ゴルフスイングのダフリを解消しよう

ダフリ、トップ、チョロ、テンプラといった具合に、ゴルフスイングにミスショットは付き物です。

しかし、特にドライバーでのティーショットで、こうしたミスショットを連発するとせっかくのラウンドが面白くありません。

今回はダフリのミスについて説明します。

ドライバーのゴルフスイングでミスショットをした後、次のショットでどのようにして立ち直すことができるかが、上達のカギとも言えるでしょう。

頭に入れておきたいポイントをいくつか説明しておきますので、よろしければ試してみてください。

〈ダフリ〉ボールの手前にクラブヘッドが落ちてしまうのが、ダフリというミスショットです。

ゴルフスイングの最中に正しいウエートシフトが行なわれず、体がブレることが主な原因と言えるでしょう。

よくありがちなミスは左足に体重が残り、単純に左肩が下がっただけのテークバックから、ダウンスイングになると極端に右肩を下げてしまうケースです。
persimmon
これにヘッドアップが加わることで、ダフリになる可能性は一気に高まるばかりです。ダフリを解消するポイントとして、ベルトのバックルヘ意識を向けてみましょう。

バックルをアドレスした時のまま傾けないように意識してゴルフスイングをしてみてください。左右には左6cm、右3cm程度のズレの意識で動かしても問題はありません。

これで体のブレを抑制することが可能になります。当然、以前に説明したように右足親指付け根の部分で体重を受け止めて、左足親指付け根の部分へ体重が移行していくウエートシフトの基本は忘れないようにしましょう。

ミスショットをした場合、どれだけ冷静にそれを解消するためのポイントを頭に浮かべられるかが、大切なことです。

スポンサード リンク


ラウンドに限らず、ゴルフ練習場でも1球1球を大切にしたゴルフスイングを心がけてみましょう。

ダフリ解消のためフルスイングを家の中で練習することは不可能と思ってはいないでしょうか。

野球やテニスなど、他のスポーツの練習でよくタオル振りが使われますが、じつはゴルフでも非常に有効な練習ができることを知っておきましょう。

必要なものは、普通の手ぬぐいくらいの長さのタオル1本だけです。これの端に結び目をつくるだけで、立派な練習道具に早変わりします。

練習方法はいたって簡単で、ゴルフスイングの途中でタオルがたるまないように気をつけて振るだけのことです。

腕などにリキミがあって自然に振れていないと、途中でタオルがたるんだり、暴れたりしてうまくスイングできません。

リズムカルにトップ・オブ・スイングとフィニッシュで、タオルの結び目が背中を叩くようにしてみましょう。

日用品を使ったトレーニングでは、ゴルフクラブを忘れる気持ちになることです。ここでは純粋にタオルを振る感覚だけをマスターしましょう。

そして、実際のゴルフスイングのときに、この感覚を活かすようにすれば、自宅でも十分レベルアップが可能です。

タオルを振る際には、結び目で肩の後ろをたたく要領で振りましょう。意識が肩に向いていると、インパクトでリキミが入ることはなくなります。

このトレーニングを積むことで、インパクトでヘッドスピードの上がるゴルフスイングがいつも間にか身につくでしょう。リズミカルに反復練習すると、からだの使い方まで上達できるでしょう。

スタンスが安定していれば、ベッドやクッションなど柔らかい場所でスイング練習しても、バランスを崩さずにゴルフスイングできるはずです。

足裏全体にウエートをかけた、正しい姿勢がとれているかチェックしてみましょう。

スポンサード リンク



タオルを持つだけでなく、ペットボトルやカバンなど、幾分重量のあるものを手にしてスイングしてみましょう。

下が不安定である分、荷重バランスが正しくとれていないとフォームを崩してしまいやすくなるので、簡単に正しいフォームかをチェックできます。

「ダフリ」と「トップ」に関してはその原因は正反対と思っても良いでしょう。

この違いが理解できれば矯正はそれほど難しいものではありません。

ある程度、ゴルフスイングもできてきてボールを打ち慣れてきたようなタイミングが訪れると、実際にコースに出た時にぶつかりやすいミスショットがダフリとトップなのです。

この2つは、ゴルフスイングがどういうものかという成り立ちを全然理解できていない、完全なビギナーがおかすミスとは違います。

ふとしたはずみで突然リズムを失うことによって生じてくるミスショットです。原因はいたって単純なところにあるのです。

ダフリは、バックスイングで上体がかぶってしまい、その反動でボールの手前をザックリと打ち込んでしまうということです。

言い換えれば「身体の上下動」が激しいと言えるわけです。従ってこれを矯正するためには、バックスイングとフォロースルーで思いきり左右に「スウェイ」してみるとわかるでしょう。

意外に、ナイスショットになって意外に感じるはずです。

ちなみに、体が左右にスウェイしている時は、ボールの上半分を叩くトップのミスショットが飛び出しやすいです。

この場合は、両足をそろえた状態で、その中央にボ一ルを置いて、その場でクラブを振り上げ、その場で振り下ろしてみましょう。

いわゆる、“手打ち″のようなイメージをわざと作り出してスイングしてみるのです。体の中心が動くことが原因で生まれるミスショットなので、それを止める手段を考えるという意味になります。

ただしダフリでもトップでも、実際にラウンドしている最中は、なかなかその原因がわからないものです。

そのために同じミスを何度も繰り返すという人が多いことは事実です。どちらもミスの原因をしっかりと把握して、今後のプレーの参考にすると良いでしょう。

ダウンスイングの基本

ダウンスイングの基本動作は下半身に踏ん張りを持たせてクラブを鋭く引き下ろすことにつきます。

スポンサード リンク



切り返しの時点で下半身はアドレスの位置まで戻っているはずですから、インパクトヘ向かって一気にクラブを引き下ろす意識を持ちます。

ダウンスイングのとき左足はがっちりと地面をグリップして、右足は親指で地面を強く踏みつける動作をします。

スイングの土台である下半身はしっかりとこらえていることが重要ポイントです。

ダウンスイングの際の3時から4時の位置では、ボールを飛ばすために必要なもっとも大きなチカラが蓄積されているポジションです。

左腕はしっかり伸びていて、左ひじは地面の方向を、左手甲は自分の正面を向くのが基本的な位置関係です。

右ひじは右わき腹に引きつけるような意識が生まれるはずです。

そして、手首とグリップにできたコックは依然としてキープしている必要があります。

ダウンスイングをチェックする

ダウンスイングで手首にできるコックのほどきが早いとボールの手前を叩くダフリが生じやすくなります。

右手一本でスイングしてみて、右手首を使うタイミングをしっかりとチェックして体に覚えこませましょう。

両手を離したグリップで実際にショット

両手の間隔を離したグリップで実際にボールを打ってみましょう。これは、前回の「両手を離したグリップで、スムーズに素振りすること」ができるようになってからの練習です。

ゴルフ練習場に出かけて、両手を離したそのままのグリップ状態で実際にボールを打ってみましょう。

両腕が正しく使えていないと、この状態ではボールをクリーンヒットすることは難しいでしょう。

スポンサード リンク



それならば、両腕を正しく動かすために何が必要になるかといえば、それはゴルフスイングの壁です。

バックスイングの段階で右サイドの「がまん」がないと、身体は流れてしまい、結果としてスムーズな右手の引きつけと左手の押し伸ばしができません。

ダウンスイングからインパクトにかけても同様なことが言えます。

左サイドがこらえられないと、左腕の引きつけはできませんし、右腕は正しい方向に押し伸ばしができません。

以前に説明したハーフスイングでのハンガーストレッチで覚えた緊張感を思い出してスイングに反映させましょう。

右利きの人にとっては器用な右手に頼ってバックスイングすると、クラブがインサイドに上がりやすくなります。

この状態に陥ってしまいますとダウンスイング以降の正しいスイング軌道も期待できず、正しい身体の動きも難しくなるでしょう。

ハーフスイングで背中側に極端なインサイドの軌道を描いてクラブを振り上げると、せっかくアドレスで作った体の前傾がなくなって、結果的に棒立ち状態になってしまいます。

クラブフェースをゴルフボールに合わせようとして右肩が下がるケースでも、右足に重心がかかりすぎた「すくい打ち」や「ダフリ」の原因となってしまうのです。

こちらの記事もどうぞ!

  • ゴルフクラブいろいろフェアウェーウッドの打ち方2 ゴルフスイングにおいては、ターゲットラインに対してフェースの向きをスクエアにすることと、スタンスをターゲットラインに対してスクエアにセット […]
  • ゴルフスイングのドライバーのミスゴルフスイングのドライバーのミス ドライバーのミスショットの中から、テンプラ、トップ、チョロについて説明しておきます。ゴルフスイングの悩みの種とも言えるミスショットを極力減 […]
  • フェアウェーウッドの使い方フェアウェーウッドの使い方 ゴルフスイングの中でもフェアウェーウッドで飛ばす場合時は、トップ・オブ・スイングまで力を入れずにゆっくりとした動作でクラブを上げて体に捻じ […]
  • アイアンショットから「シャンク」を無くすアイアンショットから「シャンク」を無くす アイアンショットでシャンクのミスをすると、仲間たちから、「今はヘッドアップしていたよ」と指摘されるケースがあるかもしれません。一度や二度で […]
  • 冬場のゴルフスイングは滞空時間を短くする冬場のゴルフスイングは滞空時間を短くする 大きなキャリーボールを打つゴルフスイングを目指すことだけが、飛距離アップに結びつくと考えるのは早計です。ファーストバウンドまでのキャリーが […]
  • フェース面の確認フェース面の確認 ドライバーのゴルフスイングで最も大切なもの、それはクラブのフェース面のコントロールです。最新のドライバーで飛距離を稼ぐには、ここが大きなポ […]
  • 低弾道を狙うゴルフスイング低弾道を狙うゴルフスイング ゴルフスイングにおいて、ヘッドアップしてしまうことはミスショットにつながる可能性が高くなってしまうことはご存知だと思います。とは言っても、 […]
  • ドロー、フェードのゴルフスイング2ドロー、フェードのゴルフスイング2 ドロー、フェードのゴルフスイングでは左へのヒッカケ、右へのプッシュアウトというミスショットのリスクも高いスイングになります。それでは精度の […]
  • ティーアップしたボールのゴルフスイングティーアップしたボールのゴルフスイング ドライバーショットではゴルフスイングの中で唯一ティーアップしたボールを打つことになります。ショットの中でもこれだけは、スイングの最下点を通 […]
  • ダウンスイングは自然落下ダウンスイングは自然落下 ほとんどのゴルファーは、ゴルフスイングというものはトップ・オブ・スイングの高さまでドライバーを振り上げたら、いきなり腕でクラブを加速させる […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ