ドライバーで飛ばすコツ

ゴルフスイングがある程度固まってくるとドライバーを手にしたティーショットでは、誰もが飛距離を出したいという気持ちがわいてくるのも当たり前の心理かもしれません。

しかし、ゴルフコースでは飛ばそうとした意識を持たない方が好結果に結びつきます。

飛距離は伸びたとしても、その分ショットの方向性は悪くなるケースもよくあります。

5ヤード、10ヤード遠くまで飛んだとしてもラフや林の中に打ち込んでしまっては好スコアにはならないからです。

それでも多くのゴルファー達は、「少しくらい曲がっても構わないから遠くまで飛ばしたい」といろいろなアドバイスを探してしまいます。

そんな場合は、ボールになど目をくれずに、一杯一杯に体をねじってテークバックし、ダウンスイングでは右足に体重を乗せたままクラブを振り抜くことを考えるというゴルフスイングの基本を思い出してください。

ゴルフスイングの基本理論には、背骨を軸にして回転する一軸打法と、バックスイングでは右足、ダウンスイング以降は左足を軸にする二軸打法に大きく分かれます。

どちらの打法でもゴルフスイングの最中に顔の向きは変わっても問題はなく、極言すれば正しくインパクトになるのなら頭が動いてスエーしても構わないわけです。

背骨を軸にしてスイングする一軸打法を取り入れているアマチュアゴルファーも多いようですが、その多くのゴルファーは顔の向きはアドレスの位置に固定したままバックスイングしているようです。そのため体にねじれが生まれないし、飛距離も伸びないのです。

バックスイングで顔も右方向に思い切って向けてみましょう。アドレス時のボールと目を結んだラインが長くなる感覚、つまりボールから目が遠ざかっていくイメージが生まれるようにすれば、スムーズに体をねじる動作ができるでしょう。

スポンサード リンク


ダウンスイング以降のゴルフスイングはハンマー投げをイメージして、ドライバーをターゲット方向に放り出すようにしてみましょう。

右足寄りに頭を残した状態で、右足にウエートがのったままインパクトを迎えるようにします。

フォロースルーの時点ではハンマー投げのフォームになるようなゴルフスイングにしてみるのです。遠くへ飛ばそうと意識するほど上体はボールに近づいて、クラブヘッドがアウトサイドから下りてくる傾向がよく見られます。

これを防止する意味でもバックスイングでは顔を右に向けて動かすことが役立ちます。

ダウンスイング以降はボールの位置よりも頭を右に残したまま振り抜くゴルフスイングにすることが、飛距離を伸ばすコツのひとつと言えるでしょう。

プロゴルファーにしてみれば、パー5ホールはバーディーチャンスが高いと考えるのが一般的です。

当然ですがティーショットで飛距離を伸ばして、フェアウエーを確実にキープすることがが大前提なのは言うまでもありません。

アマチュアゴルファーの場合もパー5ホールにおいては、最低でもパーセーブは欲しいでしょうし、ティーショットの出来によってはバーディーを狙いたいと考えるケースもあるでしょう。

しかし、パー5ホールのゴルフスイングに限ってドライバーが曲がってしまうケースが多発するということはないでしょうか。

その理由として考えられるのは、第一に「飛ばしてやろう」と気持ちが先走ってしまうことが挙げられます。

飛距離を出すのとリキムのとでは全く別のものです。10ヤードともいわず、せめて5ヤードでも飛距離を伸ばせたらかなり有利になることは確かです。

けれども、飛ばそうと意識したからといって、急にヘッドスピードが速くなることなどあり得ないことはみなさん承知のことでしょう。

スポンサード リンク



では、飛距離を出すにはどうすればよいのでしょうか。

ゴルフスイングからは無駄なパワーを極力排除してクラブヘッドを振ることを最優先に考えましょう。

力みが入るほどダウンスイングでヘッドスピードにブレーキがかかりがちです。

体が滑らかに回転できなくなるわけです。その結果、アウトサイドインのカット打ちの軌道となって、スライスが出るばかりのゴルフスイングになります。

レイアップショットを打つことを思い起こしてください。予想以上にボールが飛んだ経験をした方が少なからずいるでしょう。

そのわけは、無駄なパワーがゴルフスイングに一切入らずに、そのうえジャストミートできたためでしょう。レイアップショットと同様に、飛ばしたい時ほど不要なパワーを抜くのが賢明なことなのです。

また、トップ・オブ・スイングの位置からインパクトの位置までヘッドの移動距離が長ければ長いほど飛距離は伸びるものです。

ダウンスイングでのタメをそれほどつくらないようにして、体の回転と腕の振りをシンクロさせるゴルフスイングが理想的なのです。

それと同時に、左腰をターンさせてから体をクルッと回転させる感覚でフィニッシュまで一気に振り抜くようにします。

切り返しのタイミングでは、左のお尻を後方に引く動きを取り入れて左腰を切るイメージです。

007その際に左膝から下の部分はアドレスの位置のままに止めておくことが大切です。

左膝が左に動けばスエーしたことになります。左膝が伸びた状態で後方に引けてしまうと、腰引け状態のゴルフスイングに陥ってしまうためです。

左膝をボール位置に向けたままインパクトを迎え、フォロースルーを行うことで、左股関節に上半身の体重が乗って、体をクルリと回転させることができるでしょう。これが飛ばしのゴルフスイングのひとつの秘訣だと言えるでしょう。

ゴルフスイングの基本からかけ離れたレベルの話題から書き始めますが、日本のツアープロのドラコン王のドライバー平均飛距離はどのくらいかご存知ですか?

何と300ヤード程度を飛ばすそうです。どうやったら飛ばせるのかその秘密を知りたいものですね。

スポンサード リンク



しかし、そんなゴルファーでも全てのホールで飛ばそうと意識しているわけではないようです。

基本になるのはフェアウエーキープを最優先するゴルフスイングです。

フェアウエーをキープできれば飛距離のロスを抑えられて、セカンドショットでグリーンオンを狙うのがやさしくなるためです。

ラフからのショットではボールが止まりにくい傾向があり、林などに打ち込んだらグリーンオンは難しくなります。

とはいえ、ここ一番で飛ばしたい時に気を配るべきポイントはあります。絶対に左にだけは曲げない準備をアドレス時に用意しておくことです。

間違って打っても左にだけは曲がらないだけの準備ができていれば、安心してフルスイングできるためです。

これはかなり高度なテクニックなので、まずは即効性のあるドライバーショットのテクニックを紹介します。

ドライバーショットが曲がるとか飛ばないといった悩みを持つほとんどのアベレージゴルファーは、アドレスの時点で問題を抱えていることが多いです。

ターゲットラインに対してスタンスが右に向いているアマチュアゴルファーが実に多いというのが実態です。

ハンドファースト右向きのクローズスタンスをとってスイングしたなら、誰でもショットはターゲットよりも右方向へ飛ぶのが道理です。

またクローズスタンスからターゲット方向に打とうとすると、スイングはアウトサイドインのカット軌道になるため、ボールは大きく右に曲がるスライス系になります。

それを避けようとして、ヘッドを極端に返すとフックボールが出ます。

クローズスタンスが根本的な原因なので、ドライバーショットの前に、左右に曲げないためにもスタンスをもう一度必ずチェックする習慣をつけるべきです。

まずは、ターゲットラインに対して正確にスクエアにアドレスすることを意識してみましょう。

ターゲットライン上に、ボールの前方1クラブくらいの場所に仮の目標となるスパットを設けて、ターゲットラインをより鮮明に脳裏に刻みます。

スポンサード リンク



そのターゲットラインに対して、スクエアになるようにスタンスをセットする意識をもてばよい話です。

クローズスタンスが解消できて、正確に方向を定めることが飛距離アップの第1ステップだといえるでしょう。

こんな当たり前の話はゴルフスイングの基本だから、もうできているとナメてかからないで、もう一度チェックしてみて下さい。

素振りをしているときは正しい姿勢なのに、ティ打ちを始めた途端、前傾姿勢になるゴルファーが多く見られます。

目標を決めた時点で「ボールに当てる」という意識が強く作用して、自然とからだに力が入ってしまうために起きる現象です。

この「自然」というのが厄介なもので、自分では動かした意識がないわけなので、自分ではなかなか気づかないことが多いのです。

そこでここからは、ゴルフスイングをするときの正しい姿勢を作る手段を復習しましょう。
001
とは言っても、ただ構えの形を覚えただけでは自然と起こってしまう身体の動きに気づきにくいのは確かです。

そこで、最初のうちはどのような動きをすればからだが楽にゴルフスイングできるのかを体感することから始めましょう。

この感覚がマスターできれば、からだにリキミが入って間違った姿勢をとろうとしたときに、違和感を覚えます。これで異常なスタンスに気づけるようになるのです。

そのためのスタートとして、まずは正しい立ち方の感覚からつかんでいくことが必要です。

前にも後ろにもウエートをかけずに、まっすぐ「安定した立ち方」をしなければ、きれいなゴルフスイングには結びつきません。

そこで、安定した立ち方を試してみるには、実は非常にシンプルなことで、その場で小さくジャンプして着地すればいいだけのことです。

この着地の直後、膝はある程度曲がって、足裏全体でからだを支えている状態になるはずです。これが、一番安定して立っている状態と言えるのです。

重心バランスが正しくない人を軽く押すと、つま先に重心があれば前へ、かかとに重心があれば後ろに倒れそうになります。

スポンサード リンク



しかし足裏全体で正しく立っている人は、前後に少しくらい押されても上半身がわずかに揺れる程度ですみます。この重心が足裏のセンター付近にかかった状態が、一番安定した状態だと認識しましょう。

こちらの記事もどうぞ!

  • フェース面の確認フェース面の確認 ドライバーのゴルフスイングで最も大切なもの、それはクラブのフェース面のコントロールです。最新のドライバーで飛距離を稼ぐには、ここが大きなポ […]
  • ドライバーの飛距離アップドライバーの飛距離アップ ゴルフスイングの中でもドライバーショットとなると、ほとんどの人が遠くまで飛ばしたいという強い意識が働くのは自然なことです。しかし、大振りし […]
  • ストロンググリップで飛距離を稼ぐストロンググリップで飛距離を稼ぐ ゴルフクラブの進化に伴ってゴルフスイングの基本のセオリーも変しました。ゴルフスイングの基本となるグリップ方法もそのひとつです。最新のゴルフ […]
  • 飛距離と頭の位置飛距離と頭の位置 飛距離を伸ばしたければインパクト以降もアゴに右肩が触れるまで頭を止めておきましょう。ゴルフスイングの基本理論として、飛距離を伸ばすにはヘッ […]
  • トップからの切り返しで飛距離アップトップからの切り返しで飛距離アップ ゴルフスイングで飛距離を伸ばす方法の一つとして、トップでの切り返しについて説明しておきます。ドライバー・ショットを曲げないことは飛距離アッ […]
  • ドライバーの体重移動の練習方法ドライバーの体重移動の練習方法 ドライバーショットでの体重移動をイメージだけでなく、その状況を実際に体感できるうまい練習法方があります。用意するものは簡単で、2つのクッシ […]
  • ゴルフスイングのドライバーのミスゴルフスイングのドライバーのミス ドライバーのミスショットの中から、テンプラ、トップ、チョロについて説明しておきます。ゴルフスイングの悩みの種とも言えるミスショットを極力減 […]
  • 右膝を絞り込んで飛距離アップ右膝を絞り込んで飛距離アップ 冬場のゴルフスイングで飛距離アップに有効な手段は滞空時間の短く、風の影響を受けにくい低いドライバーショットを狙うことです。具体的な実現策は […]
  • スタート前のドライバーの練習と朝イチのティーショットスタート前のドライバーの練習と朝イチのティーショット アマチュアゴルファーの多くは、日頃は練習場に行く時間もほとんど取れずゴルフスイングの練習も十分ではなく、久しぶりのラウンドもぶっつけ本番に […]
  • 飛距離を伸ばしたいなら右腰を切れ飛距離を伸ばしたいなら右腰を切れ ゴルフスイングで飛距離を伸ばしたいならトップ・オブ・スイングはコンパクトにすることを心がけましょう。バックスイングの時点で左の肩がアゴに触 […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ