パットの距離感をつかむ

パットの距離感をつかむことは、ある意味でラインを読むよりも大切な技術かもしれません。

そのためには、イメージづくりすることも大きなポイントになります。

そこで、ゴルフスイングと同じようにプレルーティンを必ず行うことが重要になります。

パット上達のためには、次のプレルーティングの手順を体に覚えこませて意識しなくてもできるレベルまでになってください。

  1. ボールの後方から、ラインを読んでパットのイメージを作る。
  2. 自分の得意な形のグリップを完成させる。
  3. パットライン、方向を確認したら、ボールが転がるスピードをイメージを持ちながら、それにマッチする振り幅で素振りをしてみる。
  4. イメージが完成したら、ボールに向かってアドレスする。
  5. パットラインに対して、パターヘッドをスクエアになるようにセットする。もう一度、グリップを完成させ、スタンスを広げ、イメージが頭の中から消えないうちに時間を置かずにストロークに入る。

さらに、距離感をコントロールするのは、何よりその日のグリーンの速さを知ることが大切です。

そのためにラウンドする前に、必ず練習グリーンでパット練習を行いましょう。ショットを重視するタイプの方は、練習場からすぐにスタートのティーグラウンドに向かう人もいます。

しかし、本当に良いスコアで回りたいのなら、パットの練習は優先して行うべきです。特にスタートまでの時間があまりとれない場合には、ショットのための準備はストレッチと素振り程度に留めて、練習グリーンに向かいましょう。

そうする理由は、ショットは自分の調子次第が問題ですが、パッティングに関してはグリーンのコンディションという別のファクターが絡んでくるからです。

ゴルフ場でのスタート前、パッティンググリーンで練習することが大切だと書きましたが、お昼に定食セットを注文するようにボール3個を持って、2メートル前後の距離をカップインさせることだけ一生懸命に取り組むだけでは、まだ練習は足りません。

スポンサード リンク


いくつものボールを打つパッと練習は、たとえば2球目が外れて次の3球目を打つときに振り幅やパットラインを変えてしまいますが、本番ではパットの打ち直しは不可能です。

1球に集中してこそ、練習の効果がはっきりとするのです。パット数を減らすためにも、これからはボール1個だけでパット練習をしてみることも検討しましょう。

練習グリーンでは、まず上りのラインで10歩の距離を打ち、次は返しの下りの10歩の距離を練習するようにします。

10歩の距離をきっちりと狙ったつもりでも幾分はショートしたり、あるいはオーバーしたりするものです。

この結果が意味することは、自分が持っている距離感よりもグリーンが遅い、もしくは速いことです。その日のグリーンが、速いのか遅いのかをまず確認することができるのです。

振り幅によって距離を調整することも大切な練習ですが、パットは感覚を最優先させるのが最善の策ではないでしょうか。

振り幅にばかり注意を向けるよりも、自分の感覚で距離を打ち分けた方が、パットはやさしいように思えます。

上り、下りラインの10歩の距離の感覚がわかった時点で、次は半分の5歩の距離を練習に移ります。先ほどの半分だという感覚があるせいで、それほど距離感を誤ることはなくなるでしょう。

仕上げは2歩をカップインするか、せめてタップインできる形でカップの淵に止めるように練習しましょう。

パットは入れたい気持ちが強くなりがちかもしれませんが、距離感さえぴったりと合えば3パットは格段に減り、1パットの確率がその分高くなります。

そんな距離感を磨く練習法としては、1球のボールでパット練習を続けて、10歩、5歩、2歩の距離感をしっかりつくっておくことがゴルフスイングにおけるパットを成功させる上で大切なのです。

パッティングの調子次第で、100の壁を破ることができなかった初心者でも100切りスコアに必ずなるはずです。

スポンサード リンク



イメージとリズムで2パットのパーセーブを目指しましょう。

あとは自分が持っている感性をフルに活用して、素晴らしいラウンドの締めくくりを実現させてください。

練習グリーンで距離感がつかめて、ストロークも安定してから、自信を持ってラウンドに臨むほうが得策です。

ロングパットでも焦る必要はありません。

パットの距離感はボールのトスで養う

ゴルフの準備

パットのゴルフスイングの場合、方向性と距離感の両方を満たして初めてカップインすることができます。

パットの基本であるアドレスやストロークについて説明してきましたが、今回は距離感を養う練習方法について説明します。

そうは言っても、これを文章で伝えるのは容易ではありません。

ゴルフスイングのレッスン書には確かに、「ヘッドを振り子を振る要領で左右対称にストロークし、振り幅の大きさを変えることで距離を打ち分ける」と説明されます。

それも決して間違ってはいませんが、振り方や打ち方よりもゴルファー自身の感性、あるいは本能的な感覚を最優先させることの方がもっと大切だと思います。

感性とか本能という持って生まれた感覚で距離を測る歩幅も歩くスピードも当然違ってきます。パットの距離感もこれに近いものがあります。

パターヘッドの振り幅でおおよその距離感はわかるでしょうが、振るスピードが違って来れば距離も当然違ってきます。

では、一体どうやって距離感を出すのが良いのかという話ですが、それはゴミ箱に向かってゴミを放り投げる感覚に近いものがあります。

もしくはボールを誰かにトスして渡すのと近い感覚でストロークする方法のです。

カップに向かってボールを投げる場合には、手をどれだけの大きさで振るとか意識して実行する人は少ないでしょう。

見た目の感覚だけを頼りに手を振ることになります。その本能や感性だけで十分に目的は果たせるはずです。

練習グリーンに出たら実際にボールを放り投げてみて、そのまま転がしてカップインさせてみるとわかると思います。

スポンサード リンク



その後に、その投げた感覚をそのままパットのゴルフスイングに持ち込んでボールを打ってみましょう。

ボールを転がしてカップインした時と同じ腕の振り幅、腕のスピードでストロークしてみましょう。

ショートしたり、オーバーしたりすれば、その感覚はすぐに察知することができるでしょうし、次はちょっと大きく振ってみようとか、少しだけ小さくストロークしようとか考えるはずです。

練習グリーンでこれを繰り返すことで距離感の精度を高めていくのです。

これが距離の物差しの精度をこれまで以上に高めるベストの方法です。

グリーンは繊細ですから、その日のグリーンの速さが変わりますし、同じ距離でも振り幅の大きさは違ったものになります。
ゴルフクラブいろいろ
それを修正するためにも、ラウンド前のパットの練習にはできるだけ多くの時間を割くようにしましょう。

パターの距離感を鍛えるには、ボールをトスするだけではなく手で転がしてみてボールの見え方などの感覚をつかむことも必要です。

パッティングの場合、ターゲットとなるカップの位置が近いせいで、打ったボールのゆくえが気になってしまいがちだかであることがその理由です。

最初は正面を向いたまま自然に腕を振る要領で、どれくらいの振り幅でどこまでボールが転がるかをチェックしながら投げてみましよう。

これだけのことをするだけでも、距離感をつかむ効果的なトレーニングになります。パッティングでは感覚が非常に大切ですから、その部分に磨きをかけるわけです。

最初のうちは、ターゲットに向けてまっすぐボールを転がしているつもりでも、右側に転がってしまうことが多いでしょう。

パッティングは数センチズレただけでもカップインできません。この感覚のズレを調整することが、後になって非常に役に立ちます。

しっかり腰を落とした状態で、ボールが弾まないように転がす練習が良いでしょう。高い位置から落としてしまうと、転がる感覚がわかりにくくなってしまいます。

このトレーニングに慣れてきたら横向きの状態から、実際のパッティングでの見え方と同じにして練習してみましよう。

パターの種類と特徴

パッティングは最後の詰めという意味が大きく、1つのホールの仕上げとも言えるものです。

スポンサード リンク



プロのトーナメントを目にすると、グリーン上の上手下手がそのまま勝敗に大きな栄養を与えるというケースがほとんどです。

しかしながら、アマチュアゴルファーの場合はプロと比較すればショットが不安定で、グリーンに乗せていく確率が悪い分を考慮すれば、プロ以上にパッティングがスコアを左右する重要なカギとも言えるでしょう。

パッティングではパワーは要求されません。必要なのはボールを操るかのような繊細な感覚とも言うべきものです。

それは、手芸とか針に糸を通す際の繊細な動作に近いとも表現できるものであり、その意味では女性の方が有利である部分とも言えるでしょう。

パターの種類は実に多く細かく分類すれば100以上あるという人もいるほどです。

それぞれが、さまざまな形状をしており、それらが数多く販売さています。しかし大きく分類すれば、T字型、ワイドスポット型、L字型、カマボコ型の4つのタイプにまとめることも可能です。

これらには、もちろんそれぞれにメリット・デメリットがあります。

T字型はカップに対して正確にアドレスできる上に、打ちそこないが少ないことで、初心者から上級者まで幅広く愛用されているのが特徴です。

しかし、繊細なタッチをパターに要求するゴルファーには少し向いていないという意見の方が多いようです。

ワイドスポット型はトゥアンドヒール型とも呼ばれています。その名が示す通りスイートスポットが広い設計になっています。

そのため、やはりミスショットが出にくいタイプのパターとも言えるでしょう。しかし、どこに当たっても同じような感触にしかならないという面が、逆に繊細なタッチを好む人からは好まれていない傾向があります。

繊細なタッチを好むゴルファーにはL字型のタイプが向いているようです。ただしシャフトの付け根がヒール側に片寄っているので、わずかの打ちそこないで大きな狂いが生じてきます。

そうした意味では、プロや上級者向けだと考えた方が良いのかもしれません。

カマボコ型のタイプはロングパットに抜群の威力を発揮するとされていしますが、後部が丸みを帯びた形状であるため方向性の面では使いにくと考えられており、ショートパットになると得意ではなくなります。

以上のような特徴はあくまでも一般論に過ぎませんから、自分が自信を持って打てるパターならどのタイプを選んでも差し支えありません。

気分転換を兼ねて、年に何回かパターを交換して楽しんでいるゴルファーも少なくないようです。

スポンサード リンク



大切なことは、一度選んだ道具を自分の手足のように使いこなすレベルにまで技術を磨き上げるということです。

高価なパターを購入してもスイートスポットが表示部分からずれているものや、自分の身長やパッティングスタイルにマッチしないライ角のパターでは意味がありません。

それらは、ストロークにブレが生じる原因になるからです。フラットすぎたり、アップライトすぎたりしないものを選ぶ必要があるでしょう。

こちらの記事もどうぞ!

  • パットラインは「傾斜と芝目」がカギパットラインは「傾斜と芝目」がカギ これまでパットのストロークに関して何点か説明しましたが、今回はパティングには欠かせないグリーンのラインをを読む手順を説明します。他のゴルフ […]
  • ロングパットのイメージも持ちかたロングパットのイメージも持ちかた ロングパットをカップそばにうまく寄せるようなテクニックが身に付ければ、グリーン上では精神的に優位に立てます。グリーンに乗った状態でも、カッ […]
  • バンカーショットの距離感バンカーショットの距離感 バンカーショットの距離感をテーマにして説明していきます。バンカーショットは、砂のエクスプロージョンを利用するゴルフスイングだけに、他のショ […]
  • パターの距離感とヘッドスピードパターの距離感とヘッドスピード パターの場合は、他のゴルフスイングと少々様子が違って距離感をうまく掴むためには感性を優先させることが必要です。紙くずを少し離れた場所からゴ […]
  • クロスハンドに合うパタークロスハンドに合うパター ゴルフスイングの中でもカップから1メートル以内のショートパットの状況を容易に打破する方法があります。プロゴルファーも多数採用している「クロ […]
  • インパクトのポイントインパクトのポイント パッティングのインパクトのポイントは、ストローク最下点からボール1個分左サイドと考えれば良いでしょう。ゴルフスイングの中でもパッティングは […]
  • パットでボールを目で追わないパットでボールを目で追わない パットでボールを目で追わないようにしていますか?クラブヘッドが左足前を通過するまで目線は不動に保ちます。パッティングはアドレスの時に作った […]
  • パッティングの秘伝パッティングの秘伝 パッティングはスコアメイクの肝であるといっても過言ではありません。パッティングの基本について説明していきますが根本的なところは他のゴルフス […]
  • パット上達のゴルフスイングのドリルパット上達のゴルフスイングのドリル パットの成功率を向上させるための必要最低条件とは、設定したパットラインにボールを正確に打ち出すことにつきますです。打ち出しの最初からライン […]
  • ショートパットを入れるゴルフスイングショートパットを入れるゴルフスイング 2メートル以内のショートパットを外すか外さないかで、スコアもラウンドに対するメンタル面も大きく違ってきます。「入れごろ外しごろ」とこの距離 […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ