ティーアップしたボールのゴルフスイング

ドライバーショットではゴルフスイングの中で唯一ティーアップしたボールを打つことになります。

ショットの中でもこれだけは、スイングの最下点を通過した後の、ヘッドが上昇軌道に移ったタイミングでインパクトを迎えるものになります。

この事実を意識したゴルフスイングをするだけでも、これまでドライバーショットに苦手意識があったゴルファーでもスイングがやさしく感じられるようになるかもしれません。

アドレスの体勢をとる場合に、左足カカト内側の延長線上にティアップしたボールの真後ろにドライバーのヘッドをあてがってしまうと、右肩が前に出たスタイルになります。

この体勢からゴルフスイングをスタートさせると、アウトサイドインのスイング軌道なりやすいのです。

この場合、スライスボールのミスショットが出やすくなります。ボールの真後ろにヘッドをあてがう動作は、スイングの最下点の手前でのインパクトを招きやすくして、ボールには多くのバックスピンが加わり、飛距離が伸びなくなるでしょう。
002
クラブヘッドがスイングの最下点を通過した後で、ティアップしたボールをヒットするには、まずアドレスでティアップしたボールからヘッド1個分後方にヘッドをセットしましょう。

ちょうど体、つまりスタンスの中央のポイントでソールする形を作るのです。

スタンスの中央に仮想したボールにめがけてクラブヘッドをソールすると、両肩を結ぶラインをターゲットラインに対してスクエアにセットすることができるでしょう。

アドレスの体勢で上体がかぶった形を避ける役割も果たしてくれます。

その仮想のボールをヒットする意識でゴルフスイングを行うと、結果的にはヘッドが上昇軌道に移行して、ティアップした実際のボールをとらえられることがかなうのです。

スポンサード リンク


グランドよりも高いポジションにあるボールを打つ意識が高まることで、上体がアドレス時よりも浮き上がってしまう可能性が生まれますが、スタンス中央の仮想ボールをインパクトする意識で臨めば、この上体の浮き上がりを抑止する効果が期待できます。

仮想のボールの位置をクラブヘッドが通過するまでずっと注視し続けることで上体の浮き上がりを抑えるだけではなく、ゴルフスイングに悪影響を及ぼすスエーも防ぐ効果も期待できます。

ドライバーショットに限らず、すべてのゴルフスイングに対して言えることですが、アドレスで作った上体の前傾角度を維持したままインパクトのタイミングを迎えることがナイスショットを生み出してくれるでしょう。

丁度良いティーアップの高さ

正しいティーアップの高さがわからないと悩んでいる初心者のために付け加えておきましょう。まずは、結論ですがドライバーショットではクラブヘッドを地面に置いた時、ボールの上半分か出る高さが丁度よい高さになるでしょう。

ドライバーショットでは、ゴルフスイングの最下点ではなく、最下点を少し過ぎてからヘッドが上昇に向かっていく途中でボ一ルに当たるべきなのは説明したとおりです。

この時、フェースのどの部分にボールを当てたいかということを考えてみれば、自ずとティの高さが決まってくるでしょう。

プロレベルの上級者の場合なら、自分の当てたいポイントというものをそれぞれ確立しているため、それに合わせてティーの高さも調節しているかもしれません。

ですから、初心者がティーアップの高さに関して上級者の真似をしてもあまり上手くいかないケースも出てくるわけです。

とは言え、一般的な基準として考えて良い高さとしては、ドライバーのヘッドを地面に置いた時、ボールの上半分が出る高さにしましょう。

この高さにしてボールを左足かかと線上にノーマルにきちんと置けば、自然と飛ぶポイントでボールをとらえられるようになるでしょう。

飛ぶポイントとはヘッドの芯であるスイートスポットという意味です。ティの高さを決めたら、いかなる場合でもその高さを保つことを意識してください。

フェアウェイウッドの場合

フェアウェイウッドの場合はボールのアタマが少しのぞく程度の高さにします。

スポンサード リンク



これは実戦で細かく攻める時に使うことがあるかもしれません。

フェアウェイウッドは、ボールのアタマが少しのぞく程度と理解してください。

フェアウェイウッドの場合、ドライバーと比較してフェース面が薄いという特徴があります。

そのため、高くしすぎると、ボールの下にヘッドが潜ってしまう可能性が出てくるので注意してセットアップしてください。

アイアンの場合

アイアンでティーショットする状況は余りないかもしれません。仮にその場合は地面から少し浮く程度の高さで十分です。

スイングの最下点でボールをとらえるアイアンショットの場合は、ボールがほんの少し浮く程度で良いわけです。

ティーアップをあまり高くすると打ち方自体を変える必要性が出てくるので、その意味でもあまり高くしないようにしましょう。基本的にアイアンではほとんどこうしたケースはないでしょうが。

ドライバーでもフェアウェイウッドでもティーが高すぎるとヘッドの上側にボールが当たるため、テンプラのミスショットが出やすくなるので気を付ける必要があります。

逆に低すぎる場合ですと、トップ気味に当たるためボールが上がりにくくなります。そのため、あまりに極端に高くしたり低くするのは避けた方が賢明でしょう。

アイアンの場合は、ティーアップせずともターフを取らずにクリーンにボールを打ちたい状況もあります。

例えば前方に木があってそれが邪魔なので、打ち出しの時点から高い球筋で打てればクリアできるとか、芝が薄くてクラブのソールが弾かれそうなに思えた時などがあるでしょう。

アイアンクラブでボールをクリーンヒットするには、クラブ軌道の最下点でインパクトすることを考えるのは間違いです。

クラブ軌道がアッパーぎみに上昇するタイミングで打てて、はじめてボールだけをクリアに打てるのです。

もちろん、ボールのセット位置は左足寄りにします。ドライバーショットの時と同じ位置ぐらいまでと考えましょう。

左右の体重配分も気をつけなければいけないポイントになります。アッパー軌道でインパクトすることを狙うので、最初から右足体重で構えるようにして、クラブがなるべく低い位置から入るようにしましょう。

スポンサード リンク



クラブ軌道はアッパー軌道となった上でインパクトを迎えたいので、余り使わないテクニックではありますが、右足に重心を残した方が、アッパー軌道で打てるはずです。

頭の位置を右に残した状態を保ってまま、重心も意識的に右に残すようにすれば、打ち出し直後から高い球筋となとなってボールが飛んでいくのでクリーンヒットできることになります。

注意すべきポイントとしては、ダフリのミスを招きやすいスイングなので、腰の回転だけは止めないように気をつけましょう。

腰のキレがなければこのショットは成立しません。

ドライバーの大型ヘッド化

ドライバーの大型ヘッド化のおかげで、ヘッド体積は460ccというドライバーは珍しくなくなりました。

これまでは425ccタイプを使っていたゴルファーは明らかにその違いを感じるでしょう。このタイプは操作性が高く、スイートエリアが広いのでゴルフスイングの精度がアップしたと感じるかもしれません。

大型ヘッドの魅力はこのスイートエリアが広く、ミスヒットをカバーしてくれるというところにあります。

しかし、意外なことにボールがつかまりにくいというデメリットが存在していることも事実です。ヘッドが大きいとそれだけ、インパクト時にフェースがスクエアに戻りにくいためです。

このため、大型ヘッドを使いこなすためのポイントとしてはダウンスイングではヘッドがアドレス位置に戻るだけのタイミングをつかむことです。

その際、急激なダウンスイングになることを絶対に避けるように気をつけましょう。体ばかり回転しても、ヘッドはついていかない状態に陥りやすいのです。

フェースがオープンのままのインパクトになってしまい、ボールが右方向へ飛び出してしまうことが増えることになるからです。

大型ヘッドのドライバーに交換したら、途端にプッシュアウトのミスが増えたという場合は、この状態になっていることが大部分です。

ヘッドがアドレス位置に戻るだけの時間を確保するためには、ダウンスイングの切り返しのタイミングでスピードをゆっくりにする意識が大切です。

テークバックのときよりもダウンスイングの方をスローなスピードにするわけです。これは少しイメージしにくいかもしれません。

スポンサード リンク



急激なダウンスイングになる理由は、切り返しのタイミングが早すぎることが一番の原因なのです。

マニュアル車のギアチェンジのようになイメージで徐々にギアをあげていく感覚です。

絶対にローからすぐさまトップギアに入れるようなゴルフスイングは避けましょう。

このようにゴルフスイングができれば、大型ヘッドならではのメリットを十分に感じることができるでしょう。

大型ヘッドだからこそ、ゆっくりダウンスイングすることが飛距離を伸ばすコツといえます。

こちらの記事もどうぞ!

  • ゴルフスイングではストレートボールへのこだわりを捨てるゴルフスイングではストレートボールへのこだわりを捨てる ゴルフスイングでは、絶対に右か左かに曲がるショットを打つことができれば正解です。ストレートボールへのこだわりを捨て去るのです。それがコース […]
  • スライサーの練習ドリルスライサーの練習ドリル スライスに悩むゴルファーは両肩をレベルに回転させる練習ドリルをゴルフスイングのトレーニングの中に取り入れてみてはどうでしょうか。ターゲット […]
  • 練習場では1球ずつボールを曲げる練習場では1球ずつボールを曲げる ストレートボールを打つ練習ばかりでは、ゴルフスイングの上達には限度があります。 ストレートボールよりも曲がるショットのほうが使い勝手 […]
  • ドライバーショットのアドレスでのボールの位置ドライバーショットのアドレスでのボールの位置 ドライバーショットのアドレスにおける「ボールの位置」について最新のゴルフスイング理論を踏まえて説明します。ドライバーショットでは、ボールは […]
  • スライスとアドレスの入り方スライスとアドレスの入り方 ラウンドの最中にボールに触れることが許されているのは、基本的にティーアップするタイミングとグリーン上に乗った場合に限定されます。このルール […]
  • 低弾道を狙うゴルフスイング低弾道を狙うゴルフスイング ゴルフスイングにおいて、ヘッドアップしてしまうことはミスショットにつながる可能性が高くなってしまうことはご存知だと思います。とは言っても、 […]
  • クロスハンドグリップでのゴルフスイングクロスハンドグリップでのゴルフスイング アイアンショットでのリストの動きを抑えるためのゴルフスイングの基本的な練習法として、スプリットハンドグリップを以前に紹介しました。今回は別 […]
  • フェース面の確認フェース面の確認 ドライバーのゴルフスイングで最も大切なもの、それはクラブのフェース面のコントロールです。最新のドライバーで飛距離を稼ぐには、ここが大きなポ […]
  • 冬場のゴルフスイングと両肩ポジション冬場のゴルフスイングと両肩ポジション 冬場のゴルフスイングで一番気を付けるべきポジションは両肩です。芝が枯れて、地面が硬い状況の冬場のゴルフにおいては、高弾道のキャリーボールを […]
  • ゴルフスイングはクローズドスタンスからゴルフスイングはクローズドスタンスから ゴルフスイングの上達は、ゴルフというスポーツの魅力を知るためには欠かせないことです。ゴルフの楽しみ方は人それぞれでしょうが、基本は「ボール […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ