ドライバーショットのアドレスでのボールの位置

ドライバーショットのアドレスにおける「ボールの位置」について最新のゴルフスイング理論を踏まえて説明します。

ドライバーショットでは、ボールは左かかと延長線上にセットすると思い込んでいる方も多いのではないでしょうか。

しかし、現在のゴルフスイング理論では両腰の内側にあることがほとんどです。

どうしてなのかと言えば、その理由はクローズドスタンスで構えるプレーヤーが多いためです。

実際にドライバーでスイングしてみるとよく理解できますが、クローズドスタンスの構えだとクラブヘッドが体の正面にある時に一番パワーを発揮できるのです。言い換えれば、ボールのつかまりも断然良くなるということです。

アマチュアゴルファーの多くは、スライスが一番の悩みの種ではないでしょうか。そういうスライサーに限って「ボールは左足かかと延長線上」を意識していても、実際は左に置き過ぎていてボールを強くヒットできないことが多いものです。

アウトサイドインのスイング軌道の特徴として、どうしても体が突っ込みがちになり、クラブヘッドの落下点で延長線上よりも左寄りになってしまうことが多いのです。本来、ドライバーショットでのボールの位置は、そのような決めつけの概念よりも、自然に正しい手順で行なわれたアドレスで決まるものです。

  1. 両肩、腰が目標方向に対して平行になっているように真っすぐ立つ。
  2. 体の正面でグリップを持ち上げ、背筋をすっきりと伸ばす。
  3. ひざを折り曲げて、真っすぐにクラブヘッドのソールを地面に近づけていく。
  4. 股関節から上半身を前傾させてソールを完了する。背筋は丸めない。

スポンサード リンク


手順通りのアドレスが決まったら、クラブヘッドの目前のポジションを確認します。そこがドライバーショットのゴルフスイングの正しいボールの位置と考えるのが正しいでしょう。

スタンスがクローズした状態になれば、自然とボールは両腰の内側に納まるはずです。ここで注意すべきポイントは、スライス打ちのゴルファーです。この位置にボールを置いて、アウトサイドインのカット軌道をそのまま実行してイングすると空振りする可能性さえ生まれてきます。
007
だからこそ、インサイドから振りやすく、クラブヘッドが返りやすいストロンググリップを推奨しているわけです。

テークバックでインサイドに引きすぎないフェースのコントロールが重要なのです。

そして左足から右足へと正しいウェートシフトを忘れないように心がけてみてください。

クラブフェースはまっすぐに合わせたつもりでも、ボールは右に飛んでいったという経験はゴルファーなら、身に覚えがあると思います。

この場合、ゴルフスイングが悪い間違っていると考えてしまうことが多いでしょうが、大部分のゴルファーはゴルフスイング以前にからだの向きが間違っていることが多いものです。

自分の目でしっかりと方向を確認したから、方向がズレているはずはないと普通なら考えてしまうので、この間違いになかなか気づけないことが多いのです。

ゴルフ練習場で、自分からターゲットまで、ボールからターゲットまでと2本の直線を引いてみると、ちょうどまっすぐに伸びた鉄道線路のようになります。

このとき、注意が必要なのはその幅です。鉄道線路の幅は遠くに行くほど狭くなって見え、狙った地点ではほとんど点になって見えるはずです。

しかし、アドレスしたときに、自分の立っているポジションとボールの位置の差を気にしすぎると、必要以上にからだを右に向けて構えてしまいます。

このため、ターゲットから大きくはずれたゴルフスイングになってしまう危険性があるので注意しましょう。

スポンサード リンク



1番ホールのティーショットで確実にフェアウエーにボールを飛ばすゴルフスイングのテクニックとして、指1本分クラブを短めにグリップして打つことを説明しました。

ティーショットでは、他にも気をつけた方が良い点があります。

それは、ティーアップする場所をどこにするかです。

ゴルフというスポーツは、ボールのある状態のままで打つのが基本ですが、唯一つ、打つ場所を選べるがティーインググラウンドです。

そのため、それを有効に利用することも考えてみましょう。ほとんどのアベレージゴルファーは、ティーアップする場所に無頓着な人が多い気がします。

こう書くと「スライサーはティーグラウンドの右端、フッカーは左端にティーアップすることくらい誰でも知っている」という反論を受けそうですが基本的にはそれが正しいのです。持ち球を考慮した上でティーアップ場所を選択することは大切です。

スライサーならティーグラウンドの右端にティーアップし、フェアウエー左サイドを狙う。フッカーなら左端にティーアップして右サイドを狙うというセオリーでフェアウエー幅を有効に活用できるためです。

このティーアップする場所を少し考えるだけで、心理的緊張が一番大きいの朝イチのショットに強くなるのはもちろんのこと、ラウンド中のゴルフスイングの結果にも大きく影響します。

たとえば、フッカーなら左ドッグレッグ、スライサーなら右ドッグレッグでのティーショットは構えやすくて得意だと思っているはずです。

これは、スライサーなら右ドッグレッグホールでは構えた時にターゲットラインである右サイドにフェアウエーが広く続いて視界が広く見えるせいです。

それとは反対にフッカーの場合は、左ドッグレッグのほうが視界が広く感じられるものです。持ち球の曲がり方向がどちらの場合もオープンになっているように感じられるせいで、曲げてはいけないというプレッシャーから逃れれれるのです。
ハンドファースト
その上、曲がり幅が少しくらい大きくなってもフェアウエーにボールを運べる点も見逃せません。

こうして、持ち球がどちらかによって得手、不得手のホールがどんなコースでも存在するわけです。

持ち球に応じて視界が広がるように構えるというゴルフスイングの基本として本当に当たり前のこと。でも、実際にはあまり行われてはいないティーショットの場所選びがスコアメークのキーポイントです。

6、7番アイアンのゴルフスイングで問題なく打てるようになったら、残りのアイアンやウェッジはからだの折りたたみ方を大きくしてクラブの長さに合わせるだけで打てるようになるでしょう。

スポンサード リンク



しかしドライバーとなると、少し状況は違ってきます。シャフトが長くなり、ヘッド形状が違ってくるだけで、苦手意識がなんとなく湧いてくる人も少なくないでしよう。

でもシャフトが伸びたぶん、クラブヘッドのサイズは大きく当たりやすくなっているので問題ありません。

まずティアップして、ゆっくりと大きなゴルフスイングで打ってみましよう。ボールが思い通りに上がらずうまくショットができないはずですが、それで構いません。

ゆっくりと大きく振ってみて、単純にシャフトが長くなっただけではない何らかの違和感を覚えれば、ゴルフスイングのセンスはかなり良いでしょう。

フェースを意識しつつ、アイアンとの違いを体験しておくことが大切です。感覚が変わるかもしれませんが、特別なことをする必要はないのです。

ゴルフスイング自体はそのままで、うまく打つためのポイントがあるのです。ドライバーショットのときは、シャフトが長いだけアドレスの姿勢が立ってきます。

そしてボールの位置がからだから離れるため、見た目も変化します。しかし、難しそうだなという先入観は持たない方が賢明です。

姿勢もゴルフスイングも、6,7番アイアンでのそれから基本的に変える必要はありません。

ヘッドサイズは増してスイートスポットも広くなっているので、ボールにはしっかり当たると考えましょう。

ここで不安を感じてしまうと、ゴルフスイングよりもボールを打つことを強く意識してしまって、いつも通りのゴルフスイングができなくなるでしょう。

ドライバーを振った際に、アイアンとは違うちょっとした違和感があるかもしれません。これはフェースが正面に向くポジションが違うために感じるものです。

アイアンの場合はからだのほぼ正面、ゴルフスイングの最下点でヘッドスピードが最大になって、フッと軽くなった感じがしたはずです。

しかし、ドライバーではそのポジションがやや左サイドにズレるため、違う感じがするでしょう。

満足のいくドライバーショットが打てない人は、ゴルフスイングではなく立ち位置だけ少し変えれば効果があります。

左かかと延長線上にボールを置けという意見もありますが、どこが自分にとってベストかを試してみましょう。

ボール位置は変わってきている

スポンサード リンク



ドライバーの進化に伴ってゴルフスイングの変化も当然いろいろなところで見られるようになってきました。

今回のテーマのボールの位置に関してもそのことが言えます。

これまでは、前述したようにドライバーのボールのセット位置は「左足かかと前」というのが一般常識として誰に尋ねても同じ答えが返ってきました。

ボールを左に置くことで、スイング軌道の最下点よりもかなり左寄りでボールをアッパー気味にとらえることで、高弾道・低スピンの球筋を狙うというのがその目的です。

人によってはそれよりも左に置く場合もあって、正面から見た時に左足のつま先の前付近だったりします。

しかし、クラブヘッド自体が球の上がりやすい構造へと進化し、シャフトに関してもスピーディでしなり戻る現在のものではボールを左に置きすぎると、打ち出し角が高くなりすぎるケースも出てきています。

さらに、クラブフェースが返りすぎてヒッカケのミスショットになる危険性も以前よりも高くなりつつあるという意見も出てきました。

また、体重移動の量も抑え気味のゴルフスイングに変化しつつあるため、球を左に置く意味がそれほど重要ではなくなってきているという主張がやたらと増えてきました。

以前と比べてボール1個から1個半ほど、ボール位置を右にしたほうが現代のゴルフクラブにはちょうど良いという考え方です。

ドライバーに関しても左足のかかとより少し内側がベストであり、ウェッジとなるとスタンスのちょうど中央くらいを目安にした方が良いのかもしれません。

こちらの記事もどうぞ!

  • スライスとアドレスの入り方スライスとアドレスの入り方 ラウンドの最中にボールに触れることが許されているのは、基本的にティーアップするタイミングとグリーン上に乗った場合に限定されます。このルール […]
  • ゴルフスイングはクローズドスタンスからゴルフスイングはクローズドスタンスから ゴルフスイングの上達は、ゴルフというスポーツの魅力を知るためには欠かせないことです。ゴルフの楽しみ方は人それぞれでしょうが、基本は「ボール […]
  • ダウンブロー気味に振り抜くイメージダウンブロー気味に振り抜くイメージ ドライバーショットもダウンブローにするのが正解と言えます。アイアンショットでは確かにダウンブローに打つべきだと指導されてそれに従うゴルファ […]
  • ストロンググリップで飛距離を稼ぐストロンググリップで飛距離を稼ぐ ゴルフクラブの進化に伴ってゴルフスイングの基本のセオリーも変しました。ゴルフスイングの基本となるグリップ方法もそのひとつです。最新のゴルフ […]
  • フェース面の確認フェース面の確認 ドライバーのゴルフスイングで最も大切なもの、それはクラブのフェース面のコントロールです。最新のドライバーで飛距離を稼ぐには、ここが大きなポ […]
  • persimmon正しいアドレスがナイスショットを生み出す シーズオフの期間には、練習場でゴルフスイングやパッティングの精度を高めておくことは非常に大切な心がけです。その場合にぜひチェックしておきた […]
  • スライサーの練習ドリルスライサーの練習ドリル スライスに悩むゴルファーは両肩をレベルに回転させる練習ドリルをゴルフスイングのトレーニングの中に取り入れてみてはどうでしょうか。ターゲット […]
  • 練習場では1球ずつボールを曲げる練習場では1球ずつボールを曲げる ストレートボールを打つ練習ばかりでは、ゴルフスイングの上達には限度があります。 ストレートボールよりも曲がるショットのほうが使い勝手 […]
  • アイアンショットから「シャンク」を無くすアイアンショットから「シャンク」を無くす アイアンショットでシャンクのミスをすると、仲間たちから、「今はヘッドアップしていたよ」と指摘されるケースがあるかもしれません。一度や二度で […]
  • ティーアップしたボールのゴルフスイングティーアップしたボールのゴルフスイング ドライバーショットではゴルフスイングの中で唯一ティーアップしたボールを打つことになります。ショットの中でもこれだけは、スイングの最下点を通 […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ