ゴルフスイングを途中で止めない

基本になるゴルフスイングは、クローズドスタンスに構えてからテークバックします。

トップ・オブ・スイングに達したらスイングをストップさせずに、一気にフィニッシュまで振り抜くものにします。

トップ・オブ・スイングで一旦止めてしまうと、テークバックとダウンスイングの軌道が微妙に変わってしまいまいます。

そのため、正確にボールを打つことが難しくなるのがその理由です。ゴルフスイングはスタティックな時間を作らず常にダイナミックにするのです。

どうして、クローズドスタンスからのゴルフスイングが好まれるようになったのでしょう。

その理由は、現代のゴルフクラブは、以前のクラブとは別物と言ってもよいくらいにクラブ自体に飛距離を伸ばすパワーをもってしまったからです。

そのため、パーシモンでクラブヘッドが作られていたかつての時代のように、タメを利かせてインパクトの直前に、開いた状態のクラブフェースを一気ににクローズにして打つというような、かつてのテクニックは不邪魔にさえなってきたのです。

新時代のゴルフクラブはヘッドの重心もストレートにボールを叩く直線運動がよくマッチするように進化してきました。

クラブフェースのローテーションを利用する回転運動より、ダウンスイングでクラブヘッドが右足の前に来た時点で、もうフェースがターゲットに向いているようなゴルフスイングが正解に変ったのです。

右足前から左足前に至るまでクラブヘッドをストレートに動かすことで、インパクトが一つのポイントではなく、幅を持つ長いゾーンに代わり、ストレートボールが以前よりも簡単に打てるようになりました。

ストレートボールのメリットを挙げておきましょう。それは風の影響を受けにくいということです。

屋外のスポーツであるゴルフは追い風ではより飛距離を伸ばし、向かい風ではスピンがかかって左右に流されることが少なくなります。

スポンサード リンク


こすってスライスボールの連発だったゴルフスイングがボールをしっかりと捕らえてストレートに打てさえすれば、数十ヤードも飛距離が伸ばすことが夢ではなくなったのです。

ゴルフクラブの製造メーカーがゴルフスイングの基本を変革したといっても過言ではないほどです。

ここで簡単にまっすぐ飛ばせるゴルフスイングのコツをお話ししておきます。基本のゴルフスイング練習ではブランコのイメージでゆっくりとスイングすることが大切です。

ブランコのようなイメージとは、腕とシャフトが鎖の部分でヘッドが腰掛けと考えることです。このイメージなら、不要なパワーを使わない理想的なゴルフスイングができます。

これだと余りにゆっくりで飛距離が伸びないように感じるかもしれませんが、クラブの性能がフルに発揮されるので、飛距離も思った以上に伸びます。

このゆっくりとしたリズムのスイングでボールがまっすぐ飛ぶようになったら、次のステップは確実にボールをとらえ続けるために必要なグリップの方法をマスターしましょう。

グリップができたら、より遠くに飛ばすためにもっと大きなゴルフスイングを身につけていくだけのことです。

もちろんこれまでの説明と同じように、難しい動作を取り入れる必要は一切ありません。身体に無理のかからない、ナチュラルなゴルフスイングをするだけです。

たったこれだけをマスターするだけで、コースに出るためのゴルフスイングは完成すると言われてもまだ半信半疑かもしれませんね。

大切なことは、マスターしたイメージを忘れずに毎回スイングすることです。これさえできれば、安定してボールをまっすぐ飛ばせるようになっていくでしょう。

まっすぐボールを飛ばせれば、コースに出ても周囲に迷惑をかけないどころか、それなりの成績でコースアウトすることも単なる夢ではありません。

フィニッシュをしっかり取る

ゴルフスイングで飛距離アップするコツは、ボールをヒットする意識からクラブをスイングする意識へと変えることです。

スポンサード リンク



さらにヘッドスピードが最大になった瞬間にクラブをスイングするために必要な準備としては、スイングするのに一番適したポジションにボールを置くことを繰り返し述べておきます。

クラブをスイングしたヘッドの軌道上にボールのポジションがあれば、ボールにクラブを合わせようとする間違った動作をすることがなくなりまう。

そして、その分ヘッドスピードを落とさずに済むのでクラブをしっかりと振り切れることになります。

練習段階ではターゲットラインに沿ってボールを3個、またターゲットラインに対して垂直にボールを3個セットしてください。

どのボールの真上をスイングしたらヘッドスピードを落とさずにクラブを振れるかでベストのボールポジションを見つけ出しましょう。

この方法を採用すればベストのボールポジションを見つけ出すばかりではなく、ゴルフスイングを安定させる働きが期待できます。

クラブを気持ちよくスイングできたら、その結果としてフィニッシュがしっかりと取れるようになるからです。

ミスショットとナイスショットの違いを意識してみましょう。いい加減にアドレスしてボールに合わせるようなゴルフスイングをすれば、クラブは振り切れずません。

その上、体のバランスをバラバラになってしまうでしょう。これでは当然ですがフィニッシュがきちんと取れるわけもありません。

逆にナイスショットを打った瞬間は左足にウエートが移動して、クラブをしっかり振り切ることができているはずです。

スイングの最中にバランスを崩さず、ヘッドスピードにブレーキがかからないためです。

正しくクラブを振ることができれば、フィニッシュを目標にゴルフスイングができることに通じます。

先ほどの3個のボールを使ってのボールのベストポジションを探す場合には、フィニッシュがきっちりと取れることを基準にするという意味も、スイングづくりに欠かせない役割を果たしてくれます。

003

練習場の打席に入る場合は、すぐにボールを打ち始めるのではなく、周囲の打席で既に打ちはじめているプレーヤーのスイングを観察してみましょう。

ボールをヒットする意識で練習している人は、フィニッシュがまともに取れていないことに気づくはずです。

逆に、クラブをスイングできている人はフィニッシュもきっちりと取っていることがわかるでしょう。

ゴルフスイングの振り子運動

スポンサード リンク



ゴルフスイングの運動はインパクトゾーンの前後で回転運動から「振り子運動」になります。

スイングの全体で大切なことは、あごで軸を意識した回転運動としてとらえることです。

けれども、インパクトの瞬間の前後に限って言えば、回転運動ではなく振り子運動になります。

クラブヘッドはストレートな軌道で走るわけです。

ゴルフスイングの振り子運動の支点となる箇所は、左肩のつけ根部分です。

ダウンスイングの際にグリップが右腰の前あたりに下りてきて、グリップが左腰の前を通過するまでは、腰も止めてクラブを振る意識をもつと良いでしょう。

この動作意識で、振り子の支点をコンスタントに保ち、精度の高いインパクトを可能にするのです。これも、レッスンを通じてマスターすべき重要なポイントのひとつといえるでしょう。

振り子運動のコツ

グリップが右腰と左腰の間を通過する時点では、ゴルフスイングは回転から振り子運動になります。

インパクトの瞬間は腰と肩の動きを止めて、左肩つけ根の振り子の支点を不動にすることが、大切なコツです。

これによって、クラブヘッドをまっすぐ走らせることができるのです。

それから、体の左右のバランスや軸の安定を保つために、「あご軸」を強く意識することが重要です。

ハーフスイングのイメージ作り

ブランコに乗ってハーフスイングでの切り返しのタイミングとリズムを覚えてみませんか。ゴルフスイングの中で「切り返し」の動作は一番難しい部分という人もいます。

切り返すタイミングのとり方や下半身の動作に自信がない人は、近くの公園に出かけて、ブランコに乗ってみることもおススメしたいトレーニングです。

ブランコに乗ってハーフスイングの切り返しをマスターするには、縦ではなく横方向にブランコを揺らしてください。

右足を踏ん張ってブランコを右へ揺らし、次は左足を踏ん張って左へ揺らす動作を行います。

この右から左へと揺らす方向を意識的に変える動きが、ハーフスイングの中での切り返しに相当します。

スポンサード リンク



右から左へ方向を変化させる瞬間、自分の力は左へと働いていますがブランコはまだ右へ動いています。

いわゆる、「慣性の動き」です。

4時の位置で腕をストップさせようと意識しても、切り返した時には実際は腕は3時の位置近くにあるのです。

ブランコの横揺れもそれと同じ状態です。

また、左足の強い踏ん張りがきっかけになってブランコの方向が変わることも、スイングの切り返しの動きに似ています。

実際にプランコで試してみると、ブランコの揺れを左足の踏ん張りで方向転換させた後も、左足は強く踏みつけているでしょう。スイングも同じことなのです。

切り返しからインパクト、フォロースルーといった一連のスイング動作の中で、左サイドに壁を作るためには左足で地面を強く踏みつける必要があるわけです。

以上のようにブランコをイメージしてハーフスイングのリズムを作るトレーニングをしてみましょう。

ブランコを右へ揺らすときは右膝を、左へ揺らすときは左ひざを、それぞれ曲げたまま踏ん張ってください。

もし、ひざを伸ばして足を突っ張ってしまうとブランコはスムーズに動きません。ゴルフスイングに似ています。

スイングにもこれと同じことが当てはまるのです。アドレスでの曲げを保ったまま両足は地面を踏みつける必要があるのです。

下半身に突っ張りが生じると、正しい軌道でクラブは振れません。結果的にダフリやスライスなどといった色々なミスを生んでしまいます。

ブランコでのひざの動きを想像してゴルフスイングしてみましょう。土台となる両足のアドレス、両ひざの正しい使い方、踏ん張りがうまくできれば、下半身のリズムは改善されるでしょう。

こちらの記事もどうぞ!

  • バンカーショットのゴルフスイングバンカーショットのゴルフスイング バンカーショットは、今までの概念では「打ち込む」という感覚でしたが、それを一切捨てて基本はクラブヘッドを滑らすイメージでとらえて下さい。バ […]
  • フェース面の確認フェース面の確認 ドライバーのゴルフスイングで最も大切なもの、それはクラブのフェース面のコントロールです。最新のドライバーで飛距離を稼ぐには、ここが大きなポ […]
  • ゴルフスイングではストレートボールへのこだわりを捨てるゴルフスイングではストレートボールへのこだわりを捨てる ゴルフスイングでは、絶対に右か左かに曲がるショットを打つことができれば正解です。ストレートボールへのこだわりを捨て去るのです。それがコース […]
  • ゴルフスイングはクローズドスタンスからゴルフスイングはクローズドスタンスから ゴルフスイングの上達は、ゴルフというスポーツの魅力を知るためには欠かせないことです。ゴルフの楽しみ方は人それぞれでしょうが、基本は「ボール […]
  • 冬場のゴルフスイングと両肩ポジション冬場のゴルフスイングと両肩ポジション 冬場のゴルフスイングで一番気を付けるべきポジションは両肩です。芝が枯れて、地面が硬い状況の冬場のゴルフにおいては、高弾道のキャリーボールを […]
  • ティーアップしたボールのゴルフスイングティーアップしたボールのゴルフスイング ドライバーショットではゴルフスイングの中で唯一ティーアップしたボールを打つことになります。ショットの中でもこれだけは、スイングの最下点を通 […]
  • ゴルフスイングと風対策についてゴルフスイングと風対策について ドライバーでのゴルフスイングする場合、でティーの高さを調整することで弾道の高低をコントロールすることは理論的には適当な方法ではないことを以 […]
  • 高い弾道を狙うゴルフスイングの注意点高い弾道を狙うゴルフスイングの注意点 高い弾道を狙うゴルフスイングの注意点としては、アッパーブローやハンマー投げのイメージばかりを極端に考えてしまう結果、右肩が下がり過ぎること […]
  • 低弾道を狙うゴルフスイング低弾道を狙うゴルフスイング ゴルフスイングにおいて、ヘッドアップしてしまうことはミスショットにつながる可能性が高くなってしまうことはご存知だと思います。とは言っても、 […]
  • 飛距離を伸ばしたいなら右腰を切れ飛距離を伸ばしたいなら右腰を切れ ゴルフスイングで飛距離を伸ばしたいならトップ・オブ・スイングはコンパクトにすることを心がけましょう。バックスイングの時点で左の肩がアゴに触 […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ