パットでボールを目で追わない

パットでボールを目で追わないようにしていますか?

クラブヘッドが左足前を通過するまで目線は不動に保ちます。

パッティングはアドレスの時に作ったリストの角度を維持したままストロークするのがゴルフスイングの基本です。

これが方向性を安定させるのに効果があるのです。

それから、以前にも書きましたがアドレスの際にストロークの最終地点を想定してからヘッドが振り戻されてくるイメージを持つことができたなら、バックストロークがスムーズにできるようにもなります。これもストロークプレーの基本となります。

パットも他のゴルフスイングと変わりなく、ボールを打った後のフォロースルーとフィニッシュの動作が非常に大切であることをわかったなら、パットがこれまでよりも上達するでしょう。

フォロースルーでは、インパクトの後にヘッドが左足前を通過するまで目線をボールがあった場所にくぎ付けにしておく習慣をつけましょう。

パターヘッドが視界の左端に達するまでずっとインパクトのポイントを見続けるようにするのです。これで頭の位置と向きをアドレス時のポジションに止めておく効果があります。

そのため、パターヘッドをスムーズに振り出せるはずです。

他のゴルフスイングでの「ビハインド・ザ・ヘッド」の構えと同じ効果が得られるばかりではなく、目線や両肩の方向もスクエアに維持できるため、パットの方向性が格段に高くなるのです。

視界の左端からヘッドが消えた時点、つまり左足前をヘッドが通過した時点で、カップの方向に向かって転がっていくボールを追うように顔を向けて、目線を送ることで大きなフォロースルーとなり、しっかりとしたフィニッシュの姿勢が取れるようになるでしょう。

スポンサード リンク


インパクトの時点で打ち出したボールがどう転がるのかを気にしていたのでは、左肩が早く開いてしまったり、目線がずれてパットラインと交差してしまうために、ストロークが乱れます。

アウトサイドインのカット軌道や、フェース向きをかぶせてしまう原因になって、パットの方向性が安定しなくなるのです。

スタンス幅の内側にボールがあるうちはクラブヘッドを真っすぐにストロークしてください。

左足の前をヘッドが通過するまで、頭と目線をアドレスの時のボールポジションに維持したなら、パットストロークは格段に安定してきます。

このストローク感覚を体得できれば、ショートパットのカップイン率も大幅にアップするでしょう。

パットの練習では、最初に手で転がしてみてまっすぐ転がる感触をからだでつかめるようになってから、パターを持って打ってみましょう。

パターを手にしても正面を向いて打つことからトレーニングを始めれば、ボールの転がり方に慣れやすいでしょう。

パッティングの場合にはボールの弾道が視界に入ってくるため、どうしてもつられてインパクトのときに目で追ってしまう傾向が強くなります。
010

パットでボールを目で追う動きで頭が動いて姿勢にブレが生じると、ミスショットが起きやすくなります。

パターを持っての練習に入っても、手で転がした場合との違いを意識することからスタートしましょう。

ポイントになるのは、まっすぐ転がせるだけの振り幅と、それによってどこまで転がるかです。

この2点を意識するだけで、パターのゴルフスイングはほぼ出来上がると言えるでしょう。

そこから先は振り幅を加減したりすることで、ボールの進み方の違いを確認して、からだにパターの感覚を覚えこませるだけです。

実際のゴルフコースではメンタル面やグリーンの傾斜が大きく影響してきます。パッティングは想像以上に奥が深いものなのです。

ミスパット防止対策

スポンサード リンク



パットをヒッカケで左に転がしてしまったり、スイートスポットを外して打ってしまうミスパットがよく見られます。

その原因になるのは無意識のうちにインパクト直前から頭がカップ方向に動く動きや、右肩が前方に突き出てしまうことが考えられます。

ミスパットを矯正するには、インパクト直前から顔をカップとは反対方向、つまりバックストロークした右方向へ向ける練習をしてみると効果的です。

これで、ミスヒットが激減したというゴルファーもいます。しかし、本番のグリーンでも同じように実践できるかという不安に感じる人もいるでしょう。

それには、ゴルフスイングと同様に、パッティングもボールの打ち出し方向を安定させ、そして狙った方向にボールを打ち出せたかをしっかりチェックするという対策が必要です。

一般的に言えば、パッティングではライン上に目印を定めて、そこに向かってボールを打ち出すように言われています。

しかし、ボール後方にパターヘッドをセットしてから、ボールのちょうど1個先のポイントをきちんとボールが通過するかどうかについて気を配ってみるのも効果的なのです。

こうした対策で、頭や体、ストロークのブレがなくなるのかと不思議に感じる人も多いとは思います。けれども、この方法で予想以上の効果を出しているゴルファーも存在するのです。

ボールの大きさ1個分先の目印をボールが通過するのを見ようとすれば、頭はもちろんのこと、顔もアドレス位置にキープできる効果があります。

左目でインパクト直後の軌道やボールの打ち出しの状況を見るようになるのがその理由です。ロングパットでも、ショートパットでも、パットラインから外れてしまえばカップまでボールを運べません。

特にショートパットの場合には、距離感でミスするよりも方向性のズレがそのままミスパットにつながりやすいのです。
010
カップが視界に入ってくるほどカップインするかどうかの結果が気になるものです。

その結果、頭や体に無駄な動きが生まれやすいのです。しかし、ボールのサイズ1個分先のスパットをボールが通過するかを見る方法は効果的です。

ショートパットだけではなく、ロングパットでもミスショットを減らしてくれます。

ボールを手で転がすとたくさんの情報が得られます

スポンサード リンク



ゴルフスイングの中でもパッティングで重要な要素として、ラインを正しく読むことが挙げられます。

傾斜や芝目を観察して、どの程度曲がるのかを予想し、その方向へ適切な強さでボールをヒットするのがパッティングの技術です。

けれども、傾斜や芝目の影響によるボールの曲がり具合は、コースや天候によっても異なり、簡単につかめる代物ではありません。

そこで、コースの練習グリーンやパター練習場などの機会に、さまざまな角度や距離からボールを転がしてみる習慣をつけておきましょう。

練習場に行けばパターで練習することばかりに気持ちが向いてしまいがちですが、パターは手の延長であることを思い出してください。

ラインを読むためには、直接手で転がしたほうが、傾斜での曲がり具合や芝目の影響の様子をより多く頭に詰め込むことができるのです。

パッティングの基本的な練習は自宅でも工夫すればできますが、グリーンの傾斜や芝目を読むことはできないでしょう。

芝の特性は午前と午後、季節や天気の影響も大きく受けます。昼食後などにも必ずチェックする癖をつけましよう。

完全にフラットなグリーンはどこにもありません。ラインは、芝の種類や天候を含む状況次第で大きく変化します。

傾斜だけに目を向けるのではなく、芝の状態もパッティングに大きく関わってくることを認識しましょう。

芝の伸び具合や種類、山岳コースなら風向きや水の位置などでも、芝目の向きは微妙に変化します。

重力による傾斜の違いだけなら自宅でも何とかマスターできるでしょうが、複数の要因が複雑に絡み合って、そのコース独特のグリーンとなるなのです。

ショートパットでは、カップ周辺をよく観察しましょう。カップの穴を掘る道具の影響でカップの淵が盛り上がっていることもあります。

カップまわりを踏む人はいないので芝が長くなるケースもありますから、これに気づかず繊細なタッチで合わせてしまうと、カップを外しやすいです。ラインを読むときはヒットする角度に合うような微妙な傾斜も考慮に入れましょう。

こちらの記事もどうぞ!

  • パットラインは「傾斜と芝目」がカギパットラインは「傾斜と芝目」がカギ これまでパットのストロークに関して何点か説明しましたが、今回はパティングには欠かせないグリーンのラインをを読む手順を説明します。他のゴルフ […]
  • パット上達のポイントパット上達のポイント パットを上達させるゴルフスイングの基本となるポイントは、正しいストロークをすることはもちろんですが、距離感をどれだけ的確につかむことができ […]
  • インパクトのポイントインパクトのポイント パッティングのインパクトのポイントは、ストローク最下点からボール1個分左サイドと考えれば良いでしょう。ゴルフスイングの中でもパッティングは […]
  • パッティングの秘伝パッティングの秘伝 パッティングはスコアメイクの肝であるといっても過言ではありません。パッティングの基本について説明していきますが根本的なところは他のゴルフス […]
  • パットはクロスハンドで「方向性」を出すパットはクロスハンドで「方向性」を出す ゴルフスイングの中でもカップから1メートル以内のショートパットの状況を容易に打破する方法があります。プロゴルファーも多数採用している「クロ […]
  • パット上達のゴルフスイングのドリルパット上達のゴルフスイングのドリル パットの成功率を向上させるための必要最低条件とは、設定したパットラインにボールを正確に打ち出すことにつきますです。打ち出しの最初からライン […]
  • 正しいアドレスでパットする正しいアドレスでパットする ゴルフスイングの基本の中でもパットに関しては、ドライバーショットやアイアンショットに比べて軽視する風潮もありますが、理想的なスコアメークの […]
  • クロスハンドグリップでのゴルフスイングクロスハンドグリップでのゴルフスイング アイアンショットでのリストの動きを抑えるためのゴルフスイングの基本的な練習法として、スプリットハンドグリップを以前に紹介しました。今回は別 […]
  • ハンドファーストのゴルフスイングの手順ハンドファーストのゴルフスイングの手順 アイアンショット・インパクトはハンドファーストと申し上げました。今回は、アイアンショットでハンドファーストのゴルフスイングを行う場合の手順 […]
  • フィニッシュ重視のゴルフスイングフィニッシュ重視のゴルフスイング テレビ放送のゴルフトーナメントでも時折見かけますが、プロゴルファーであってもミスショットすることは少なくありません。特にグリーン周りからの […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ