ゴルフスイングではストレートボールへのこだわりを捨てる

ゴルフスイングでは、絶対に右か左かに曲がるショットを打つことができれば正解です。

ストレートボールへのこだわりを捨て去るのです。

それがコースラウンドで抜群の効果を発揮し、スコアアップに直結すると言いきってもよいかもしれません。

まずはストレートボールを打たなければいけないというこだわりの気持ちを捨て去って、頭を白紙の状態に戻しましょう。

ゴルフ歴が長いのに、ハンディがなかなかアップしないゴルファーも少なくないと思います。そんな人のためにとっておきの練習法を紹介しましょう。

アマチュアゴルファーの常としてストレートボールを打とうという意識を強く持ちすぎている傾向があります。

この意識を取り除くことがゴルフスイングの上達への近道と言えるでしょう。

一般的なレッスン書ならグリップやアドレス、スイングの基本などの説明が多くみられますが、球筋への意識から少し述べておきたいと思います。
001

まずは自分がベストスコアを出した時のことを思い出してみて下さい。絶好調のゴルフで90台や80台のスコアが簡単に出た経験はないでしょうか。

しかし、その一方でリズムを崩して100の大台もある。そんなゴルファーにとってはどちらも実力と言えるのですが、どうしてそんなにスコアに開きが出るのかを考えてみましょう。

その回答のひとつとしては、「ストレートボールを打とう」という意識が強すぎることが考えられます。

スポンサード リンク

ベストスコアをマークし時は、ボールが曲がらなかったはずです。反対に大叩きでスコアを崩した時はショットが曲がってばかりいた経験はないでしょうか。

スコアが大きく違ってくるのは、ボールをストレートに打とうと考えているためであり、ショットが曲がりだした途端にその修正がきかなくなるせいだと考えられます。

ゴルフスイングを上達してスコアをまとめたいと願うなら、最初からショットは曲げて打つ意識が大切です。

ゴルファーにスライスとフックしか打たせないトレーナーも実はいるほどです。もちろんストレートボールの打ち方なんぞは教えてもくれません。

一流のツアープロでも、必ずしもストレートボールを打てるという人などいないのが実際のところなのです。

ストレートの球筋は到底打てない夢の世界か

ましてや、体力や練習量で劣っているアマチュアゴルファーの場合には、ストレートの球筋は到底打てない夢の世界なのだと考えましょう。

当然、ツアープロの場合はスライス、フックでもサイドスピン量が少ない結果、ストレートフェードやストレートドローといった曲がりの少ない球筋ではありますが真っ直ぐではないのです。

逆に曲りの球筋を生かすコース攻略を考えるのが正しい道なのです。

練習場では何よりも球数をこなすことを第一優先に考えているようなゴルファーををよく見かけます。

しかし、もし「打ったボールの数だけうまくなる」などと信じているのなら、それは大きな誤解だと言えるでしょう。

連続しゴルフスイングを続けていると、徐々にボールを「打つ」ことに神経が集中してしまいがちです。

スポンサード リンク



ゴルフで重要なことは、常にコンスタントに同じゴルフスイングをすることです。

ボールは「たまたまそこにある」だけと考えて、まずゴルフスイングのフォームのことを考えましょう。

自分のゴルフスイングができていないにもかかわらず、ボールに当てることに集中してしまう弊害として必ず「力み」が生まれてきます。

最初に「飛距離を出そう」というメンタル面での力みが生じ、それは必ず身体のリキミにつながってくるものです。

目安としては、5球打ったら、必ず1回打席を外して冷静な状態を作り、アドレスの入り方から再びやり直してみるようにした方が賢明です。

またプロやシングルプレーヤーのゴルフスイングの一部を取り出して部分的に真似することはおすすめできません。

それが自分の身体にマッチした方法とは限らないためです。リラックスした楽なゴルフスイングを常に頭の中に置いておくように心がけましょう。

また、リラックスしようと意識すればするほど、からだのどこかにリキミが生じてしまうことも少なくないと思います。

さらに「ボールを意識しない」と考えるほど、逆に意識はボールにいってしまうこともよくある話です。

こんな気持ちを抱いた状態でいくら練習を積んだところで絶対に上達しないことでしょう。

それどころか、これまでせっかくマスターしてきた自分のゴルフスイングさえも崩してしまう原因になるかもしれません。

こんな状況では「リラックス、リラックス」と念じてからだのリキミを何とか抑えこもうとしている人も少なくないでしょう。

それでもどうしてもうまくいかずに、もっと精神的な焦りが感じられるという経験がある人もいるでしょうが、これは、ごく当前の話なのです。

すべてにリキミの原因になっているのはメンタルの部分です。まずは心理的なリキミをほぐしておく必要があります。それができれば、自然と身体的なリキミもなくなることでしょう。

ドローとフェードのゴルフスイング

今回はドローとフェードのゴルフスイングをどんな場合に必要になるかについて説明しておきます。

スポンサード リンク



自分の得意な持ち球ひとつを生かすプレーが望ましいのですが、コースのレイアウト設計やシチュエーションに応じて、左右に打ち分けるテクニックがあった方が有利です。

その方が楽なゲーム展開に持ち込むことができることでしょう。

危険を伴うフックボールやスライスボールではなく、小さく曲がって距離も稼げるアンダーコントロールのゴルフスイングであるドロー、フェードの打ち方と使い方をマスターしましょう。

タイミングがしっかりとれたリズムで打つストレートボールこそ理想的なゴルフスイングですが、必ずしもそれだけでは必ずしも有利にゲームを進められないこともあります。

そんな時に、どうしてもドローやフェードボールがあった方が助かるということになるでしょう。

ドッグレッグで、ストレートボールだと突き抜けるケースや、さもなければ、セカンドショット以降で前方に木や枝が邪魔して、ストレートに打てない場合もあるでしょう。

そうした状況に追い込まれたとした場合、リストを返したり、押し出したりしてボールを意図的に曲げようとする意識が働いてしまう瞬間もあることでしょう。しかし、冷静に考えてみましょう。

クラブヘッドの速度は時速200キロ以上に達します。そこから計算すると、ボールとクラブとの接触時間はわずか1万分の4秒程度しかありません。

その瞬間に合せてリストをコントロールして精度の高い曲がるボールを打つことはプロでも難しいことです。

このゴルフスイングでは左へのヒッカケ、右へのプッシュアウトというリスクも高いスイングになります。

それではシステマティックに精度の高いドローやフェードボールをどう打つかというはなしになります。

パワーフェードという打ち方

最近では、パワーフェードという打ち方に対する興味も高まりを見せているように感じます。

パワーフェードの場合は、まっすぐにバックスイングして真っすぐにボールにヒットする打ち方になりますからサイドスピンのかかりにくいという特徴があります。

スポンサード リンク



インパクトでのフェースターンも必要ありません。

フェースをスクエアに保つことでフェースローテーションの効果をやわらげるという特徴を持ちます。

スライスやフックに悩まされているゴルファーにとっては遠い先の目標のように感じる向きもあるでしょうが、一概に難しいゴルフスイングとも言えませんので挑戦してみる価値は十分にあると思います。

こちらの記事もどうぞ!

  • ドロー、フェードのゴルフスイング2ドロー、フェードのゴルフスイング2 ドロー、フェードのゴルフスイングでは左へのヒッカケ、右へのプッシュアウトというミスショットのリスクも高いスイングになります。それでは精度の […]
  • 練習場では1球ずつボールを曲げる練習場では1球ずつボールを曲げる ストレートボールを打つ練習ばかりでは、ゴルフスイングの上達には限度があります。 ストレートボールよりも曲がるショットのほうが使い勝手 […]
  • スライサーの練習ドリルスライサーの練習ドリル スライスに悩むゴルファーは両肩をレベルに回転させる練習ドリルをゴルフスイングのトレーニングの中に取り入れてみてはどうでしょうか。ターゲット […]
  • ティーアップしたボールのゴルフスイングティーアップしたボールのゴルフスイング ドライバーショットではゴルフスイングの中で唯一ティーアップしたボールを打つことになります。ショットの中でもこれだけは、スイングの最下点を通 […]
  • ドライバーショットのアドレスでのボールの位置ドライバーショットのアドレスでのボールの位置 ドライバーショットのアドレスにおける「ボールの位置」について最新のゴルフスイング理論を踏まえて説明します。ドライバーショットでは、ボールは […]
  • スライスとアドレスの入り方スライスとアドレスの入り方 ラウンドの最中にボールに触れることが許されているのは、基本的にティーアップするタイミングとグリーン上に乗った場合に限定されます。このルール […]
  • フェース面の確認フェース面の確認 ドライバーのゴルフスイングで最も大切なもの、それはクラブのフェース面のコントロールです。最新のドライバーで飛距離を稼ぐには、ここが大きなポ […]
  • 低弾道を狙うゴルフスイング低弾道を狙うゴルフスイング ゴルフスイングにおいて、ヘッドアップしてしまうことはミスショットにつながる可能性が高くなってしまうことはご存知だと思います。とは言っても、 […]
  • 冬場のゴルフスイングと両肩ポジション冬場のゴルフスイングと両肩ポジション 冬場のゴルフスイングで一番気を付けるべきポジションは両肩です。芝が枯れて、地面が硬い状況の冬場のゴルフにおいては、高弾道のキャリーボールを […]
  • ゴルフスイングはクローズドスタンスからゴルフスイングはクローズドスタンスから ゴルフスイングの上達は、ゴルフというスポーツの魅力を知るためには欠かせないことです。ゴルフの楽しみ方は人それぞれでしょうが、基本は「ボール […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ