トップからの切り返しで飛距離アップ

ゴルフスイングで飛距離を伸ばす方法の一つとして、トップでの切り返しについて説明しておきます。

ドライバー・ショットを曲げないことは飛距離アップにもつながることだと説明し、ゴルフスイングのポイントをレッスンしてきました。

ここでは飛ばしに直結するゴルフスイングのポイントをお教えしましょう。

ゴルフスイングで飛ばしに直結すると方法とされているのは、ダウンスイングでシャフトをしならせることです。

シャフトが大きくしなればしなるほどクラブヘッドのスピードは速くなって、飛距離を伸ばすことができます。

ドライバーショットが飛ばないことで苦労している人の大部分は、このシャフトのしならせ方をうまく活用できていないためだといっても構わないかもしれません。

「シャフトをしならせる」と聞くと、いかにもパワーが要求されると感じられるかもしれませんが、実際にはそんなことはありません。

ほんのわずかなコツさえつかむことができたら、誰でも飛距離は伸びるはずです。では、具体的にどうすればよいのかという話に移ります。

一言で表現すれば、トップ・オブ・スイングからダウンスイングヘ切り返しする際に、バックスイングで畳み上げた右肘を右脇腹にしっかりと引きつけるだけなのです。

トップ・オブ・スイングのポジションにクラブヘッドを置き去りにする感覚で、切り返しの際にグリップ部分を右脇腹へと引きつけると、シャフトが一瞬しなります。

この状態をキープしたまま、インパクト、フォロースルーヘとクラブヘッドを振り切っていけば良いのです。

この右肘の引きつけ動作を行うことで、トップ・オブ・スイングからダウンスイングヘの切り返しでの「間」にもなります。「イチ、ニのサン」の「の」のタイミングを作ってやるのです。

スポンサード リンク


ダウンスイングの時点で右肩が前に出てしまって、ボールを迎えにいくフォームの人には、この右肘の引きつけ動作がうまくできていないことが多いのです。

そのため、シャフトはしならず、ヘッドスピードは加速しない状態に陥るのです。

アウトサイドからヘッドが下りてしまうと、「飛距離の伸びないスライス」しか打てないことになるのです。

ダウンスイングで飛ばそうと意識はせずに、右肘を引きつけてシャフトをしならせる感覚を持ってゴルフスイングに臨んでみて下さい。

それだけでも、飛距離がかなりアップすることが期待できます。

シャフトの硬さが同じであれば、語句は長ければ長いほどしなる幅が大きくなることは明らかでしょう。

ゴルフクラブの性能をフルに活用した自然なゴルフスイングを目指すこと自体は間違っていませんが、「しなり」を最大限に使えばゴルフクラブの性能も最大限まで引き出せるという単純な話ではありません。

ゴルフクラブを自然に振れば、シャフトの長さに応じて自然にしなりが生まれます。この自然なしなりをうまく利用するゴルフスイングが、効率のいい方法と言えるでしょう。

自然にシャフトがしなると、インパクトの位置でしなりが戻ってくる確率が高まります。そのタイミングでフェースがまっすぐ向くようにできているわけです。

シャフトのしなりを大きくするほど戻るときに勢いがついて、ボールを遠くに飛ばせると考えているゴルファーも少なくありません。

けれども、腕の力でシャフトをしならせすぎると、それが戻ってくるタイミングを自分の力でインパクトに合うように調整しなければいけません。これは、至難の業と言えるでしょう。

力まかせのゴルフスイングをすると、ゴルフクラブは大きくしなるでしょう。野球のバットやテニスラケットならば、ボールが当たる面がまっすぐについていれば、これで飛距離が出るでしょう。

しかし、ゴルフクラブはボールを当てるフェースが横に飛び出ている道具です。重心がシャフトの延長線上にないことが大きな特徴で、しなりが大きくなるほど、フェースはねじれてしまうでしょう。

ねじれたフェースがインパクトでまっすぐに戻らなければ、ボールもストレートには飛ばないのです。ゴルフクラブは、無理に力を入れて振るとそれが戻るように設計されていません。

スポンサード リンク



よけいな力が加われば加わるほど誤差が大きくなって、フェースは戻りにくくなってしまう特徴があるのです。

フェースが戻らない状態でクラブを振り回すと、当然ミスショットが生まれます。それを身体の動きで調整しようとすれば無理が生まれます。

あれこれフォームを調整したあげく、せっかく身につけたゴルフスイングの基本の感覚を台無しにしてしまうでしょう。ゴルフスイングに「力み」は禁物です。

切り返しのコツ

切り返しのコツとしては上半身は不動のままで、左ひざと左腰をアドレスの位置に戻す意識が大切です。

トップの位置からダウンスイングヘの切り返しは、最初に左下半身から始まります。

ヒールアップした人は左足かかとを踏み込んで下さい。

ゴルフは楽しいべ夕足の人は左ひざでリードして、左足と左腰をアドレスの位置に戻す感覚が良いでしょう。

そして、アドレスの位置に戻ってからはそれ以上の動きは必要ありません。

下半身に緊張感を持たせたままで、そこでしっかりとこらえることが基本となるゴルフスイングの動作です。

また、この時、上半身はトップの形を維持していることも大切です。

下半身が動くことに合わせて多少は捻りが戻りますが、それでもトップの際のクラブと手首でできるコックの状態を保持して、右肩の位置を変えないことを強く意識して取り組みましょう。

切り返しのチェック方法

切り返しのチェック方法としては、背中にかついだクラブを誰かにトップの位置で引きあげてもらい、切り返しの状態を体に覚えこませましょう。

下半身が元の状態に戻った際に背中全体にかけて強い緊張が生まれることが実感できるでしょう。

片足でハーフスイング

スポンサード リンク



片足立ちのゴルフスイングで「切り返し」のタイミングをつかみましょう。

ゴルフスイングはアドレスからスイングを開始するとフィニッシュまで途中で止まることはありません。

確かにトップのポジション(ハーフスイングでは4時の位置)で左腕を止める意識は持つ必要がありますが、意識はしてもそれでも慣性の働きで3時付近まで左腕は上がります。

4時の位置で左腕とクラブが慣性の動きを行なっている間に、左足のリードで下半身がダウンスイングをスタートするのが「切り返し」と言われる動作です。

ここでは、バックスイングからダウンスイングヘ移行する際のタイミングを身に着けるために、バックスイングの時点で意識して左足を上げて切り返すトレーニングを積んでみましょう。

アドレスは普通に構えて、バックスイングの5時のポジションを過ぎたら左足を上げ始めてください。

そして4時以降は完全な右足一本で壁をつくり、慣性が働いている間に、思い切り良く上げた左足を踏み込むのです。

踏み込みのタイミングが間違っていなければ左腕は慣性の動きによってまだ3時の位置を示しているはずです。

片足を上げたバックスイングで満足できる素振りが出来たら、次は実際に練習場でゴルフボールを打ってみましょう。

persimmon5時で上げた左足を4時の慣性の間で踏み込んでください。

切り返しの練習でタイミングがわかった時点で、今度は本当にボールを打ってみるのです。

「切り返し」までのチェックポイントは前述した通りです。

他にも、ボールをジャストミートするためのポイントがありますので説明しておきます。

まず、踏み込んで着地した左足のひざが突っ張って伸びた状態を作らないことが必要です。

緊張感を保ちながらも左ひざは軽く曲げられていなければいけません。

8時のフィニッシュまで、その左ひざから左腰にかけての左サイドにしっかりとした壁を強く意識しましょう。

この意識が身体が流れるのを防いでくれます。左足が着地した後に左サイドのがまんがうまく出来ていれば、ハーフスイングの間中、重心は低く保つことができるでしょう。

スポンサード リンク



ゴルフスイングの基本では実際に左足を上げることはありません。

しかし、このトレーニングを通じてマスターした左足リードによる切り返しのタイミングの感覚を強く意識しなくてはいけないのは同じです。

今回のトレーニングで出やすいミスは、左足を踏み込むタイミングが早すぎて、左足のひざが伸びて突っ張ってしまう状態です。

これでは身体も浮き上がって重心は低く保てませんので、正確なインパクトは期待できないでしょう。左足を踏み込むタイミングに注意しましょう。

こちらの記事もどうぞ!

  • ストロンググリップで飛距離を稼ぐストロンググリップで飛距離を稼ぐ ゴルフクラブの進化に伴ってゴルフスイングの基本のセオリーも変しました。ゴルフスイングの基本となるグリップ方法もそのひとつです。最新のゴルフ […]
  • 飛距離と頭の位置飛距離と頭の位置 飛距離を伸ばしたければインパクト以降もアゴに右肩が触れるまで頭を止めておきましょう。ゴルフスイングの基本理論として、飛距離を伸ばすにはヘッ […]
  • ドライバーの飛距離アップドライバーの飛距離アップ ゴルフスイングの中でもドライバーショットとなると、ほとんどの人が遠くまで飛ばしたいという強い意識が働くのは自然なことです。しかし、大振りし […]
  • ドライバーで飛ばすコツドライバーで飛ばすコツ ゴルフスイングがある程度固まってくるとドライバーを手にしたティーショットでは、誰もが飛距離を出したいという気持ちがわいてくるのも当たり前の […]
  • 右膝を絞り込んで飛距離アップ右膝を絞り込んで飛距離アップ 冬場のゴルフスイングで飛距離アップに有効な手段は滞空時間の短く、風の影響を受けにくい低いドライバーショットを狙うことです。具体的な実現策は […]
  • 飛距離を伸ばしたいなら右腰を切れ飛距離を伸ばしたいなら右腰を切れ ゴルフスイングで飛距離を伸ばしたいならトップ・オブ・スイングはコンパクトにすることを心がけましょう。バックスイングの時点で左の肩がアゴに触 […]
  • ゴルフクラブいろいろフェアウェーウッドの打ち方2 ゴルフスイングにおいては、ターゲットラインに対してフェースの向きをスクエアにすることと、スタンスをターゲットラインに対してスクエアにセット […]
  • フェース面の確認フェース面の確認 ドライバーのゴルフスイングで最も大切なもの、それはクラブのフェース面のコントロールです。最新のドライバーで飛距離を稼ぐには、ここが大きなポ […]
  • ダウンスイングは自然落下ダウンスイングは自然落下 ほとんどのゴルファーは、ゴルフスイングというものはトップ・オブ・スイングの高さまでドライバーを振り上げたら、いきなり腕でクラブを加速させる […]
  • プロのフィニッシュプロのフィニッシュ ゴルフレッスン書やゴルフ雑誌にはプロのゴルフスイングの連続写真がよく載っていますね。この連続写真から、何を学びとるべきだかというテーマです […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ