ショートパットを入れるゴルフスイング

2メートル以内のショートパットを外すか外さないかで、スコアもラウンドに対するメンタル面も大きく違ってきます。

「入れごろ外しごろ」とこの距離に対してよく言われますが、このゴルフスイングで一番重要なのは方向性を安定させることです。

2メートル以内のショートパットを外す場合の多くは、距離感のミスではなく方向性に問題があることが多いです。

このレンジの距離でパットを沈める確率を高くするには、大まかに言えば次の3点に気を配ると良いでしょう。

  1. パターのフェース面をボールとカップを結ぶラインに対して、スクエアにセットすること
  2. ヘッドをストレートに引いて、ストレートに送り出すこと
  3. ボールをヘッドのしんでとらえること

 大きく曲がるラインは別にして、カップを外さない程度の曲がりのラインなら、この3点さえしっかりと守ることでカップインできる確率は絶対に高まります。また、インパクト前後からもうカップインするかどうかという結果を気にすることは間違いです。

これは、ヘッドアップしてしまうことなく、パットラインに対してフェースをスクエアにしてセットした通りにボールをインパクトすることに集中するという意味です。

ボールがカップインした後に、顔を上げる余裕があるくらいの意識で臨みましょう。

そうは言っても、この距離のパットを残した状況に遭遇するすると「入れて当たり前」とか「入れたい。外すともったいない」といった気持ちが身体の動きを妨げることになります。

ゴルフスイングの「一打」が大きな意味を持つことを改めて知ることになります。

ツアープロ達は、「パット・イズ・マネー」の世界で生きていますから、この1打で獲得賞金が大きく左右される状況もあるわけで、一旦度自信を失ってしまうと、外した時のことばかり頭に浮かんで手が震えたりすることもあると聞きます。

スポンサード リンク


これが「イップス」とよばれる症状です。2メートルならともかく、たった50センチ残しているだけで怖くなるというものです。

正しいストロークがどうあるべきかに考えが至らず、リズムも早くなり、結果としてリストをこねるようになると、絶対にショートパットを沈める確率は低くなってしまいます。

アプローチショットと合わせてパッティングはショートゲームと呼ばれることもあります。

これは簡単そうに見えますが、「ショートゲームを制するものがゲームを制する」と上級者の間でも言われるほどその重要度は高いものであり、それだけ奥は深いのです。

一見、地味なプレーだと軽視されがちですが、パッティングとアプローチはゴルフで非常に大切なショットなのは言うまでもありません。

現実を直視すれば、パットとアプローチの占める割合は、全てのホールを考えるとその半分以上を占めます。

パー4のホールは、2オン2パットで上がるように考えて設計されているものです。つまり、2オンできなければ、アプローチで寄せて1パットしなければパーはとれない計算になります。

試合では、最後のパットが決まるまではホールアウトできません。ドライバーの300ヤードのショットも、10センチのショートパットも、同じ1打には違いがないということです。

ドライバーでは数十ヤードの誤差が許されても、状況によってはショートパットでは数ミリのズレも致命的となるでしょう。

ショートパットの目線

ショートパットではカップインを確かめるのは耳で行いましょう。目線をカップに向けないようにすることです。ゴルフスイングの基本です。

カップまで1メートルもないショートパットを外した時の心理的なショックは大きいものです。

そのため、目線をカップ方向につい向けやすくなり、どうしてもカップインしたかどうか確かめたくなるものです。

スポンサード リンク



正確に表現すれば、頭をカップの方へ向けたり、両肩を開いたりして、体の余計な動きを加えて目線をカップに送ってしまいます。

これがショートパットでミスする原因になることは多いです。

アドレス時に目線がズレてしまうことは、ミスショットを招き入れるばかりではなく、ストロークの軌道も狂わせることになります。

そのためインパクト後に、パターヘッドが左足の前を通過するまでは、アドレスの時に球があった場所から目線を動かさないことが大切なのです。

タイガー・ウッズのパットフォームを覚えているでしょうか。ウッズ選手はほとんどの場合、インパクト後も目線をボール位置から動かしません。

一度動画などで確認してみてはいかがでしょう。良いお手本になると思います。他のクラブでのゴルフスイングも参考になる点は多いのですが、まずはパッテイングから学びましょう。

カップまでの距離が短くなればなるほど、アドレス時にも視界にカップが見えてきます。それだけにパットの結果を見たくなる誘惑があることも十分理解できます。

しかし、結果を見ることは心を鬼にして止めて、アドレス時のボールのポジションに、視線をクギ付けにしなければならないとなると、心の葛藤と闘わなければいけません。

ゴルフのレッスンでは、他のスポーツと比較しても「やってはいけない」という禁止項目が多い気がしますが、禁止項目をできるだけ守ろうとすればするほど、現実には身体が金縛りにあったように動かなくなるものです。
010

ショートパットに臨む場合には、カップインするボールの音を左耳で聞くようにしてはいかがでしょうか。

左耳でカップインの音を聞こうとするためには、アドレス時の頭の位置を動かしてはできません。そんなゴルフスイングを自分に課すわけです。

頭の位置を固定したまま、その上顔の向きを変えずに視線をボールがあった場所にとどめておくことができれば、体の開きは抑制されて、ストロークは不安定にはなりません。

勇気のいることですが、カップインの瞬間をあえて見ないことを試してみませんか。

カップインは目ではなく、耳で確認する。そんな習慣が身に付いた時には、ショートパットを外すことはこれまでよりもずっと減るようになっているのに違いありません。

ショートパットを外さないために

1メートルほどのスライスラインのショートパットを外し続けて苦手になった人もいます。

スポンサード リンク



シーズンオフにはこうしたミスの原因追究と解決策に取り組み、本番に備えたゴルフスイングの準備をしておく必要があります。

当前ですが、上記のミスはヘッドアップしたり、右肩が前に出たりした時に起きやすいものです。

ゴルフを始めたばかりの人にとって、いったん悩み事が生まれると、それを解決するのに多くの時間を割く必要が出てきます。

そして、とことん考え抜いたからこそ自信を持ってシーズンインを迎えることができるのではないでしょうか。

パットの結果をすぐに知りたくて、インパクト直前に頭をつい起こしてしまったり、右肩をカップ方向に出したりする動作では、ボールをまともにコントロールすることも難しいでしょう。

プロでさえ、そんなアマチュアみたいなミスが原因となるのです。でも、ツアープロでさえも同じ人間ですから、アマチュアと同様のミスをするケースは少なくありません。

「頭を動かさずにストロークすればいい」というパッティングのゴルフスイングの解決策があると考えるかも知れませんが、オフシーズンであればもっと大胆な矯正ドリルを試みてはどうでしょうか。

010それはインパクトの直前からパットラインに沿って意識的に顔をカップと反対方向(つまり顔を右)に向けてストロークしてみることです。

顔をパットライン上に沿ってカップと反対の方向へ向けることで、ボールの転がりを追いかけることはなくなりますし、ヘッドアップを防ぐ役割も果たしてくれます。

しかもストローク中の手の可動域が広くなって、フォロースルーではヘッドを低く長く打ち出せる効果も期待できます。

アドレスの際にはショートパットの場合、視界にカップが入るのでボールの転がりを見ることもできる状況です。

それを意識的に見ないように顔をカップと反対の方向に向けてストロークし続けてみれば、パット数は大幅に減らすことができるでしょう。

本番前は当日のタッチとショートパットに自信をつける

本番のスタート前のパッティング練習は、必ず行うべきです。最初はカップなどを気にせずに10メートルの距離を打ってみましょう。

打った後にこれを歩測して、ちょうど10メートルだったら思いどおりの距離感が出せていることになりますから自信がつきます。

スポンサード リンク



これが9メートルや11メートルだったら、弱めや強めのどちらかで打っていることになりますから、それに合わせてタッチを修正して起きましょう。

そして最後は、必ず1メートルのショートパットをカップインさせて、この距離はいけるという自信をつけてから本番に臨みましょう。

こちらの記事もどうぞ!

  • フォロースルーで飛距離を伸ばすフォロースルーで飛距離を伸ばす ボールをいかに遠くまで飛ばすかで、ゴルフクラブ選びやゴルフスイングの改造に躍起になっているアマチュアゴルファーは多いものです。けれども、実 […]
  • パットはクロスハンドで「方向性」を出すパットはクロスハンドで「方向性」を出す ゴルフスイングの中でもカップから1メートル以内のショートパットの状況を容易に打破する方法があります。プロゴルファーも多数採用している「クロ […]
  • パット上達のゴルフスイングのドリルパット上達のゴルフスイングのドリル パットの成功率を向上させるための必要最低条件とは、設定したパットラインにボールを正確に打ち出すことにつきますです。打ち出しの最初からライン […]
  • フェース面の確認フェース面の確認 ドライバーのゴルフスイングで最も大切なもの、それはクラブのフェース面のコントロールです。最新のドライバーで飛距離を稼ぐには、ここが大きなポ […]
  • クロスハンドグリップでのゴルフスイングクロスハンドグリップでのゴルフスイング アイアンショットでのリストの動きを抑えるためのゴルフスイングの基本的な練習法として、スプリットハンドグリップを以前に紹介しました。今回は別 […]
  • ゴルフスイングではストレートボールへのこだわりを捨てるゴルフスイングではストレートボールへのこだわりを捨てる ゴルフスイングでは、絶対に右か左かに曲がるショットを打つことができれば正解です。ストレートボールへのこだわりを捨て去るのです。それがコース […]
  • ティーアップしたボールのゴルフスイングティーアップしたボールのゴルフスイング ドライバーショットではゴルフスイングの中で唯一ティーアップしたボールを打つことになります。ショットの中でもこれだけは、スイングの最下点を通 […]
  • 低弾道を狙うゴルフスイング低弾道を狙うゴルフスイング ゴルフスイングにおいて、ヘッドアップしてしまうことはミスショットにつながる可能性が高くなってしまうことはご存知だと思います。とは言っても、 […]
  • ゴルフスイングのアプローチは状況次第ゴルフスイングのアプローチは状況次第 グリーン周りからのゴルフスイングになるアプローチは、いつでも条件の整った花道やフェアウエーからだけとは限りません。当然ラフからのケースもあ […]
  • ハンドファーストのゴルフスイングの手順ハンドファーストのゴルフスイングの手順 アイアンショット・インパクトはハンドファーストと申し上げました。今回は、アイアンショットでハンドファーストのゴルフスイングを行う場合の手順 […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ