左足上がり、左足下がりのゴルフスイング

傾斜地のゴルフスイングから左足上がりと左足下がりを取り上げます。

ティーショットでうまくいってナイスショットが打ててフェアウエーキープできたとしましょう。

けれど、それでも打ち上げ、打ち下ろしのホールではこの2つのライは必ず出てきます。

左足上がり、左足下がりスロープに苦手意識を感じることなく、簡単にこなせるゴルフスイングを紹介していきます。

せっかくナイスショットが打てても、セカンドショットで打ち上げや打ち下ろしのライがあって「いやだな」と感じた経験があると思います。

左足上がり、左足下がりスロープのどちらにも共通するバランスの取り方から説明します。両膝のラインは斜面に沿って平行にするのが基本です。

その一方で、上体のラインはあまり傾けないようにして垂直に構えるのがポイントです。

以前のレッスン書には、斜面に対して体全体を平行に傾けると書かれているものが多かったのですが、今では正しい方法とは認知されていません。

実際、傾斜地でゴルフスイングをしてみるとよく分かりますが、左足上がりではフィニッシュで右足に体重が残りやすく、ダフリやトップのミスショットになりやくすなります。

左足下がりでは、バランスが崩れてボールが上がらず結果として飛距離も伸びません。

2つの傾斜の個別の対処法について説明します。

左足上がりの傾斜

砲台グリーンをオーバーした場合などでは返しのアプローチが左足上がりのライになるケースも十分に予想できます。

スポンサード リンク


イメージとしては、フォロースルーでリスト返しをせずに、クラブを高く振り抜くイメージで臨むことです。

また、思いきりよく大胆にショットする意識を持つことが必要です。

小手先で手加減したショットになると、ボールが途中で止まらずに手前下方へ転がってしまってグリーンオンまでに何打もかかるという最悪の事態を招くリスクが生じますから注意しましょう。

アドレスでのボールのセット位置は右足寄りにします。体重移動が難しいので最初からインパクトの形を強くイメージして、重心はやや左足寄りに構えます。

スタンスはオープンにします。足場が悪いようならばやや広めにとる必要も出てくるでしょう。

スイングでは、大振りすると当然バランスを崩してしまいますので、コンパクトにすることが大前提になります。

大きなフィニッシュもしないようして「インパクトしたらそこで終了」ぐらいの気持ちで丁度良いでしょう。

下半身の動きを極力抑えて、上半身でスイングするイメージで十分でしょう。

左足上がりのスロープではボールが上がりやすい状況なので、インサイドアウトの軌道でそこまで必要ないくらいにボールがつかまって、ヒッカケのミスが飛び出すこともあります。

ダウンスイングからフォローまではリストを返しすぎないような意識を持ちましょう。

リストを返すとボールが左へ大きく引っかかりますので、クラブフェースをターゲットに向かってまっすぐになるよう気をつけましょう。

ボールが高く上がる分、飛距離は望めません。そのため、フラットな場合よりも大きいクラブを持つことも大切な判断になります。

左上がりのアドレスとスイングの補足

スポンサード リンク



立ち方さえ間違えなければやさし<打てるのが左足上がりの特徴です。

ボールの右側をのぞき込む姿勢から上体を起こすことでできるものです。

初心者から中級者に至るレベルのゴルファーの中には、左上がりの傾斜をやさしいと思い込んでいるケースが少なくないようです。

その理由としては、左足が上がっている場合にはボールの後ろが低いために、ダフリのミスショットが出にくいと言う風に考えているからです。

実際にはスイングする難易度を考えた場合、一番難しいのがつま先上がりの傾斜で、それと同程度困難な問題を抱えているという意味では左上がりの傾斜も楽ではありません。

左足上がりの傾斜に対してどう立つべきかは、そのポイントさえマスターしてしまえば、初心者レベルでもこれほどやさしいショットはないとも言えます。

立ち方のコツとしては、ボールの右側をのぞき込むようにしゃがんだ姿勢を最初にとることです。上体をまっすぐにする人はいないでしょう。

ボールの右側をのぞこうとすることで、右腕を右ひざに当て、上体を右へ傾ける姿勢をとることになります。その姿勢ができてから、今度はボールが打てる位置まで上体を起こしていけばよいのです。

左足上がりからヒッカケやダフリのミスが出てうまく打てない場合は、上体をまっすぐにしたままアドレスを作り出そうとしているケースが多いです。そのため、頭はボールの前にくることになります。

傾斜に沿って立つということを考慮しても、せいぜい頭はボールの上にくる程度が妥当な線です。上体をまっすぐに立てておいて、後で傾けるのは抵抗を感じるのが普通です。

左足上がりで引っかけることを心配して、ボールを右足寄りにするだけでは直接の問題解決にはいたりません。

斜面にそってスイングできる姿勢がとれるかどうかが、この場合のカギになります。

そのためには、一旦はしゃがんでみてからボールの右側をのぞき込む姿勢を作って、そこから上体を起こしてみることを試してみてください。

左足下がりの傾斜

スポンサード リンク



グリーンを大きくオーバーした返しのアプローチは、しばしば左足下がりの状況を作ります。

ラフからのショットが多いので、クラブヘッドが芝にからむことを計算に入れて、グリップは強めにしっかりと握ることが重要です。

セットアップでは、左足上がりと同じくボールは右寄りにセットします。傾斜がきつくなればなるほど、右側にしてください。

よくまちがえるのは、ボールを両足の中央かやや左足寄りに置いてかまえることです。

しかし、これでは十中八九、ボールの手前をザックリとダフってしまうか、またはトップさせてしまいます。

左足寄りにセットするとクラブヘッドがボールまで届かず、トップのミスの元となります。ウエートシフトはほとんど行わないことがポイントなので左足重心に構えます。グリップは短めに握ります。

スタンスはややオープンにしますが、この時、左足は特にしっかりと安定させましょう。

スイング自体は、クラブを少しアウトサイドに上げ、インパクト以降フォロースルーで斜面なりに低く出していくことが大切なポイントです。

左足下がりのゴルフスイングは、ボールが上がりにくい状況ではありますが、無理にボールを上げようと意図してスイングすると、軸がブレてしまいミスショットになる確率が高いです。

クラブのロフトを信じてスイングすれば必ずボールは上がってくれます。

また、目標地点が打つ場所より低いとことろにある場合が多いので、ランをうまく活用して打つ工夫をしましょう。

ボールがグリーンに落下してからのランも増えます。そのため、落とし所をかなり手前に設定する必要があるでしょう。

アウトサイドインなのでスライス系のボールになりやすいことを考慮に入れて、最初から目標地点を左側寄りに取ることも忘れないようにしましょう。

以上の説明のように、この2つの傾斜地からのゴルフスイングの基本は、欲張らずコンパクトに振ることです。

つま先上がり、つま先下がりもそうですが斜面からのゴルフスイングは苦手意識を持つのではなく、ゴルフプレーにはつきものと割り切って考え、次のショットにつながるエリアに確実にボールを出すことです。

スポンサード リンク



斜面からきれいに打ち出すことができると、気持ち的にも明るくなれてその後の攻め方も積極的になれます。

ゴルフをエンジョイするために積極的に取り組みましょう。

このように、左右の足のどちらか一方にウエートが多くかかるライでは、傾斜によってインパクト時のロフトが違ってきます。

左足上がりではロフトが多くなり、左足下がりのライでは少なくなるのが特徴的です。

これはゴルフスイングのショットの弾道の高低に大きな影響を及ぼします。

では、左足下がりのライからのうまく打ち出すためのゴルフスイングの基本はどう対処するのが正しいでしょうか。

ロフトが立って、通常よりも低い球筋の弾道になるため、どうしてもランが多くなります。

そのため、ボールにスピンを利かせてピタリと止めるゴルフスイングではなく、ボールが落下してからコロコロと転がるイメージを持つ必要があります。

傾斜のためにてロフトが少なくなる影響を考慮して、使用クラブを変更することを忘れてはいけないポイントです。

たとえば普段だと9番アイアンの距離であれば、ピッチングウェッジやアプローチウェッジを選択して、キャリーオーバーのミスショットを避けることが可能になります。

この辺りは、傾斜の程度によって選択するゴルフクラブを考えましょう。

また、傾斜に沿った構えをとることでウエートは自然に左足に多くかかりため、バックスイングはアウトサイド方向に上がりやすくなります。

そして、傾斜に沿ったゴルフスイングそしたらアウトサイドインの軌道になるため、ボールはターゲット方向よりも右に打ち出しやすい傾向が強まり、そのうえスライス系の弾道を描くことを考慮して、ターゲット方向よりも左サイドにアドレスを取る必要があります。

左足下がりからのアプローチショットで一番注意が必要なのは、アドレス時の前傾姿勢の角度をできるだけキープしたゴルフスイングをめざすところです。

特にダウンスイングで上半身が起き上がってしまうと、ボール後方の斜面にヘッドが落ちる可能性が高まり、ダフリの恐れがあります。

傾斜に沿って構えたら、左足にウエートが乗った状態のままウエートシフトをせず、左足をスイング軸にと考えてボール前方のターフを取る感覚でスイングしてみましょう。

スポンサード リンク



傾斜に沿ってクラブヘッドを上から下に向かって低く振り抜けば、グリップ位置を左腰の高さ付近に止めるフィニッシュにするだけでゴルフスイングを終えるイメージで良いでしょう。

フラットなライからのゴルフスイングと同じような感覚で、グリップ位置が左肩にまで達する大きなフィニッシュを取ろうとすると、体もゴルフスイングもバランスを崩してしまう原因になります。

こちらの記事もどうぞ!

  • 傾斜地でのバンカーショット傾斜地でのバンカーショット バンカーショットと一口で言っても、球がバンカー内のどんな場所に止まるかでゴルフスイングの難易度も大きく違ってきます。そもそも、バンカーは芝 […]
  • クロスハンドグリップでのゴルフスイングクロスハンドグリップでのゴルフスイング アイアンショットでのリストの動きを抑えるためのゴルフスイングの基本的な練習法として、スプリットハンドグリップを以前に紹介しました。今回は別 […]
  • ハンドファーストのゴルフスイングの手順ハンドファーストのゴルフスイングの手順 アイアンショット・インパクトはハンドファーストと申し上げました。今回は、アイアンショットでハンドファーストのゴルフスイングを行う場合の手順 […]
  • ラフの状況に応じたゴルフスイングラフの状況に応じたゴルフスイング ラフの状況に応じたゴルフスイングの考え方を説明してみます。ひとくちに「ラフ」といっても普通のラフから深いラフまで、あるいは順目のラフと逆目 […]
  • ゴルフスイングドリル・アイアン上級者向けゴルフスイングドリル・アイアン上級者向け 上級者向けにやや難易度の高いゴルフスイングのドリルを紹介してみます。両手にそれぞれ1本ずつクラブを持ちます。その間隔を保ちながらスイングす […]
  • アイアンはU字型のゴルフスイングでアイアンはU字型のゴルフスイングで アイアンショットはU字型のゴルフスイングにするべきです。V字型だとバックスピンが必要以上にかかりすぎる傾向があるので避けた方が正解でしょう […]
  • フォロースルーで飛距離を伸ばすフォロースルーで飛距離を伸ばす ボールをいかに遠くまで飛ばすかで、ゴルフクラブ選びやゴルフスイングの改造に躍起になっているアマチュアゴルファーは多いものです。けれども、実 […]
  • ゴルフスイングと風対策についてゴルフスイングと風対策について ドライバーでのゴルフスイングする場合、でティーの高さを調整することで弾道の高低をコントロールすることは理論的には適当な方法ではないことを以 […]
  • パット上達のゴルフスイングのドリルパット上達のゴルフスイングのドリル パットの成功率を向上させるための必要最低条件とは、設定したパットラインにボールを正確に打ち出すことにつきますです。打ち出しの最初からライン […]
  • 高い弾道を狙うゴルフスイングの注意点高い弾道を狙うゴルフスイングの注意点 高い弾道を狙うゴルフスイングの注意点としては、アッパーブローやハンマー投げのイメージばかりを極端に考えてしまう結果、右肩が下がり過ぎること […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ