パット上達のポイント

パットを上達させるゴルフスイングの基本となるポイントは、正しいストロークをすることはもちろんですが、距離感をどれだけ的確につかむことができるかにかかっています。

せっかくショットが気持ちよくできても、ロングパットの1打目で大きくショートしたり、オーバーしたりすれば3パットの可能性は濃厚になり、スコアアップはとうてい望めません。

そこで、どうすれば距離感を的確につかめるのかが問題になってくるのです。パットの距離感は、イメージとリズムを掴むことにかかってきます。

ストロークはうまくできたとしても、距離感がつかめないというケースがよくあります。

極端な例としては、8メートルのパットを4メートルもショートしたり、オーバーしたりするといった具合です。

せっかくのパーオンも3パットでボギーにしてしまうという苦い経験をお持ちの方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

007原因になっているのはゴルフスイングの「リズム」にあります。

リズムに狂が生じると、距離感のコントロールは難しくなります。

例えばテークバックで「このままでは大き過ぎる」と判断して、インパクト直前にストロークのスピードを緩める動作はリズムを狂わせる原因になるでしょう。

結果的に、フォロースルーが小さくなったゴルフスイングになり大きくショートしまうなどといった最悪のケースを招いてしまうのです。

このようにインパクトで強弱を付けようとしても、距離感はつかめません。

スポンサード リンク


パッティングの正しいゴルフスイングとしては、左右均等の振り幅でコントロールすることにあります。

もっと言えば、パットの距離に関係なく、ストロークのリズムは常に一定に保つということが要求されるのです。

2メートルと9メートルのパットでは、その振り幅は4倍~5倍も違いますが、ストロークにかける時間を変えるのは良くありません。

1、2,3のリズムでアドレス→バックスイング→インパクトとフォローと行ってリズムのよいストロークをするのです。

パットの距離感をつかむプレルーティンの手順に関しては、別な機会に説明したいと思います。

3パットを減らすパット上達のポイント

3パットを減らすゴルフスイングができればスコアアップに直結することは誰にも異存がないことでしょう。

これはアマチュアゴルファーに限った話ではなく、ツアープロであっても1打で大きく順位が違ってくるため3パットには敏感になります。

そこで、3パットしやすい状況としてどんな場面が多いのでしょうか。真っ先に思いつくのは2段グリーンで苦労している姿です。

ピンのない段からカップが切られている段に向かって打つパッティングの場合、ラインの読み方も距離感の出し方も難しいものになります。

逆にいえば、段の違うグリーンから打つ正しいパッティングさえマスターできたなら、それほど恐れる必要はなくなります。

段違いグリーンでのパットでは、最初にピンの立っている段を優先的にラインを読みます。

そこから、次に今あるボールの場所から、ピンのある段の読み切ったラインに乗せるためのラインをもう一度読み直す作業をします。

スポンサード リンク



2段グリーンでは、2回のライン読みをすることが欠かせません。

単純にボールのある段から、カップまでのラインを読んでそれでおしまいにしては3パットが待っています。

距離感は、最初にピンが立っている段でどれくらいの速さでボールが転がればカップインするかをイメージします。

その転がりスピードになるように、ボールがある段から距離感をイメージするのです。

下り上りどちらのラインでも、ピンのある段でのラインとタッチを優先して読むことが2段グリーンでのパット攻略法に役立ちます。

ここでポイントになる点は、段と段とをつなぐ斜面のラインをどう読むかです。傾斜があるためにボールからピンまでストレートというケースは想像しにくのです。

左右どちらかに必ずと言って良いほどホールは曲がります。その曲がり具合を読むコツは、ボール位置に近い部分のノリ面がパットラインの左右どちらに位置するかをチェックすることです。

パットラインよりも右サイドにノリ面が近いなら状況ならフックとなり、逆に左サイドの方にノリ面が近い状況ならスライスラインと読んで間違いないでしょう。

最後に距離感の出し方ですが、ボールの転がり速度は、ストロークのスピードと相関関係にあうことを理解しておいてください。

バックストロークでスピード調整するテクニックを使うわけです。これで2段グリーンでももう3パットが出る確率は低く抑えられるでしょう。

ストレート狙いの罠

自分ではストレートに打っているつもりなのに左右に外れるということが多い人はパッティングの再チェックをしてみましょう。

大切なことは、最初にクラブフェースをターゲットの方向にきちんと合わせてからアドレスに入ることです。

ストロークそのものには特に問題があるようには思えないのに方向性が不安定だという人は、ターゲットに向かってきちんと打っているかどうかを確認しましょう。

重要な点は、クラブフェースがきちんとターゲットの方向を向いているかどうかです。

これが間違っていれば、当然のことですがいかうら正しいストロークができていても、ボールはカップのほうにうまく転がりません。

クラブのフェースを正しくターゲットに向けるためには、第一にボールの真後ろからターゲットをしっかりと確認して、転がしたいラインをイメージします。

スポンサード リンク



そのラインに対してパターのフェース面が正確に垂直になるようにセットすることです。そのパターに合わせて構えて、最後にパターを握りましょう。

ポイントになるのはボールの真後ろからの確認作業です。ここでラインをはっきりイメージしておくことが重要です。

ショートパットのフェースの向き

ショートパットを頻繁に外すというゴルファーは、フェースの向きに問題があるといっても過言ではないでしょう。

つまり、クラブフェースがきちんとターゲットの方向さえ向いていれば、ショートパットのようなストローク幅が小さい動きなら確実に入るということです。

クラブのフェースの向きについては、周囲の人にチェックしてもらうのもひとつの方法です。

自分では正確にセットしていると思っていても、実際には傾いていることが見つかることもあります。

この場合は、パッテイングの練習の際に本当の真っすぐの感覚をしっかりマスターしておくようにしましょう。

クラブを内側に引いて内側に出している

ボールが思った方向にうまく転がらないという場合、ショットと同じようにテークバックでクラブを内側に引き、フォローで内側に出しているのかもしれません。

このようなストロークになっていると、フェースが開閉するため、パターのような繊細な動きでは、方向性が不安定になりやすいでしょう。

パターヘッドをストレートに引いてストレートに出せばその方向にボールは出るはずです。このストロークの動きは、パットの基本中の基本といえることです。

ロングパットの場合は、多少内側に引かねばならないでしょうし、クラブフェースもわずかですが開いて閉じるという動きをします。

スポンサード リンク



しかし、5m前後の距離であればストレートに引いてストレートに出すストロークで狙って構いません。

プロの場合でも、これを徹底的に練習して、パッティングの精度を上げる努力をしているはずです。

確実にストレートに引いてストレートに出せるように練習をしておくようにしましょう。

インパクト前にヘッドアップ

パッティングの際、打ち終わるまでボールを見ているのでしょうか。周囲の人から「ヘッドアップしているよ」と注意された人は気を付けなくてはいけません。

顔を上げるのが早すぎると、正確にボールをヒットできなくなります。打ち終わった後で、すぐにボールの行方を目で追わないように気を付けましょう。

「最後までボールを見て打ちましょう」と言う言葉は、ほとんどの人が、既に理解しているつもりになっているかもしれません。

しかし、本当に最後までボールを見ている人は実際にはそれほど多くありません。

とくに動き自体が小さいパッティングの場合は、結果が気になるプレーなのでボールの行方を追いたくなる気持ちになりやすいのです。

「カップインは目ではな耳で確認しろ」と言う言葉が昔から言われ続けていますが、パッティングでは打ち終わった後も、ボールがあったところをじっと見つめるくらいの意識で丁度良いくらいです。

こちらの記事もどうぞ!

  • パット上達のゴルフスイングのドリルパット上達のゴルフスイングのドリル パットの成功率を向上させるための必要最低条件とは、設定したパットラインにボールを正確に打ち出すことにつきますです。打ち出しの最初からライン […]
  • パットでボールを目で追わないパットでボールを目で追わない パットでボールを目で追わないようにしていますか?クラブヘッドが左足前を通過するまで目線は不動に保ちます。パッティングはアドレスの時に作った […]
  • インパクトのポイントインパクトのポイント パッティングのインパクトのポイントは、ストローク最下点からボール1個分左サイドと考えれば良いでしょう。ゴルフスイングの中でもパッティングは […]
  • パットラインは「傾斜と芝目」がカギパットラインは「傾斜と芝目」がカギ これまでパットのストロークに関して何点か説明しましたが、今回はパティングには欠かせないグリーンのラインをを読む手順を説明します。他のゴルフ […]
  • パッティングの秘伝パッティングの秘伝 パッティングはスコアメイクの肝であるといっても過言ではありません。パッティングの基本について説明していきますが根本的なところは他のゴルフス […]
  • パットはクロスハンドで「方向性」を出すパットはクロスハンドで「方向性」を出す ゴルフスイングの中でもカップから1メートル以内のショートパットの状況を容易に打破する方法があります。プロゴルファーも多数採用している「クロ […]
  • 正しいアドレスでパットする正しいアドレスでパットする ゴルフスイングの基本の中でもパットに関しては、ドライバーショットやアイアンショットに比べて軽視する風潮もありますが、理想的なスコアメークの […]
  • ゴルフスイングはクローズドスタンスからゴルフスイングはクローズドスタンスから ゴルフスイングの上達は、ゴルフというスポーツの魅力を知るためには欠かせないことです。ゴルフの楽しみ方は人それぞれでしょうが、基本は「ボール […]
  • ショートパットを入れるゴルフスイングショートパットを入れるゴルフスイング 2メートル以内のショートパットを外すか外さないかで、スコアもラウンドに対するメンタル面も大きく違ってきます。「入れごろ外しごろ」とこの距離 […]
  • パットの距離感をつかむパットの距離感をつかむ パットの距離感をつかむことは、ある意味でラインを読むよりも大切な技術かもしれません。そのためには、イメージづくりすることも大きなポイントに […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ