ドロー、フェードのゴルフスイング2

ドロー、フェードのゴルフスイングでは左へのヒッカケ、右へのプッシュアウトというミスショットのリスクも高いスイングになります。

それでは精度の高い安定したドローやフェードボールをどう打つかというテーマについて説明していきます。

現在のドロー、フェードのゴルフスイングの主流は、リストの動きを極力抑える打ち方になっていますので、それを中心に説明させていただきます。

ドローボールを打ちたいときには、これは他のゴルフスイングと共通することですが、アドレスに入る前に、後方から打ちたい弾道をイメージするとこらから始まります。

出球の方向と最終的にボールの落ちる目標地点を決めたら、出球の方向に対してスタンスを取るようにします。

ドローボールの場合は、右足を引いたクローズドスタンスになるはずです。肩、膝、腰とクラブフェースのラインはターゲット方向にセットします。

そしてスタンスと平行にスイングすることで、結果的にボールが描く軌道がインサイド・アウトとなります。

これで、ドロー回転がボールにかかってきます。フィニッシュは、ハイフィニッシュとしてグリップが左耳より高いポジションにとるゴルフスイングにします。

フェードボールの場合も、最初にするのは弾道をイメージすることです。左方向から右方向への弾道になるはずです。

そのため、出球に向けたスタンスは、左足を引いたオープンスタンスにします。やはり肩、ひざ、腰とフェースはターゲット方向に向けます。

どの程度、クローズドやオープンにするかについては、日頃の練習から弾道の曲がり具合を把握しておく必要があります。自分に最適な閉じ具合、開き具合を知っておいて下さい。

ドローボールでも同じですが、特にクラブフェースがスタンスと同様に左を向いていたら、出球の方向に最初は真っすぐ飛んで行きます。

スポンサード リンク

その点に注意して、スタンスの向きにそって自分のリズムでゴルフスイングをすれば、アウトサイド・インのフェード回転がかかります。

フィニッシュの位置はローフィニッシュとしてグリップが左耳の下にくる位置にします。この点は、ドローとは異なります。

アマチュアプレーヤーの方が、この方法を実践すると、曲り具合が想定していたよりも大きくなってフックやスライスになることもありえます。

欧米ではスタンスも変えないで、打ち分けるスタイルが主流になりつつあります。

一定のリズムを維持しながら、スイング軌道はストレートダウンでドローならアウトサイドフォロー、フェードならインサイドフォローにします。

出球に合わせたフォローを取る意識を持つことで、ボールは微妙に変化するからです。
007
この打ち分けを完全にマスターすることは、確かに容易なことではありません。

プロゴルファーでもドローかフェードのどちらか一辺倒というプレーヤーも大勢います。

ただ、理論を頭に入れて練習場で何度も繰り返し試すことで、本番のコースでそういう状況が訪れたら、1つのオプションとして選択肢に加えることができると思います。

これは、精神的な意味でも安心感をもたらすでしょう。

フェードボールを打つためのリスト

フェードボールは右手のリストがインパクト直前まで「くの字」型をつくりボールを押し出す感覚を持つことが必要です。

球筋をドロー系からフェード系に変えて成績が向上することもあります。

しかし、ゴルフスイングには大きな改造を加えることになるのは明らかなことです。

スポンサード リンク



ゴルフスイングの改造のポイントはインパクトゾーンで、ヘッドを水平に走らせることにあります。

ドライバーを苦手に感じている多くのゴルファーは、ヘッドを水平に走らせることがかなわずに、ダウンブローやアッパーブローでスイングしています。

ドライバーを手にするシーンでは、たとえプロですら飛ばそうと力みが入るようです。

そしてヘッドスピードを速めようと目一杯のスイングをするのがミスショットの原因となるのです。

特に飛距離アップに注目する場合、ヘッドスピードを上げることよりミート率を向上させた方が効果はすぐに出やすいものです。

際立ったパワーを持たない女子プロゴルファーが、力で勝る男性のアマチュアゴルファーよりもドライバーで飛距離が出るのは、ミート率が段違いに高いせいなのです。

このミート率を向上させるには、インパクトゾーンでクラブヘッドを水平に走らせることが必要です。

また、インパクトでボールをプッシュするフォームが必要となります。

「プッシュする」イメージをつかむために、ドライバーヘッドを柱にあてがった状態で、ヘッドで柱を押すようにしたインパクトの形を作ってみると体得しやすいと思います。

その場合、クラブヘッドよりもグリップ位置の方がターゲット方向に先行した状態で、右手のリストの角度が自分から見て「くの字形」になっているかが大切なポイントになります。

このフォームは、いわゆるハンドファーストインパクトです。ボールをプッシュするインパクトの形なのです。

003右手のリストを「くの字形」に維持したままインパクトのタイミングを迎えたなら、ターゲットラインよりも左側、つまりインサイドにクラブヘッドを振り抜くようにします。

こうしたスイングを作ることで、打ち出し当初はターゲットラインの左に飛び出して、その後右に曲がりながらターゲットライン上に戻ってくるフェードボールが打てるようになります。

ダウンスイングで右手のリストが「逆くの字形」で、グリップ位置よりヘッドが先行するスイングフォームでは、ボールをプッシュできません。

ウエートが右足に残り、左腰は引けてしまう状態だからです。

これではジャストミートするどころか、スライスやチーピンといったさまざまなミスショットを招く結果となるのです。

スポンサード リンク



ダウンスイングの時点では両肩は地面に対してレベルに回転させながら、インパクトまでグリップが先行するようにスイングすることが大切です。

インパクト後にインサイドに振り抜くことで、力強いフェードボールの球筋が出るようになります。

インパクトでボールを「プッシュする」か、「こすってしまう」のかの違いが、フェードボールとスライスボールの大きな差です。

ゴルフ初心者がスイングプレーンをつくる方法

ゴルフスイングの「スイングプレーン」は、左肩とボールを結んだ線が描く斜めの面を意味します。

ゴルフ用語としてよく出てきますから、ゴルフ初心者も覚えておきましょう。

ボールをジャストミートするためには、スイングプレーンをつくるようにします。

スイングプレーンというのは、アドレスした際に作った左肩とボールを結んだ直線の角度を維持してスイングすれば、それがプレーン(面)となります。

ゴルフ界の球聖ベン・ホーガンはガラス板の例えでプレーンをつくるようにその著書で提言しています。

それはゴルフスイングにとって実に大切なポイントのひとつです。その訳は、ほとんどのゴルファーが、このガラス板のように平らな面(プレーン)を描いたゴルフスイングができていないからです。

001スライサーの人は、トップ・オブ・スイングでスイングプレーンよりも手が上(前)に突き出た形になっていて、ガラスならば割れてしまう形になっていることが多いのです。

逆に、フッカータイプのゴルファーは、トップ・オブ・スイングで手がガラス板よりも下(後ろ)に下がった状態になっているものです。

いちばんまずいケースは、8の宇型のループになるスイング軌道です。

手がガラス板よりも前に突き出たり、下にさがったりする動きを繰り返すために、フラットな面ではなく波を打ったようなスイング軌道で、安定性に大きな問題を抱えています。

スイングの理想形は「あげて、おろすだけ」です。しかし、トップ・オブ・スイングからダウンにかけてヘッドがループを起こすと、不要な回り道をしていることになり、ミート率は格段に減少してしまいます。

スポンサード リンク



スイングプレーンは身長の違いによっても個人差の出るものです。

ゴルフ初心者が覚えておきたいことは、アドレス時の前傾の角度が、そのままプレーンとなるのが一番自然な形だということです。

スイングプレーンは、DVDの円盤の大きな円を自分の肩とボールの間においたようなものと考えられます。

そして、この面がターゲットに向かって少しだけ右を向けばドローボールとなり、逆に左を向けばフェードボールの球筋となります。

こちらの記事もどうぞ!

  • ゴルフスイングではストレートボールへのこだわりを捨てるゴルフスイングではストレートボールへのこだわりを捨てる ゴルフスイングでは、絶対に右か左かに曲がるショットを打つことができれば正解です。ストレートボールへのこだわりを捨て去るのです。それがコース […]
  • スライサーの練習ドリルスライサーの練習ドリル スライスに悩むゴルファーは両肩をレベルに回転させる練習ドリルをゴルフスイングのトレーニングの中に取り入れてみてはどうでしょうか。ターゲット […]
  • フェース面の確認フェース面の確認 ドライバーのゴルフスイングで最も大切なもの、それはクラブのフェース面のコントロールです。最新のドライバーで飛距離を稼ぐには、ここが大きなポ […]
  • ゴルフスイングのドライバーのミスゴルフスイングのドライバーのミス ドライバーのミスショットの中から、テンプラ、トップ、チョロについて説明しておきます。ゴルフスイングの悩みの種とも言えるミスショットを極力減 […]
  • ゴルフクラブいろいろフェアウェーウッドの打ち方2 ゴルフスイングにおいては、ターゲットラインに対してフェースの向きをスクエアにすることと、スタンスをターゲットラインに対してスクエアにセット […]
  • 冬場のゴルフスイングは滞空時間を短くする冬場のゴルフスイングは滞空時間を短くする 大きなキャリーボールを打つゴルフスイングを目指すことだけが、飛距離アップに結びつくと考えるのは早計です。ファーストバウンドまでのキャリーが […]
  • ダウンスイングは自然落下ダウンスイングは自然落下 ほとんどのゴルファーは、ゴルフスイングというものはトップ・オブ・スイングの高さまでドライバーを振り上げたら、いきなり腕でクラブを加速させる […]
  • トップからの切り返しで飛距離アップトップからの切り返しで飛距離アップ ゴルフスイングで飛距離を伸ばす方法の一つとして、トップでの切り返しについて説明しておきます。ドライバー・ショットを曲げないことは飛距離アッ […]
  • ドライバーショットのアドレスでのボールの位置ドライバーショットのアドレスでのボールの位置 ドライバーショットのアドレスにおける「ボールの位置」について最新のゴルフスイング理論を踏まえて説明します。ドライバーショットでは、ボールは […]
  • プロのフィニッシュプロのフィニッシュ ゴルフレッスン書やゴルフ雑誌にはプロのゴルフスイングの連続写真がよく載っていますね。この連続写真から、何を学びとるべきだかというテーマです […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ