「スライス」タグの記事一覧

初心者から中級者まで一番たやすくゴルフスイング上達する方法
 ――> 7日間シングルプログラム

スライスとアドレスの入り方

ゴルフは楽しい
ラウンドの最中にボールに触れることが許されているのは、基本的にティーアップするタイミングとグリーン上に乗った場合に限定されます。このルールを十分に活かす方法を選択するだけでもゴルフスイングやパッティングが改善されて、スコアアップに結びつく可能性があります。

スライサーの練習ドリル

ドライバーショット
スライスに悩むゴルファーは両肩をレベルに回転させる練習ドリルをゴルフスイングのトレーニングの中に取り入れてみてはどうでしょうか。ターゲットラインに対して、打ち出し当初は左方向ヘボールが飛び出し、その後右に曲がり出してターゲットライン上に戻ってくる球筋はフェードボールです。

練習場では1球ずつボールを曲げる

007
ストレートボールを打つ練習ばかりでは、ゴルフスイングの上達には限度があります。 ストレートボールよりも曲がるショットのほうが使い勝手が良いのです。フェアウエーの幅が40ヤードのセンターを狙ってストレートボールを打つ仮定し・・・

ティーアップしたボールのゴルフスイング

002
ドライバーショットではゴルフスイングの中で唯一ティーアップしたボールを打つことになります。ショットの中でもこれだけは、スイングの最下点を通過した後の、ヘッドが上昇軌道に移ったタイミングでインパクトを迎えるものになります。

ゴルフスイングではストレートボールへのこだわりを捨てる

001
ゴルフスイングでは、絶対に右か左かに曲がるショットを打つことができれば正解です。ストレートボールへのこだわりを捨て去るのです。それがコースラウンドで抜群の効果を発揮し、スコアアップに直結すると言いきってもよいかもしれません。

ドライバーショットのアドレスでのボールの位置

007
ドライバーショットのアドレスにおける「ボールの位置」について最新のゴルフスイング理論を踏まえて説明します。ドライバーショットでは、ボールは左かかと延長線上にセットすると思い込んでいる方も多いのではないでしょうか。
サブコンテンツ

このページの先頭へ