スライサーの練習ドリル

スライスに悩むゴルファーは両肩をレベルに回転させる練習ドリルをゴルフスイングのトレーニングの中に取り入れてみてはどうでしょうか。

ターゲットラインに対して、打ち出し当初は左方向ヘボールが飛び出し、その後右に曲がり出してターゲットライン上に戻ってくる球筋はフェードボールです。

その一方で、スライスボールは、ターゲットラインに沿って飛び出しても、やがて右方向に曲がる球筋でゴルフスイングの改善が必要なものです。同じような右曲がりの球筋だと言えるのですが、フェードボールはインパクトでボールをしっかりつかまえています。

それに対してスライスボールは、フェース面がオープンな状態でインパクトを迎えるためボールをこするイメージになります。

この違いは実際には大きなものです。ドローボールが持ち球のゴルファーは、ダウンスイングで右肩を下げ、クラブヘッドを下から上へとあおるようなゴルフスイングによってボールに左回転のスピンを加えるものです。

ところが、いったんドローボールでミスショットが出始めると歯止めがかからずに、左方向に曲がりすぎてOBゾーンヘ消えることも少なくありません。

その点、フェードボールであればミスしても飛距離が幾分落ちたり、右サイドのラフにボールが止まったりする程度で済んで大ケガには至りません。

では、どのようにしてゴルフスイングの改造を行うべきでしょうか。一般的には、インパクトエリアでのクラブヘッドの軌道を水平にすることから始めるものです。

具体的には、ダウンスイングのタイミングで両肩を地面に対してレベルに回転させてクラブを振るイメージを強く持つようにすると良いでしょう。

体の正面でドライバーを地面と水平に両手で持ちながら、体を右から左へと回転させてみましょう。

両肩をレベルに回転させたなら、ドライバーが傾く状態にはなりません。しかし、わずかでも右肩もしくは左肩が下がった状態なら、ゴルフクラブも傾きます。

長いクラブを水平に持つことによって、両肩ターンの傾きの程度を把握しやすくなるものです。

スポンサード リンク


アベレージゴルファーの多くはスライスに悩んでいるようですが、ダウンスイングで左肩が下がり、クラブヘッドを鋭角的に振り下ろしているのが原因の場合もあります。

最初はこのドリルで、両肩をレベルに回転させるゴルフスイングの感覚を養ってみましょう。

スライスの程度が以前よりも軽くなるはずです。スライサー脱出のため、トライしてみてはいかがでしょうか。

スライス克服のためには両手でクラブをその重さに任せてゆっくりとと振りながら、感覚を磨いていくと良いでしょう。

腕の力をできるだけ抜いて、ゆっくりと振り子のようにゆっくりと振るだけです。これによって、ヘッドの重さとヘッドがいちばん下を通過するときのスピードを実感しましょう。

クラブの重みやヘッドの重心移動をしっかりと感られることができれば、ゴルフスイングの基本がマスターできるのです。

スライスの出ない正しいゴルフスイングとは、クラブの特性を最大限に活かす連続した動きのことでもあります。

そのため、クラブが与えてくれる感覚をマスターすることは、スライスを防止する正しいゴルフスイングに不可欠なことです。

ハンドファースト
力を抜いてスイングすると、クラブの重み自体でからだが多少左右に動いてしまうでしょうが、それで構いません。

できるだけ余分な力を抜いてゴルフスイングの感覚を身につけていけば確実なスライス対策と言えるでしょう。

実にシンプルではあるけれども重要性の高いトレーニング、これがゆっくりとクラブを振るゴルフスイングです。

練習では、いきなり両手で握ると不要なな力が入りやすくなります。右手だけのゴルフスイングに慣れてから、それから左手だけでスイングする感覚をつかみましょう。

スポンサード リンク



そこからすぐに両手の握りに戻すのではなく、軽く指を3本添える程度で振ってみましょう。

これで片手のときと同じ様な感覚で振ることができたら、次は軽く握ってから少しずつ両手握りに慣れていくといいでしょう。

ゴルフスイングの感覚がつかめてきたら、ゴルフ練習場などにあるゴムティに向かってこのゴルフスイングを試してみましょう。

目標物があるだけでそこを意識しすぎることになりやすいので、クラブヘッドの軌道上にたまたまティがあるという感覚でやると比較的うまくいくでしょう。

ゴルフ初心者のスライスの原因と対策

ゴルフ初心者が最初にぶちあたる壁がスライスであることが多いようです。

これは、ゴルフ初心者の典型的なミスショットで、ダウンスイングを上体から行ないやすいためです。

ゴルフの場合、ボールは完全に止まっている状態に対して、スイングが完全なカット打ちになってしまうと、ボールに右回転のスピンが加わるようになるのは当然のことです。

これは、ゴルフ初心者にとってほとんど避けらることのできない関門だと表現してもおかしくありません。スライスの要因を細かく挙げていくと、それだけでレッスン書が一冊分できあがるくらいの内容になります。

その上、それらの要因は独立したファクターではなく、互いに相関するものです。そのため、細かく解説してしまうと際限がない泥沼のようなものです。

ここでは、一般的なファクターとなるものだけをピックアップしてみました。それだけでも6点あります。今回はそのうちの4点だけを列挙しておきます。

どの原因もゴルフ初心者のうちから正しいゴルフスイングの基本を身につけておけば防げるものです。ゴルフを楽しみながらも苦しみましょう。

①オープンスタンスになりすぎて、ボールの位置が左足かかとの線上よりも外側に出ているケース。これは、いわゆる「カット打ち」を助長してしまうゴルフ初心者に典型的なスライスのパターンです。

②バックスウイングの時点で手首の間違ったコックが行なわれ、グリップがロールを起こしてクラブフェースが開いた状態で上がっているケース。

この場合、ダウンスイングでクラブフェースがスクエアに戻すのが困難になり、フェースが開いたままの状態でインパクトの瞬間を迎えてしまいボールをカット打ちになることでスライスに陥るパターンです。

③ボールがクラブフェースの付け根近くに当たるケース。このパターンでは、ボールとクラブヘッドが物理的な「歯車アクションを引き起こすことによって生まれスライスとなります。

スポンサード リンク



④インパクトで体重移動が素直に左サイドに乗っていかず、その結果、左ヒジを引くような体勢でスイングをしているケース。

これはダウンスイングの順序に間違いがあり、その結果として、インパクトが詰まった状況になってしまうものです。

そして、結局はクラブが振り切れなくなって左ヒジを引かざるを得なくなりスライスしてしまうというゴルフ初心者にありがちなパターンです。

⑤グリップがスイングの途中でゆるんでしまうケース。グリップがゆるむことによってトップ・オブ・スイングで甲側に手首が折れやすくなります。

その結果クラブフェースが開いて、カット打ちのインパクトを迎えてしまいスライスしてしまうということです。

⑥スライスの原因がアウトサイドからのカット打ちであることを自覚して、そのためにダウンスイングを過剰に意識してインサイドから行なってしまうケースです。

この場合は、ある程度経験を積んだゴルファーが、スライス対策として次に考える手段としてよくやるケースです。

大外からのカット打ちというのは、実際には体の捻りが不足することで生まれるミスショットです。

しかし、そこに着目するのではなく、ダウンスイングでクラブをインサイドに通していくことだけを考えてしまうことで起きるスライスなのです。

結果を見れば、それまでのスライスよりも、もっと輪をかけたような大きな曲がりのスライスボールが飛び出すことになります。

この原因は、一体どこにあるのかというと、ダウンスイングをインサイドから行なおうとした動作が、実はクラブのシャフトを寝かせるようなアクションになっているためだからです。

つまり、左手の甲が空を向くような状態のダウンスイングをするために、クラブフェースが大きくオープンになり、結果としてさらにカット打ちがさらに助長されてしまったケースと言えるでしょう。

以上、主要なスライスの原因を6つばかり挙げてみましたが、どのケースでも基本のゴルフスイングを忠実に守っていけば解消できるものばかりです。

スライス病に陥った最初の頃は夢にまで出てくるといわれるスライスですが、ある時点で突然解消されるというのも、スライスのミスショット独特の性質といえます。

この理由は、スライスはクラブをシャープに振り抜くという一番基本的なゴルフスイングの動作ができれば、その段階でストップしてくれるからです。

そのタイミングは、いわゆる『ゴルフスイングにスイングらしさが身についたタイミング』だとでも説明しておきましょう。

ゴムボールを使ったスライス対策ドリル

スポンサード リンク



スライス対策のドリルとして、ゴムボールを利用する方法があります。

腕と肘がスイング中のどのタイミングでも体の前にあるスイングを身につけるものです。

胸にボールをかかえてスイングしてみると、両肘がバラつくことなく、肘と肘の間隔がスイング中に一定に保ち続けることができます。

バランスボールがあることにより胸と腕の関係も変わわないためスライスにも有効な練習になります。

片方の腕に力が入り過ぎたり、先に動いたりすればボールが胸から落ちてしまいます。そのため、スイングが正しくできているのかがよくわかります。

両腕が常に体の前に位置している状態が保てるので、振り遅れる心配がなくなって、インパクトのタイミングがピッタリ合うでしょう。

スイングがとてもコンパクトになってくるため、スライスなどのミスショットがいつの間にか出にくくなるでしょう。

具体的なドリルに関しては、まず、ゴムボールを両肘の間、胸と上腕の間に挟んで、アドレス姿勢を取ります。

そしてそのまま、テークバックして軽くダウンスイングに移ります。スピードを一定にしたままインパクトゾーンを通過して、フォロースルーからフィニッシュに至るまで続けましょう。

振り遅れの原因のひとつはボールを飛ばす意識が極端に強すぎる場合です。上体と腰の力が強くなりすぎてしまって、ダウンスイングのタイミングがズレることが原因です。

このドリルで腕よりも腰が先行していることに気がつくでしょう。腕がさらに振り遅れると、腰だけが左へいってしまい、腕が完全に遅れて浮いてしまった状態になります。

こちらの記事もどうぞ!

  • ゴルフスイングではストレートボールへのこだわりを捨てるゴルフスイングではストレートボールへのこだわりを捨てる ゴルフスイングでは、絶対に右か左かに曲がるショットを打つことができれば正解です。ストレートボールへのこだわりを捨て去るのです。それがコース […]
  • ドロー、フェードのゴルフスイング2ドロー、フェードのゴルフスイング2 ドロー、フェードのゴルフスイングでは左へのヒッカケ、右へのプッシュアウトというミスショットのリスクも高いスイングになります。それでは精度の […]
  • ドライバーショットのアドレスでのボールの位置ドライバーショットのアドレスでのボールの位置 ドライバーショットのアドレスにおける「ボールの位置」について最新のゴルフスイング理論を踏まえて説明します。ドライバーショットでは、ボールは […]
  • 練習場では1球ずつボールを曲げる練習場では1球ずつボールを曲げる ストレートボールを打つ練習ばかりでは、ゴルフスイングの上達には限度があります。 ストレートボールよりも曲がるショットのほうが使い勝手 […]
  • スライスとアドレスの入り方スライスとアドレスの入り方 ラウンドの最中にボールに触れることが許されているのは、基本的にティーアップするタイミングとグリーン上に乗った場合に限定されます。このルール […]
  • ティーアップしたボールのゴルフスイングティーアップしたボールのゴルフスイング ドライバーショットではゴルフスイングの中で唯一ティーアップしたボールを打つことになります。ショットの中でもこれだけは、スイングの最下点を通 […]
  • トップからの切り返しで飛距離アップトップからの切り返しで飛距離アップ ゴルフスイングで飛距離を伸ばす方法の一つとして、トップでの切り返しについて説明しておきます。ドライバー・ショットを曲げないことは飛距離アッ […]
  • プロのフィニッシュプロのフィニッシュ ゴルフレッスン書やゴルフ雑誌にはプロのゴルフスイングの連続写真がよく載っていますね。この連続写真から、何を学びとるべきだかというテーマです […]
  • フェース面の確認フェース面の確認 ドライバーのゴルフスイングで最も大切なもの、それはクラブのフェース面のコントロールです。最新のドライバーで飛距離を稼ぐには、ここが大きなポ […]
  • 飛距離と頭の位置飛距離と頭の位置 飛距離を伸ばしたければインパクト以降もアゴに右肩が触れるまで頭を止めておきましょう。ゴルフスイングの基本理論として、飛距離を伸ばすにはヘッ […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ