パターの距離感とヘッドスピード

パターの場合は、他のゴルフスイングと少々様子が違って距離感をうまく掴むためには感性を優先させることが必要です。

紙くずを少し離れた場所からゴミ箱に放り投げるのと同じような感覚です。

カップに向かってトスするようにボールを転がして入れるのがパッティングの極意とも言えるでしょう。このイメージが持てればストロークで距離感を合わせることができるでしょう。

しかし、パターを手にした瞬間には、どうしても手でボールを転がすイメージを持ちにくというゴルファーも中にはいるでしょう。そんなタイプの方は発想転換してみることが必要です。

最初にすることは、手でボールを転がしたらどれくらいのスピードでカップに向かっていくかを頭の中で想像します。

それから、イメージしたボールの転がりのスピードを、テークパットでのパターヘッドのスピードに置きかえて考えてみましょう。

パターヘッドをスローなスピードで振った場合は、ボールもスローに転がるわけです。

スピーディーにスイングしたならボールの転がり速度も速くなるでしょうから、パターヘッドのスピードは、すなわちボールの転がりスピードとも考えられます。

素振りする時点でストロークの振り幅で距離感を調整する方法も勿論成り立ちますが、それよりもパターヘッドのスイングスピードをどれくらいにしたならカップに届くかを優先して考えてみるのも悪くありません。

上りの傾斜のあるパットラインであれば振り幅を大きくしながら、パターヘッドをスピーディーに振るのが良いでしょう。

下り傾斜のついたのパットラインであればストロークの幅を小さくして、パターヘッドはスローにスイングします。

実際のところは、ラウンドしている間はほとんど何も意識せずとも、誰でも無意識の状態でそのように素振りをしてパッティングしているはずなのです。

スポンサード リンク

つまり、感性や本能はいつの間にか距離感を判断しているのです。

それにもかかわらず歩測した距離を根拠にして「振り幅はこれくらいにしてストロークしなければいけない」などと変に意識してしまっては良くありません。

せっかく自分が持っている感性や本能に狂いが生まれてしまい、距離感が大きく乱れてしまう原因にもなります。

イメージしたパッティングの距離感を具体的なものにするのは、ストロークでのパターヘッドのスピードだけを考えるのだと割り切ってみるのも悪くはないでしょう。

そう簡単にいわれても、実際にラウンドでトライしてみるにはよほど勇気を持つ必要があるかも知れません。

そのため、練習グリーンで最初にボールを3個用意してトレーニングしましょう。
ゴルフは楽しい
最初の球はカップを50センチオーバーする意識で打ち、2回目は今度は50センチ手前に意図的にショートさせ、最後の球はジャストの距離感でカップインさせる要領です。

同じストロークの幅でこのトレーニングを繰り返してみることで、ヘッドの速度がボールの転がり速度に直結することを体に染み込ませるようにしましょう。こうする方法が、自分の距離感を一段と進歩させるのにベストな練習方法なのです。

パッティングの基本

パットは1回で入れないで常に2回が基本と考えましょう。パットは1回で入れるなと言うと、疑問に思う人が多いでしょう。確かに2回よりも1回で入る方がいいに決まっています。

けれども、実際にコースに出ると、3パット、もしくはひどいケースでは4パットまでしてしまうゴルファーがかなり見受けられます。

スポンサード リンク



パットがなかなか決まらない理由は、ラインや距離に関係なく1パットで入れようと考えているせいです。

結果的に、大きくオーバーさせたり、難しい下りのパットを残したりする状況を生み出しているのです。

上りのラインでは30センチ手前を目標に、下りのラインでは30センチ先を目標にパットしておきましょう。

曲がりの強いラインでは上りの短いラインが残るように狙いをつけてファーストパットをする方がよいでしょう。

そして、パットは確実に2回で終わらせるのです。

こうした意識があれば、3パットすることも無いでしょうし、もしかしたら1パットで入るラッキーもあるでしょう。

パッティングのスタイルは個人差が大きいですし、決まった形はそれほどありません。

手首を固定して、肩からヘッドまでを振り子のように動かす「ストローク式」を多くのゴルファーが使っているのは、距離感がつかみやすく、ボールの転がりもいいというメリットのためです。

もちろん、手首を使ってコツンと打つ「タップ式」の方がうまくいくのであれば、それでも構いません。

ゴルフスイングの基本では、どちらでも良いのです。

パットのポイントのひとつとしては、曲りの大きいラインの場合、2パットで入れることを優先するなら、あえて次を打ちやすくする上りのラインになるように狙いましょう。

転がりのいいポールを打つためには、体重はつま先寄りにかけることも大切なポイントです。

パッティングでも、スクェアスタンスで構えて、左足かかと線上にボールをセットするアドレスが基本的です。

また、ショートパットの場合はストレートで、ロングパットではインサイド→ストレート→インサイドの軌道をパターヘッドが描くでしょう。

ゴルフパットの正しいストローク

ゴルフパットの正しいストローク方法についてです。

転がりの良いしっかりパターのスイートスポットに当たったボールを打つことが大切です。

スポンサード リンク



これは方向性と距離感とを安定させる前提条件になります。

正しいゴルフスイングのストロークを実現させるためのポイントを紹介します。

パットなのにボールが飛び跳ねたという思い出したくも無い苦い経験をしたアマチュアゴルファーも少なくないでしょう。

打ち出し直後にボールが跳ね上がり、パットラインを大きく外れてしまうのは、悪いストロークのゴルフスイングをした典型的なパターンです。

打ち出し直後にボールが飛び跳ねてしまうのは、クラブヘッドを上から下へ向けて強くインパクトすることが主な原因となります。

強いインパクトでなくても、このようなストロークでは、ボールにバックスピンが加わってしまい、ボールのスリップ距離が長くなりので、結果的に転がりが悪くなるのです。

転がりの良いボールというものは、インパクトの直後からボールにオーバースピンのかかった状態のことです。

このようなボールを打つための正しいストロークには、いくつかのポイントがあります。

  1. ストロークの最下点はスタンスの中央で迎える。
  2. ヘッドが上昇軌道に乗った時点で、インパクトする。そのためにはアドレスの時点で、左目の下にボールをセットしておきます。
  3. パターのスイートスポットでボールの赤道部分をヒットする。
     つまり、他のゴルフスイングと同様にパットでもヘッドの芯でボールを打つことが、距離感や方向性を安定させるポイントになるのです。一般に、パターのスイートスポットは中央部分よりもやや下部にあります。

トレーニング方法としては、ボールの真後ろに低くティーを刺してみるか、硬貨を2枚重ねてみましょう。

ティーや硬貨にクラブヘッドを触れないようにストロークすることで、ヘッドが上昇した時にインパクトするタイミングを体得できるでしょう。
010
また、クラブヘッドの下側にあるパターのスイートスポットで、ボールの赤道付近を打つことができるのです。

これで、オーバースピンの転がりのかかったボールがどんなものかを実感できるでしょう。

一般的にアマチュアゴルファーはドライバーショットやアイアンショットのゴルフスイングに比べて、パットの練習をあまりしない傾向があります。

スポンサード リンク



正しい理論を知らい上に練習不足が重なれば、どんなに他のゴルフスイングが上達しても、スコアアップに結びつきません。

パターでの腕の振り、距離感、方向の感覚は、自宅でも練習することができます。

必要なのは、ボールとパター、そしてペットボトルだけ用意しましょう。

力-ペットの上に水を入れたペットボトルを置き、これをカップに想定して練習を繰り返してみましょう。

最初のステップとしてはペットボトルを狙って当てるだけの、方向性を身に着ける練習をするといいでしょう。

慣れてきたら、少しずつボトルの水量を減らしていきます。すると、ボールが当たった時にペットボトルは倒れてしまうことも起きるでしょう。

この状態は実際のグリーンでは、カップを大きくとおりすぎてしまうくらい強い打球になっていることを意味します。

ペットボトルを倒さない程度のタッチの練習を積み重ねましょう。最初は手で転がすことからスターとして、次にパターで打つことで、タッチの感覚がつかみやすくなると思います。

パッティング練習場まで出かけなくても、自宅でもゲーム感覚で楽しくパッティングの練習できるところがうれしいですね。

こちらの記事もどうぞ!

  • パットの距離感をつかむパットの距離感をつかむ パットの距離感をつかむことは、ある意味でラインを読むよりも大切な技術かもしれません。そのためには、イメージづくりすることも大きなポイントに […]
  • クロスハンドに合うパタークロスハンドに合うパター ゴルフスイングの中でもカップから1メートル以内のショートパットの状況を容易に打破する方法があります。プロゴルファーも多数採用している「クロ […]
  • インパクトのポイントインパクトのポイント パッティングのインパクトのポイントは、ストローク最下点からボール1個分左サイドと考えれば良いでしょう。ゴルフスイングの中でもパッティングは […]
  • パッティングの秘伝パッティングの秘伝 パッティングはスコアメイクの肝であるといっても過言ではありません。パッティングの基本について説明していきますが根本的なところは他のゴルフス […]
  • パットラインは「傾斜と芝目」がカギパットラインは「傾斜と芝目」がカギ これまでパットのストロークに関して何点か説明しましたが、今回はパティングには欠かせないグリーンのラインをを読む手順を説明します。他のゴルフ […]
  • パットでボールを目で追わないパットでボールを目で追わない パットでボールを目で追わないようにしていますか?クラブヘッドが左足前を通過するまで目線は不動に保ちます。パッティングはアドレスの時に作った […]
  • ロングパットのイメージも持ちかたロングパットのイメージも持ちかた ロングパットをカップそばにうまく寄せるようなテクニックが身に付ければ、グリーン上では精神的に優位に立てます。グリーンに乗った状態でも、カッ […]
  • ショートパットを入れるゴルフスイングショートパットを入れるゴルフスイング 2メートル以内のショートパットを外すか外さないかで、スコアもラウンドに対するメンタル面も大きく違ってきます。「入れごろ外しごろ」とこの距離 […]
  • パット上達のポイントパット上達のポイント パットを上達させるゴルフスイングの基本となるポイントは、正しいストロークをすることはもちろんですが、距離感をどれだけ的確につかむことができ […]
  • パット上達のゴルフスイングのドリルパット上達のゴルフスイングのドリル パットの成功率を向上させるための必要最低条件とは、設定したパットラインにボールを正確に打ち出すことにつきますです。打ち出しの最初からライン […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ