ハンドファーストインパクトを体感する方法

ハンドファーストインパクトを体感するための練習法について紹介しておきます。

方法はいたってシンプルで右腕1本でアイアンクラブを振るだけです。

簡単そうに思えるでしょう。しかし、実際にやってみるとなかなか難しいもので、ツアープロたちもウオーミングアップの一環として取り入れているほどです。

右手一本でスイングできれば両手のショットはとてもイージーなものになります。まずは何も考えず右腕1本で振ってみてください。

やってみると思ったよりも、難しく感じたのではないでしょうか。簡単にボールをヒットすることは難しかったと思います。

しかし、テークバックで右手首をコック(折り曲げる)するタイミングは良くつかめたのではないでしょうか。

クラブをスッと上げた時、曲がったその右手首の角度を維持しながらインパクトに入ることが、ハンドファーストインパクトになるわけです。

この練習方法を実践するにはショートアイアンかウェッジ類を使うほうが良いでしょう。
ハンドファースト

大切なポイントは、右腕1本でも通常のゴルフスイングと同じに、アドレスを取りウェートシフトすることです。

これで、ゴルフスイングの基本となるハンドファーストインパクトを実現できるようになるでしょう。

バックスイングからトップ・オブ・スイングでは、上半身を右股関節に乗せることをお忘れなく。

そしてトップ・オブ・スイングからダウンスイングにかけて、クラブが自然落下するイメージを持つようにしてください。

スポンサード リンク


絶対にトップから手先だけを使ってクラブを振り下ろさないように注意してください。

ハンドファーストインパクトを実現させるためには、右ひじの使い方も大切なポイントの一つとなります。

ゴルフを習い始めた時から、早く上達してコース出たいと思うのが普通です。その気持ちはもちろん大切にしなければいけません。

しかし、焦りは禁物です。「まじめに練習しよう」という気持ちが、上達の大きな妨げになってしまうことも少なくありません。

もし「練習がつらい」と感じた経験があれば注意が必要です。ゴルフ嫌いに陥る前に考え方を見直しましょう。

ほとんどのゴルファーは、ゴルフを楽しみたいから始めたと思います。それを自分でつらい方向に仕向けてはいないでしょうか。

練習でなかなか思い通りにいかないとき、確かに「どうしてだろう」と悩んでしまうこともあるでしょう。

しかし、基本的には非常にシンプルです。肩の力を抜いて、少しばかりリラックスしてみてみることを考えましょう。

ゴルフスイングには色々な身体の動きが含まれていますが、その1点、1点に改善を加えて、パーフェクトなゴルフスイングをつくっていくのは容易いものではありません。どの動きも一連のそれの中で自然にできた結果と考えるべきです。

ポジティブな考え方で練習やコースに臨むようにすれば、肉体的にも精神的にもリラックスでき、いい結果にむすびつきます。

どんなことでも見方を変えれば乗り越えられるものですし、何か悪いことが起きたとしても、自分の中で処理できるようになるものです。

悪いイメージを持ったままプレーを続けていると、身体も緊張状態のままで、結果的にうまくいきません。

目標を絶対視して、まじめに取り組みすぎても、うまくできなかったときには自己否定になってしまうので、モチベーションを低下させる要因となりますから避けるようにしましょう。

ハンドファーストで腰を回す

スポンサード リンク



ここまででハンドファーストを体感できたでしょうか。

次は、ハンドファーストで腰を回すのが正しいインパクトの形であることについて説明します。

正しいダウンスイングができるようになるためには、正しいインパクトの形を知らなければ実際にはできません。

クラブフェースが開いてしまって迎えるインパクトとそうでない正しい形のまま迎えるインパクトについての違いに関してということです。

この二つの違いを正確に把握するということは、クラブフェースが開きにくいダウンスイングを行う上では非常に重要なポイントになります。

こう書くと誤解されてしまうかもしれませんが、クラブフェースがダウンスイングでオープンになっていても、運が良くてタイミングさえピッタリならばボールは真っすぐ飛ぶこともあるのは事実です。

問題なのは真っすぐ飛んでくれるがために、本当の正しいフォームでのインパクトとは完全に違う、間違ったフォームのインパクトになっていてもわからずに続けてしまうことです。

結果オーライで良いような気もするでしょうが、一旦ピンポイントから外れたら正しいゴルフスイングにするのに大変な手間がかかってしまいます。

正しいフォームのインパクトはウエートシフトがしっかりできているので、腰の回転が先行する形です。

その結果、左腰が回ってグリップ位置は自然とハンドファーストになります。

その一方で間違ったフォームのインパクトをしているとウエートシフトが不十分になり、無理やりフェースを返そうとするインパクトになります。

このフォームのインパクトというものは、オープンフェースでクラブを振り下ろすために起こるものです。

説明を加えると、オープンフェースで振り下ろす弊害として、ボールは右に飛び出しやすくなります。そのため、それを防ごうとして無理やりフェースを返して真っすぐ飛ばそうとするわけです。

ウエートシフトが満足にできていないせいで腰の回転は不足気味になり、リリースポイントも早いためにハンドファーストどころかハンドレイトになります。

この形のインパクトは、ほんのわずかなタイミングのズレでボールは左右どちらにもばらばらぶ飛んで、球筋が不安定になります。

さらに、ヘッドスピードが上がらないフォームなので、当然飛距離にも伸びを欠きます。

フィニシュについては、「二の腕返し」がうまくいけばクラブヘッドは左耳の方向へしっかりと伸びた弧を描いていくでしょう。

スポンサード リンク



そのため、最後には右のお尻の横ぐらいに収まると思います。これが望むべきフィニッシュの姿で、まずはクラブヘッドがこの辺りまでくれば、やっと十分に振り切れたと考えても良いでしょう。

ゴルフスイングの基本からフォームを考えた場合、正しい状態になっているといっても良いのです。

ハンドファーストにならずフィニッシュしたら

インパクトで詰まったり、インパクトのポイントが遅れて「二の腕返し」ができなかった場合はクラブヘッドも振りきれず、従ってフィニッシュもとれません。

フィニッシュでは体重はすべて左サイドにのり、振り切ったあとは左足一本で立つようにしましょう。これがゴルフスイングの基本です。

身体はおへそが目標方向を向くほど回転しています。もちろん、ここまで回ってこなければ左足一本で立つことは出来ないでしょう。

ところで、フィニッシュの重要さをあまり認識していないゴルファーも多いようですので、その点を説明してみましょう。

「終わりよければすべてよし」とは、よく言われますがゴルフでもこの例えがあてはまります。

というのは、フィニッシュは、そのときに打つボールのイメージがゴルファーの頭の中に予め描かれ、そのイメージ通りに打てた結果のものでもあるからです。

つまり次のようなことです。第二打でグリーンを攻めようとしたところ、そのグリーンの手前にはバンカーが多く、花道らしきものはほとんどなかったとしましょう。

高いボールで大きめに攻めなければならないのは誰しもわかります。

そして、このとき適切なクラブを選んだ後、打ち手は高い球が大きな放物線を描いてグリーンにキャリーでオンするイメージを描くでしょう。

すると、構えもそのイメージに添ったものになりますし、フィニッシュも高くなるはずです。

スポンサード リンク



実際に打ったあと、フィニッシュが高くとれればそのショットはイメージ通りに打てたことになるのです。

反対にアゲインストの風が強い日で、グリーンの手前には花道が開けている場合のショットはどうでしょうか。低いボールで花道から転がして乗せていくのが最上の方法だと誰もが考えるでしょう。

そこでクラブを選び終えたら、低いボールを打つような構えをつくるはずです。構えた手をボールの前に出しハンドファーストを強調するでしょう。

そして同時にフィニッシュのイメージも低く描きます。低いボールで花道からころがしていくのですからフィニッシュも低くおさえるようになります。

その通りのフィニッシュがとれたらそのショットは最初のイメージ通り打てたことになるのです。

すべてがうまくいくとは限りませんが、フィニッシュとは自分の描いたイメージ通りのボールを打つ大事な形づくりのひとつだということが改めて認識できたと思います。

フィニッシュもゴルフスイングの基本の一部なのです。

こちらの記事もどうぞ!

  • クロスハンドグリップでのゴルフスイングクロスハンドグリップでのゴルフスイング アイアンショットでのリストの動きを抑えるためのゴルフスイングの基本的な練習法として、スプリットハンドグリップを以前に紹介しました。今回は別 […]
  • タオルをわきに挟んで体幹を意識するアイアンのドリルタオルをわきに挟んで体幹を意識するアイアンのドリル ゴルフスイング上達を目指すための、脇にタオル挟んでクラブを振るドリルについて説明しますが、自分のどこを矯正したいかで右、左、どちらにタオル […]
  • アイアンショットから「シャンク」を無くすアイアンショットから「シャンク」を無くす アイアンショットから「シャンク」を無くす方法を説明します。アマチュアゴルファーにとってミスショットの中でも、1発始めると、連発して、せっか […]
  • ハンドファーストのゴルフスイングの手順ハンドファーストのゴルフスイングの手順 アイアンショット・インパクトはハンドファーストと申し上げました。今回は、アイアンショットでハンドファーストのゴルフスイングを行う場合の手順 […]
  • ボール位置の最適化ボール位置の最適化 ゴルフスイングの基本となる思考方法は、ボールを打つにではなくクラブを振るという意識です。これが飛距離を伸ばすために一番必要な考え方です。ボ […]
  • アイアンでハーフスイングのドリルアイアンでハーフスイングのドリル 右手だけのゴルフスイングのトレーニングに続き、アイアンショットのハーフスイングのドリルを紹介します。クラブ、腕、体の3箇所の同調をマスター […]
  • つま先上がりの打ち方つま先上がりの打ち方 スロープからのゴルフスイングで苦い経験をした方も多いのではないでしょうか。スロープは状況別に大きく4タイプに分類できますが、どの場合でもバ […]
  • ゴルフスイングドリル・アイアン上級者向けゴルフスイングドリル・アイアン上級者向け 上級者向けにやや難易度の高いゴルフスイングのドリルを紹介してみます。両手にそれぞれ1本ずつクラブを持ちます。その間隔を保ちながらスイングす […]
  • ラフの状況に応じたゴルフスイングラフの状況に応じたゴルフスイング ラフの状況に応じたゴルフスイングの考え方を説明してみます。ひとくちに「ラフ」といっても普通のラフから深いラフまで、あるいは順目のラフと逆目 […]
  • アイアンはU字型のゴルフスイングでアイアンはU字型のゴルフスイングで アイアンショットはU字型のゴルフスイングにするべきです。V字型だとバックスピンが必要以上にかかりすぎる傾向があるので避けた方が正解でしょう […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ