「ゴルフスイング」タグの記事一覧

初心者から中級者まで一番たやすくゴルフスイング上達する方法
 ――> 7日間シングルプログラム

冬場のゴルフスイングと両肩ポジション

001
冬場のゴルフスイングで一番気を付けるべきポジションは両肩です。芝が枯れて、地面が硬い状況の冬場のゴルフにおいては、高弾道のキャリーボールを打つよりも、低弾道でファーストバウンドをフェアウエーに落とすゴルフスイングが有利です。

ゴルフスイングを途中で止めない

002
基本になるゴルフスイングは、クローズドスタンスに構えてからテークバックして、トップ・オブ・スイングに達したらスイングをストップさせずに、一気にフィニッシュまで振り抜くものにします。

ゴルフスイングの均一化

001
ゴルフスイングが均一化してきたとよく言われるようになりました。その理由は、道具であるゴルフクラブの進化が大きな影響を与えていると言われています。以前のゴルファーは、パーシモンヘッドのドライバーでゴルフスイングを学びました。

ショートパットを入れるゴルフスイング

2メートル以内のショートパットを外すか外さないかで、スコアもラウンドに対するメンタル面も大きく違ってきます。「入れごろ外しごろ」とこの距離に対してよく言われますが、このゴルフスイングで一番重要なのは方向性を安定させることです。

低弾道を狙うゴルフスイング

007
ゴルフスイングにおいて、ヘッドアップしてしまうことはミスショットにつながる可能性が高くなってしまうことはご存知だと思います。とは言っても、ゴルフスイングの最中はずっと頭を動かさないと意識が働き過ぎるのも良くありません。

ハンドファーストのゴルフスイングの手順

アイアンショット・インパクトはハンドファーストと申し上げました。今回は、アイアンショットでハンドファーストのゴルフスイングを行う場合の手順について説明していきます。基本となるポイントは、「腕と体の同調」にあります。

アイアンはU字型のゴルフスイングで

006
アイアンショットはU字型のゴルフスイングにするべきです。V字型だとバックスピンが必要以上にかかりすぎる傾向があるので避けた方が正解でしょう。アイアンでのゴルフスイングではボール前方のターフを取る感覚でダウンブローにヘッドを打ち込むものだとよく言われます。

クロスハンドグリップでのゴルフスイング

ゴルフは楽しい
アイアンショットでのリストの動きを抑えるためのゴルフスイングの基本的な練習法として、スプリットハンドグリップを以前に紹介しました。今回は別なグリップ方式での練習法を紹介しておきます。それは、「クロスハンドグリップ」です。

飛距離を伸ばしたいなら右腰を切れ

ゴルフスイングで飛距離を伸ばしたいならトップ・オブ・スイングはコンパクトにすることを心がけましょう。バックスイングの時点で左の肩がアゴに触れる程度で十分な大きさです。バックスイングをいくら大きくしても飛距離は伸びません。

ティーアップしたボールのゴルフスイング

002
ドライバーショットではゴルフスイングの中で唯一ティーアップしたボールを打つことになります。ショットの中でもこれだけは、スイングの最下点を通過した後の、ヘッドが上昇軌道に移ったタイミングでインパクトを迎えるものになります。
サブコンテンツ

このページの先頭へ