ダウンブロー気味に振り抜くイメージ

ドライバーショットもダウンブローにするのが正解と言えます。

アイアンショットでは確かにダウンブローに打つべきだと指導されてそれに従うゴルファーでも、ドライバーショットとなると疑問を抱くプレーヤーが多いでしょう。

しかし、ドライバーショットで方向性を改善したいと願うのであれば、この場合もやはりダウンブローにしたほうが正しいと考えられます。

アベレージゴルファーにとってはドライバーショットの結果次第でスコアは大きく違ってくることでしょう。

そのため、安定性の観点から考えれば満足のいくティショットが絶対条件になってきます。

そのため、多少は飛距離を犠牲にしてでも方向性を優先するべきだと考えるのが正解になります。それにはどうしてもダウンブローのゴルフスイングが基本になるのです。

ドライバーショットでミスを誘発する一番の原因は飛距離を狙いすぎる点と、高い球筋を打とうとすることにあるでしょう。

ティショットの場合、ティアップした状態も影響してきて、アッパースイングになりやすいという特徴があります。

アッパースイングになれば左サイドの伸び上がりやすく、その影響で腰や上体のターンがスムーズにできなくなることが増えてしまいます。

その結果として、ヒッカケやトップといったミスショットが生まれやすくなります。ティアップを低くすることでダウンブローのゴルフスイングを狙ってみましょう。おそらく安定性の面で成果が出てくるはずです。

ダウンブロー気味に振り抜くイメージのゴルフスイングで成功しているゴルファーも確かにいるようです。

インパクトの直前からフォロースルーにかけて、ダウンブロー気味に振り抜くイメージのゴルフスイングを行うのです。

スポンサード リンク

これは、アイアンだけでなくドライバーショットも同じです。

ティーアップしたボールからヘッド1個分手前に仮想のボールを置いて、それを打つつもりでゴルフスイングするのです。

インパクト直後のフォロースルーでは、両腕を伸ばし切った状態になるように振り抜く要領で行うのです。

ハンドファーストのフォーム、つまりインパクトでヘッドよりもグリップ位置が先行する形を極端に意識し過ぎると、クラブヘッドが振り遅れたり、フェースが開いたりしてしまいます。

その点、ボールの先で両腕を伸ばす意識をでスイングすれば、ボール位置よりも後方に頭の位置を残したままの「ビハインド・ザ・ヘッド」のフォームを実践しやすいメリットがあります。

アベレージゴルファーの多くは、ドライバーショットでボールを上げようと意識して、アッパーブローのゴルフスイングをしている人が少なからず見受けられます。

アッパーに振ってしまうと、腕を伸ばし切ったフォロースルーが取りにくくなります。

それだけではなく、右足にウエートが残ったままの状態になり、ボールにウエートを乗せたインパクトは実現不可能となります。

結果的に、サイドスピンがかかりやすく、球筋が曲がってしまうゴルフスイングに陥ります。

ダウンブローにクラブ振り下ろすことで、ティーアップしたボールのヘッド1個分先へ両腕を伸ばすイメージが持てたなら、ウエートは左足にシフトしやすくなるので、ボールに体重をしっかりと乗せられ、それだけでも強くボールをヒットするようになるのです。

両腕を伸ばしたままクラブを振り抜くことができれば上々の仕上がりです。左肘をたたみ上げてクラブを担ぎ上げるようなフィニッシュは取る必要も生じません。

とにかく曲げないショットを打つことが、飛ばしのための大前提になるのです。

ゴルフクラブといってもドライバー以外にもたくさんの種類があり、長さもそれぞれ違ってきます。

ドライバーのように長いクラブとウェッジのような短いクラブでは、構える姿勢も違ってきて当たり前です。

スポンサード リンク



たとえばウェッジで、上半身を倒しただけで高さを調整すると、ボールに向かってつんのめった前傾姿勢になってしまうでしょう。

これを防ぐためには、重心をを下げる要領で、足首とひざを曲げながら、同時にお尻を突き出すように折りたたんでいく必要があります。

これで安定したスタンスをキープできてからだの重心を低く抑えられます。慣れるまでは、からだの各ポジションを同時に調整するということは難しいかもしれません。

その場合は、自分のすぐ目の前に大きな壁が立ちはだかっているイメージでからだを下げてみましょう。

こうすれば頭が前後にブレることがなくなって、安定したからだの折り畳みができるでしょう。

適当な気持ちで下半身を折りたたむだけでは、ボールとクラブの位置関係はきちんと調整できません。

このままアドレスすると、ついついボールの前にフェースを合わせてから姿勢をつくりがちになります。

これではアドレスが乱れてしまいますから、最初にボール後方から打ちたい方向をしっかりと確認しましょう。

その次にクラブフェースをまっすぐに合わせて、前述した要領でからだを折りたたみます。

トップ-8時のスイングでのダウンブロー

斜面からショットを想定した場合、トップ-8時の幅のゴルフスイングが有効になりますから、そうした状況でのダウンブローの間隔をつかんでおく必要もあるのではないでしょうか。

トップ-8時のスイングでのダウンブローはカゴに右足を乗せてトレーニングすることでしっかりと感覚をつかみましょう。

ダウンブローとは、単純に言えば上から下へと動くクラブヘッドの軌道の中でボールをしっかりと捕らえることを意味します。

トップ-8時のスイングでのダウンブローは決して、力まかせに上から打ちつけるスイングではありません。

ここでは練習場で右足をカゴに乗せて、ボールを打つトレーニングをしてみましょう。

切り返しを左足のリードで正確に行ない、左ひざの曲げを8時のフィニッシュの位置までキープし続けることが、正確にインパクトするための重要なポイントです。

スポンサード リンク



仮に、左ひざや腰が伸び上がった状態になってしまうと、トップボールか、もしくはひどい場合、空振りに終わってしまうでしょう。

右足を乗せてのトップ-8時のスイングができたら、次は左足をカゴに乗せてトレーニングしましょう。

左サイドが伸びたり、左腰が引けたりしないように我慢して、右肩を落とさないことがひとつのポイントです。

実際のスロープ(斜面)でのショットにも応用がきく練習方法です。

左腕が8時のフィニッシュに達するまで左手首は曲げないのがトップ-8時のスイングでは大切です。

今回の練習では左腕の使い方にも十分に注意を払いたいものです。

ダウンスイングの4時の位置で左腕をもう止める意識を持つことが必要です。

そうすることでインパクトの瞬間には左わきが締まり、左腕は体に引きつけた状態を築けることになります。

また、インパクトから8時のフィニッシュまで左手首をまっすぐに固定しておくことも大切なポイントです。

左ひざが伸びず、左わきが開かず、その上左手首が曲がらなければ、すくい打ちには決してなりません。

結果的に、ダウンブローでのインパクトが実現できるわけです。

ダウンブローにジャストミートできれば、左手のひら(特に左手小指の下側)にインパクトの心地よい感触が残るはずです。

通常の8時-トップのスイングでも、カゴを使った練習で覚えた身体の緊張感を忘れずに、全てのアイアンクラブで、いい感触が残るダウンブローのスイングをマスターしてください。

ダウンブローのスイングはゴルフスイングの基本のひとつと言っても差し支えないでしょう。

トップ-8時のゴルフスイングの基本

トップ-8時のゴルフスイングの基本としては、コントロールがきいた正確なインパクトを作り出すことが重要です。

3時-9時(スリークォータースイング)までの各段階がマスターできたら、スイング作りの基本はほとんど完成したと言えるでしょう。ここでは、ワンランク上のより完成度が高いゴルフスイングを作るための練習になります。

トップ-8時のゴルフスイングでは、バックスイングで体の回転運動をフルに活用して3時のタイミングよりももっと大きなトップを作りだします。

そして、6時のインパクトの瞬間と同時にスイングを終了させる意識でレッスンします。

スポンサード リンク



慣性の動きがありますから、6時のインパクトでスイングを止めても実際には左腕が8時の位置でフィニッシュするでしょう。

トップ-8時のスイングでマスターしたいのは、スイングを可能な限りコントロールして、正確なインパクトを作り出すことにあります。

これを実現するためには、トップは自分でコントロール可能な範囲でのフルの大きさに収めることと、フィニッシュは6時のインパクトで止める意識を持つ必要があります。

トップ-8時のインパクトでもあいまいなゾーンとしてクラブフェースを意識するのではなく、明確に「点」として意識することが大切です。

トップ-8時のスイングのポイント

バックスイングからトップにかけては、あごの向きを変えないことが大切です。

ここでは右腰が後ろに引けたりスエーする状態にしないことを意識しましょう。

軸は少しも動かさずに、右サイドが体の捻りをしっかりとカバーできる範囲でのトップ、それが自分で制御可能なトップの大きさと考えましょう。

スイング練習

トップ-8時のスイングを2個のボールを使ったトレーニングで仕上げましょう。

トップ-8時のスイングの仕上げは、ボールを2個使った練習です。ゴルフ練習場に出かけて通常のボール位置の後方に約40センチ離してもう1個ボールを直接マットに置きます。

この状態でトップ-8時のスイングをしてみてください。

前にあるボールだけをジャストミートして、8時のポジションでぴたっとスイングが止まれば成功です。

ゴルフスイングの基本の完成にまた一歩近づいたと言えるでしょう。

もし、うまくショットできないようなら、次のような点を再確認する必要があります。

トップで「右の壁」ができているか、「切り返し」のときの背中の緊張感は十分か、あごの向きは正しいか、左手グリップは強く握られているのか、インパクトを点で意識しているのか、左ひざのがまんと曲げのキープが出来ているのか、といった様々な面から再チェックしてみて下さい。

いわゆるパンチショットと呼ぱれているのが、トップ-8時でのショットです。

スポンサード リンク



実際のコース上では、絶対に曲げたくない時のコントロールショットに使えます。

また、たとえば5番アイアンと6番アイアンの間というような番手の中間の飛距離を打ちたい場合など用途はたくさんあります。

トップ-8時のスイングの中にインパクトを作ることは大切なことです。

しかし、練習で後ろのボールに当てたくないからと、前のボールに当てようと意識しすぎるいけません。

軸を無視したスイングになってはしまう可能性が高いからです。

あくまでもスイングチェックとして練習しましょう。

ここまでの練習で身についたはずのスイングを行ってください。

トップ-8時のスイングでダウンブローに正確にインパクトできれば、ボールは3時-9時のスリークォータースイングの時よりも低い軌道で強く飛び出してくれるはずです。

こちらの記事もどうぞ!

  • ドライバーショットのアドレスでのボールの位置ドライバーショットのアドレスでのボールの位置 ドライバーショットのアドレスにおける「ボールの位置」について最新のゴルフスイング理論を踏まえて説明します。ドライバーショットでは、ボールは […]
  • ティーアップしたボールのゴルフスイングティーアップしたボールのゴルフスイング ドライバーショットではゴルフスイングの中で唯一ティーアップしたボールを打つことになります。ショットの中でもこれだけは、スイングの最下点を通 […]
  • ゴルフクラブいろいろフィニッシュまで振り切る 飛距離アップのゴルフスイングづくりをスタートする前に、ゴルフ練習場で7番アイアンを使った練習をしてみましょう。ボール代わりにゴムティーを使 […]
  • ゴルフスイングではストレートボールへのこだわりを捨てるゴルフスイングではストレートボールへのこだわりを捨てる ゴルフスイングでは、絶対に右か左かに曲がるショットを打つことができれば正解です。ストレートボールへのこだわりを捨て去るのです。それがコース […]
  • トップからの切り返しで飛距離アップトップからの切り返しで飛距離アップ ゴルフスイングで飛距離を伸ばす方法の一つとして、トップでの切り返しについて説明しておきます。ドライバー・ショットを曲げないことは飛距離アッ […]
  • 飛距離と頭の位置飛距離と頭の位置 飛距離を伸ばしたければインパクト以降もアゴに右肩が触れるまで頭を止めておきましょう。ゴルフスイングの基本理論として、飛距離を伸ばすにはヘッ […]
  • 冬場のゴルフスイングは滞空時間を短くする冬場のゴルフスイングは滞空時間を短くする 大きなキャリーボールを打つゴルフスイングを目指すことだけが、飛距離アップに結びつくと考えるのは早計です。ファーストバウンドまでのキャリーが […]
  • 練習場では1球ずつボールを曲げる練習場では1球ずつボールを曲げる ストレートボールを打つ練習ばかりでは、ゴルフスイングの上達には限度があります。 ストレートボールよりも曲がるショットのほうが使い勝手 […]
  • 低弾道を狙うゴルフスイング低弾道を狙うゴルフスイング ゴルフスイングにおいて、ヘッドアップしてしまうことはミスショットにつながる可能性が高くなってしまうことはご存知だと思います。とは言っても、 […]
  • プロのフィニッシュプロのフィニッシュ ゴルフレッスン書やゴルフ雑誌にはプロのゴルフスイングの連続写真がよく載っていますね。この連続写真から、何を学びとるべきだかというテーマです […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ