クロスハンドに合うパター


クロスハンドに合うパターの話題の前に、パターの進化はプレーヤーにとっての使いやすさの変遷でもある点に触れておきます。

ずっと以前のパターヘッドはアイアンの延長として位置づけられていて、単純に棒状の鉄の先を曲げてボールの当たる部分をフラットに改良しただけの存在でした。

そこからスタートして打ちやすさに関してクラブメーカーの開発も進み、大まかに分類すればアイアン型からL字型、T字と変遷したという歴史があります。

中でも歴史的な衝撃を世界に与えたのがT字の後に生まれてきたピンタイプです。

従来までは、フェースの中でも非常に限定されたピンポイントでボールが当たらないと、狙った方向にイメージどおりの強さで転がすことは難しいものでした。

最適な打点の呼び名も「スイートスポット」と呼ばれる「点」だったわけです。

このようなパターヘッドに、トゥ側とヒール側のそれぞれに重量を分散させるという新しい考え方が導入されて、スイートスポットは、「スイートエリア」と呼ばれるほど面積を持つのもになりました。

結果的に、少しくらい芯を外してヒットしても、思いもよらないほど手前でボールが止まることや、予想していないような方向に転がることがはっきりと減ってきたわけです。

パターの進化はその後も続いて、スイートエリアの面積を損なうことなく、ヘッドの大型化を狙ったマレットタイプのパターはストロークに安定感を与えてくれました。

クロスハンドグリップでも、より正確な方向性と距離感を実現できるようになったという経緯があるのです。

パットはクロスハンドで「方向性」を出す

ゴルフスイングの中でもカップから1メートル以内のショートパットの状況を容易に打破する方法があります。

スポンサード リンク


フォロースルーが出しやすく、ボールを引っかけにくいというメリットのあるクロスハンドグリップはオススメできる方法と言えるでしょう

ショ一トパットが苦手という人にオススメと言えるのがクロスハンドグリップです。通常のグリップ方式とは完全に逆で、構えた時、右手が上、左手が下になる握り方です。

クロスハンドグリップの最大のメリットは、左サイドを大きく動かせるのでフォロースルーをストレートに長く出せるということです。

ゴルフクラブいろいろとくにボールが引っかけ気味になりやすく左に外してしまうことが多いゴルファーは試してみる価値は十分にあるでしょう。

普通のショットと同じように握るとパッティングでは手首が折れて方向が不安定になるということがよく起きます。

ショットと同じように握ればどうしても手首が動きやすく、ストロークが安定しないわけです。パッティングでは、できるだけ手首を使わないようにすることが一番ですからこの方法が有効なのです。

プロゴルファーも多数採用している「クロスハンドグリップ」を中心に、確実に方向性を出すためのテクニックを紹介します。

グリップで左手と右手を反対に握った「クロスハンドグリップ」によるパッティング技術です。

クロスハンドグリップの最大の長所は、アドレス時の手首の角度やクラブフェースの向きをキープしたままストロークできる点です。簡単に手順とポイントを紹介しておきます。

  1. はじめに右手でグリップのエンド側を握ります。
  2. 右手の親指をグリップの真上部分にあてがいます。
  3. 右手だけでグリップしたままの状態でアドレスを取ります。左腕はリラックスさせた状態です。
  4. 右手グリップの前方を左手でグリップします。
  5. 右手の場合と同様に左手親指をグリップの真上部分にあてがうようにグリップすることが大切な点です。

はじめてグリップした瞬間は、特に右手首が固定される握り方のため、多少の違和感があるかもしれません。

スポンサード リンク



それは腕の感覚が鈍感になったせいだとも言えます。

それでも鈍感になったせいで得られるメリットも少なくありません。

次のような点です。

  • 右手首が固定されて動かないため、テークバックからダウンスイングにかけて、余計なフェースターンがなくなるので、ストレートに引いてストレートに振り出せる。
  • アドレス時には左右の肩の極端な開きになることを防げる。
  • アドレス時にパットラインに対してスクエアにしたクラブフェースの向きを維持したままインパクトできる。

クロスハンドグリップに慣れない間はインパクトが強くなりすぎて距離感が合わないこともあるかもしれません。
010
しかし、ショートパットで一番大切なのは方向性を重視することです。このグリップ方式をパットに取り入れてみる価値は十分にあります。

実際、プロゴルファーの中でもこのクロスハンドグリップを採用するプレーヤーは少なくありません。

女子世界のトッププレーヤーであるA・ソレンスタムも長い間、クロスハンドグリップを取り入れていました。

こうして1メートル以内のショートパットが確実に入れば、スコアは見違えるほどよくなります。とは言っても「この距離なら100%入れなくては」と思い込まないでください。

統計的な数字ではアメリカのツアープロでも、2メートルのショートパットで60%しか成功していません。その意味では2回に1回入れば十分だと考えましょう。

パットを外すのはもったいない

ゴルファーなら誰しもがゴルフスイングに対して「ボールを遠くまで飛ばしたい」とか「真っ直ぐに飛ばしたい」、そういった気持ちは少なからず持っているものかもしれません。

しかし、ラウンド後にスコアカードをよく眺めてみると、あと1打少なかったら90を切れたとか、100を切れたのにと愚痴ったことがある人もいることでしょう。

ゴルフスイングの精度を向上させることは、ある面から言えば必ずしも簡単なことではありません。

スポンサード リンク



その一方で、無駄な1打を減らす工夫をすることはそれよりも簡単なことです。

250ヤードのドライバーショットも、30センチのパットも同じ1打には違いはありません。

ですから、スコアアップを目指す手っ取り早い方法は「もったいないミス」を減らすことが大切です。

そして、迷いが出たら基本に立ち帰る意識をしっかり持っておくことが大切なのです。

いつの間にか基本を忘れてしまい、もったいないミスをしている人は大勢います。

まずはスコアアップに直結するパットの練習を集中的にこなしましょう。

パットのゴルフスイングの基本はパターヘッドを振り子のようにストロークすることです。そのためにはどっしりと安定した下半身を作っておくことが前提条件です。

スタンスは肩幅程度に広げてから、地面に対して真っすぐ立つことから始めましょう。そして丁寧に挨拶をするようにお辞儀をしてみて下さい。

腰の部分から折り曲げて上半身を前傾させていくのです。その姿勢ができたら、あとは両ヒザを軽く曲げれば出来上がりです。

010これが体のどこにも余分な力が入っていない「自然体」のアドレスの姿勢なのです。

自然体で構えることができたなら、肩から腕がぶら下がっている感じで脱力した状態に腕を保てるでしょう。

体重は極端にツマ先側やカカト側にかからず、ちょうど真ん中の土踏まずの上に乗っている状態になります。この状態がバランスのとれたパッティングのアドレス姿勢と言えるのです。

カカトに体重が乗った状態でアドレス姿勢を取っているアベレージゴルファーは意外に多いものです。

どうしてこれが悪いのかと言えば、構えた時のグリップの位置と体との間隔が狭くなりすぎるからです。

これでは懐が狭い構えであるために、パターヘッドをスムーズにストレートにストロークできなくなってしまうのです。

腰から上半身を前傾させた状態であれば、グリップ位置と体との間隔は広くなります。

そのため、パターだけでなく腕自体を振り子のようにしてストロークできるでしょう。

そのおかげでゴルフスイングの最中に、リストの角度をキープしたままで済むためパットの方向性と距離感が安定したものになるのです。

スポンサード リンク



パッティングで大きなウエートを占めるのは、テクニックよりもメンタルと考えた方が良いでしょう。

「これを入れなくてはいけない」とか「これが入れば逆転だ」と自分自身を追い込む発想になると、カップはどんどん小さく感じて簡単なパットをいきなり難しくしてしまうのです。

ゴルフというスポーツは元来何百メートルも離れた場所から、小さなカップを狙ってプレーすることわけですから無理のあることなのです。

いつでも気楽にパッティングするための発想法を紹介しておきましょう。

グリーンに乗った位置から2打でカップインすれば、パッティングに関してはパープレーと考えて良いでしょう。

1打目である程度近い位置に寄せるだけで、スコア上で約半分を占めるパッティングでパーがとれる可能性がぐっと高まります。

カップを正確に狙いすまして大きく外してしまうと、次も難しいパットを残してしまうことが多くなります。これは危険なかけです。

パッティングではカップを直接狙う意識を持つのではなく、カップの周辺に大きな円をイメージし、その中に入れば十分という軽い気持ちで臨んだ方が好結果につながります。

カップのまわりに円をイメージする場合、円の大きさの目安は、半径がカップまでの距離の1割くらいが適当でしょう。

距離が遠くなるほど円も大きくなるわけですから、気楽にパットできるはずです。小さなカップを直接狙う意識で臨むよりもプレッシャーがかからないので、いいタッチが出る可能性が高まります。

ゴルフは楽しいピンポイントで狙うと直線的に転がり、オーバーしてしまうことが多くなりがちです。

初心者だけではなく、アベレージ以上のゴルファーにも当てはまる思考方法ですから身につけておいて損はありません。

パッティングで特に覚えておきたいことは、ゴルフスイングは通常のショットと違いはないということです。

クラブが短く、他のクラブよりも比較的簡単に打てるので、ストレートに引いてそのまま押し出せば、ボールもストレートに転がると考えてしまいがちです。

しかし、短い距離はそれで問題ないとしても、距離が長くなるに従って、これは通用しなくなってきます。

つまり、ある程度の残り距離からゴルフスイングを変えなければいけないことになってしまうわけです。

はじめから正しいゴルフスイングを身につけておくことには意味があるわけです。

スポンサード リンク



こちらの記事もどうぞ!

  • ショートパットを入れるゴルフスイングショートパットを入れるゴルフスイング 2メートル以内のショートパットを外すか外さないかで、スコアもラウンドに対するメンタル面も大きく違ってきます。「入れごろ外しごろ」とこの距離 […]
  • クロスハンドグリップでのゴルフスイングクロスハンドグリップでのゴルフスイング アイアンショットでのリストの動きを抑えるためのゴルフスイングの基本的な練習法として、スプリットハンドグリップを以前に紹介しました。今回は別 […]
  • インパクトのポイントインパクトのポイント パッティングのインパクトのポイントは、ストローク最下点からボール1個分左サイドと考えれば良いでしょう。ゴルフスイングの中でもパッティングは […]
  • パットでボールを目で追わないパットでボールを目で追わない パットでボールを目で追わないようにしていますか?クラブヘッドが左足前を通過するまで目線は不動に保ちます。パッティングはアドレスの時に作った […]
  • パット上達のゴルフスイングのドリルパット上達のゴルフスイングのドリル パットの成功率を向上させるための必要最低条件とは、設定したパットラインにボールを正確に打ち出すことにつきますです。打ち出しの最初からライン […]
  • パットラインは「傾斜と芝目」がカギパットラインは「傾斜と芝目」がカギ これまでパットのストロークに関して何点か説明しましたが、今回はパティングには欠かせないグリーンのラインをを読む手順を説明します。他のゴルフ […]
  • 正しいアドレスでパットする正しいアドレスでパットする ゴルフスイングの基本の中でもパットに関しては、ドライバーショットやアイアンショットに比べて軽視する風潮もありますが、理想的なスコアメークの […]
  • パット上達のポイントパット上達のポイント パットを上達させるゴルフスイングの基本となるポイントは、正しいストロークをすることはもちろんですが、距離感をどれだけ的確につかむことができ […]
  • パットの距離感をつかむパットの距離感をつかむ パットの距離感をつかむことは、ある意味でラインを読むよりも大切な技術かもしれません。そのためには、イメージづくりすることも大きなポイントに […]
  • パターの距離感とヘッドスピードパターの距離感とヘッドスピード パターの場合は、他のゴルフスイングと少々様子が違って距離感をうまく掴むためには感性を優先させることが必要です。紙くずを少し離れた場所からゴ […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ