インパクトのポイント

パッティングのインパクトのポイントは、ストローク最下点からボール1個分左サイドと考えれば良いでしょう。

ゴルフスイングの中でもパッティングはドライバーショットより頻度の高いショットです。スコアメイクの上での重要性を再認識しましょう。

「パットに型なし」という格言を耳にしたことがあるのではないでしょうか。ツアープロが100人いれば100通りのパッテッィングのスタイルがあり、それはある意味で個性にもつながります。

しかし、まったくバラバラの方法でパッティングしているかといえば、そうとも限りません。

パッティングにはある程度の共通するポイントがあります。この共通点がゴルフスイングの中のパットの基本テクニックだといえるでしょう。

下半身はどっしりとした安定状態にして、腰骨から上半身を前傾させた自然体で構える姿勢が必要です。

これがアドレスの基本であることは既に述べました。グリップの方式は千差万別ですが、パターヘッドをストレートにストロークできること、ボールをストレートに転がせられることができるなら、どんなグリップ方式でも問題ありません。

いろいろなグリップをトライしてみて、自分にベストマッチのグリップ方式を見つけ出す努力をしましょう。

グリップを握る場合の力加減は、他のゴルフスイングと同様にヘッドの重さを感じられる程度の強さでに握ることです。

強く握りすぎては腕や肩の上半身にまで力が入ってしまうため、筋肉が硬直して滑らかなストロークが難しくなります。

逆に、余りにも緩過ぎたグリップでは、ストローク中やインパクトのショックでフェースの向きが動いてしまいます。フェース向きが変わらない程度の強さは最低限必要になります。

スポンサード リンク


ボールのセット位置ですが、左目の真下に来るようにセットすることをお勧めします。

体のセンターラインよりも若干左足寄りの地点になる左目の真下にセットすることは、ヘッドがストローク最下点を過ぎた段階でインパクトを迎えるに好都合です。

このボールのセット位置ならばオーバースピンがボールに加わって転がり出す状態で打てるのです。

打ち出し直後にボールが跳ね上がったり、バックスピンでスリップしたりする現象を起こすとパットラインから外れたり、距離感が狂ったりする原因となりますので避けたいところです。
ゴルフの準備
ストロークの最下点よりもボール1個分左サイドでインパクトすることが理想のインパクトポイントではないでしょうか。

そしてスタンス幅の内側では、パターヘッドをストレートに振ることがストロークの基本となる共通事項です。

アドレス時のリストの角度をキープしてストロークできれば、右足から左足幅内はヘッドをストレートに振れるでしょう。

パッティングのストローク

パッティングで重要なことは方向性と距離感のふたつです。

どちらか一方が欠けるだけで、カップインの確率はずっと悪くなります。

ツアープロのレベルですと試合前の練習グリーンで、パットストロークの精度を高める練習にたっぷりと時間を割きます。

そんなレベルでもゲーム中には、イメージ通りにストロークできたつもりでもボールがパットラインからズレたり、カップ手前で嫌われることもよくあります。

ゲームの最中は、ついていなかったと割り切って、パッティングの仕方をあれこれくよくよと考えることは良くありません。

スポンサード リンク



悩み姶めたら際限がなくなり、深みにはまってしまうのを避けるためです。

しかし、ホールアウト後は話は違います。練習グリーンに直行して、納得がいくまでパット練習を繰り返す覚悟が上達の秘訣です。

どうしてミスになったのか。パッティングのミスの原因を追究する場合、ストロークの仕方ばかりではなく、ボールの転がり方もチェックした方がよさそうです。

伸びのある球、カップに向かってボールがきれいな順回転で転がっている球であるかを再チェックするのです。

打ちだしの始まりにボールが跳ねたり、スリップしてから順回転を始めたりする状態では、パットラインからボールが外れやすくなります。

その上、距離感に狂いが生じやすいというデメリットが加わります。こうなる原因は、インパクト以降の動きでヘッドを円滑に振りだせていない点にあります。

パッッティングは他のゴルフスイングと同様にヘッドの芯でボールの芯をとらえるのが一番大切なことです。インパクト以降、クラブヘッドを低く長くストロークする動きによってボールに順回転が加わります。

ゴルフスイングと同様に、インパクト以降のヘッドの振りを大きくすれば、伸びのあるストロークになるのです。

フォロースルーを大きく取る方法としては、転がり始めたボールの後を追うような形でクラブヘッドを振りだしてみましょう。

身体が左方向にスエーしないギリギリの限界までパターヘッドで転がるボールを後追いしてみましょう。
ゴルフの準備
この意識を強く持つほどボールにオーバースピンがパッってイングが打てるようになるでしょう。

アドレス時にボールの真後ろにヘッドをソールしてから、バックスイングの動作を取らずにそのまま打ちだすドリルを繰り返すといいでしょう。フォロースルーの感覚がわかるはずです。

1メートルのパットを沈める

ゴルファーの皆さんは「あのパットさえ決まっていれば……」という苦い経験は誰しもあるのではないでしょうか。

ツアープロのレベルでさえも1打の重みを痛感するプレーはあると聞いています。

スポンサード リンク



ゴルフはリカバリーのスポーツといわれるように、1打を挽回するにはミスパットを減らすことがゴルフスイングの基本だといえます。

その中でも、1メートル前後のパットのカップイン率をアップすることがスコアメイクのカギを握ることになります。

ラウンド中にティーショットをミスすることは、誰しも経験するでしょうが、セカンドショットやその次のショットでリカバリーできる機会はまだ残されています。

しかしショートパットのミスは、そのままスコアに直結する性質であるばかりでなく、ミスパットで後悔を残してしまうと、次のホールのティーショットにまで悪影響を及ぼすことまであります。

ショートパットを外してプレーの流れが悪くなり、ゴルフスイング全体のリズムを乱してしまうこともあるのです。

このような悪循環に陥らないためには、ショートパットは絶対に外さないくらいの自信を持てるようになることは重要です。

そこでショートパットを外さないコツとしては、フェースがカップに正対したフォロースルーをすることが一番です。構え方やストロークの仕方なども関連してきますが、ここは一旦保留しましょう。

フォロースルーでフェース面をカップに正対させることだけに注意を向けてみて下さい。1メートルもない短い距離なら、距離感を誤ることはほとんどないでしょう。

つまり方向性さえ合っていれば、タッチが多少強くなった場合でもカップの奥の縁にボールが当たってカップインしてくれるものです。

これでカップに嫌われるようなら、それは運がなかったとあきらめるしかないのです。

アドレスの時に、ボール前方のライン上20センチくらいのポイントに目印を見つけて、そこでパターフェースがカップに正対するようにストロークすることを考えましょう。
010
この場合、テークバックでどの程度ヘッドを引くとか、しっかりボールを打とうとか意識する必要はありません。

こうしたインパクトまでの打ち方をあれこれと意識してしまうことによって、打ち出したボールの行方が気になってヘッドや上半身が動いてしまいミスパットになることが多いのです。

インパクト以降のフォロースルーを意識することは、身体の不要な動きが抑えられる効果が期待できます。

フォロースルーでフェースがカップに正対していることがインパクト時のフェースの開閉によるミスパットを防ぎます。

無駄な1打を取り除く大きな節目になるのです。ショートパットでいつも悔しい思いをしている方は、ぜひチャレンジしてみて下さい。

自宅でできるパット練習で自信をつける

スポンサード リンク



自宅でも実行可能なパットに自信をつける練習法があります。

これにはボールを2個用意します。

2個のボールを30センチくらいの間隔をあけてタテに並べて置きます。

一方のボールを打って、もうひとつのボールに当てるという非常に単純な練習方法です。

ストロークの強さは、先の方に置いてある弾かれた方のボールが30センチ転がるくらいが基本にします。

実際にやってみるとわかるでしょうが、この程度の距離は適当に打ってもボールを外すことはほとんどないはずです。

精神的にリラックスした状態さえ保てていれば、きちんとしたストロークができるということが確認できます。

カップの大きさというものはボールを2個半並べた直径があります。つまり、この練習でボールに当たりさえすれば、カップインできということを意味します。

きれいにインパクトができて、一方のボールの中心にジャストミートした場合、そのボールはきれいな縦回転でまっすぐ転がってくれます。それを目標にして練習しましょう。

この練習もスタート前の練習グリーンで試すとラウンドで効果が発揮できます。

練習グリーンが混んでいることが多いでしょうから、グリーンの端の場所ででもコツン、コツンと練習するだけでストロークに自信が持てて改善効果が期待できます。

こちらの記事もどうぞ!

  • パットでボールを目で追わないパットでボールを目で追わない パットでボールを目で追わないようにしていますか?クラブヘッドが左足前を通過するまで目線は不動に保ちます。パッティングはアドレスの時に作った […]
  • パット上達のポイントパット上達のポイント パットを上達させるゴルフスイングの基本となるポイントは、正しいストロークをすることはもちろんですが、距離感をどれだけ的確につかむことができ […]
  • パットラインは「傾斜と芝目」がカギパットラインは「傾斜と芝目」がカギ これまでパットのストロークに関して何点か説明しましたが、今回はパティングには欠かせないグリーンのラインをを読む手順を説明します。他のゴルフ […]
  • パッティングの秘伝パッティングの秘伝 パッティングはスコアメイクの肝であるといっても過言ではありません。パッティングの基本について説明していきますが根本的なところは他のゴルフス […]
  • ストロンググリップで飛距離を稼ぐストロンググリップで飛距離を稼ぐ ゴルフクラブの進化に伴ってゴルフスイングの基本のセオリーも変しました。ゴルフスイングの基本となるグリップ方法もそのひとつです。最新のゴルフ […]
  • パットはクロスハンドで「方向性」を出すパットはクロスハンドで「方向性」を出す ゴルフスイングの中でもカップから1メートル以内のショートパットの状況を容易に打破する方法があります。プロゴルファーも多数採用している「クロ […]
  • パット上達のゴルフスイングのドリルパット上達のゴルフスイングのドリル パットの成功率を向上させるための必要最低条件とは、設定したパットラインにボールを正確に打ち出すことにつきますです。打ち出しの最初からライン […]
  • 正しいアドレスでパットする正しいアドレスでパットする ゴルフスイングの基本の中でもパットに関しては、ドライバーショットやアイアンショットに比べて軽視する風潮もありますが、理想的なスコアメークの […]
  • パットの距離感をつかむパットの距離感をつかむ パットの距離感をつかむことは、ある意味でラインを読むよりも大切な技術かもしれません。そのためには、イメージづくりすることも大きなポイントに […]
  • パターの距離感とヘッドスピードパターの距離感とヘッドスピード パターの場合は、他のゴルフスイングと少々様子が違って距離感をうまく掴むためには感性を優先させることが必要です。紙くずを少し離れた場所からゴ […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ