ハンドファーストのゴルフスイングの手順

アイアンショット・インパクトはハンドファーストと申し上げました。

今回は、アイアンショットでハンドファーストのゴルフスイングを行う場合の手順について説明していきます。

基本となるポイントは、「腕と体の同調」にあります。

(1)グリップ
グリップは、ドライバーやフェアウエーウッドと同様に、ストロンググリップにして左手甲の半分が前に向ける方式をお勧めします。

このグリップ方式を採用した場合、肩の回転運動によってスイングするだけで、シャフトにねじれが生じるがことなく、ダウンスイングでは左ワキが締まりやすくなるので、非常に強いインパクトを導き出すことが可能です。

(2)アドレス
アドレス時の体重配分は、左右均等に5:5にします。少しハンドファーストの構えを意識して、グリップエンドが左股関節を指すように構えます。

クラブフェースは必ずスクエアになるようにセットして下さい。

(3)テークバック
テークバックでは、身体の前傾姿勢と平行になるように、クラブフェースの角度をつくります。

スッとアイアンクラブを上げる感覚です。そして即座に素早く右手首を折り曲げる「コッキング」を入れます。

(4)トップ
トップ・オブ。スイングは、意識して小さく抑える必要はありません。高さは、アイアンの番手が短くなればばるほどトップの位置を浅くします。

(5)ダウンスイング
ダウンスイングではコッキングの状態は維持したままにします。右手首の角度をキープしたまま、右足側から左足側にウェートシフトします。

(6)インパクト
インパクトの時点では左足への体重移動が既に完了して、右手リストの角度を保持したままなら、自然と目標にするハンドファーストインパクトができます。当然ですが、頭や上体が先に起き上がらないように注意してください。

スポンサード リンク


(7)フォロー
インパクトの後のフォロースルーでもリストをこねたりせずにそのままの形を意識してキープします。体の回転運動に任せて振り抜くことで、自然とリストは返るものです。

しかし、左肘がひけてしまって左脇があいてしまっては元もこうもありませんので、っかりと締めてフォロースルーを取れば、ターフが取れるゴルフスイングになるでしょう。

(8)フィニッシュ
フィニッシュでも、最後までリストをこねる動作をせずに、右手首の角度をキープしたまま高く上げます。

ボールを目標方向にしっかりと送り出すイメージしたフィニッシュになるのが理想的なゴルフスイングです。

以上のハンドファーストインパクトを中心に考えてアイアンでのゴルフスイングは、腕と身体の動きが同調することを意味します。

アイアンクラブに限った話ではありませんが、特にボールをつかまえやすい性能が高いショートアイアンではゴルフスイングの途中で手だけでクラブフェースを開いたり閉じたりする動作は、まったく行いません。

身体の回転運動に合わせて腕と手がシンクロすれば、クラブのフェースローテーションを全く意識しなくても、スクエアな状態でインパクトのタイミングを迎えることができるでしょう。
004
日常品であるワイヤーハンガーを使った練習器具も、非常に役立ちます。つくり方は非常にシンプルで、ワイヤーハンガーの下側を少し潰してゴルフクラブに見たてましょう。

そして一端に乾電池など、少し重量のあるものをテープで巻きつけるだけで出来上がりです。

この形のメリットは、ゴルフクラブと同じようにグリップの延長線上に重心がないために、実際のクラブと同じようなゴルフスイングの感覚を味わうことができることです。

更にハンガー自体が柔らかい素材であるため、腕の力だけで振ろうとすると、重りが揺れてしまうので正確なゴルフスイングできません。

スポンサード リンク



重りの重みをうまく生かして、ハンガーのしなりに合わせてスイングすることがポイントですから、タオルを利用するよりも実戦的な練習に取り組めるでしょう。

このようなクラブ似た構造の道具を使えば、素振りのできるだけのスペースが自宅になくても、屋内で簡単にゴルフスイングの感覚を磨いていけるでしょう。

場所や時間を問わずに仕事の息抜きなどでも簡単に練習できますから、作っておくと大変便利です。

アイアンのゴルフスイングのポイントをまとめます。

  1. スイング中にコックをほどく必要はありません。
  2. 右手首の角度を維持したままのインパクト~フィニッシュを行います。
  3. 「Keep The Cocking」を意識してボールを打っていきましょう。

ゴルフスイングはハンドファーストインパクト

ゴルフスイングでハンドファーストインパクトを実現するためのトレーニング方法として、右手1本でアイアンクラブを振る練習を紹介しました。

右ひじの角度も、右手首と同様にほとんど変えないように意識することは大変重要です。

早くひじを伸ばしてしまうとクラブヘッドはスイングプレーンの軌道から外れてしまい、ダフリのミスショットの原因になります。

イメージとしては、右ひじが支点となるように意識して、インパクト後の段階で伸ばしても十分にクラブヘッドは走ってくれるのです。

クラブフェースにボールを当てようとする意識が強く働きすぎると、ヘッドスピードは遅くなります。

インパクトの前後では、下半身は半身の状態になっていると思います。

この状態で左肩が開き切っているとクラブフェースも不安定になり、ボールは右ヘプッシュしたり、左へひっかけたりとミスにつながります。

実は、右手1本のゴルフスイングの練習の課題はハンドファーストインパクトを作り出すことと同時に、身体―クラブ―腕の3箇所を同調させるテクニックをマスターすることにあります。

単純に腕を振り回すゴルフスイングではなく、体のローテーションとウエートシフトでクラブを振り抜くことが大切なのです。

これを右腕1本だけでクラブを持ってできるようになれば、両腕でボールを打つのはいともたやすいことになるのは間違いありません。

スポンサード リンク



以前は、日本でのゴルフ理論では、左手リード、左腕主導というキーワードを使った指導方法が多かったようです。

この考え方は、利き腕の右腕に対して、比較的弱い左腕を意識することでゴルフスイングのバランスが良くなるという考え方だったはずです。

しかしながら、米国で教えているゴルフスイング理論は右腕でスイングプレーンを作ることでした。現在の欧米、日本に係わりなく、ツアープロのゴルフスイングを見てもほとんどが右腕主導でボールを打っています。

以前に説明したように、右腕1本でクラブを振ることは、そうたやすいことではありません。

最初は右腰から左腰までの短い振り幅で右手首を固定したまま振り抜くことを目指しましょう。

頭ではなく身体で感覚をマスターするまで、根気良くトレーニングを繰り返しましょう。

ゴルフスイングの練習をするときには、何も考えすにただ漠然と打ち続けるよりも、ゴルフスイングしながら自分で考える上達の目標や、その日の練習のテーマをつくって練習したほうが間違いなく上達は早まります。
006
その日の目標を飛距離の安定と考えるなら、7番アイアンで100ヤード飛ぶ人は、それより飛べばOK、それ以下だったらNGとして、7割はそれ越えるようにすると言った具合に自分なりに目標を設定した方が、やりがいのある楽しい練習になるでしょう。

そして、目標がクリアできたら、次回は方向性の安定を目標にして7割は自分が決めたエリアに落とすなど自分で目標をレベルアップすることで効果も大きくなるでしょう。

ただし、この目標にばかり執着しすぎると、身体は緊張感で硬くなり、ゴルフスイングが崩れる原因にもなりかねません。

極端に高過ぎる目標を設定するのではなく、ゲーム感覚で楽しめるくらいの「ちょっと頑張ればできる」といったレベルの目標にしましょう。

ディボット跡からはハンドファーストで上から

ライの悪い状況の中でもディボット跡だったり、くぼみに沈んでいたりしている場合、どう対処すべきかという点を説明しておきます。

ディボット跡といっても、ライの状況をしっかり把握して対処する必要があります。問題はディボット跡のどこにボールがあるのかという位置です。

スポンサード リンク



それによって打ち方も大きく違ってきますから重要な部分です。

左寄りや真ん中にボールがあるときは、ライの悪さそろほど苦にすることはありません。

クラブヘッドを、ダイレクトにボールに当てることが可能な状況と言えるからです。

問題はボールが右の壁面側に、くっついているような状況です。

この場合、ボールとフェースの間に必ず芝が巻き込まれてしまいますから、クリーンにボールをとらえることは至難の業です。

ライの中でも非常に難しいライに分類されるものですが、狙い方としてはやっと見えているボールを目がけて、ハンドファーストで急角度に上から叩くようなゴルフスイングをします。

ハンドファーストで上から叩いてフォロースルーをとらずに低い高さでスイングはストップそます。いつもの高さと比較すれば球すじは間違いなく低くなるでしょうが、ある程度の距離を出すことは可能です。

ボールを上から叩くコツは、手首の形をなれべく変えないようにして振り下ろしていくことです。

つまり、トップ・オブ・スイングでのリストの角度をゆるめないまま、インパクトまで持っていく要領です。

こうすることでヘッドが手前に落ちはしないはずなので、急角度にボールに当てることができるでしょう。

この軌道では、当然ですがフォロースルーは大きくとれません。当てて終わりといったイメージで低い位置でのフィニッシュにとどめます。

何よりも脱出することが最優先事項なので、ナイスショットの8割も飛ばせれば、上出来と評価していいと思います。それほど繊細で難しいライだということです。

こちらの記事もどうぞ!

  • クロスハンドグリップでのゴルフスイングクロスハンドグリップでのゴルフスイング アイアンショットでのリストの動きを抑えるためのゴルフスイングの基本的な練習法として、スプリットハンドグリップを以前に紹介しました。今回は別 […]
  • アイアンはU字型のゴルフスイングでアイアンはU字型のゴルフスイングで アイアンショットはU字型のゴルフスイングにするべきです。V字型だとバックスピンが必要以上にかかりすぎる傾向があるので避けた方が正解でしょう […]
  • ゴルフスイングドリル・アイアン上級者向けゴルフスイングドリル・アイアン上級者向け 上級者向けにやや難易度の高いゴルフスイングのドリルを紹介してみます。両手にそれぞれ1本ずつクラブを持ちます。その間隔を保ちながらスイングす […]
  • アイアンショットから「シャンク」を無くすアイアンショットから「シャンク」を無くす アイアンショットでシャンクのミスをすると、仲間たちから、「今はヘッドアップしていたよ」と指摘されるケースがあるかもしれません。一度や二度で […]
  • アイアンでハーフスイングのドリルアイアンでハーフスイングのドリル 右手だけのゴルフスイングのトレーニングに続き、アイアンショットのハーフスイングのドリルを紹介します。クラブ、腕、体の3箇所の同調をマスター […]
  • タオルをわきに挟んで体幹を意識するアイアンのドリルタオルをわきに挟んで体幹を意識するアイアンのドリル ゴルフスイング上達を目指すための、脇にタオル挟んでクラブを振るドリルについて説明しますが、自分のどこを矯正したいかで右、左、どちらにタオル […]
  • アイアンの番手選びのコツアイアンの番手選びのコツ アイアンの番手をどれにしようかと迷った時には、フルスイングしてもピンまでは届かないクラブを選ぶことを考えましょう。アイアンショットで問題に […]
  • パットでボールを目で追わないパットでボールを目で追わない パットでボールを目で追わないようにしていますか?クラブヘッドが左足前を通過するまで目線は不動に保ちます。パッティングはアドレスの時に作った […]
  • ピッチ&ランのゴルフスイングのポイントピッチ&ランのゴルフスイングのポイント アプローチショットの中でのピッチ&ランのゴルフスイングについて説明しておきます。まずはキャリーとランの比率がほぼ5対5になるのがピッチ&ラ […]
  • フィニッシュ重視のゴルフスイングフィニッシュ重視のゴルフスイング テレビ放送のゴルフトーナメントでも時折見かけますが、プロゴルファーであってもミスショットすることは少なくありません。特にグリーン周りからの […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ