ゴルフスイングのドライバーのミス

ゴルフスイングのミスショットには、ボールの飛び方やクラブフェースのどこに当たるかでさまざまな呼び名がついています。

これらの名称は、ゴルフスイングの経験がある人なら、おそらくだれもが一度は耳にしているでしょう。

ゴルフ初心者のうちからこうした言葉を覚えておけば、仲間と打球の話をしていて蚊帳の外となる心配もなくなります。最低でも、今回紹介する言葉くらいは覚えておきましよう。

ゴルフスイングに慣れていない時分には、たくさんのショットがこれらのミスショットに当てはまっているかもしれません。

でも、心配する必要はありません。プロゴルファーでさえ、こしたミスはするものだからです。

ゴルフスイングが安定するまでは、ボールがどこに飛んでいくかばかりに深くとらわれないで、前向きにゴルフスイングの感覚をマスターするようにしましょう。

いくら考え込んだところで、打ち終わったボールの行方は変えようがないものです。ミスショットの原因を簡単にここで解説し、どうすればミスを防げるかのポイントを説明しておきます。

ゴルフスイングの悩みの種とも言えるミスショットを極力減らすための原因と対策です。

天プラ
ティショットでボールの下を叩いて、ボールが必要以上に高く上がってしまい飛距離が伸びないショットのこと。

テンプラとは、ティーの高さ調整の加減の問題もありますが、基本的にクラブヘッドがボールに当たり負けしてしまい力のないボールがフワッと浮き上がってしまうミスショットです。

これでは当然、飛距離が伸びることはありません。

スポンサード リンク


典型的なテンプラの原因は、ダウンスイング時点で右肩が前に早く突き出た上に、クラブヘッドがアウトサイドからにの軌道となり、手首を祈り曲げた状態(コック)がインパクト前にほどけるというゴルフスイングになっています。

テンプラをあなたのゴルフスイングの中から解消するには、右肩の位置をそのまま維持したままダウンスイングに移行することです。

グリップの位置とクラブの位置を右腰の高さまでは自然落下させます。

肩の開きを抑える意識を強く持つことが大切です。

そしてコックを保ちながらクラブヘッドよりもグリップが先行するイメージのインパクトを迎えれば、クラブヘッドがボールに当たり負けすることはないでしょう。

トップ
ボールの上を叩いてしまい、ボールが上がらず地面を進む状態。ゴルフスイング中にからだが伸び上がると起こりやすい。
チョロ
トップよりもさらに上、ボールの上面をクラブでこするように当ててしまい、チョロっとしか飛ばない状態のこと。

トップはボールの赤道部分よりも上部にインパクトするミスショットです。トップですめば、ある程度は距離は出ますが、これがボールの上っ面だけを叩く「チョロ」になると100ydも飛びません。メンタル面でも後々まで尾をひく痛恨の一打です。
001

トップやチョロの根本原因は頭の位置のズレにあります。ダウンスイングからインパクトにかけて頭が突っ込むように左にずれると、クラブが振り抜けなくなります。

その上、胸が左に開けば、ヘッドの入射角が鋭角になり、上から下へ向かって下りてくることになってしまいます。その結果、フィニッシュは低い位置になってトップやチョロが出やすいゴルフスイングになります。

こうしたミスショットをあなたのゴルフスイングから排除するポイントは、トップ・オブ・スイングでの頭の位置を維持したままダウンスイングヘ移行することです。

そしてボールの後方に頭をキープした「ビハインド・ザ・ボール」のスイングを心がけてください。

スポンサード リンク



この状態でインパクトを迎え、そのまま高いフォローをとるようにクラブヘッドを振り抜きましょう。

フィニッシュの際に、ウエートを左足で受け止めることが高いフォローの前提になりますから、 当然ですが、右足にウエートが残るようなことはご法度です。

ダフリ
ボールより手前の地面を叩いてしまうこと。マットの下がコンクリートの練習場ではダフることがないため、コースに出ないと実感できない難敵。

スライス
ボールに右回転がかかり、右方向に曲がっていくこと。初心者の大半はこのミスに悩むことになるが、各種の感覚に慣れてくれば自然に解消される場合が多い。

フック
スライスとは逆にボールに左回転がかかり、左方向に曲がってしまうこと。フェースを無理に返すことで起きる。「引っかけ」「チーピン」とも呼ばれる。

シャンク
ボールがクラブのヒールに当たり、ほとんど飛ばずに目の前に落ちたり、右方向にはじかれること。

スライスの防止対策

スライスがいつまでたっても直らないという悩みを抱えるゴルファーの皆さんに即効テクニックを紹介しておきます。ゴルフスイングが楽しく感じること請け合いです。

まずは、ツアーのテレビ中継でプロ達のインパクトの瞬間を高速カメラで撮影した画像を思い出しましょう。

クラブヘッドがボールに接触する直前までは、フェースはほんのわずかですが右方向を向いた形に開いています。

そしてクラブフェースがボールに触れたタイミングでスクエアになり、その後フェースは閉じていきます。これがインパクト前後での、正しいクラブフェースの動きだということを最初に覚えておきましょう。

スライスを苦手にするゴルファーの多くは、インパクト直前の段階でフェースをスクエアに戻すのものだと勘違いしています。

ダウンスイングからスクエアに戻そうとかボールをつかまえようとすると回転軸である背骨が右や左に傾いてしまいます。

それが原因で左足にウエートがシフトせずに、クラブが振り抜けず、結果として自分の意図とは正反対にフェースが開いたままでインパクトを迎えてしまうパターンが多いのです。

スポンサード リンク



ご自宅のガレージに眠っている古タイヤをボールに見立ててインパクトフォームをつくり、クラブヘッドで古タイヤをプッシュする感覚を持つようにしましょう。

室内であれば柱の下部にヘッドを押し当てるトレーニングでも効果はあります。

クラブフェースをほんのわずかオープンにした状態からスクエアに戻すような動きをしながら古タイヤをプッシュする練習で左サイドの壁が作りやすくなり、持ち前のパワーを最大限に発揮できる感覚が身に付くでしょう。

フェースでボールをプッシュするイメージを実際のゴルフスイングでも再現してみましょう。これでスライスをストレート系の弾道に変えることができるでしょう。

そのためにはゴルフスイングの回転軸である背骨をセンターにして上半身をターンさせるのがどうしても必要な条件となります。

地面に対してではなく、アドレスで前傾姿勢をとった背骨に対して左右に水平にターンさせるイメージを持ちましょう。

インパクトはボールを打つ瞬間動作ではなく、フェース面でボールをプッシュする動作だというイメージを持つようにしてみてください。

これだけでも、スライスを防止する対策としては十分に役立つでしょう。

自分のゴルフスイングが固まってストレートにボールが飛ぶようになったけれど、しばらくしたら再びミスショットしか打てなくなったという経験をすることもあるでしょう。

こんな状態になったら、ゴルフスイングの一つひとつのポイントをチェックしていくしか方法はありません。

一度はストレートに打てていたわけですから、スライスのミスの原因は意外と見つけやすいはずです。
persimmon

どこかのポイントでのズレが生じてしまって、クリーンヒットの邪魔をしていると考えるのが妥当です。

ほとんどの場合は、もっとボールを遠くまで飛ばそうと思った時点からゴルフスイングが乱れるケースが多いようです。

スイングするときは、ボールに対して意識が向かわないようにします。つまり、ゴルフスイングの軌道の上にたまたまボールがあると意識することがひとつのコツです。

気持ちをリセットして無駄な力を除いてゴルフスイングすることを考えてみましょう。スライスを打っていたときと感覚が違うポイントが見つかるはずです。

つまり、そこでの力の入れ方が間違っていたということが多いのです。基本になることはからだを楽に使うことです。

どこか苦しい部分が身体のどこかに生まれているのなら、そこがゴルフスイングの邪魔をしているポイントなのです。

インパクトで左膝を伸ばさない

スポンサード リンク



ゴルフスイングの動きを左右の移動と上下の移動とで分けて考えると、左右の移動はテークバックによる右サイドヘの移動と切り返してダウンスイングからフォロースルーに至るまでの左サイドヘの移動です。

上下の移動に相当するのは文字通りスイングにおける上下の移動です。そして、これがダフリやトップを招く要因になります。

テークバックを含めて左右の移動は別にしても、上下の移動はゴルフスイングにおいてなるべくしない方がミスショットは減るでしょう。

ほとんどのゴルファーは、ボールを飛ばそうとかボールを上げようと意識するためインパクトで伸び上がってしまう傾向があるのでしょう。

ゴルフスイングは捻転運動が基本であり、体の回転によってスイングは行われているというのが正しい理解だと思われます。

それに対して、インパクトで伸び上がってしまえば、クラブフェースが開いたり、クラブロフトが寝やすくなるため、番手なりの飛距離も出なくなります。すくい打ちのミスも、この伸び上がりが大きな要因となっているのでしょう。

インパクトでの体の伸び上がりを防止策としては、左膝を伸ばさないように意識することが有効です。もちろん腰の回転は止めるわけではありません。この左膝と体の回転運動は連動したものです。

伸び上がることで「ダフる」とか「ダフりそう」と感じてしまうミスを避ける目的で、左膝を意識してスイングすると体の回転運動が止まりやすく、その上手前をダフりやすくなります。

つまり、体の回転を止めないようにすることが、左サイドが詰まってしまうことを防止して、左膝を伸ばさないことが上下動を防ぐ対策になります。

この2つの動きを合わせて理解することで、ゴルフスイングのメカニズムに対する理解が深まるでしょう。

左膝の角度を保つ

では具体的に左膝を伸ばさないようにするにはどうすべきかですが、これは一定の練習を積むことで解消できる可能性があります。

ダウンスイングからインパクトにかけて、左膝の角度を保つという意識を身体に植え付けることです。

アドレスでは軽く両膝を曲げている状態ができていれば、その膝の曲げた角度を保ったままスイングすれば、上下動のないスイングができるでしょう。

スポンサード リンク



左膝の角度を保つという意識は、同時に左サイドの壁を作るという意味もあります。

腰の回転を止めることなくスイングするのですが、左膝の角度を保てていれば、止まる位置が自然とできてきます。

この「止まる」感覚がない左サイドであれば、左膝が伸びてしまっている証拠でもあり、腰が引けたインパクトになってしまうのでしょう。

左膝を伸ばさないポイントは、個人差があって太もも内側の筋肉や股関節の問題です。何よりも、左足全体で受け止めることができれば、自然と膝の角度をキープすることができますから、試してみるとよいでしょう。

こちらの記事もどうぞ!

  • persimmonゴルフスイングのダフリを解消しよう ダフリ、トップ、チョロ、テンプラといった具合に、ゴルフスイングにミスショットは付き物です。しかし、特にドライバーでのティーショットで、こう […]
  • フェース面の確認フェース面の確認 ドライバーのゴルフスイングで最も大切なもの、それはクラブのフェース面のコントロールです。最新のドライバーで飛距離を稼ぐには、ここが大きなポ […]
  • スタート前のドライバーの練習と朝イチのティーショットスタート前のドライバーの練習と朝イチのティーショット アマチュアゴルファーの多くは、日頃は練習場に行く時間もほとんど取れずゴルフスイングの練習も十分ではなく、久しぶりのラウンドもぶっつけ本番に […]
  • アイアンショットから「シャンク」を無くすアイアンショットから「シャンク」を無くす アイアンショットでシャンクのミスをすると、仲間たちから、「今はヘッドアップしていたよ」と指摘されるケースがあるかもしれません。一度や二度で […]
  • ザックリ防止とバンスザックリ防止とバンス ザックリ(ダフリ)とトップはアプローチショットにおいて、致命的なミスになります。グリーン周りからパーを取るチャンスだったのが一転して、大た […]
  • フィニッシュ重視のゴルフスイングフィニッシュ重視のゴルフスイング テレビ放送のゴルフトーナメントでも時折見かけますが、プロゴルファーであってもミスショットすることは少なくありません。特にグリーン周りからの […]
  • ドライバーの飛距離アップドライバーの飛距離アップ ゴルフスイングの中でもドライバーショットとなると、ほとんどの人が遠くまで飛ばしたいという強い意識が働くのは自然なことです。しかし、大振りし […]
  • ドライバーで飛ばすコツドライバーで飛ばすコツ ゴルフスイングがある程度固まってくるとドライバーを手にしたティーショットでは、誰もが飛距離を出したいという気持ちがわいてくるのも当たり前の […]
  • ドライバーの体重移動の練習方法ドライバーの体重移動の練習方法 ドライバーショットでの体重移動をイメージだけでなく、その状況を実際に体感できるうまい練習法方があります。用意するものは簡単で、2つのクッシ […]
  • ダウンスイングは自然落下ダウンスイングは自然落下 ほとんどのゴルファーは、ゴルフスイングというものはトップ・オブ・スイングの高さまでドライバーを振り上げたら、いきなり腕でクラブを加速させる […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ