ドライバーの飛距離アップ

ゴルフスイングの中でもドライバーショットとなると、ほとんどの人が遠くまで飛ばしたいという強い意識が働くのは自然なことです。

しかし、大振りしてしまうとゴルフスイングは乱れ、ボールをジャストミートすることは不可能になります。

ドライバーの飛距離アップをゴルフクラブの力で15ヤード以上もアップした人がいます。

手品でも何でもなくて、ただシャフトを0.5インチ伸ばしてトータル45.25インチにしたことで、高いボールの打ち出し角となり、キャリーが大幅に伸びた人がいるのです。いわゆる長尺効果です。

また、長尺効果ではゴルフスイングが以前よりもフラットな軌道になり、ダウンスイングで右肩が突っ込むクセを防止することも期待できます。

普通の人は飛ばしたいと思うとついゴルフスイングにリキミが入ってしまいがちです。

このため、ダウンスイングで右肩が前方に突っ込みやすくなり、アウトサイドからクラブが下りてきてしまいます。

その結果として、ティーアップしたボールに対してヘッドをボールの上からぶつけるようなインパクトになります。

これでは、バックスピンの量やサイドスピンの量が多く加わってしまい、ふけ上がりと呼ばれるスライスボールがよく飛び出すようになるでしょう。

これが曲がる上に、飛ばないドライバーショットの根本の原因です。これを解消する一つの方法が、長尺ドライバーを使うことです。

シャフトを長くしたことでスイングプレーンはフラットに近くなり、インサイドから振り下ろすダウンスイングのイメージを持つことが可能になる可能性が高まります。

長尺でシャフトが長いクラブに変更しなくても、それと同じような効果が期待できるゴルフスイング法は存在します。

スポンサード リンク

それはトップ・オブ・スイングからダウンスイングヘの切り返しのタイミングで、上体をトップスイングの位置のままにとどめて、下半身を先行させてクラブを振り下ろすようにすることです。

ダウンスイングでは下半身よりも上体を一呼吸遅らせてスタートさせると、アウトサイドからクラブが下りてこなくなるのです。

さらに、ティーアップの高さを今までよりも1センチ程度高くすれば、ヘッドをアッパーに振り抜くイメージが強まります。

ゴルフは楽しいこれは、インサイドからのダウンスイングを助長する働きがあります。ティーアップしたボールからヘッド1個分後方にクラブをソールして構えましょう。

ゴルフスイングの最下点をヘッドが通過して上昇軌道に移ってからインパクトに入る形に整えるのです。

そして、ダウンスイングでは上体をトップスイングの位置に一呼吸だけ置いてきぼりの形にして下半身を先行させましょう。

スライスを矯正して、スピン量の少ないボールを生み出し、飛距離アップを果たすにはこの方法を試してください。

ゴルフスイングにおいて、飛距離アップするためには基本的にヘッドスピードをアップさせることになります。

自分のヘッドスピードを計測して把握できているでしょうか。

例えば、43m/sなら飛距離の目安はランも含めて250ヤード前後と考えて間違いないでしょう。

けれども、「そんなに飛ばない!」と違和感を覚えるアマチュアゴルファーが大半ではないでしょうか。

インパクトでのヘッドスピードが43m/sあっても、ボールにヘッドを当てようと意識してしまいヘッドスピードにブレーキがかかった状態での数値なのか、クラブヘッドを加速している流れの中での数値なのかによってその意味は違ってきます。

スポンサード リンク



当然ヘッドスピードは減速の状況よりも、加速されている状態の方が飛距離が伸びます。

頭の位置はインパクトに達するまでトップ・オブ・スイングのポジションにとどめてヘッドを振り下ろすことです。

インパクト以降はクラブヘッドが手元を先行するようなフォームで振り抜く必要があります。

これが飛距離アップのための大きなポイントだと以前にも書いています。クラブヘッドを加速させるゴルフスイング、つまりヘッドを走らせることを体感しましょう。

ドライバーショットで飛ばそうとする場合、むやみに強振するだけではヘッドスピードを速くするコツはわかりません。

最初はドライバーでキャリー100ヤードになるフルスイングと同じ振り幅でスイングしてみましょう。
もちろんヘッドスピードは普段のショットよりも遅くなると思います。

ここでは、インパクトでボールがフェース面から離れていく状態をしっかりウォッチすることが必要です。

感覚的には、ドライバーショットで100ヤードのアプローチショットをする感じですが、フルスイングの振り幅でのゴルフスイングにするのがポイントです。

100ヤード程度の距離なら打つこともそれほど難しくはないでしょう。次にキャリーを20ヤード長くして120ヤードを打ちます。そこから、さらに伸ばして140ヤードを打ちましょう。

この要領で20ヤード刻みで飛距離を伸ばしていくわけですが、ダウンスイングで体のどの部分をどのように動かすことでヘッドスピードを加速されます。

それによって、キャリーを20ヤード伸ばすことができるようになるかを自分自身で実感してください。

ヘッドスピードを加速させる手段は人によって異なります。自分なりのヘッド加速法を見つけ出すことが一番なのです。左腰を切る動きを取り入れる人もいれば、左腕のたたみ方を速くする人もいるでしょう。

いきなり強振でのドライバーショットではなく、20ヤードずつ飛距離を伸ばすゴルフスイングのドリルをした方が、インパクトまで顔が残って、さらにヘッドを加速させる自分なりのコツがわかってくるのです。

飛距離アップのコツ

ゴルフスイングのドライバーで飛距離アップするためのコツを説明します。

スポンサード リンク



「コツ」と言うぐらいですから、ポイント絞って書いてみます。

得意クラブはドライバーの人は、ボールを遠くまで飛ばすことは、ゴルフプレーの醍醐味であり、楽しさを感じているでしょう。

もちろんゴルファーなら誰しも、今の技術レベルの優劣にかかわらず飛距離を伸ばしたいと考えている人がほとんどでしょう。

もったいぶらないで、結論から話しますと、トップ・オブ・スイングまで力を入れず、ゆっくりとしたスピードでクラブを振り上げて体をねじり上げるゴルフスイングをすることです。

飛距離アップにはいくつかの条件がありますが、飛ばすための第一条件はこれです。実際にこのことを試合中に、心がけているプロもいるほど大切なことです。

飛距離を伸ばしたい時ほど、ダウンスイングで力んでしまっているゴルファーが多いのではないでしょうか。

しかし実際はそれ以前の段階のバックスイングで、すでに無用なパワーがゴルフスイングに入っていることが多いものです。

それがボールが遠くまで飛ばせない理由だといえるのではないでしょうか。

力んだバックスイングとは、性急で手先だけでクラブを振り上げるゴルフスイングのことです。

心当たりはありませんか?これでは、ポイントになる上体のねじり上げが不十分になっているはずです。

グリップを緩く握ります。そうですね、クラブヘッドの重みを感じられる程度が良いと思います。グリップの位置が右耳の高さに達するまでゆっくりクラブを振り上げてみましょう。

この「ゆっくり」の具体的なイメージとしてはクラブヘッドの重みが感じられる速さを意味します。

上半身を常にリラックスさせた状態に保つことが、飛距離アップにはどうしても必要なことです。

003逆に、下半身に目を向けると1カ所だけどうしても動かしてはいけない部位があります。それは右足・右の下半身です。

バックスイングで右足の裏がめくれ上がる動きや、アドレス時の右ひざの角度が途中で変化しないように踏ん張ることがゴルフスイングでは必要になります。

右足が動いてしまうと、上半身のねじり上げは効かずに、ゴルフスイングの軸ブレが出てしまいます。

バックスイングするときには、積極的に使う上半身は「動」で、下半身はアドレス時の姿勢をそのまま維持する「静」の役割を与えましょう。

動と静とのギャップが大きいほど、飛距離を伸ばすための「ねじれ」を最大限に生み出せるというわけです。これがゴルフスイングの大切なコツのひとつです。

飛距離アップとアゴ位置

スポンサード リンク



飛距離が伸び悩んだりスライスボールの対策に苦しむアマチュアゴルファーのゴルフスイングには共通点が見られます。

左肩とアゴとの距離がダウンスイングからインパクトにかけて離れないことです。

トップ・オブ・スイングの時点ではアゴの下に左肩が収まった状態が作れていて良いのです.

しかし、そのままダウンスイング以降も顔、アゴ、左肩、場合によっては体までもが一緒にターゲット方向にターンしてしまう状況が見られます。

その結果、一番大切なクラブヘッドが振り遅れてしまいヘッドスピードが出ない状態に陥ります。これが飛距離不足のほとんどのケースの原因と言えるでしょう。

そして顔や左肩、体がクラブヘッドよりも先行して左方向に回転すると、ヘッドはアウトサイドから下りてしまう関係上スライスしやすくなるわけです。

ツアープロのゴルフスイングの連続写真を一度は目にしたことがあるでしょうが、ダウンスイングが始まってからインパクトにかけて、頭はトップの位置にとどまっていることがわかるでしょう。

そして、左肩とアゴとの距離が少しずつ遠くなっていき、まるで左肩と入れ替わるようにして右肩がアゴの下のポジションに来ているでしょう。

この状態がヘッドスピードを加速して、アウトサイドインのスイング軌道を矯正する大きなポイントと言えるでしょう。

トップ・オブ・スイングでアゴの下にあった左肩の位置に右肩を入れ替える動きが、ダウンスイングだと考えてもあながち間違いではありません。

ずっとスライスや飛距離不足に苦しんでいたアマチュアゴルファーはアゴと左肩の距離が広がっていかない状態でしょう。

そのため左肩と右肩のポジションを入れ替える動きには抵抗感があるのでしょう。考え方が理解できたなら、今度はドリルを試してみましょう。

ドライバーを胸の高さで水平に持って、両手の間隔を広げた状態にして素振りをしてみましょう。

トップ・オブ・スイングで左肩がアゴの下に来た時点でダウンスイングを開始します。頭の位置をそのまま保ったまま、アゴの下に右肩が来るポジションまで左肩を左回転させましょう。

頭が左方向に動いたり、アゴが左を向いたりしやすい場合は、思い切ってダウンスイングと同時に顔を右方向に向けてみましょう。

左肩は左回転させ、顔は右回転させると頭をトップ・オブ・スイングの位置にとどめやすくなるでしょう。

スポンサード リンク



このドリルを実行することでダウンスイングでの左右の肩のローテーションのイメージが掴めたら、普段と同じにクラブをグリップして素振りとレーニングをしてみましょう。

トップ・オブ・スイングでのアゴの下の左肩がアゴから遠くなって、入れ替わるように右肩がアゴの下に来るほどクラブヘッドが走っている状態を体感できるはずです。

こちらの記事もどうぞ!

  • ドライバーで飛ばすコツドライバーで飛ばすコツ ゴルフスイングがある程度固まってくるとドライバーを手にしたティーショットでは、誰もが飛距離を出したいという気持ちがわいてくるのも当たり前の […]
  • フォロースルーで飛距離を伸ばすフォロースルーで飛距離を伸ばす ボールをいかに遠くまで飛ばすかで、ゴルフクラブ選びやゴルフスイングの改造に躍起になっているアマチュアゴルファーは多いものです。けれども、実 […]
  • フェース面の確認フェース面の確認 ドライバーのゴルフスイングで最も大切なもの、それはクラブのフェース面のコントロールです。最新のドライバーで飛距離を稼ぐには、ここが大きなポ […]
  • トップからの切り返しで飛距離アップトップからの切り返しで飛距離アップ ゴルフスイングで飛距離を伸ばす方法の一つとして、トップでの切り返しについて説明しておきます。ドライバー・ショットを曲げないことは飛距離アッ […]
  • ストロンググリップで飛距離を稼ぐストロンググリップで飛距離を稼ぐ ゴルフクラブの進化に伴ってゴルフスイングの基本のセオリーも変しました。ゴルフスイングの基本となるグリップ方法もそのひとつです。最新のゴルフ […]
  • 飛距離と頭の位置飛距離と頭の位置 飛距離を伸ばしたければインパクト以降もアゴに右肩が触れるまで頭を止めておきましょう。ゴルフスイングの基本理論として、飛距離を伸ばすにはヘッ […]
  • ドライバーの体重移動の練習方法ドライバーの体重移動の練習方法 ドライバーショットでの体重移動をイメージだけでなく、その状況を実際に体感できるうまい練習法方があります。用意するものは簡単で、2つのクッシ […]
  • スタート前のドライバーの練習と朝イチのティーショットスタート前のドライバーの練習と朝イチのティーショット アマチュアゴルファーの多くは、日頃は練習場に行く時間もほとんど取れずゴルフスイングの練習も十分ではなく、久しぶりのラウンドもぶっつけ本番に […]
  • ゴルフスイングのドライバーのミスゴルフスイングのドライバーのミス ドライバーのミスショットの中から、テンプラ、トップ、チョロについて説明しておきます。ゴルフスイングの悩みの種とも言えるミスショットを極力減 […]
  • 右膝を絞り込んで飛距離アップ右膝を絞り込んで飛距離アップ 冬場のゴルフスイングで飛距離アップに有効な手段は滞空時間の短く、風の影響を受けにくい低いドライバーショットを狙うことです。具体的な実現策は […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ