ロングパットのイメージも持ちかた

ロングパットをカップそばにうまく寄せるようなテクニックが身に付ければ、グリーン上では精神的に優位に立てます。

グリーンに乗った状態でも、カップまで遠く離れていて2回のパッティングでもうまくカップに沈める自信がないと感じているアマチュアゴルファーは多いでしょう。

ロングパットを正確に寄せ切れず、3パット、4パットとどんどんスコアを崩した経験をお持ちのゴルファーもいらっしゃるでしょう。

ロングパットのゴルフスイングの場合、しっかり転がそうという意識が強く働き過ぎて、ボールをじっと眺めてしまいしがちです。

さらに、バックストロークするタイミングでクラブヘッドの動きにつられてしまい体や頭も右方向に動いてしまう場合もありますが、こうしたことがパットゴルフスイングの大きなミスを生み出す原因になります。

ロングパットでは方向性も大切ですが、それよりも距離感を優先させる方が好結果につながります。

まずロングパットではカップに向かってボールを打ち出す場合に、左右にずれても構わないと割り切って、その代わりにカップまでの残り距離の1割以内にボールを運ぶ意識を持ちましょう。

この考え方を徹底すれば3パットになる確率はグンと下がります。具体的にはカップまで25メートルなら半径2.5メートルの大きさのカップをイメージするのです。

10メートルの距離なら半径1.5メートル以内にボールを打つことだけを意識するわけです。これだけできればメンタル面でも大きなゆとりの気持ちが持てて、体がガチガチに緊張することが減るでしょう。

ゴルフスイングはパターヘッドをテークバックでどこまで引くのかを考えずに、フィニッシュをどこまで振り出すかを明確に意識しましょう。

この場合のフィニッシュのポジションは、アドレスに入る前にボール後方からカップ位置を眺めながら行う素振りでおおよそ決められます。

スポンサード リンク


素振りではボールがない状態なので、本能に従ってカップまでの距離にちょうど合うほうな振り幅でストロークできるものです。

本番のストロークでは、目線がパットライン上を沿っ動いても良いのです。

むしろ、積極的に目線を動かる方法の方がスムーズにストロークできるでしょう。この時、大きな時計の振り子を想像しながらストロークするの方法も効果があります。

大きな柱時計の振り子になるほど、ゆっくりと左右に動くことを思い出しましょう。

あわてたストロークではインパクトに強弱が生まれやすくなって、距離感の狂いの原因にもなります。

大きくゆっくりストロークする気持で、素振りの時点で決めフィニッシュのポジションまでクラブヘッドをしっかりと振り切りましょう。

ファーストパットの距離感を的確に合わせることができれば、3パットを防ぐ大きなアドバンテージになります。

10m以上のロングパットの場合

ロングパットは基本的にパタークラブで2本分長さの枠内に納まればOKと考えましょう。
ゴルフは楽しい

ロングパットがなかなか寄らないという一番の原因は、狙いすぎになります。10m以上は上級者でも入れるのは困難なパットです。

それを1パットで沈めようとする考えが頭にあると、必要以上にプレッシャーがかかり、ストロークにも乱れが生じてきます。

パッティングのいくら上手い人も、長い距離は2パットで決めるつもりで距離を合わせていくのが普通です。10m以上はカッブから1.5m以内に寄ればOKと割り切るのです。

スポンサード リンク



狙いは1パットではなく2パットで入れることです。繰り返しますが、ロングパットを狙いすぎると、体の動きが硬くなります。

その結果、ストロークも不安定になり、距離感も合わせづらくなることに注意しましょう。

アドレスに入る前に、ボールの後方で振り幅を確認しておくのが良いでしょう。

パッティングする前に、振り幅をしっかり確認しておくことが重要なことです。

パッティングのルーティンの中で、ボール後方からターゲットをまずは確認する必要があります。

その際に、ラインをイメージしながら振り幅をチェックしておいて、そのイメージが消えないうちにセットしてストロークしてしまう感覚でいれば、イメージに近い距離が自然に打てるようになるでしょう。

パッティングと次のホール

パッティングは、ホールの仕上げとなるゴルフスイングです。それと同時に、次のホールの始まりの意味も持っています。

そのため、このグリーン上での結果次第で、次のホールに多大な影響を与えることになります。

しかし、パッティングと次のホールとの重要な関係は、実戦経験の少ないゴルフ初心者にはなかなか理解しにくい面もあります。

ゴルフの言葉で「300ydのスーパーショットも30cmのショートパットも、1打は1打」というものがあります。

これは、たとえ30センチの短い距離であったとしても、決して軽々しく見てはいけないという意味の戒めの言葉です。

ところが、このグリーン上での1パットが、本当に重要なものだということが心の底から理解でいるのは、ある程度のキャリアを積むことが必要になりゴルフ初心者には難しいものなのです。

ゴルフ初心者は、グリーンに到達するまでに大抵は回り道をさせられてやっと辿りつきます。これはある意味当然のないことです。

グリーンに乗るまでに全ての精力を使い果たしてしまうというのも、ある意味では理解できることです。

しかし、こうした状態でパッティングに臨むと、グリーン上で2打や3打も費やしても、ほとんどスコアには関係がないような錯覚を持ってしまいます。

その一方で、キャリアを積んだプレーヤーは、グリーンまでの道のりを無駄がほとんどないプレーで進めてきていると言うことができます。

スポンサード リンク



ここに大きなポイントがあります。たとえば前のホールで、わずか30cmのショートパットを外したとします。

プレーヤーは、次のホールまで移動する間や、ティグラウンドに立ってからも、前のホールのことにいつまでもこだわってしまいます。

そして、ティショットを打っても、良い結果が生まれるはずはありません。これとは逆に、7メートルのロングパットが一発でカップインしたとしましょう。

次のティーショットは目のさめるような見事な1打となっていく可能性が高くなります。

シングル級の優れたプレーヤーは、このあたりの気持ちの切り換えももちろん優れています。

こんなことで簡単にショットが大崩れするということはほとんど無いでしょう。しかし、大多数のゴルフ初心者にとっては、表面は平静を装っても、内心ではかなり動揺しているものなのです。

振り子のパットは20ヤードが限界

パターのフェースの向きを変えないでストロークするのが、パットの基本です。しかし、この振り子の原理を適用できるには距離の限界が存在します。

普通は10メートル以上になるとロングパットと考えますが、振り子式のストロークでどのくらいのロングパットまでカバーできるかということを述べておきます。

ロングパットの距離にすると、15~20ヤードが限界でしょう。速いグリーンの場合に20ヤードまでと考えておけばいいでしょう。

では、この距離を越える場合にはどうするかということです。基本になるのは、胸を目標にむけるようなストロークをするわけです。

グリーンの外からパターでアプローチをするときと、同じスタイルを考えましょう。フィニッシュで胸を目標に向けるようにすれば、20ヤード以上のロングパットも難しいと意識しなくなります。

10ヤードのストロークと同じく胸をラインに向けておくと、スピードをとても速くするか、手首を使って強くヒットする必要を感じるでしょう。

すると、芯でヒットできる確率が悪くなるので、胸が目標を向くストロークを意識したほうが、距離感が合ってくるでしょう。

距離感第一のロングパット

距離感第一のロングパットを確実に打つには、つぎの方法が効果的です。まず最初に、スタート前の練習グリーンで、当日のコースのグリーンのスピードを覚えましょう。

スポンサード リンク



練習グリーンでは人が密集しているカップ周辺は避けて、極力フラットな部分(多少のアップダウンは仕方がありませんが、横に傾斜している場所は避けましょう)に、自分の歩幅で5歩・10歩・15歩の距離に目印を作ります。

5歩の距離から何往復か繰り返し打ってその距離感を体得しましょう。それが出来たら、10・15歩の距離に伸ばして同様に反復トレーニングを積みます。

ボール3個を用意して、3~4往復ずつすれば、おおよその距離感は体で覚えてしまいます。時間に余裕がない場合は基本の10歩だけでも試してみましょう。

15歩の距離が体感できれば、20歩をイメージすることは意外に簡単にできるのが不思議です。また往復で順目と逆目の強さの違いがあっても、あっけにとられるほどやさしく把握できるものです。

15歩の距離でフラットな場所を見付けるのはなかなか難しいでしょうが、多少の傾斜であれば往復するうちに上り・下りはこの程度と感じることができるようになるはずです。直感的な感覚は侮れません。

以上の説明で重要なポイントは、何mといった距離の感じではなく、あくまでも歩数が基準であることです。

練習する時に、一歩が1ヤードで歩けるようにすれば、もっと便利になるでしょう。

この後、カップ目がけて1~2m程度のショートパットを、上・下・左・右から打ってみて、グリーンのスピードと、カップ周辺でどの位切れるかをテストすれば準備段階としては万全でしょう。

本番に入ったら、グリーンにボールがオンしたらまずグリーンに上がる前に傾斜を読みましょう。グリーンに上がってからでは傾斜を感じにくいものです。

特に上りのストレートラインの位置を確認することがポイントです。

ボールをマークしてキャディさんに拭いて貰っている短い時間を使って、マークからカップまでの距離を足早に歩測してしまいましょう。この時に、カップ周辺の情報も目に入るでしょう。

またこの往復動作で、高低差や芝目の状況があるかなどの要因が良くわかります。

高麗芝のケースでは芝の色の明暗やカップ切り口の芝の方向などで芝目を判断できますし、ベントのケースでは芝目は無視して高低差で判断します。

これらの要因を考慮して、何歩という具合にストレートで打つべき距離を割り出します。

それから、カップ目がけてフェースを合わせ、ただ打つだけのことです。距離だけに意識を集中してショットできますから、思った以上に距離が合うはずです。

以上の方法でも方向性に不安を覚える方は、そのライン上に目印(スパット)を見付けるとよいでしょう。

スポンサード リンク



近年、グリーンはラインの上に左右からマウンドが張り出し設計で、S字やより複雑なスネークラインを読まないといけないように考えられます。

その分距離の調整も必要なのでは思い込みがちですが、曲線を追う思考ではなく、個々のマウンドの影響力の強さを相殺してみると、意外に単純なストレートに近くなり、ボールも怯えるほどカップから離れてはいかないものです。

こちらの記事もどうぞ!

  • パットの距離感をつかむパットの距離感をつかむ パットの距離感をつかむことは、ある意味でラインを読むよりも大切な技術かもしれません。そのためには、イメージづくりすることも大きなポイントに […]
  • バンカーショットの距離感バンカーショットの距離感 バンカーショットの距離感をテーマにして説明していきます。バンカーショットは、砂のエクスプロージョンを利用するゴルフスイングだけに、他のショ […]
  • インパクトのポイントインパクトのポイント パッティングのインパクトのポイントは、ストローク最下点からボール1個分左サイドと考えれば良いでしょう。ゴルフスイングの中でもパッティングは […]
  • パットはクロスハンドで「方向性」を出すパットはクロスハンドで「方向性」を出す ゴルフスイングの中でもカップから1メートル以内のショートパットの状況を容易に打破する方法があります。プロゴルファーも多数採用している「クロ […]
  • パターの距離感とヘッドスピードパターの距離感とヘッドスピード パターの場合は、他のゴルフスイングと少々様子が違って距離感をうまく掴むためには感性を優先させることが必要です。紙くずを少し離れた場所からゴ […]
  • ショートパットを入れるゴルフスイングショートパットを入れるゴルフスイング 2メートル以内のショートパットを外すか外さないかで、スコアもラウンドに対するメンタル面も大きく違ってきます。「入れごろ外しごろ」とこの距離 […]
  • 正しいアドレスでパットする正しいアドレスでパットする ゴルフスイングの基本の中でもパットに関しては、ドライバーショットやアイアンショットに比べて軽視する風潮もありますが、理想的なスコアメークの […]
  • パット上達のゴルフスイングのドリルパット上達のゴルフスイングのドリル パットの成功率を向上させるための必要最低条件とは、設定したパットラインにボールを正確に打ち出すことにつきますです。打ち出しの最初からライン […]
  • パット上達のポイントパット上達のポイント パットを上達させるゴルフスイングの基本となるポイントは、正しいストロークをすることはもちろんですが、距離感をどれだけ的確につかむことができ […]
  • パットラインは「傾斜と芝目」がカギパットラインは「傾斜と芝目」がカギ これまでパットのストロークに関して何点か説明しましたが、今回はパティングには欠かせないグリーンのラインをを読む手順を説明します。他のゴルフ […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ