パターのボールの位置とロングパット

パターのボールの位置は単純に、ライン方向に打ち出しやすい場所にボールを置けば良いでしょう。

しいて言えば極端に右側に置くとクラブヘッドが上からボールを叩く形になりボールが弾んでしまい、その上逆スピンも加わって距離がショートする可能性が高まりますので、両足の中央よりやや左側に置く方が無難な位置かもしれません。

パタークラブでボールをヒットするポイントは、やはり一番右端の部分でしょう。

「ボールの上部を打って、フォアスピンをかけると良い」というセオリーも耳にしますが、当たり所で距離が大きく変わってしまい、カップインの確率が低下することは否めないでしょう。

特にフェースのソールに当たるのが最大の悲劇です。強い逆目の芝やショートパットなど、例外的な場合に限定使用するならそれも良いでしょう。

パッティングの姿勢

パッティングの姿勢としては、あまり屈みこんで眼の位置が下がると、立体感がなくなるので、距離感を損ないます。

精神的に妙に張り切ったり、緊張すればするほど屈み込みますから日頃から注意したほうが良いでしょう。

ショートパットする場合は、とにかく方向性を重視しましょう。例えば、1メートルのパッティングを、どれ位の確率でカップインできるでしょうか。

ただしご自宅で練習マットではなく、ゴルフコースのそれも毎回違ったホールにおいてです。想像するに二回に一回位の確率がいい線ではないでしょうか。

それでは、外れるのはカップの前後にでしょうか、それとも左右にでしょうか。

ベストスコアが出る直前とか、とんでもない状況で緊張してでもいないかぎり、ショートパットのミスは、前後の誤差はまず考えらません。大部分は左右に外れることが多いと思います。

スポンサード リンク

ショートパットをはずす理由

もしも、傾斜も芝目もないライン上で、1mのパッティングを外すとすれば、それは構え方が正しくなくて、最初からフェースの向きが横を向いていたか、スイングする途中でフェースの向きが狂ったかの理由でしょう。

ショートパットで、カップを外して構えるのはレアなケースでしょうから、やはり次のような原因によるスイング途中のブレが主な理由だと思われます。

1.バックスイングでフェースを開くか閉じるかしてパターを上げる場合で、これは両ヒジを浮かして大振りする人に多くみられる現象です。

右ヒジを軽く体にふれる程度に固定して打つことで、バックスイングの幅が抑制される上に、フェースの戻りも正確性が増します。距離の調整は、フォロースルーの大きさで行うか、ヒザ・腰にわずかに捻りを入れて行うと良いでしょう。

フォロースルーの大きさは右手の平で押し出す感じを維持しつつオープンスタンスをとるとやりやすいでしょう。

カップインばかりに注意がいく

2.カップインばかりに注意がいって、顔だけでなく身体まで動いてしまうゴルファーも見かけます。1~2メートル以内のショートパットの距離なら目を横に動かすだけで十分カップは見えます。

意識付けとしては「カップインの音を聞くまでボールの跡を見る」、「ライン30cm先にスパットを見付けて、スパットを通すことだけに集中する」と、顔や体が動かないという効果が期待できます。

ダウンスイングの途中でスイングのスピードを変える

3.ダウンスイングの途中でスイングのスピードを変えるゴルファーもいます。スイングの途中で加速しても減速してもいけません。

その訳は腕やリストや指の特定の場所に力が入ってしまい、フェースの方向感覚を狂わすためです。

スポンサード リンク



3.の予防法としては、振り子に見立てたパターの重さに任せてスイングすることです。

従ってパターは重めのもの使う方が方向に狂いが少ないでしょう。

その上、芯を多少外して打った場合でも、慣性モーメントのおかげでボールの重みでフェースの向きが変わるのを抑えられます。

最近の傾向としてもパターは重目のものにブームが移っています。

パターに鉛を貼りつけるのも有効な方法です。方向性やボールの転がりがアップしますし、小さいスイングで済みますから正確性も確実に向上します。

ロングパットは距離感優先

ロングパットは、必ず距離感優先でショットしましょう。例えば10mのパッティングを、ストレートラインで打ってみてください。

異なるホールで一発勝負の緊張感の中で回数を重ねるうちに、カップからの距離は、左右の方向のズレよりも前後の距離の誤差の方が多いことに気が付くでしょう。

言葉を代えれば、「ロングパットの誤差は、左右より前後の方が大きいので、カップまでの距離を正確に打つことができれば、次のパットはそれほど難しいものとして残らない」ともいえるでしょう。

特に急激な傾斜でもない状況では、最近のラインが複雑でよく読み切れないグリーンでは、あまり方向は気にしないで、カップのセンターを目がけて、距離だけを意識して思い切ってショットしてしまったほうが、好結果につながる場合が多いものです。

多少傾斜をみても、カップの左右の幅以内に考えると良いでしょう。

距離感優先の背景

1.ボールは、カップから外れた場合でも低い方に流れて止まり、やさしい上りの傾斜のショートパットが残るだけであること。

上りパットは原則的に直線のラインで、なおかつ少々強めに打ってもカップ奥の壁に当たって入りやすいものです。

2.一般的に推奨されている「ラインの曲がり角目がけて打つ」や「カップ○個外して狙う」などのセオリーでは、うまく打てるゴルファーならともかくとして、普通は曲がる分の距離の調整が困難ですし、概ね狙い目より膨らませて打ってしまいがちなものです。

スポンサード リンク



そうなると、残ったパットにカーブが入った難しいラインとなりやすく、もっと困ったことに、方向にばかり気をとられて、大ショートや大オーバーが出やすく、結果的に3パットにつながりやすいと言えるでしょう。

一発勝負する場合やギャンブルならともかく、安定的なストローク数をキープしようと考えれば、手堅くまず安全圏にボールを運ぶことが、ゴルフの基本だと言えるでしょう。

3.万一確率の低いはずのロングパットが一発でカップインすれば、実質的にバーディーをとったようなものであり、以降のゴルフプレーに活気とリズムが生じるでしょう。

ゴルフと言うスポーツはこうしたメンタル的な要因が大く影響するのです。実際のところ、芝目や傾斜を読み切るのはプロゴルファーでも難しいものです。

その上、砂やゴミやスパイク跡など不測の要因がかくれているため、現実にはどんなに深く読んで打っても、単純にただストレートに打つ場合でも、ロングパットでカップインする確率はそれほど変わりません。

言い換えれば、余分な多くの情報が、かえって邪魔することになります。それならば、いっそ深刻にラインを読むのではなく、カップを外さぬ幅で思い切りよく打ってしまったほうが、失敗しても後を引きません。

この点はメンタル的に意外に大きくゲーム全体を左右するものです。ロングパットが一発で決まれば気分も盛り上がって、その後のプレーにも良い結果が必ず現れてきます。

メンタルの要素の強いゴルフというスポーツ特有の効果とも言えるでしょう。

こちらの記事もどうぞ!

  • インパクトのポイントインパクトのポイント パッティングのインパクトのポイントは、ストローク最下点からボール1個分左サイドと考えれば良いでしょう。ゴルフスイングの中でもパッティングは […]
  • パット上達のポイントパット上達のポイント パットを上達させるゴルフスイングの基本となるポイントは、正しいストロークをすることはもちろんですが、距離感をどれだけ的確につかむことができ […]
  • パターの距離感とヘッドスピードパターの距離感とヘッドスピード パターの場合は、他のゴルフスイングと少々様子が違って距離感をうまく掴むためには感性を優先させることが必要です。紙くずを少し離れた場所からゴ […]
  • パットの距離感をつかむパットの距離感をつかむ パットの距離感をつかむことは、ある意味でラインを読むよりも大切な技術かもしれません。そのためには、イメージづくりすることも大きなポイントに […]
  • 正しいアドレスでパットする正しいアドレスでパットする ゴルフスイングの基本の中でもパットに関しては、ドライバーショットやアイアンショットに比べて軽視する風潮もありますが、理想的なスコアメークの […]
  • ショートパットを入れるゴルフスイングショートパットを入れるゴルフスイング 2メートル以内のショートパットを外すか外さないかで、スコアもラウンドに対するメンタル面も大きく違ってきます。「入れごろ外しごろ」とこの距離 […]
  • パットを難しく考えないパットを難しく考えない パッティングの得手不得手、スイングのコツ、パターの構え方といったことを説明していきたいと思います。 パッティングの得意な人と苦手な人 […]
  • パットはクロスハンドで「方向性」を出すパットはクロスハンドで「方向性」を出す ゴルフスイングの中でもカップから1メートル以内のショートパットの状況を容易に打破する方法があります。プロゴルファーも多数採用している「クロ […]
  • パッティングの秘伝パッティングの秘伝 パッティングはスコアメイクの肝であるといっても過言ではありません。パッティングの基本について説明していきますが根本的なところは他のゴルフス […]
  • パット上達のゴルフスイングのドリルパット上達のゴルフスイングのドリル パットの成功率を向上させるための必要最低条件とは、設定したパットラインにボールを正確に打ち出すことにつきますです。打ち出しの最初からライン […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ