前足下がりと下り斜面からの戦略

前足下がりと下り斜面からの戦略を間違えると実際のラウンドでは苦労することになります。今回は斜面の中でもこの2つについてまとめてみました。

練習場でこれを試してみるとすれば、前足下がりではカカト側に下り斜面(左足下がり)では、右足に本などを下に敷いてみると要領がつかみやすいのではないかと思われます。

状況によってはこの2つのライが同時に現れるという難しい局面も予想されますが、基本的なポイントさえマスターしていれば対応することは十分に可能ではないかと思われます。

前足下がりの戦略

前足下がりのライでは、ボールが自分の両足よりも低い位置にあることになります。

そのせいで、ボールまでクラブが届きにくく、ゴルフ初心者にとってはあまり望ましい状況とは言えません。

前足下がりのライからだと、ボールは右方向に飛び出すことが多くなります。傾斜沿った形でそれなりにうまく打てたとしても、ボールは右に飛んでいく傾斜が強いのです。

その上、こうした傾向を意識しすぎると、クラブフェースがかぶった状態でボールにあたり、反対に引っかけるミスが出る可能性もあります。

これではボールが高くあがらずに距離も伸びません。戦略としては、右に飛ぶというこうした傾向を理解した上で、狙いを目標の左サイドにとります。

ピンを狙える距離が残っている場合、ピンの左側をバーチャルなターゲットに設定します。

そこを狙ってアドレスすることで、ボールは自然に右に飛び出して、ちょうど本当の目標地点に届く計算を立てることができます。

スポンサード リンク


ボールが低い位置にあるために、両手でボールにフェースを合わせようとしがちになるのが、前足下がりの状況です。

アドレスで手を伸ばしてボールに合わせても、確実に合わせたことにはなりません。そのように無理に手を伸ばした状態でインパクトすることはできないせいです。

それよりも両膝を深く曲げながら、ボールに合わせるようにします。傾斜の度合いがきついほど、両膝を大きく曲げて、クラブフェースをボールに届かせるように調整します。

手で合わせようとすると前傾姿勢がきつくなりすぎて、ゴルフ初心者の場合、スイングの最中に体が起きあがりやすくなります。

インパクトで体が起きてしまうと、ヘッドがボールまで届かなくなりボールの頭をたたくトップのミスになります。

両肩と腰のラインは、地面と平行に構えます。左肩を高くしないように注意しましょう。この姿勢を作り出すには、あごを真下に向けるように意識することです。

あごが斜めになった状態だと、背骨も斜めになり結局はフォーム全体が斜めになってしまいます。

これでは肩も腰も地面に対して斜めのラインを作ることになって、前足下がりの状況にふさわしい姿勢とはならないのです。

ボールのセット位置は両足のセンターから、少し左足寄りの位置とします。一番気を配るべき点は、両膝の動き方になります。

仮に、膝が少しでも伸び上がるようになると、クラブフェースのスイートスポットでボールをとらえることが難しくなるからです。

両膝は深く折り曲げてアドレスして、その角度をキープしたままスイングします。

この状況では、大振りは不可能です。トップ・オブ・スイングの高さは、右肩の高さ程度まででおしまいです。

それ以上に振りあげようとすると、肝心の膝が伸びあがる原因になります。両足をしっかり固定した状態で、肩の回転をいかしてクラブを振りあげます。

スポンサード リンク



ダウンスイングではニー・アクションはほとんど起こさないで、腕の振りだけのスイングにします。

両ひざが伸びあがりやすい場合は、逆にダウンスイングで両膝を沈みこませるような意識でスイングすると、伸びあがりを防止できます。

両膝が、アドレスの時点よりも高くなるのは避けたいのですが、下に低く沈み込むぶんには特に問題にはなりません。

下り斜面からの戦略

上りの傾斜の反対が、ダウンヒルライの下り傾斜です。このライからボールを打つと、スライスする傾向があることをゴルフ初心者も覚えておきましょう。

クラブヘッドが上から入る傾向があるので、スライス回転のスピンがかかりやすいのです。

卓球をたとえにすれば、カット打ちを狙うためにはラケットを上から鋭く振りおろして、ボールを切るような腕の振りをします。

ゴルフではそれほど極端ではありませんが下り傾斜では、それに近い軌道を描くことになるので、スライスボールがでるわけです。

こうした球筋の傾向をあらかじめ計算した上で、ターゲットを左側に定めます。実際のターゲットの位置よりも、左狙いの戦略をとります。

大きなクラブになるほど、スライスの程度も強くなります。

下り傾斜でFWを手にするようなシチュエーションでは、グリーンの左側にあるガードバンカーを、狙うようなルートが正しい戦略になります。

ボールはバンカー方向へ飛んでいきながら、途中でスライスしてグリーンの方向へ飛んでくれるでしょう。

実戦では、必ずしも説明通りにうまくいくとは限らないのですが、戦略的には、こうしたスライスの計算をたてて攻めていくことをゴルフ初心者も意識しましょう。

下り傾斜で左足下がりのライの場合、ターゲットに対してまっすぐに立ってしまうと、バックスイングする際、ボールの後ろが高くなっているために、ヘッドが地面に触れてしまいスムーズな動きがとりにくくなります。

実戦ではこうした難しさがいろいろなところになります。それを避けるためには、傾斜合わせたオープンスタンスをとることが有効な対策になります。

こうすることで、バックスイングでクラブを斜面にそって、スムーズに上げることが可能になるのです。

下り傾斜のもうひとつのポイントは、いかにボールをあげていくかにあります。

スポンサード リンク



打ちあげ(左足上がり)のケースとは違って、ボールがあがりにくいのが下り斜面の特徴です。

そのためにもスタンスをオープンにするで、少しでもボールを高くあげる構えをつくっていくようにします。

両肩のラインは、地面と平行になるようにします。ボールをあげる意識が強く働くと、高いほうの右足に体重をかけてしまい、両肩のラインが水平になりがちです。

しかし、この姿勢をとるとボールの手前をたたくダフリになりがちです。あくまで肩や腰のラインは、地面と平行になるようにします。

このフォームだと、ウエートは左足にやや多くかかっていきます。肩が水平の状態ならば、ウエートが右足にかかってきて、スロープに合った構えにはならないのです。

ボールの右側が高くなっている状況ですから、大きなテークバックをとるのは難しいです。

しかし、反対にダウンスイングでは左足が低くなっている影響で、ウエートのシフトもスムーズに行え、大きなフォロースルーを描くのがたやすくなります。

アドレスでは、オープンスタンスをとったこともあり、ゴルフスイングもその方向にそってクラブを振っていくのが正解です。

ゴルフクラブの軌道は、ターゲットラインにたいしてアウトサイド・インになり、ボールにスライス回転を与えることになります。

けれども、下りのスロープからでは、ある程度のスライスは防ぎようがありません。

さらに、フラットなライと違ってロフトどうりの球の高さは出しにくくなり、低い球筋が出やすい傾向があります。

かなりナイスショットの当たりになったとしても、この傾斜からのゴルフスイングではスライスと低い球筋はつきものだと考えましょう。

こちらの記事もどうぞ!

  • クラブ選択に迷った時クラブ選択に迷った時 クラブ選びに迷った時、つまり中途半端な距離が残った場合ですが、必ず大きめの番手を選ぶという人もいます。 その結果、度々ピンオーバーを […]
  • アイアンはU字型のゴルフスイングでアイアンはU字型のゴルフスイングで アイアンショットはU字型のゴルフスイングにするべきです。V字型だとバックスピンが必要以上にかかりすぎる傾向があるので避けた方が正解でしょう […]
  • アイアンショットから「シャンク」を無くすアイアンショットから「シャンク」を無くす アイアンショットでシャンクのミスをすると、仲間たちから、「今はヘッドアップしていたよ」と指摘されるケースがあるかもしれません。一度や二度で […]
  • 左足上がり、左足下がりのゴルフスイング左足上がり、左足下がりのゴルフスイング 傾斜地のゴルフスイングから左足上がりと左足下がりを取り上げます。ティーショットでうまくいってナイスショットが打ててフェアウエーキープしまし […]
  • ハンドファーストインパクトを体感する方法ハンドファーストインパクトを体感する方法 ハンドファーストインパクトを体感するための練習法について紹介しておきます。方法はいたってシンプルで右腕1本でアイアンクラブを振るだけです。 […]
  • アイアンの番手選びのコツアイアンの番手選びのコツ アイアンの番手をどれにしようかと迷った時には、フルスイングしてもピンまでは届かないクラブを選ぶことを考えましょう。アイアンショットで問題に […]
  • アイアンでハーフスイングのドリルアイアンでハーフスイングのドリル 右手だけのゴルフスイングのトレーニングに続き、アイアンショットのハーフスイングのドリルを紹介します。クラブ、腕、体の3箇所の同調をマスター […]
  • つま先上がりの打ち方つま先上がりの打ち方 スロープからのゴルフスイングで苦い経験をした方も多いのではないでしょうか。スロープは状況別に大きく4タイプに分類できますが、どの場合でもバ […]
  • クロスハンドグリップでのゴルフスイングクロスハンドグリップでのゴルフスイング アイアンショットでのリストの動きを抑えるためのゴルフスイングの基本的な練習法として、スプリットハンドグリップを以前に紹介しました。今回は別 […]
  • ハンドファーストのゴルフスイングの手順ハンドファーストのゴルフスイングの手順 アイアンショット・インパクトはハンドファーストと申し上げました。今回は、アイアンショットでハンドファーストのゴルフスイングを行う場合の手順 […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ