「飛距離」タグの記事一覧

初心者から中級者まで一番たやすくゴルフスイング上達する方法
 ――> 7日間シングルプログラム

右膝を絞り込んで飛距離アップ

ドライバーショット
冬場のゴルフスイングで飛距離アップに有効な手段は滞空時間の短く、風の影響を受けにくい低いドライバーショットを狙うことです。具体的な実現策は、インパクトのタイミングでクラブフェースがオープンにならないように注意することです。

ドライバーの飛距離アップ

ゴルフは楽しい
ゴルフスイングの中でもドライバーショットとなると、ほとんどの人が遠くまで飛ばしたいという強い意識が働くのは自然なことです。しかし、大振りしてしまうとゴルフスイングは乱れ、ボールをジャストミートすることは不可能になります。

飛距離を伸ばしたいなら右腰を切れ

ゴルフスイングで飛距離を伸ばしたいならトップ・オブ・スイングはコンパクトにすることを心がけましょう。バックスイングの時点で左の肩がアゴに触れる程度で十分な大きさです。バックスイングをいくら大きくしても飛距離は伸びません。

トップからの切り返しで飛距離アップ

ゴルフスイングで飛距離を伸ばす方法の一つとして、トップでの切り返しについて説明しておきます。ドライバー・ショットを曲げないことは飛距離アップにもつながることだと説明し、ゴルフスイングのポイントをレッスンしてきました。

飛距離と頭の位置

007
飛距離を伸ばしたければインパクト以降もアゴに右肩が触れるまで頭を止めておきましょう。ゴルフスイングの基本理論として、飛距離を伸ばすにはヘッドスピードを上げる必要があることは、ゴルファーなら誰もが理解している根本原理です。しかし、一般のゴルファーはこれが実践できない事の方が多いのです。

ストロンググリップで飛距離を稼ぐ

ゴルフクラブの進化に伴ってゴルフスイングの基本のセオリーも変しました。ゴルフスイングの基本となるグリップ方法もそのひとつです。最新のゴルフスイング理論では飛ばすグリップは「ストロンググリップ」とされています。

ドライバーで飛ばすコツ

007
ゴルフスイングがある程度固まってくるとドライバーを手にしたティーショットでは、誰もが飛距離を出したいという気持ちがわいてくるのも当たり前の心理かもしれません。しかし、ゴルフコースでは飛ばそうとした意識を持たない方が好結果に結びつきます。
サブコンテンツ

このページの先頭へ