スタンスの基本はスクエア

ゴルフスイングの土台になるのは下半身であるという認識は皆さんお持ちだと思います。

土台が不安定な状態ならばゴルフスイングはしっかりとしたものにはならず、ボールを遠くまで飛ばすこともできません。

アマチュアによく見られるパターンとして、ターゲットラインよりも右方向に向いてスタンスをとるとという形です。これでは、土台が傾斜したピサの斜塔のようなものです。

言うまでもありませんが、土台がしっかりしているスクエアスタンスができていても、傾斜のついた上物が傾いていたのでは、建物は地震に弱くなります。

本人は真っすぐ立って構えた気分でいても、実際には両肩のラインがターゲット方向よりも右を向いているケースはよくあるものです。

スタンスはスクエアになっていて、上半身は右向きになっているねじれたアドレスの状態もゴルフスイングを乱す原因になります。

スタンスと両肩ラインの両方をスクエアにセットすることができて初めて狙った場所までボールを飛ばせるです。具体的にどのようにしたらスクエアアドレスのチェックができるのかについて説明しておきましょう。

いったんアドレスを完成させた状態で、左手でクラブのホーゼル部分を握り、右手でグリップの部分を握り、クラブを水平に持つ形をとって両肩のラインに沿ってあてがってみましょう。

そのときに、ターゲット方向を見て左手が視界の左端に見えるかどうかギリギリの状態なら両肩はスクエアにセットされていることの証明になります。

しかし左手がしっかりと見える状態なら、両肩のラインが右方向を向いていると判断できます。

これまで右向きのアドレスが正しい方向だと誤解していた人にとっては、非常に違和感を感じるかもしれません。

スポンサード リンク


しかし、両肩のラインをスクエアにセットして構えた状態になっていれば、ターゲットラインをなぞりながら顔の向きだけをターゲット方向へ向けると左肩は視界に入ってこないものです。

ターゲット方向をチェックした際に、左肩が視界にしっかりと入るのは両肩が右方向を向いていることを意味するのです。

両肩のラインがターゲット方向の右を向いているのに気づかない人はアベレージゴルファーの中にも大変多いのです。

これがスライスやフック、ダフリやトップといった多種多様なミスショットを招く一番の要因かもしれません。

飛距離の出るゴルフスイングをマスターしても土台の向きが狂っていたのでは、せっかくの飛距離を生かすことが出来ません。

繰り返しますが両肩のラインをスクエアにセットできれば、左肩は視界に入りません。
002
この感覚をゴルフクラブを両肩にあてがうチェック方法で理解してから飛距離を出すゴルフスイングをマスターしても遅くはないでしょう。

ターゲット方向に対してスタンスだけでなく、両肩のラインもスクエアにセットしたアドレスを完成させることが、最大飛距離を生み出す元になります。

ゴルフ初心者のインパクトのとらえ方

ゴルフ初心者にインパクトを一言で説明すると、ゴルフスイングの一連の流れの中でクラブヘッドがボールに当たる瞬間ということになります。

実際にクラブヘッドにボールが当たってから離れるまでの時間は、わずか0.4ミリ秒という極めて短いものだといわれます。

スポンサード リンク



もちろん、超高速カメラで撮影するしか、じっくりと見る機会はありません。

この短い時間に、ゴルフボールに対してクラブフェースがどれだけスクエアに入ってきて、スクエアに抜けていくかが、すべてのゴルファーの半永久的なゴルフスイングの課題となります。

このインパクトの瞬間だけを意識して実行することは不可能なことは、これまで繰り返して説明してきました。

ダウンスイングがはじまったら、あとはフィニッシュまで一連の流れは一気に振り抜くしかないからです。

しかし、これを言い方を変えて表現すれば、ゴルフスイングのフォームが多少おかしくても、一気にフィニッシュまで振り抜くことができたのなら、それなりに素晴らしいことだと言えるでしょう。

その理由は、ゴルフ初心者のうちは、ほとんどのケースはインパクトを文字どおりの「インパクト」としてとらえてしまい、ボールに対してうまくヒットすることだけをあたかも最終目標として意識しているからです。

この原因は、止まっているゴルフボールにクラブヘッドを強く当てようとする意識が強く作用するからです。

大部分のミスショットは、実はここでの考え違いがおおよそ7割を占めているという統計データがあるのです。

ゴルフスイングの基本はひとつの円運動と考えることができます。そして、インパクトは、あくまでフィニッシュに至るまでの通過点のひとつに過ぎないのです。

ところが、ある程度の経験を積むまでは、ゴルフ初心者はどうしてもボールを打とうとする気持ちが強く作用してしまいます。

つまり、トップ・オブ・スイングの段階で、もう気持ちの上ではインパクトだけに意識が向いてしまっているのです。

このことが意味することは、もちろん「ダウンスイングを上半身から行なう」ということになります。

上半身の動きが先行することによって、身体のバランスを崩してしまいます。

すると、人間は本能が働いてバランスを持ち直すように下半身で止めようとする動きになってきます。腰を一瞬の間引いてしまうのです。

腰が引けることによってに、手は正しい軌道から大きく外れ、腕の振り場がなくなります。

すなわち、スイングプレーン沿って振ることができなくなるために、その段階でゴルフスイングがストップしてしまうわけです。

スポンサード リンク



こうしたミスは、ゴルフ初心者のうちはある程度仕方のないことだとも言えますが、しかし、このパターンを改善しない限り、ボールを遠くまで正しい方向へ飛ばしていくことはできません。

この点をしっかりと頭に刻み込んでおくことが、次の段階にステップアップするには欠かせないことなのです。

最適なスタンス幅とつま先の向き

ゴルフスイングにおけるスタンスの幅はドライバーの場合、自分の肩幅にするのが基本です。

ゴルフ初心者の場合、これよりも極端に狭くしたり、逆にどっしりと広くしたりすることは避けるようにした方が賢明でしょう。

ドライバーでもスタンスは両肩の外側から地上に垂直線をおろすと、その真下に自分の両足の内側がくるようのが適切なスタンス幅です。

これが体の動きを支えるのに、もっとも安定して多くのひとが勧めている標準的な幅です。

もちろん、体格には大きな個人差がありますし、年齢の違いでも影響は受けます。

そのため、自分に一番合うようなスタンスの幅を見つけることが必要になるのですが、まだ若くて身体にバネのあるゴルファーなら、もっと両足幅を広くしても問題ないでしょう。

体が硬くなって腰のひねりが余り利かないゴルファーなら、スタンスを逆に肩幅よりも狭くしたほうが、打ちやすくなるとも言われています。

一般的な傾向としては、スタンス幅の広いタイプの人は、腕力に自信のあるパンチャーの人に多く、スタンスを狭くしたほうが安定する人はスインガータイプだと言われています。

両足をどのように配置するかによって球筋も影響を受ける場合があります。右足はターゲット方向に向かってスクエアに配置して、左足はつま先を20~30°程度開くのが標準的な足の配置ではあります。

左足をオープン気味にするのは、フォロースルーをできるだけ大きくとることが狙いです。

スポンサード リンク



しかしながら、ゴルフスイングがある程度固まっていないゴルフ初心者の場合、左足のつま先を開いて立つと、左腰が後ろに引ける姿勢になりやすいので注意が必要です。

ゴルフ初心者にスライスのミスショットが多いわけも、この左足の向きが起因している場合が多く見受けられます。

どうしてもスライスが出てしまって改善策が他に思い浮かばない場合には、左足を右足と同様にスクエアにして打ってみて変化があるのかを探ってみるのもひとつのやり方ではありす。

体の左サイドが、開くために生まれるカット打ちが出にくくなるからです。

バックスイングで右にスウェーすることの多い初心者ゴルファーは、対策として右足のつま先を内側に向けるようにしたスタンスを試してみることも良いかもしれません。

この形をとってウエートを右足の内側全体にかけるように意識することで、体が右に流れるスウェーを防止することができる可能性があります。

ボールを高くあげたいケースや、ドロー系の球筋を狙いたい場合に効果を発揮しするのは、右足のつま先を逆に外側に向けることもあります。自分から見て両足の形が、かたかなの「逆ハ」の字の形にします。

右足のつま先が外に向いていると、ダウンスイングでインからアウトへの軌道を作りやすいためです。これによって、ボールにフック系のスピンが加えやすくなるのです。

また右ひ膝が外側に向けていると、ダウンスイングの時点で右膝が内側に入ってくるタイミングが遅れてしまうことが多いです。

そのため、上体が左サイドへつっこみになることも防げて、ボールが高く上がりやすいのです。

バンカーなどでボールがうまく上げられない人は、この逆ハの字型のスタンスをとってみると、うまくいく可能性があります。

このように両足のスタンスの取り方次第で、ゴルフスイング全体に大きな影響が出てくるのです。

ゴルフ初心者のうちはさまざまな極端なスタンスを試してみて自分なりに球筋の変化を研究しながら、標準タイプの左足のつま先を外に少し開いて、右足はターゲットにスクエアにしたスタンスを最後にマスターするようにしていくことが良いでしょう。

こちらの記事もどうぞ!

  • フェアウェーウッドの使い方フェアウェーウッドの使い方 ゴルフスイングの中でもフェアウェーウッドで飛ばす場合時は、トップ・オブ・スイングまで力を入れずにゆっくりとした動作でクラブを上げて体に捻じ […]
  • 低弾道を狙うゴルフスイング低弾道を狙うゴルフスイング ゴルフスイングにおいて、ヘッドアップしてしまうことはミスショットにつながる可能性が高くなってしまうことはご存知だと思います。とは言っても、 […]
  • persimmonゴルフスイングのダフリを解消しよう ダフリ、トップ、チョロ、テンプラといった具合に、ゴルフスイングにミスショットは付き物です。しかし、特にドライバーでのティーショットで、こう […]
  • ゴルフスイングのドライバーのミスゴルフスイングのドライバーのミス ドライバーのミスショットの中から、テンプラ、トップ、チョロについて説明しておきます。ゴルフスイングの悩みの種とも言えるミスショットを極力減 […]
  • フェース面の確認フェース面の確認 ドライバーのゴルフスイングで最も大切なもの、それはクラブのフェース面のコントロールです。最新のドライバーで飛距離を稼ぐには、ここが大きなポ […]
  • ドロー、フェードのゴルフスイング2ドロー、フェードのゴルフスイング2 ドロー、フェードのゴルフスイングでは左へのヒッカケ、右へのプッシュアウトというミスショットのリスクも高いスイングになります。それでは精度の […]
  • 冬場のゴルフスイングは滞空時間を短くする冬場のゴルフスイングは滞空時間を短くする 大きなキャリーボールを打つゴルフスイングを目指すことだけが、飛距離アップに結びつくと考えるのは早計です。ファーストバウンドまでのキャリーが […]
  • ゴルフクラブいろいろフェアウェーウッドの打ち方2 ゴルフスイングにおいては、ターゲットラインに対してフェースの向きをスクエアにすることと、スタンスをターゲットラインに対してスクエアにセット […]
  • スタート前のドライバーの練習と朝イチのティーショットスタート前のドライバーの練習と朝イチのティーショット アマチュアゴルファーの多くは、日頃は練習場に行く時間もほとんど取れずゴルフスイングの練習も十分ではなく、久しぶりのラウンドもぶっつけ本番に […]
  • ティーアップしたボールのゴルフスイングティーアップしたボールのゴルフスイング ドライバーショットではゴルフスイングの中で唯一ティーアップしたボールを打つことになります。ショットの中でもこれだけは、スイングの最下点を通 […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ