クラブ選択に迷った時

クラブ選びに迷った時、つまり中途半端な距離が残った場合ですが、必ず大きめの番手を選ぶという人もいます。

その結果、度々ピンオーバーをやらかしてしまうケースも出てきます。しかし、シングルレベルの人とラウンドしてみると、「絶対にピンオーバーさせない番手を選ぶことが、スコアメイクのカギだ」といわれることもあるでしょう。

確かに、手前から攻めることに徹すればやさしいラインやアプローチが残るのは間違いないでしょうが、その反面ピンに届かなければ、バーディチャンスも少なくなるでしょう。

中途半端な距離が残ったとき、どうしたらいいのかは割と皆さんが迷うところではないでしょうか。

正解は決まっていないので状況に合わせて番手を選ぶ

確かに、ピンをオーバーさせない攻略法を続けていけば、比較的やさしいアプローチが残り、上りのラインが残りやすいと言えるでしょう。

その分、ボギーになりにくい攻略法だということもできるのは確かです。

おそらく、シングルレベルのゴルファーにとっては競技大会などに参加しているうちに、その人なりに得た教訓の一つなのかもしれません。

ただし、その考え方が絶対的な正解とも言えないことも間違いのない事実だと思う気がします。上級者の中にも短目を好む人と長目を選択する人の2つのタイプに分かれます

もちろん、誰もが上手いと認めるようなゴルファーやブロの中にも絶対にピンをオーバーさせない攻め方を常にする人もいることは確かです。

また、ロングアイアンよりも長い番手を選択した場合は必ずグリーンのセンターを狙うなど、自分にきつい制約をかける攻め方をするプレーヤーが多いことも間違いありません。

スポンサード リンク

しかし、ピンまで届く距離のクラブで打たなければ、バーディチャンスが確実に減ることも事実と言えるでしょう。

その意味では、オーバーすることを恐れずに、大きめの番手を選択するプレーヤーも少なからずいます。

話をまとめると、中途半端な距離が残った状況では、短めの番手を選択するのも、長めの番手を選ぶのもどちらも間違ってはいないと考えるのが正解かもしれません。

つまり、そのときのライの状況やピンポジション、風の強さと向き、グリーンの速さ、当日のスコアや調子といった様々な状況をトータルで考えてクラブ選択を考えるべきのでしょう。

大きなミスを犯したくない状況なら短目を選択し、攻撃的に攻めなければいけない状況では長めのクラブを選んでいけばいいと考えて構わないのではないでしょうか。

クラブの長さに関わらず、同じテンポで打つ

よく言われることですが、ピンの奥を狙うのは避けるべきだといいますが、それも状況次第で違ってきます。

たとえば、グリーンの速さがそれほどではない場合や、傾斜の少ないグリーンであれば、ピンの奥を嫌がる必要性はそれほど高くないでしょう。

また、バンカー越えになる上に手前にピンポジションされているのであれば、上級者でもグリーンオンを優先させるのが普通でしょう。

これ以外にも、プロや上級者レベルになれば、ウェッジで柔らかいグリーンを狙うときは、ピン奥を意識して狙い、バックスピンで戻すというテクニックを使うことも考えられるでしょう。

以上のように、「ピンは絶対にオーバーさせない方が正しい」とは言われていても、それは状況次第で違ってくるわけです。

本当に正しいことは、周囲の人の言葉を盲目的に信用せずに、自分の攻略法を確立することにあると言えるでしょう。

スポンサード リンク



ピンの奥まで飛ばしてしまうのはおすすめできかねますが、それを恐れることなく積極的に攻めていくのは、必ずしも間違いとは言えないのです。

ただ、注意が必要なところは、どちらのクラブを選ぶか迷うような距離が残ったからといって、ヘッドスピードを普段とは変えて距離をコントロールしようとすることだけは良くありません。

同じ番手のクラブを、ヘッドスピードだけを変えて飛距離を調整することはプロのレベルでも難しいテクニックだからです。

短い番手で大振りしたり、長い番手でスローテンポで打とうとすると、必ずと言って良いほどミスにつながるので止しておきましょう。

短めの番手を使って打つときは、ショートさせることは覚悟して打つことです。そして、長めの番手で打つときは、クラブを短く握って、普段と同じテンポで打つことです。

その結果として、ごく自然に距離が落ちるように攻めることが大切なところです。

中途半端な距離を攻める場合の基本的な考え方は以上のようなことで納得していただけましたでしょうか?

番手選びに迷ったとき、最もまずいことは気持ちが迷ったままスイングするということです。

短い番手を選んだら、ショートするのがナイスショットであり、長い番手を選ぶのであれば、オーバーしても後悔しない覚悟を持ちましょう。

常にそういう心構えを持ってクラブ選択することが本当の意味で一番大切なのではないかという気がします。

アイアンの飛距離はキャリーで判断すべし

アイアンのメインの役目は距離の違うターゲットに対して正確にボールを運ぶことと言えます。

ゴルフコースの上ではたくさんのアイアンクラブの中から残りの距離に最適なクラブを選択しなければいけないのは当然です。

そうした目的に残りの距離を確実に打ち分けるためには、クラブごとの飛距離をあらかじめ掴んでいないと話になりません。

一般的には1番手違うと距離の差は10ヤードくらいと言われています。これは人によっても違いますし、上級者や飛距離の出るゴルファーならば15ヤードと考えた方が良いケースもあります。

スポンサード リンク



大切なことは、自分なりのアイアンの番手間の飛距離の違いをしっかりと把握しておくことにあると考えた方が正しいでしょう。

この点を正確に把握できていなければ、コースの上でグリーン攻略を考える際、どのアイアンクラブを選択していいのか正確な判断が下せません。

ゴルフ初心者にありがちな失敗としては、キャリーとランを合わせた距離を自分のキャリーの飛距離と勘違いしてしまうことでしょう。

過去に150ヤードの距離を7番アイアンでピン近くにアプローチできた実績が何度かあると、ランを考慮せずに7番アイアンのキャリーの飛距離が150ヤードあると信じてしまうケースです。

これが大きな間違いなのは明らかです。番手ごとの飛距離はキャリーで把握しておくようにしなければ正確は判断、正確なクラブ選びはできません。

この点を勘違いしてしまうと、池や他のバザード越えの状況になった場合に、クラブ選択でミスを犯すことが充分に考えられます。

状況を考慮した上でランがどのくらいあるかも合わせてつかんでおいて、トータルでおおよその距離も把握しておくのが妥当でしょう。

10ヤードより更に綿密な距離の調節をしたい場合には、アイアンを1インチ短く握る方法もあります。

そうすれば、いつもの長さで握ったときより約5ヤード距離が短くなるでしょう。これができるレベルになれば、比較的簡単に番手間の距離の差を5ヤード刻みへと緻密にあすることが可能になります。

名人級のゴルファーの言葉

長い間ゴルフを続けていると、人に言われて気がつくような言葉があるものです。

ベン・ホーガンは「ゴルフは左サイドが全てだ」と言っています。

バイロン・ネルソンは「私は右手を使いたい。右手を使うためには、それに耐えられる左手が必要なんだ」と言っています。

リー・トレビノなどは「精神的なプレッシャーがかかった状況下では、ソフトにスイングするのは難しい。だから、短めのクラブを使ってしっかり打て」と言っています。

スポンサード リンク



ケン・ベンチュリーは「届くクラブを使うわけだから、絶対にリキミは禁物だ」と言っています。

こうした名人級のゴルファーの言葉は、単に心に残るというだけでなく、自分のゴルフスイングにも大きな影響を与えるものです。

そうした見方をすれば、「ピンを絶対にオーバーさせるな」という言葉も人の心に強く響くのかもしれません。

こちらの記事もどうぞ!

  • つま先上がりと爪先下がりをマスターするつま先上がりと爪先下がりをマスターする 8時のゴルフスイングが基本になります。アドレスではスタンスは広めにとって、体重はつま先に掛けてやります。 ボールは左側に飛びやすくな […]
  • アイアンはU字型のゴルフスイングでアイアンはU字型のゴルフスイングで アイアンショットはU字型のゴルフスイングにするべきです。V字型だとバックスピンが必要以上にかかりすぎる傾向があるので避けた方が正解でしょう […]
  • アイアンショットから「シャンク」を無くすアイアンショットから「シャンク」を無くす アイアンショットから「シャンク」を無くす方法を説明します。アマチュアゴルファーにとってミスショットの中でも、1発始めると、連発して、せっか […]
  • 左足上がり、左足下がりのゴルフスイング左足上がり、左足下がりのゴルフスイング 傾斜地のゴルフスイングから左足上がりと左足下がりを取り上げます。ティーショットでうまくいってナイスショットが打ててフェアウエーキープしまし […]
  • ハンドファーストインパクトを体感する方法ハンドファーストインパクトを体感する方法 ハンドファーストインパクトを体感するための練習法について紹介しておきます。方法はいたってシンプルで右腕1本でアイアンクラブを振るだけです。 […]
  • アイアンの番手選びのコツアイアンの番手選びのコツ アイアンの番手をどれにしようかと迷った時には、フルスイングしてもピンまでは届かないクラブを選ぶことを考えましょう。アイアンショットで問題に […]
  • アイアンでハーフスイングのドリルアイアンでハーフスイングのドリル 右手だけのゴルフスイングのトレーニングに続き、アイアンショットのハーフスイングのドリルを紹介します。クラブ、腕、体の3箇所の同調をマスター […]
  • つま先上がりの打ち方つま先上がりの打ち方 スロープからのゴルフスイングで苦い経験をした方も多いのではないでしょうか。スロープは状況別に大きく4タイプに分類できますが、どの場合でもバ […]
  • クロスハンドグリップでのゴルフスイングクロスハンドグリップでのゴルフスイング アイアンショットでのリストの動きを抑えるためのゴルフスイングの基本的な練習法として、スプリットハンドグリップを以前に紹介しました。今回は別 […]
  • ハンドファーストのゴルフスイングの手順ハンドファーストのゴルフスイングの手順 アイアンショット・インパクトはハンドファーストと申し上げました。今回は、アイアンショットでハンドファーストのゴルフスイングを行う場合の手順 […]
スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ