クロスハンドグリップでのゴルフスイング

アイアンショットでのリストの動きを抑えるためのゴルフスイングの基本的な練習法として、スプリットハンドグリップを以前に紹介しました。

今回は別なグリップ方式での練習法を紹介しておきます。それは、「クロスハンドグリップ」です。

クロスハンドグリップは、右手でグリップエンド側を握って、その先を左手で握るグリップ方式で、ツアープロでもパッティングの際によく用いられるグリップ方式です。

今回は、パッティングではなくアイアンのゴルフスイングにこの握り方を応用する練習法です。

アイアンショットの場合でも、クロスハンドグリップにすれば、今よりもアドレスのバランスがよくなる可能性が期待できます。

他のグリップ方式ですと右手が下になるため、どうしても肩のラインが右に傾いたアドレスになりがちです。

これは、人間の身体の構造からみてもある程度は仕方がない面もあります。
ハンドファースト
しかし、クロスハンドグリップにすることで正しい両肩のセット位置の感覚がつかめます。

身体の真正面でグリップを始めることで、両ヒジの高さを一定にして構えた時にできる三角形をキープしたままゴルフスイングに入ることを強く意識する必要があります。

スプリットハンドグリップと同様に、このクロスハンドグリップはシャフト、体、腕の動きが一体化する感覚がつかみやすいのが大きなメリットです。

それは、クラブヘッドが先行したり、振り遅れたりするゴルフスイングではなくなることです。

スポンサード リンク


体の回転運動と同期を取るようにクラブヘッドが動くので、インパクトポイントが不安定にならず、ボールをジャストミートすることが容易になると言えるでしょう。

方向性を安定させる上にダフリ、トップのミスショットの矯正にも役立つスプリットハンドとクロスハンドの2つのグリップを生かしたドリルは、もちろんプロ達も実践している練習方法です。

調子が悪い時に、ムキになってボールを打つことを繰り返すだけでは何の解決策にもなりません。

着実に上達の可能性を秘めているドリルを試してみることは決してゴルフスイングの上達にムダなものにはなりません。

手首を必要以上に動かしてしまいミスショットを連発しているアマチュアプレーヤーはかなりの数に上ることでしょう。

そのために、ここで2種類のグリップ方式でのドリルを紹介させていただきました。是非役立ててください。

スプリットハンドドリルでアイアンを安定させる

アイアンのゴルフスイングではリストの動きをなるべく抑えて安定したショットに導くようにします。
ゴルフは楽しい
アイアンでは方向性が命になります。

しかし、体が思うように動かず、フックやスライスのミスに悩んでいる方も多いことでしょう。

ミスショットの大きな原因はリストが余計な動きをすることであり、それをコントロールしてこそ安定したショットを導けるわけなのです。

ここでは「スプリットハンドドリル」を紹介します、これを、実践すればその感覚のひとつの手懸りとなるでしょう。

スポンサード リンク



「スプリットハンドグリップ」とは、右手と左手を離して握るグリップ方式です。

握る位置の目安としては、クラブに装着してあるグリップの両端をそれぞれの手で握ります。こぶし1つ分くらいは離れた状態になるでしょう。

アドレスでスプリットハンドグリップが完成すれば、両手首の角度がロックされて動かない感覚がわかるでしょう。

トップ・オブ・スイングでは、両手首が固定されているため、コックを意識する必要もなく、同じ高さで両ひじをキープすることができます。

ダウンスイングでは、右ひじを支点にしたゴルフスイングで右肩口からアイアンクラブを立てた状態で振り下ろします。

ハーフショットドリルで説明しましたが、これと同じにグリップ位置を体の正面から外さずにフィニッシュまでもっていきます。

通常のグリップ方式を取ると打ち急いで右腕の力が勝ってしまうと、極端なヘッドターンを起こしたり、カット打ちの軌道を誘発してしまいがちです。

その点、このスプリットハンドグリップならリストが動かしにくいので、腕に無駄なパワーが入らず、正しいプレーンにそったゴルフスイングを比較的やさしくできるメリットがあります。

グリップ方式は、ゴルフスイングに大きな影響を与えます。その点では、ドライバーでもアイアンでも共通したことです。

このドリルを実践することで、リストがブレることを抑制する方法をマスターできれば、確実にスイングの上達につながります。

グリップ方式は千差万別

話が後先になってしまい申し訳ありませんが、ここでグリップ方式の分類についての説明をさせていただきます。

両手の握り方としてはフィンガーグリップとパームグリップの2つがありますが、その他にも握り方の分類がさまざまあります。

ひとつ目はストロンググリップ、スクエアグリップ、ウィークグリップという分類方法です。これらは左手を深くかぶせて握るか、浅めに握るなどの違いを意味します。

ふたつ目の区分けとしてはオーバーラッピンググリップ、インターロッキンググリップの2種類になります。これらは単純にグリップの握り方の種類と考えて構いません。

スポンサード リンク



まず、ストロンググリップ、スクエアグリツプ、ウィークグリップのそれぞれの特徴を説明しておきます。

左手の親指をグリップのどこに乗せるかの違いで、ストロンググリップ、スクェアグリップ、ウィークグリップに分類されます。

左手親指をグリップの真上に乗せるのがスクエアグリップと呼ばれる方式で、自分から見て左手親指がグリップの真上よりも右側に乗せるとストロングリップになり、左側に乗せるとウィークグリップとなります。

ストロンググリップは左手の甲が上を向くように左手をかぶせるようにして、右手は浅めに握るグリップ方式です。

自分から見て左手のナックルが2つ見えるのが基本となり、左手甲の向きに合わせて右手のひらを少し上に向けるようにします。

昨今ではこの握り方をスクエアグリップと考えているレッスンプロも少なくありません。

クラブをインサイドアウトの軌道に乗せるのに有利なグリップで、ドロー回転の球が打ちやすいのが大きな特徴と言えるでしょう。

見方を変えればスライスになりやすいゴルファーにも役立つグリップ方式だといえるでしょう。

スクエアグリップは、左手甲と右手のひらをターゲットに向けて正対させる握り方になります。

クラブをインサイド・ストレートインの軌道に乗せやすいという特徴を持ち、一番基本的なグリップとこれまで考えられてきた握り方です。

ただしゴルフクラブの性質次第ではマッチしないケースもあることだけは覚えておいてください。

ウィークグリップは、左手を浅めに握って、右手をかぶせるようにする握り方です。アウトサイドインの軌道になりやすいので、スライスが出やすい握り方です。

逆に、フックを矯正したいゴルファーには向いているグリップだということもできるでしょう。

オーバーラッピングとインターロッキンググリップ

次に指の絡ませ方の違いによる3種類のグリップ方式と、それぞれの特徴を述べておきます。

オーバーラッピンググリップは、右手の小指を左手の人差し指、もしくは左手の人差し指と中指の中間に乗せる握り方です。

スポンサード リンク



インターロッキンググリップは、右手の小指と左手の人差し指を絡める握り方です。

基本的にはオーバーラッピンググリップでもこのインターロッキングのどちらでも自分の好みで選びましょう。

オーバーラッピンググリップの場合、右手が使いやすい握り方であるといえるでしょう。

一方のインターロッキンググリップは両手の一体感の面で優れていることが言えますし、右手の力を抑えやすいという特徴を持ちます。

ツア―プロの最近の傾向としてはインターロッキンググリップを採用しているゴルファーが増えてきていますが、どちらが優れているかは一概に言えません。

クラブのフェース面をコントロールしやすくするための微調整と考えて良いところなので、自分の感覚や感性に合った握り方を選べば良いでしょう。

他にも、左手親指をグリップに乗せるだけで、両手を離して握るテンフィンガーグリップもあることはあります。

しかし、両手の一体感が得られやすいインターロッキンググリップかオーバーラッピンググリップのいずれかを採用した方が無難でしょう。

球筋や目的にフィットした最適な握り方

どのグリップ方式が自分にとって良いのかは、ゴルファーが自分自身で決める問題です。さまざまグリップにトライしてみて自分に合ったグリップを見つけることです。

自分の打ちたい球筋に最適な握り方や、スライスなどのミスショットを防ぎたい握り方など目的によってもグリップ方式を変えてみましょう。

ただし、どうしても守った方が良いという点があることも確かです。両手ともフィンガーグリップにした方が良いかもしれませんし、左手の小指側の3本でしっかり握るとぴう条件はクリアしたいところです。

また、右手の中指と薬指の2本でグリップを引っかけるように握るやり方がおすすめできるかもしれません。

こうしたグリップの大原則さえ守られていれば、握り方の細かいところは自分なりに微調整と考えればいいのです。

重要なことは絶対に両手のバランスの悪い握り方をしないということに落ち着きます。

パットの正しいグリップ方法

スポンサード リンク



以前に、パットのアドレスについて説明しました。

今回は正しいアドレスができた後の、グリップの手順についてです。

ゴルフスイングの基本として正確なストロークをパットで実現するためには、正しいアドレスとグリップの手順が必要です。次のような手順で試してみましょう。

本当にマスターできるまでには少し時間がかかるかもしれませんが、繰り返し練習してみて下さい。

  1. 右腕でクラブのフェース面をパットラインにスクエア(直角)にセットします。
  2. それから両手をパットラインと平行になるように広げます。
  3. 両方の手のひらの向きが変わらないように正確にグリップすることがポイントです。
  4. この時、右手を左手の上に添えるオーバーラッッピンググリップと左手を右手の上に添える逆オーバーラッッピンググリップとがありますが自分の得意なほうで握ります。
  5. 左右の親指がグリップのでクロスするようにしてグリップすることで、グリップに一体感が感じられるはずです。
  6. 手の甲が見えるストロンググリップのような握り方ではストロークが不安定になりますので、あまりお勧めできません。
  7. 手首が固定されたグリップ方式が大前提になりますが、できるだけソフト柔らかく握りましょう。強くグリップしすぎると、両肩や上体に力が入ってぎこちないストロークになります。

010
身体とグリップの位置関係について説明しておきます。正しくストロークするための絶対条件は、前傾姿勢で両肩の真下のラインでグリップすることです。それができないとどんなストロークになってしまうかと以下に説明しておきます。

◆グリップ位置が体から遠すぎるケース
バックスイングでクラブヘッドがインサイドに上がり、クラブフェースも開きます。インパクト後も右手首が左腕側にかぶさる状態になります。

このケースではインサイドインのストロークになり、ターゲットに向かって思い通りのボールを打つことが難しくなります。

◆グリップ位置が体に近すぎるケース
懐が狭くなってしまうことで、アドレスが窮屈な状態になります。まずバックスイングでクラブヘッドがアウトサイドに上がり、フェースが閉じる状態になります。

そしてインパクトの後では、左肘が上がってクラブヘッドが右へ押し出されます要するにアウトサイドアウトのストロークとなるわけでインパクトも不安定になり、転がりのいいボールなどとうてい望めない状況です。

グリップの基本

スポンサード リンク



グリップの基本について説明を加えておきましょう。グリップする時には左手の扱いが非常に重要となります。

基本は左手の甲をターゲット方向に正しく向けてスクエアにクラブを握ることと言えるでしょう。この時、左手の3本の指は力を入れずにしっかりグリップすることが大切です。

体重移動のレッスンに入る前に、身体とクラブの連結部分とも言えるグリップについて正しく理解しておく必要があります。

003両手の手のひらがぴったりつくようなイメージを持って、スクエアなグリップを作るように心がけるのが良いのかもしれません。

こうすることで、左手の甲を目標に正確に向けることができてセットアップの精度を上げる効果が期待できます。

左手の小指、薬指、中指の3本はある程度しっかり握りますが、肝心なのことは力は入れてはいけないということです。

この3本を強く握ってしまう弊害として、手首の動きがどうしても硬くなりがちになってスムーズなリストターンを実行することが困難になるため注意してください。

こちらの記事もどうぞ!

  • ハンドファーストのゴルフスイングの手順ハンドファーストのゴルフスイングの手順 アイアンショット・インパクトはハンドファーストと申し上げました。今回は、アイアンショットでハンドファーストのゴルフスイングを行う場合の手順 […]
  • パットはクロスハンドで「方向性」を出すパットはクロスハンドで「方向性」を出す ゴルフスイングの中でもカップから1メートル以内のショートパットの状況を容易に打破する方法があります。プロゴルファーも多数採用している「クロ […]
  • パットでボールを目で追わないパットでボールを目で追わない パットでボールを目で追わないようにしていますか?クラブヘッドが左足前を通過するまで目線は不動に保ちます。パッティングはアドレスの時に作った […]
  • フィニッシュ重視のゴルフスイングフィニッシュ重視のゴルフスイング テレビ放送のゴルフトーナメントでも時折見かけますが、プロゴルファーであってもミスショットすることは少なくありません。特にグリーン周りからの […]
  • アイアンはU字型のゴルフスイングでアイアンはU字型のゴルフスイングで アイアンショットはU字型のゴルフスイングにするべきです。V字型だとバックスピンが必要以上にかかりすぎる傾向があるので避けた方が正解でしょう […]
  • ラフの状況に応じたゴルフスイングラフの状況に応じたゴルフスイング ラフの状況に応じたゴルフスイングの考え方を説明してみます。ひとくちに「ラフ」といっても普通のラフから深いラフまで、あるいは順目のラフと逆目 […]
  • ゴルフスイングドリル・アイアン上級者向けゴルフスイングドリル・アイアン上級者向け 上級者向けにやや難易度の高いゴルフスイングのドリルを紹介してみます。両手にそれぞれ1本ずつクラブを持ちます。その間隔を保ちながらスイングす […]
  • 左足上がり、左足下がりのゴルフスイング左足上がり、左足下がりのゴルフスイング 傾斜地のゴルフスイングから左足上がりと左足下がりを取り上げます。ティーショットでうまくいってナイスショットが打ててフェアウエーキープしまし […]
  • 低弾道を狙うゴルフスイング低弾道を狙うゴルフスイング ゴルフスイングにおいて、ヘッドアップしてしまうことはミスショットにつながる可能性が高くなってしまうことはご存知だと思います。とは言っても、 […]
  • ティーアップしたボールのゴルフスイングティーアップしたボールのゴルフスイング ドライバーショットではゴルフスイングの中で唯一ティーアップしたボールを打つことになります。ショットの中でもこれだけは、スイングの最下点を通 […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ