パットラインは「傾斜と芝目」がカギ

これまでパットのストロークに関して何点か説明しましたが、今回はパティングには欠かせないグリーンのラインをを読む手順を説明します。

他のゴルフスイングではほとんど関係しないパット独特のテクニックだと言えるでしょう。

パットラインを基本的に分類するとフック、スライス、上り、下りの4種類に分かれます。

その状況を正確に察知して、悪くても2パット以内でおさめるにはどうしたらいいかを知っておくことはスコアをまとめる上で大きなポイントになります。

たとえパーフェクトなストロークができたとしても、グリーンのラインが正確に読めていなければ、パットは決まるはずもありません。

ラインを正確に読みとるためには傾斜の程度、芝目という2つの要素を見極める必要があります。

次のような手順で、最初に傾斜の状況から見極めます。

  1. ボールの後方からラインを眺めて右か左か、どちらの方向に傾斜しているかを見極めます。
  2. 次に、カップの後方に回り込んでボールの側を見ます。これによって傾斜の具合がよりつかめます。
  3. 最後に、ボールとカップを結ぶラインを横から眺めてみます。この時のポイントとしては、傾斜の低い側から眺めた方が、上っている度合いがよく把握しやすいでます。

以上の手順のほかにカップ周辺の状況も正確に把握する必要があります。

カップの縁にうまくボールが当たってカップインすることもありますが、カップを切った時点では、縁は切り立った状態になっています。

しかし、プレーヤーがラウンドする数が増えるのに伴って、縁が少しずつ削られて丸くなってきます。

スポンサード リンク


つまり、丸くなる部分というのは同じカップの縁の中でもグリーン面の高い方向である推測できます。

こうしてにカップ周辺の状況を確認することでも、グリーン面の高低を判断する大きな材料になるのです。

パッテイングのラインの読み取りは、ゴルファーに要求される大切な技術のひとつに間違いありません。

パッティングライン

ここから、もう一度ラインの読み方を復習しておきましょう。基本的なことですが非常に大切な部分であり、レッスン書でもあまり紹介していないようなので参考にしてみてください。

まずは、パッティングラインという言葉から説明しましょう。パッティングラインとはパッティングしたボールがカップに入るまでの通り道だと理解しておけばとりあえずは良いでしょう。

パッティングラインは実に複雑です。グリーンがフラットならラインも真っすぐになると一応考えても良いでしょうが、グリーンには傾斜があります。

そのため、ボールとカップの位置関係次第で右に曲がったり左に曲がったり、あるいは転がりが速かったり遅かったりするわけです。

そのため、パッティングをする前はこのラインを読みとって、それに合わせて打つ必要があるわけです。パッティングラインは3方向から確認するのが良いでしょう。

パッティングラインを読む場合、まずはボールとカップを結ぶラインを横方向からチェックします。

この際に、上り下りの程度がどのくらいかとボールとカップとの距離を確認します。

これで、まずはどれくらいの強さで打つかをイメージしましょう。

それから、ボールの後る側から右に傾斜しているのか左に傾斜しているのかを見極めて、実際に打つ時のパッティングラインを想定します。

少し待ってもらえるだけの時間的な余裕がある場合は、カップの後方からも傾斜を確認するほうが良いでしょう。

スライスやフックの打ち分け方

スポンサード リンク



スライスラインやフックラインではまず最初に曲がりのカーブがどれくらいになるのかをイメージする必要があります。

スライスやフックなどの曲がるラインの場合は、まず曲がりのカーブがどれくらいなのかをイメージすることが必要になります。

スライスラインの場合は右曲がりの曲線をイメージし、フックラインの場合は左曲がりの曲線をイメージするわけです。

次にカーブのふくらみ具合を想像しますが、左右の傾斜の強さを考慮して、そのふくらみの幅を判断し、架空のラインをイメージします。

架空のラインから目標点を決めて、そこに向かって打つ

架空のラインが想定出来たら、そのラインから実際に狙う“目標地点”を設定することになります。

その設定方法は、スライスラインなら目標を左に設定するわけです。実際に打つ際には、その目標だけを狙って打つことになります。

よくキャディさんが、「ボール2つ分左」といった言い方をよくしますが、あれは目標地点を教えてくれているので参考にしましょう。

スライスの場合、ボールとカップを結ぶラインより左が高くなっていたらスライスラインです。

カップの左側に目標地点を設定しそこに向かって真っすぐ打つことになります。

フックの場合、スライスラインとは逆に右側が高くなっているので、カップの右側に目標地点を設定し目標に向かって真っすぐ打ちます。

ボールからカップまでが上り坂になっている場合は、カップよりも先に目標を設定することになります。その目標地点までボールが転がるように強めに打つ必要があります。

ボールからカップに向かって下り坂の場合は、カップの手前に目標を設定しましょう。目標地点にどうにか届く程度に弱めに打つ必要があります。

ゴルフスイングそのものと同じように大切な内容です。
006
カップを中心に見つめなおしてみると、上りラインの逆サイドは下りライン、フックラインの逆サイドにはスライスラインがあることになります。

つまり、カップをオーバーするように強めのストロークで打った場合は、フックラインの返しのパッ卜はスライスラインとなり、上りラインの返しは下りとなるわけです。

だとしたら、パッティングではこれを考慮したうえで、ファーストパットでカップインできなかった場合、セカンドパットも想定することが大切なことになります。

スポンサード リンク



すると、セカンドパットでは、ストレートラインやよりイージーな上りラインを残した方が、3パットしてしまう危険性も低くすることができるのです。

芝目を読むという行為はパットの得意なゴルファーにとってはゴルフの面白さのひとつに挙げられるでしょう。

順目ならば芝の抵抗が小さくなるのでボールの転がりは良くなり、逆目では芝から強い抵抗を受けるのでボールの転がりが悪くなるわけです。

一般論としてはグリーンは高い方から低い方に向かって順目、水のある方向、南に向かって順目というのが大前提として存在します。パットを読む上で欠かせない情報のひとつとも言えるでしょう。

グリーン全体の芝目を読みたいと思ったら、カラーの芝の具合を見ると非常に参考になります。グリーン面より芝の刈り方が長いので、芝目の方向を確認することが容易なエリアだからです。

パットをすかっと決めて、そのホールを楽しい気分で終了するためにも、正しいストロークとラインの読み方の双方が大切です。

当日のスタート前には必ず練習グリーンで芝の状況を確認することをゆめゆめお忘れにならないようしてください。

下りのショートパット

ゴルフスイングの調子が良い日でも、グリーンオンしてからパットを外しまくってしまうとスコアはまとまらず心理的にもストレスがたまります。

それとは逆に、ゴルフスイングの調子が少しくらい悪くても、パットが気持ちよく決まる日は、スコアがまとまるので、次のホールでのティーショットでもリズムにのってよく打てます。

ゴルフはパットの良否がスコアメイクやゴルフスイングに大きな影響を与えると言えるでしょう。

中でもショートパットのミスはショックが大きくなります。特に下りのショートパットで、ボールがゆっくりと転がりながらカップの脇を通り過ぎてしまうとがっかりするシーンではないでしょうか。

スポンサード リンク



ある人の言葉にパッティングはビリヤードに似ているというものがあります。

球の真芯をキューで突くのと同じ要領で、ボールの真芯をパターヘッドの真芯で打つのが大切なこと。

それによって想定したパットラインにボールをストレートに打ち出せるわけです。

下りのパットでは、意図的に芯を外してボールの転がり過ぎを防ぐテクニックがあります。

しかし、たとえ下りのパットでも芯で打つのが基本ではないでしょうか。

ポジティブシンキングで、カップ奥の縁にボールをぶつけて入れる気持ちでストロークしてみましょう。

カップを外す、外れることなど意識しないで、たとえ曲がるラインでも、曲がる前にカップインさせる意識でラインを設定して、集中してストロークすることは大切です。ボールの転がりを意図的に抑えるために、ヒール側やトウ側でボールを打っていたのでは、勢いを殺すことに成功してもラインにボールを乗せるところまではうまくいきません。

パッティングはビリヤードと同じだという考えに従えば、たとえ下りのラインでもボールの芯をヘッドの芯で打つのが大切です。

そのためには、クラブフェースをスクエアに維持したままインパクトしなければうまくいきません。

スクエアでインパクトすることで、ボールは想定したラインに乗って転がります。
010
カップインできなかったら怖いという心配は皆が持ちます。

ここは、次は返しの上りのパットを必ず入れると割り切った思考が必要です。

下りのパットをショートして、もう一度下りのパットを打つよりも、上りのパットになった方がカップ奥の縁に当てて入れるイメージでしっかり打てます。これで、カップインする確率はずっと高くなるはずです。

斜面の強いパット

斜面の強いパットは直線→カーブ→下降の三種類の要素の合成で打つことに関してが、極端に曲がるパットは諦めが肝心と思わずに、トライしてみることをお勧めします。

丘陵コースのパー3や、短いパー4などで、極端な受けグリーンや左右への片流れ、場合によっては奥に向かって急傾斜などといった具合の設計のホールに遭遇することもあるでしょう。

スポンサード リンク



こうしたホールで、上下のラインに対して直角(つまり真横)の位置にでもボールが止まってしまったものなら、もうどう打つべきかと唖然としてしまう場合もあるでしょう。

もう諦めの気持ちでカップ目がけてストレートに打ってみても、途中からどんどん離れていくばかりで、上りのラインとはいえ確率の悪いロングパットが次に待っています。

合理的に2パットでおさめる方法としては一般的には、つぎの二通りでしょう。

1.曲がりの幅を予想して、カップの左右目がけて直線的なおかつ強めにショットする。

2.ラインの曲がりの頂点を予想して、そのポイントを目標にショットする。

こうした打ち方には、それぞれ長所と欠点が存在します。ケース1では、目標の方向がはっきりしているのはメリットと言えるでしょうが、その反面として打ち出す強さと下り幅を同時にイメージすることが難しいものです。

大抵はオーバー目に打ってしまい、結局再度曲がりの嫌なラインが残って、3パット以上の大叩きをくらうはめになりやすいものです。

「ネバーアップ・ネバーイン」という言葉に惑わされて、俗にいう「プロサイド」(カップより上め)にボールを打つのがゴルフの常識と思い込み、オーバー気味に打つ人が多いのです。

しかし、非常に確率の低いこのケースでは無謀なことで、決して上策とはいえないでしょう。

本番に入ったら2.の遠距離スパット打法は、ラインのイメージは出やすい点がメリットです。しかし、どうしてもスパットの存在に意識が集中するので、距離感にまで注意が回らないことになりがちです。

特にターニングポイントのスパットまでの距離でショットしてしまい、その先をショートするケースが多いでしょう。

改善策として提案できるのは、第一に、曲がるポイントをしっかり予測を立てます。ラインは一律の円孤ではありません。

打ち始めのボールにスピードがある間は直線に近いラインを走り、速度が落ちた後半から急速にカーブし始めて、最後は傾斜に沿って下るだけの、ストレート→カーブ→下りストレートをたどります。

直線→曲線→下降線のラインです。これを逆に辿ってみるのです。目的は最終的にボールが止まる地点を、できるだけカップの位置に近くにすることです。

そのため、カップを起点に逆に下りの直線距離を上り、そこからカーブをイメージしてターニングポイントを決定してみてはどうでしょうか。

この場合の難点は、一般的にまず考慮に入れない下りのストレートラインの長さですが、これは当日のスタート前に、下り傾斜の長さと速さの程度を練習グリーンで打っておいてそれを参考に検討します。

スポンサード リンク



ターニングポイントが定まったら、普通のロングパットと同じく、ボールからターニングポイントを経て下降開始点までを歩測してみます。

下りストレートラインの長さは、ほとんどが引力で転がる分だけですから、考慮する必要はないでしょう。

こう書くと非常に面倒な手続きに感じるでしょが、ただボール→ターニングポイント→真下に下り始める点まで歩くだけで済むのです。

これがわかれば「ターニングポイトに向かって直線的に構えて、いま歩測した距離を真っ直ぐ打つだけに専念する」のです。

直線距離の部分は、上りでかなりのブレーキがかかるでしょうが、その分は下りのカーブでダラダラと予想外に転がってくれるので心配ありません。

こちらの記事もどうぞ!

  • パットでボールを目で追わないパットでボールを目で追わない パットでボールを目で追わないようにしていますか?クラブヘッドが左足前を通過するまで目線は不動に保ちます。パッティングはアドレスの時に作った […]
  • インパクトのポイントインパクトのポイント パッティングのインパクトのポイントは、ストローク最下点からボール1個分左サイドと考えれば良いでしょう。ゴルフスイングの中でもパッティングは […]
  • パット上達のポイントパット上達のポイント パットを上達させるゴルフスイングの基本となるポイントは、正しいストロークをすることはもちろんですが、距離感をどれだけ的確につかむことができ […]
  • パットの距離感をつかむパットの距離感をつかむ パットの距離感をつかむことは、ある意味でラインを読むよりも大切な技術かもしれません。そのためには、イメージづくりすることも大きなポイントに […]
  • パッティングの秘伝パッティングの秘伝 パッティングはスコアメイクの肝であるといっても過言ではありません。パッティングの基本について説明していきますが根本的なところは他のゴルフス […]
  • クロスハンドに合うパタークロスハンドに合うパター ゴルフスイングの中でもカップから1メートル以内のショートパットの状況を容易に打破する方法があります。プロゴルファーも多数採用している「クロ […]
  • パット上達のゴルフスイングのドリルパット上達のゴルフスイングのドリル パットの成功率を向上させるための必要最低条件とは、設定したパットラインにボールを正確に打ち出すことにつきますです。打ち出しの最初からライン […]
  • 正しいアドレスでパットする正しいアドレスでパットする ゴルフスイングの基本の中でもパットに関しては、ドライバーショットやアイアンショットに比べて軽視する風潮もありますが、理想的なスコアメークの […]
  • パターの距離感とヘッドスピードパターの距離感とヘッドスピード パターの場合は、他のゴルフスイングと少々様子が違って距離感をうまく掴むためには感性を優先させることが必要です。紙くずを少し離れた場所からゴ […]
  • ショートパットを入れるゴルフスイングショートパットを入れるゴルフスイング 2メートル以内のショートパットを外すか外さないかで、スコアもラウンドに対するメンタル面も大きく違ってきます。「入れごろ外しごろ」とこの距離 […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ