを通過するのを見ることがコツになります。

フェアウェイウッドのゴルフスイングのチェックポイントは人によって様々かもしれませんが、スイングの最中に、実際に確認できるのはせいぜい2、3箇所程度ではないでしょうか。

ミスショットしやすい状況に応じて、確認すべきポイントをいくつか自分なりに習慣づけておけば、ゴルフの上達に繋がって、ラウンドするときにはきっと役立つでしょう。

フェアウエーウッド(FW)を苦手にするアベレージゴルファーは少なくありません。「ボールが上がらない」「ボールがつかまらない」といった悩みが多いようです。FWを使いこなすためには、クラブに対する思い勘違いから解放される必要があります。

FWはドライバーの次にシャフトが長くロフト角が少ないクラブです。ティーショット以外の場面では、地面にあるボールを打つ場合に使用することがほとんどです。

ティーアップせずにゴルフスイングをするクラブとしては一番ロフト角が少なく、シャフトが長いクラブだということになります。

その上、ドライバーと同じく「飛距離を稼ぐ」役割のゴルフクラブだと思い込んでしまうことがFWの苦手意識を高める原因として挙げられます。

アイアンクラブと同じくFWは距離を稼ぐのではなく、目標とするエリアヘボールを運ぶためのクラブだと理解したほうがゴルフスイングにも良い影響があるでしょう。

どのクラブにも共通する点は、ターゲット方向に対してスクエアに構えることが、ナイスショットを打つための一番大切なポイントだと言われています。

スポンサード リンク



アベレージクラスのプレーヤーは、ボールとターゲット地点を結んだターゲットラインに対してスタンスを最初に決めた後でクラブヘッドをソールすることが多いようです。

実はこの方法がターゲット方向から右を向いた間違ったアドレスを招き、正しいボール位置にズレが生じて、ゴルフスイングを乱れさせてしまう原因になっているのです。

FWはロフト角が少ないので、ボールを上げようとする意識が強く働き、アドレスで右足に体重をかけ過ぎた構えになる傾向が強いものです。

この点もまた右向きアドレスの傾向を強めています。右向きアドレスの傾向が強まるほど、ダウンスイングでは左肩の開きを早くしなければボールの位置にヘッドを振り下ろせなくなります。

そのため、ダフリやトップなどのミスショットが飛び出すことも増えるのです。

ターゲットラインに対して最初にヘッドをスクエアにセットしてからターゲットラインに対してスクエアにスタンスを取り、最後に両腰や両肩など体のラインもスクエアにセットしてアドレスを作る手順を練習しましょう。

自分がスクエアに構えられたかどうかの確認は簡単にはできません。しかし、フェースをスクエアにセットできていることが前提条件としてあれば、アドレスを完成させてからグリップがヘッド位置よりも先行したハンドファーストの構えに感じられることで確認できます。

この状態が右向きアドレスにならなかったことの証明になり、スムーズなゴルフスイングにつながる基本になるのです。

フェアウェーウッドのゴルフスイング

ミスを極力抑えるフェアウエーウッドでのゴルフスイングの仕方についてです。

フェアウェーウッドは、状況次第でティーショットにも使えるクラブですが、地面のボールを打つクラブにしてはロフト角が小さく、ボールがなかなか上がらないと感じているゴルファーも多いでしょう。

しかし、ここで見方を変えてみることで気持ち良くスイングできて、飛距離も伸びる大切な味方に変身してくれます。

フェアウェーウッドのゴルフスイングの大きなコツはクラブヘッドの底(ソール)でダフることにあります。

フェアウエーウッドに苦手意識を持っているゴルファーは、意外に多いのではないかと思います。

スポンサード リンク



大きく左右に曲がるミスショットも出やすいばかりではなく、ボールの上部を叩いてしまい、ボテボテと転がるトップのミスが出たりするとガックリする気持ちになるのもよく分かります。

フェアウェーウッドの場合、うまくスイングできたときとそうでないミスショットの出来不出来の幅が大きすぎるのが、その理由かもしれません。

しかし避けて通ろうとして逃げ腰になっていては、レペルアップ、スコアアップには結びつきません。

逆に、このフェアウェーウッドを使いこなせればロングホールでも、400ヤード以上の長いミドルホールでも大変心強い武器になります。

そのために、まず必要なのは発想を転換してフェアウェーウッドに対する恐怖心を無くすことが大切です。

まずはフェアウェーウッドの特性を理解しましょう。フェアウエーウッドとアイアンとの大きな違いはソール幅にあります。

広いソール幅の特徴をうまく活かすゴルフスイングをしてころ、ミート率がアップして、その分ナイスショットの数も増えるでしょう。

ポイントになるのは、クラブヘッドを低く長く走らせる意識を持つことです。ボールを上から打ち込んだり、クリーンヒットさせようという発想は、フェアウェーウッドにはふさわしくありません。

フェアウェーウッドのゴルフスイングの場合は、できるだけクラブを鋭角的には下ろさないような意識を持つ必要があります。

そのためには、バックスイングは勿論ですが、ダウンスイングでも右脇を締め過ぎないように注意する必要があります。

トップ・オブ・スイングからインパクトにかけては、クラブヘッドができるだけ体に近づき過ぎないようにゆったりとスイングする要領です。

ダウンスイングで右脇を締めてしまうと、どうしても腕に力が入りやすくなって、クラブが鋭角に下りてくることになります。

これでは、ミート率が下がることは勿論、ヘッドスピードも落ちてしまって、飛距離が伸び悩みます。

スポンサード リンク



肘を鈍角にしたままダウンスイングに入れると、ヘッドスピードがアップして、フォロースルーでもヘッドができるだけ体から距離を置くような動きにつながるので、無理のないゴルフスイングができます。

フェアウェーウッドのように長いクラブでのゴルフスイングでは、ボールの横から払うような打ち方を意識した方が、ヘッドスピードがアップします。

この点は、短いゴルフクラブのゴルフスイングとは違う点だと言えるでしょう。

フェアウェイウッドのスタンスを狭くする

フェアウェイウッドのスタンス位置は、ドライバーに比べてボールに体が接近したものになります。クラブが短くなった分の為です。

それに合わせてスタンス幅も右足一足分ほど狭くします。ゴルフ初心者は誤らないようにする点は、ボールの位置は左足のかかと線上のままにすることです。

ゴルフ初心者は、以上のポイントを満たしたアドレスを試してみて下さい。ドライバーと比較すると、体のセンターラインが左サイドに寄っていくはずです。

ドライバーの場合、ボールの右横を斜めに見下ろすような体勢でしたが、スタンスが広い分だけ少しだけ頭を右に傾斜させたわけです。

これがフェアウェイウッドの場合になると、頭が左サイドに寄った分だけボールを真上から見下ろす構えになっていきます。右傾斜していた体が左に起き上がると表現してもいいでしょう。

この2つのスタンスを比較すると、明らかにゴルフスイングの軌道がヨコ振りからタテ振りへと変化していくことがゴルフ初心者でも理解出来るでしょう。

実際に素振りをしてみることで、このあたりのゴルフスイングのイメージの違いをつかんで下さい。

ゴルフ初心者にもご理解いただけたと思いますが、結論からいえば、フェアウェイウッドでは、アドレスで構えたところへ振り戻していくことになるのです。

つまり、「打ち払う」と「打ち込む」の両方の要素を取り入れたゴルフスイングがフェアウェイウッドでは大切になるのです。

スポンサード リンク



ゴルフスイングのメカニズムは、ドライバーでトレーニングしてきたものと基本的にはまったく同じです。

バックスイングの手順に誤りが無ければ、ダウンスイング以降も自然にスイングがよくなっていきます。

そして、とにかくフィニッシュを目指して振り切っていくことが一番重要なテーマです。ここでは、ゴルフスイングを局部的に分解することをあえてしません。

ウェアウェイウッドでスイングしていく中でイメージをとらえていくことが、ボールを打ち抜く一番良い方法だからです。これは、ゴルフ初心者でもベテランゴルファーでも共通です。

こちらの記事もどうぞ!

  • ゴルフクラブいろいろフェアウェーウッドの打ち方2 ゴルフスイングにおいては、ターゲットラインに対してフェースの向きをスクエアにすることと、スタンスをターゲットラインに対してスクエアにセット […]
  • プロのフィニッシュプロのフィニッシュ ゴルフレッスン書やゴルフ雑誌にはプロのゴルフスイングの連続写真がよく載っていますね。この連続写真から、何を学びとるべきだかというテーマです […]
  • スタンスの基本はスクエアスタンスの基本はスクエア ゴルフスイングの土台になるのは下半身であるという認識は皆さんお持ちだと思います。土台が不安定な状態ならばゴルフスイングはしっかりとしたもの […]
  • persimmonゴルフスイングのダフリを解消しよう ダフリ、トップ、チョロ、テンプラといった具合に、ゴルフスイングにミスショットは付き物です。しかし、特にドライバーでのティーショットで、こう […]
  • ダウンスイングは自然落下ダウンスイングは自然落下 ほとんどのゴルファーは、ゴルフスイングというものはトップ・オブ・スイングの高さまでドライバーを振り上げたら、いきなり腕でクラブを加速させる […]
  • ドライバーショットのアドレスでのボールの位置ドライバーショットのアドレスでのボールの位置 ドライバーショットのアドレスにおける「ボールの位置」について最新のゴルフスイング理論を踏まえて説明します。ドライバーショットでは、ボールは […]
  • ゴルフスイングのドライバーのミスゴルフスイングのドライバーのミス ドライバーのミスショットの中から、テンプラ、トップ、チョロについて説明しておきます。ゴルフスイングの悩みの種とも言えるミスショットを極力減 […]
  • スライサーの練習ドリルスライサーの練習ドリル スライスに悩むゴルファーは両肩をレベルに回転させる練習ドリルをゴルフスイングのトレーニングの中に取り入れてみてはどうでしょうか。ターゲット […]
  • ドロー、フェードのゴルフスイング2ドロー、フェードのゴルフスイング2 ドロー、フェードのゴルフスイングでは左へのヒッカケ、右へのプッシュアウトというミスショットのリスクも高いスイングになります。それでは精度の […]
  • 飛距離と頭の位置飛距離と頭の位置 飛距離を伸ばしたければインパクト以降もアゴに右肩が触れるまで頭を止めておきましょう。ゴルフスイングの基本理論として、飛距離を伸ばすにはヘッ […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ