タオルをわきに挟んで体幹を意識するアイアンのドリル

ゴルフスイング上達を目指すための、脇にタオル挟んでクラブを振るドリルについて説明しますが、自分のどこを矯正したいかで右、左、どちらにタオルを挟むかが違ってきます。

何度も書いていますが、「ローマは1日にしてならず」です。

ゴルフスイングは体で感覚がつかめるようになるまで繰り返して地道にドリルを実行しましょう。

〈右わきにタオルを挟む〉トップ・オブ・スイングで右ひじが浮き上がってクラブがターゲットラインと交差してしまうゴルファーや、オーバースイングになるやすい人にお勧めです。

〈左わきにタオルを挟む〉トップ・オブ・スイングからフォロースルーにかけて左わきがあきうまくボールがつかまえられない人や、ダウンスイングの時に体のターンと腕が同調しておらず、アドレス前の前傾姿勢が維持できなくなる人に向いています。

両わきに挟むドリルの方法もあります。ゴルフスイングしている時の回転軸をずらさずに振りぬく感覚をマスターするのが目的で、グリップが常に体の正面に位置したスイングにするのが狙いです。

タオルをわきに挟むドリルは、実際に試してみると思ったほど簡単なトレーニングではありません。特に両わきに挟むドリルは窮屈な感じで、プロでもすぐにうまくはできないほどです。それでも根気強くトライしていけば必ず効果は期待できます。
ゴルフは楽しい
スポーツ全般を通じて「体幹」は重要なポイントです。

サッカーでも体幹をずらさないフェイント攻撃で相手を抜き去るというテクニックがあると聞きます。

サッカーのシュートも野球のバッティングも、体幹にずれが生じていてはボールにパワーを伝えることは難しいでしょう。

スポンサード リンク


タオルを使う以外にも、どこでもできる練習方法がいくつかあります。スタンス、前傾姿勢、からだの感覚、というゴルフスイングの基本ともいえる身体で覚えておきましょう。

コースに出ても思い通りにプレーできます。時間の都合をつけて、しっかりと自分のものにしていきましょう。

こうした練習は、練習場に行かなくても、自宅で比較的簡単に実行できます。逆に自宅でうまくできないことを、練習場やコースで実際にボールを打つときにできるというのは難しいでしょう。

これから紹介するチェック方法は非常に簡単なものばかりです。そのまま練習方法にもつながることなので、うまくできない場合は、従来の練習とあわせて試してみるのもいいでしょう。

感覚や感触をからだに覚え込ませるためには、日常生活から慣れておくことがいちばん大切です。

時間のあるときにチェックするくせをつけておいて、わざわざ意識せずにできるようになれば、ゴルフスイングも自然と向上します。

クッションの上に乗ってクラブをぷらぶらさせる練習があります。足裏全体でしっかり体重を支えることができていれば、足元が不安定な場所でもきちんとゴルフスイングができるでしょう。

ゴルフコースでのグラウンドは柔らかい芝が多いです。ゴルフ練習場のような固い場所で打つことはほとんどないでしょう。

そこで、ソファーやクッションなどの上に乗ってクラブを振ってみたり、安定したゴルフスイングができるかを確認しておきましょう。

クラブの長さに合わせて正しい前傾姿勢を作るには足首、ひざ、腰をすべて折りたたむことが大切です。

この感覚を確認する方法としては、壁を目の前にした状態で姿勢を落とす練習をすると効果的です。

前のめりの姿勢になると壁に頭をぶつけてしまうため、重心を前後にズラすことなく自然にからだを前傾できます、

スポンサード リンク



人間は五感のひとつを失うと、他の感覚はより鋭くなります。

目をつぶって練習するとヘッドの重みをリアルに感じられる効果があるので、手の平にクラブの重さを覚えこませましょう。

からだの正面に軽いものを置いた状態で、うちわでそれが倒れるかどうかで、ゴルフスイングが正しくできたかが判断できます。

思い通りにならないなら身体にリキミがあるのでしょう。

タオルを使ったアイアンの正しい体幹ドリル

ゴルフスイングの上達を目指す意味でタオルを使ったアイアンのドリルを紹介します。

いくつかの方法がありますが、今回は2人1組で行う右肘を支点にしたバックスイングを体感できるものを紹介しましょう。

手軽に、場所や時間にとらわれずにできるドリルなので、ぜひ実行してみてください。

ゴルフスイングの上達を目指す意味でタオルを使ったアイアンのドリルを紹介します。

いくつかの方法がありますが、今回は2人1組で行う右肘を支点にしたバックスイングを体感できるものを紹介しましょう。

手軽に、場所や時間にとらわれずにできるドリルなので、ぜひ実行してみてください。

2人1組で行うドリルの方法です。ポイントは、右肘を支点にしたバックスイングを体感できるようになることです。

アマチュアのプレーヤーが調子を崩す場合の原因のひとつとして、バックスイングをどう振り上げていいのか混乱してしまうというケースが多いようです。

これを解消するために、友人・知人と二人一組になってトレーニングしてみましょう。

  1. アドレスの姿勢をとった上で、両肘の内側の上側に相手にタオルを巻きつけてもらいます。これはゴルフスイング中の腕や肘の余計な動きを抑える目的です。
  2. 左サイドに回った相手が背後から右手を引くと、ゆっくりと自然に右肘を支点にしてクラブを振り上げるバックスイングが実感できます。グリップ位置が腰の高さに到した時点で、アイアンクラブは目標ラインと平行に収まるでしょう。
  3. トップからダウンスイングに移行する際は、相手に右サイドに回ってもらい左手を引いてもらいます。その力に自然に任せてまたゆっくりとターンしてクラブを振り下ろしましょう。アイアンと体と手が同調させた感覚がつかめると思います。
  4. グリップの位置が体の正面から離れないようになるため、スイングプレーンにしっかりと乗ったフォロースルーが実現できることがわかるでしょう。

スポンサード リンク



下半身をしっかり安定させて前傾姿勢をキープしないとバランスのよいゴルフスイングができないので気をつけてください。

ボールを実際に打つとよりわかりやすいですが、ボールが無くてもこの手順を繰り返すことで、正しいバックスイングを体感できるはずです。

ここからは、アイアンからドライバーの話に移ります。ドライバーは飛距離を出すクラブとの先入観が働きやすいものです。

そのため、どうしてもゴルフスイングに力が入ってアイアンの感覚で振れなくなってしまう人が少なくありません。

こうした状況を招いている理由は、シャフトの長さやヘッドの大きさといったゴルフクラブの外観上の違いかもしれません。

ドライバーではシャフトが伸びたぶん、勿論しなりも大きくなり、ヘッドスピードが上がる位置もアイアンとは違います。

そのため、手に伝わる感触も違いが生まれます。しかし、それに惑わされては満足のいくドライバーショットは打てません。

基本はあくまでもアイアンでのゴルフスイングと同じで、リキミが入れるほどゴルフスイングは不安定なものになってしまいます。

最初に、からだの正面ではクラブヘッドが遅れてくる感覚に慣れる必要があります。それだけの違いで、練習場やゴルフコースで打つときに精神的に落ち着くことができるでしょう。

ドライバーは長いから自宅では練習するのが難しいなどとあきらめてはいけませんし、そんなことはありません。

タオルやハンガーなどを使って練習することは可能なのです。苦手意識が生まれる前に、日頃からこの感覚に慣れておくと良いでしょう。

アイアンの練習と同様に、バッグをゆっくりと大きく振ってみましょう。ただし、この時はストラップを伸ばして実行します。

長くなったので、そおれまでと感覚が違ってくるでしょう。これがドライバーとアイアンの違いと考えて良いでしょう。

手元だけでクラブをコントロールしようとすると、アイアンの場合より難しく感じるはずです。

どうしてもバッグの動きが乱れてうまくスイングできない場合は、振り始めに少し右足にウエートを乗せるような感覚で振れば、上手に振れるようになります。

ドライバーは、シャフトが長いだけ姿勢が立つこともありますが、ボールとの距離もアイアンよりも離れたものになります。

その姿勢で自然にスイングすると、バットのスイングに似た横振りに近くなるはずです。しかし、これで構いません。

アイアンでもその長さの違いで、バックスイングでのクラブの上げ方やゴルフスイングの軌道は変わっているはずですから、その延長と考えましょう。

フォロースルーでもタオルドリル

スポンサード リンク



多くのアマチュアの悩みのタネと言えるものの中には、クラブフェースが開くことが原因のスライスや、クラブが振り遅れてしまいインパクトロフトが適正な状態よりも寝てしまうために起こる飛距離不足でしょう。

これらは、結局のところ手だけに頼るゴルフスイングの傾向が強いことに起因しているとも言えるのではないでしょうか。

体と腕の一体感が不足してフェーースが開いたり、クラブが減速するという現象が起こっていることは容易に想像できるでしょう。

フォロースルーでは体と腕の一体感がどうしても必要になります。グリップエンドはおヘソのほうを指した状態でフォロースルーを迎えることさえできていれば、つねに体の正面に腕やクラブをキープできます。

スイング軌道の安定性と言う意味でも気を配るべきポイントです。

ただし、スイング中にグリップエンドをおヘソに向けておくというのは意外に難しいところがあるため、両ワキにタオルを挟んだ状態でフォロースルーをきっちりつくるのが効果的な練習方法になってきます。

左ワキがあいたり、左ヒジを引いたりする動きを防止する効果があり、体の回転スピードに伴うクラブの加速を生み出すことも期待できるでしょう。

アドレス時に作った身体とゴルフクラブの間隔を変えないという意味においては、スロープでも腕の長さをキープしてスイングすることが可能になってくるので傾斜地からのショットの想定練習にもなってくるでしょう。

こちらの記事もどうぞ!

  • アイアンでハーフスイングのドリルアイアンでハーフスイングのドリル 右手だけのゴルフスイングのトレーニングに続き、アイアンショットのハーフスイングのドリルを紹介します。クラブ、腕、体の3箇所の同調をマスター […]
  • ゴルフスイングドリル・アイアン上級者向けゴルフスイングドリル・アイアン上級者向け 上級者向けにやや難易度の高いゴルフスイングのドリルを紹介してみます。両手にそれぞれ1本ずつクラブを持ちます。その間隔を保ちながらスイングす […]
  • ハンドファーストのゴルフスイングの手順ハンドファーストのゴルフスイングの手順 アイアンショット・インパクトはハンドファーストと申し上げました。今回は、アイアンショットでハンドファーストのゴルフスイングを行う場合の手順 […]
  • アイアンはU字型のゴルフスイングでアイアンはU字型のゴルフスイングで アイアンショットはU字型のゴルフスイングにするべきです。V字型だとバックスピンが必要以上にかかりすぎる傾向があるので避けた方が正解でしょう […]
  • アイアンの番手選びのコツアイアンの番手選びのコツ アイアンの番手をどれにしようかと迷った時には、フルスイングしてもピンまでは届かないクラブを選ぶことを考えましょう。アイアンショットで問題に […]
  • バンカーショットのドリルバンカーショットのドリル バンカーショットが苦手だと思っている人が多い理由としては、やはり通常のゴルフスイングに比較して練習機会がなかなかないことにあるのかもしれま […]
  • パット上達のゴルフスイングのドリルパット上達のゴルフスイングのドリル パットの成功率を向上させるための必要最低条件とは、設定したパットラインにボールを正確に打ち出すことにつきますです。打ち出しの最初からライン […]
  • ハンドファーストインパクトを体感する方法ハンドファーストインパクトを体感する方法 ハンドファーストインパクトを体感するための練習法について紹介しておきます。方法はいたってシンプルで右腕1本でアイアンクラブを振るだけです。 […]
  • クロスハンドグリップでのゴルフスイングクロスハンドグリップでのゴルフスイング アイアンショットでのリストの動きを抑えるためのゴルフスイングの基本的な練習法として、スプリットハンドグリップを以前に紹介しました。今回は別 […]
  • アイアンショットから「シャンク」を無くすアイアンショットから「シャンク」を無くす アイアンショットでシャンクのミスをすると、仲間たちから、「今はヘッドアップしていたよ」と指摘されるケースがあるかもしれません。一度や二度で […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ