ゴルフスイングと風対策について

ドライバーでのゴルフスイングする場合、でティーの高さを調整することで弾道の高低をコントロールすることは理論的には適当な方法ではないことを以前に説明しました。

今回は、ではどうやって弾道の高低を打ち分けて風対策とするのかの具体的な手順を説明します。

【低い弾道を狙う場合のゴルフスイング】

インパクト
クラブヘッドをできるだけ水平に走らせながらボールをとらえるイメージを持つことが一番のポイントと言えます。意識としては、クラブヘッドを低く長く走らせる感じです。インパクトの直前に右肩を下げるのは良くありません。体の左足側を軸にするイメージでクラブヘッドを抜り抜くことを強く意識します。
フォロースルー
ヘッドが跳ね上がるようではいけません。両肩をレベルに保ちながら、水平に回転運動をする意識を持ちながら、クラブヘッドを左肩よりも高い位置までは振り上げることがないように注意しましょう。
フィニッシュ
左肘を左肩よりも低いポジションにおさめたフィニッシュをとります。

低い弾道を狙う場合の注意点としては、低いボールを打とうと意識があまりにも強すぎることで、頭がアドレスの時の位置よりも左にずれるのは良くありませんので気をつけましょう。

【高い弾道を狙う場合のゴルフスイング】

インパクト
ティーアップしたボールよりも、ボール1個分手前の位置でクラブヘッドがゴルフスイングの最下点を通過するようなスイングを目指します。そしてアッパーブローの形で上昇軌道に乗った時点でインパクトを迎えることができれば、高い打ち出し角の弾道のゴルフスイングが可能になります。
フォロースルー
クラブヘッドが高いポジションに達するようなイメージを持ちます。頭の中では、ハンマー投げをするイメージでクラブと体が互いに引っ張り合う感覚で臨みましょう。
フィニッシュ
左肘の高さは左肩よりもさらに高いポジションまで上げることを意識します。

スポンサード リンク


冷たい風が吹く中でのゴルフプレーは、手がかじかむこともあってスコアをまとめることは難しいものです。

体は防寒対策のために着膨れ状態で、気温が低下するにつれて思い通りのゴルフスイングから遠ざかってしまいます。

冬場のゴルフコースは、芝が枯れてボールのライがよくないのは言うまでもなく、風がゴルフスイングに大きな影響を及ぼしてしまいます。

ティーショット以外ではボールのライを自分で選択することはできませんが、ゴルフクラブだけは選択の自由があります。風の読み方と、その対処法を付け加えておきます。

テレビのゴルフトーナメントの中継で、選手が芝草を肩の高さくらいからパラパラと落としているのを見たことがあるでしょう。

風向きと強さをこの方法で読んでいるわけです。風向きに関してはわかりやすいでしょうが、強さに関してはどのように判断しているのか知りたいところです。

あくまで、おおよその目安ですが、芝が風で真横に飛ばされて、地面と平行になっている場合は、クラブを2番手以上替えることが多いようです。

つまり普段だと7番アイアンで打つ状況ではフォローの風向きなら9番アイアン、アゲンストの風向きなら5番アイアンにするわけです。

芝が斜め45度程度に飛んでいく風ならば1番手変更するのがおおよその目安と言われています。

アゲンストとフォローの風向きの場合、どこをターゲットにするかが違ってきて、それに伴ってクラブ選択も違ってきます。

アゲンストではピンまでの距離、フォローではグリーンエッジまでの距離を目標にしてクラブ選択するわけです。

これならアゲンストの風が予想よりも強かったとしてもグリーン手前には乗るでしょうし、弱かったならピン奥までにボールが止まる計算です。

フォローでは、予想以上に風が強かったとしてもグリーンエッジの先にボールが乗り、グリーン上でボールが止まることが期待できますし、弱かったとしてもグリーン手前には乗せられる計算になります。

このように許容範囲を自分なりに定めてからゴルフスイングをすると、風の日のグリーンオン率が今よりも高められるでしょう。

フォロー、アゲンストの風が吹く中でのゴルフプレーでは、クレバーなクラブ選択がスコアメイクをする上で必要になるのです。

風対策のゴルフスイング

スポンサード リンク



ウッドの応用編として、風対策のゴルフスイングについて説明しておきます。

人気の高いゴルフのプレースタイルは、スピン量の少ないストレート系のボールを打つためのものが中心です。

しかし、状況次第によってボールの軌道の高低の調整、左右に曲げることも必要になる場合もあります。

ゴルフというスポーツは自然との闘いであるともいえます。まずは風対策として、ボールの高さを変えるためにはどんなゴルフスイングをすべきかというお話です。

ティーの高さに頼らないその方法を紹介してみます。風対策のゴルフスイングも日々進化しています。

今回は、プロなら誰もが巧みに使い分ける弾道の調節方法ですので、少しレベルが高い話かもしれません。

ゴルフは屋外のスポーツですから、必ず快晴、無風のコンディションでプレーできる訳がありません。

梅雨の季節は、雨対策も気になることでしょう。それ以上に、アゲンスト、フォローといった風にどう対処するかが先決問題です。

ゴルフプレーヤーの多くも、同じドライバーショットなのに、風の向きによって、飛距離にして数十ヤードも違ったという経験をしたことがあるはずです。

風が吹く環境の中での理想を言えばは、アゲンストで風の下を通す低い球筋、フォローでは風に乗せる高い球筋を狙うことは言うまでもありません。

実際に、これを実現させるために、ドライバーならばティーの高さを調整で済ましていることはありませんか。

果たしてそれだけで、良い結果に結びついたでしょうか。多くの場合の答えは「ノー」でしょう。

もしも、低い弾道を打とうとして、ティーをいつもより低くしたとします。しかし、これではクラブヘッドを上から振り下ろした形でインパクトの瞬間を迎えることになります。

結果的に、普段以上にボールにバックスピンが加わることになり、ボールは吹き上がってしまいます。

当然、アゲンストではボールが押し戻され、飛距離が伸びることはないでしょう。では、弾道の高低を打ち分けるゴルフスイングの基本を別な機会に紹介します。

ゴルフプレーでは、どうしても打てない場所にボールが落ちてしまった場合の救済策が用意されています。ボールを手で拾い上げて、別の場所に落とす「ドロップ」がそれです。

動かせないハザード(障害物)があって打てなくなってしまった場合や、修理地(芝を養生している場所)や水たまりにボールが入ってしまった場合は、ペナルティは無しでボールを動かしてプレーを続行できます。

スポンサード リンク



また、それ以外でも打てない状況に陥ってしまった場合には、アンプレヤブル(続行不可能)の宣言をして、1打罰を加えてから、ボールを動かしてプレーすることができます。

ドロップの方法は次のとおりです。風に負けて、思いもしない場所にボールが落ちてしまったらこれで切り抜けるしかありません。

●ボールが動かせない障害物の中や上にあったり、その近くにあるためゴルフスイングが不可能な場合は、無罰で救済して良い
●ニヤレストポイントと呼んでいるホールに近づかない、ボールに一番近い場所を決めてマーキングする
●マークの場所から次に使うゴルフクラブ1本ぶんの長さ(1クラブレングス)を測る、アンプレヤブルの場合はクラブ2本ぶんの長さ(2クラブレングス)を測る
●ニヤレストポイントよりホールに近づかず、1クラブレングス以内の場所にドロップする

ニヤレストポイントの場所は次の通りです。
1.スルーザグリーン(ハザードやグリーン以外)
2.バンカー内(バンカー内、またはバンカー内のボールとホールを結んだ後方線上(1打罰を加える)
3.グリーン上(ハザード以外。グリーン外でも可)

こちらの記事もどうぞ!

  • 高い弾道を狙うゴルフスイングの注意点高い弾道を狙うゴルフスイングの注意点 高い弾道を狙うゴルフスイングの注意点としては、アッパーブローやハンマー投げのイメージばかりを極端に考えてしまう結果、右肩が下がり過ぎること […]
  • フェース面の確認フェース面の確認 ドライバーのゴルフスイングで最も大切なもの、それはクラブのフェース面のコントロールです。最新のドライバーで飛距離を稼ぐには、ここが大きなポ […]
  • ゴルフスイングはクローズドスタンスからゴルフスイングはクローズドスタンスから ゴルフスイングの上達は、ゴルフというスポーツの魅力を知るためには欠かせないことです。ゴルフの楽しみ方は人それぞれでしょうが、基本は「ボール […]
  • フォロースルーで飛距離を伸ばすフォロースルーで飛距離を伸ばす ボールをいかに遠くまで飛ばすかで、ゴルフクラブ選びやゴルフスイングの改造に躍起になっているアマチュアゴルファーは多いものです。けれども、実 […]
  • ゴルフスイングではストレートボールへのこだわりを捨てるゴルフスイングではストレートボールへのこだわりを捨てる ゴルフスイングでは、絶対に右か左かに曲がるショットを打つことができれば正解です。ストレートボールへのこだわりを捨て去るのです。それがコース […]
  • 低弾道を狙うゴルフスイング低弾道を狙うゴルフスイング ゴルフスイングにおいて、ヘッドアップしてしまうことはミスショットにつながる可能性が高くなってしまうことはご存知だと思います。とは言っても、 […]
  • ティーアップしたボールのゴルフスイングティーアップしたボールのゴルフスイング ドライバーショットではゴルフスイングの中で唯一ティーアップしたボールを打つことになります。ショットの中でもこれだけは、スイングの最下点を通 […]
  • ゴルフスイングを途中で止めないゴルフスイングを途中で止めない 基本になるゴルフスイングは、クローズドスタンスに構えてからテークバックして、トップ・オブ・スイングに達したらスイングをストップさせずに、一 […]
  • 飛距離を伸ばしたいなら右腰を切れ飛距離を伸ばしたいなら右腰を切れ ゴルフスイングで飛距離を伸ばしたいならトップ・オブ・スイングはコンパクトにすることを心がけましょう。バックスイングの時点で左の肩がアゴに触 […]
  • 冬場のゴルフスイングと両肩ポジション冬場のゴルフスイングと両肩ポジション 冬場のゴルフスイングで一番気を付けるべきポジションは両肩です。芝が枯れて、地面が硬い状況の冬場のゴルフにおいては、高弾道のキャリーボールを […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ