ゴルフスイングの基本は、進化していることをご存知ですか?

ゴルフというスポーツは一度始めてみたらその奥の深さに驚く方が多いものだと思います。良いスコア、良い成績を上げるためにはゴルフスイングの基本を身に着けて美しいフォームでプレーできることを誰もが望んでいることでしょう。

そのためには、ドライバー、アイアン、ウェッジ、パターといったゴルフクラブの違いにどう対処するのかとバンカーショットやアプローチショットなどシチュエーションごとにどういうゴルフスイングが最適かを理解するところから始まるのではないでしょうか。

このサイトでは綺麗なゴルフスイングをマスターするために必要な情報を皆さんに提示していきたいと考えています。

ゴルフ練習場から実戦のゴルフコースデビューを果たすために必要なゴルフスイングの基本知識を身に着けていきましょう。

ゴルフ理論とレッスン書

スポーツの種類はかなりの数にのぼるでしょうが、ゴルフに関する解説書ほど多く出回っているものは見当たりません。書店に行って少し探すだけでも、どれを選ぶのが良いのかと悩んでしまった経験をした方も少なくないでしょう。

その上、どの解説書を手にとってみても、「この方法こそが絶対的なゴルフスイングの解説だ」との内容がよく見られます。極端な場合は他の本と全くの逆の理論も書かれていて、アマチュアゴルファー達の悩みは増え続けているのです。

こうした解説書にある程度共通することは、名目上は有名なプロゴルファーや専門家が執筆したことになっているものの、実際には誰かの手助けを受けながら書いているものも中にはあるのではないかと思われます。

有名なゴルファーともなると試合のスケジュールがびっしりと詰まっている合間に文章を書きこなせるというケースは、そう多くはいないとも考えられます。

仮にこれが邪推だとすれば、プロゴルファーがこれまで永い年月をかけてマスターしてきた「ほとんど感覚に近いレベルのテクニック」を、一般的な読者に対して文章で正確に説明するのは簡単なことではないはずです。

更に、そもそもプロゴルファーは自分がやっと体得した技術の秘伝に相当するところは公開しないと考えるのが普通ではないでしょうか。そのため肝心な部分の回りをただ遠回しに説明しているだけで、読み手にとっては理解できないところの多いことは実に顕著な傾向だといえるでしょう。

スポンサード リンク

そして、日常の練習において莫大な買うのボールを打ち続けているプロゴルファーの目には、アマチュアゴルファーがさまざまなステップで悩んでいる問題点などは当然のごとくやすやすとクリアしています。

そのため、本当にアマチュアゴルファーが知りたい肝心の部分については、ほとんど説明できていないという例もあるくらいのです。

プロゴルファーにとっては、最初から恵まれた運動能力を有していたからプロにまで上り詰めることができたのであって、アマチュアゴルファーが悩む問題点などやすやすと過してしまい、「何故こんなことがクリアできないのか」が理解できていないのでしょう。

このサイトを作った理由

そこで、このサイトで一番知っていただきたかった点は、世間に出回っているゴルフ解説書のほとんどが「あるべき論」「すべき論」の形式が多いのに対して、「どうしてそうするのか」という基本的な部分を納得のいく説明を心がけたということです。

例えば「グリップはこう握れ」とか「スタンスはこうしたフォームで」「フィニッシュはこういう形にすべき」とは書かれていますが、「どうしてそうするのが一番正しい方法なのか」が書かれている書籍には、ほとんど出会うチャンスが無かったためです。

ほとんどのアマチュアゴルファーは、大人になってからゴルフを始めたわけですから、どんな点も理論的に説明を受けないと納得できずに次進めません。その部分がないと気分的にもスッキリとはいかないものです。

しかし、ゴルフスイングに関してはやたらとセオリー重視の姿勢が目立ち、「こうあるべきだ」「こうすべきだ」という話の展開に付き合っていかないといけない状況があるわけです。

そして、それに輪をかけるように、いわゆる「教え魔」と呼ばれる先輩たちが、皆で「こうするべきだ」「こうしなければいけない」と解説を始めてしまうので、「どうしてそうすべきなのか?」という理論がないままの方法論だけを押し付けられます。

例えば、ゴルフ初心者が先輩やそれほど優秀とは思えないレッスンプロなどから一度は教わる話として「ヘッドアップしているから良くない!上げるのは間違いだ!」などという話などはその典型的なパターンです。

ヘッドアップの本当の原因は、腰・ヒザ・足首など各部分の関節か、もしくは背骨の前後の動きなどから起こるものだというのが本当のことでしょう。

指摘を受けた初心者は、必死で頭を動かさないように意識して結果的には、腰の左右のスウエーに陥って、いわゆる明治の大砲スタイルにたどり着くといった具合になりやすいものです。

本来のゴルフスイングの基本が原形をとどめないほど改ざんされて、ずっと上達しないままで終わるケースが後を絶たないのが実情です。

上記の例などはゴルフスイングの根本原理である「なぜこう打つべきなのか」を考慮しない、見た目だけを取り上げた細かな部分に対する有害なアドバイスと言えるでしょう。

こうして悩みを抱えたままのゴルファーがどんどん増えていくのでしょう。このサイトでは、このようなゴルフスイングの根本をじっくり考え直すことで、「こういう理論なのだからこう打つのが正しいなのではないか」という面から考えていきたいと思います。

初心者から中級者まで一番たやすくゴルフスイング上達する方法
 ――> 7日間シングルプログラム

パットの距離感をつかむ

ゴルフの準備
パットの距離感をつかむことは、ある意味でラインを読むよりも大切な技術かもしれません。そのためには、イメージづくりすることも大きなポイントになります。そこで、ゴルフスイングと同じようにプレルーティンを必ず行うことが重要になります。

ショートパットを入れるゴルフスイング

2メートル以内のショートパットを外すか外さないかで、スコアもラウンドに対するメンタル面も大きく違ってきます。「入れごろ外しごろ」とこの距離に対してよく言われますが、このゴルフスイングで一番重要なのは方向性を安定させることです。

広いスタンスとインパクト

スイングをぶちこわしてしまう一つの例として左足がインパクトでつっぱるということがあります。これは、アマチュアに限らずプロゴルファーにもあります。 プロの場合は、左足がつっぱるというよりは身体が跳ね上がっていく状態です。 ・・・

正しい軸回転と合理的なグリップ方法

正しい軸回転と合理的なグリップ方法についてです。 「あご軸」を意識することが、ゴルフスイングの安定性を高めます。肩と腰をうまく回転運動させるには、ゴルフスイングの基本として中心となる軸が必要になります。この軸は、「あご」・・・

ゴルフコースとゴルフクラブの基本

一般的なゴルフコースは、通常9ホールをハーフとして1つの単位とみなして、アウトとインの合計18ホールで構成されています。 また、18ホールに9ホールが加わって27ホール、18ホールが加わって36ホールという規模の大きなコ・・・

ロングパットのイメージも持ちかた

ゴルフは楽しい
ロングパットをカップそばにうまく寄せるようなテクニックが身に付ければ、グリーン上では精神的に優位に立てます。グリーンに乗った状態でも、カップまで遠く離れていて2回のパッティングでもうまくカップに沈める自信がないと感じているアマチュアゴルファーは多いでしょう。

パットラインは「傾斜と芝目」がカギ

006
これまでパットのストロークに関して何点か説明しましたが、今回はパティングには欠かせないグリーンのラインをを読む手順を説明します。他のゴルフスイングではほとんど関係しないパット独特のテクニックだと言えるでしょう。

フェアウェーウッドの打ち方2

ゴルフクラブいろいろ
ゴルフスイングにおいては、ターゲットラインに対してフェースの向きをスクエアにすることと、スタンスをターゲットラインに対してスクエアにセットすることが基本であることは多くのレッスン書で指摘されていることです。

一流選手のバンカーショット

ゴルフは楽しい
一流選手のバンカーショットは我々アマチュアでも参考にできる点がいくつかあります。サンドウェッジのクラブヘッドがグリップ位置を追い越して、フィニッシュではクラブは垂直に立った状態でクラブフェースは体を向いているものです。フィニッシュフォームには、バンカー脱出のためのポイントが凝縮されています。

ウェッジでのコントロールショット

006
アプローチショットが冴えまくるゴルフスイング出来る日は、グリーン周りに限らず30ヤードから80ヤードくらいのレンジで、ウェッジでのフルスイングでは大き過ぎる微妙なコントロールショットがすべてうまくいくことも夢ではありません。
サブコンテンツ

このページの先頭へ