アイアンショットから「シャンク」を無くす

アイアンショットから「シャンク」を無くす方法を説明します。シャンクの原因と直しかたをマスターしてください。

シャンクは一度出ると、連発する傾向があり、継続した問題となりやすいミスショットです。ショートアイアンやウェッジのコントロールショットのとき出やすいという特徴もあります。

アマチュアゴルファーにとってミスショットの中でも、1発始めると、連発して、せっかくのラウンドを台無しにされたシャンクは悩みの種かもしれません。

ゴルフスイングの改善は意外と簡単です。シャンクはボールがクラブフェースのネックやソケットの部分に当たり、右斜め前へ急角度に飛び出す球筋のことです。

ゴルフスイングの理論がつかめるとシャンクの対処法も簡単なのです。つまり、「シャンク病」はけろりと治るのです。

ピンまで80ヤードほど残して、バーディーチャンスかと意気込みながら、シャンクして右へOBになる。

そんな苦い経験をされたゴルファーも少なくはないでしょう。

ラウンド中でもゴルフ練習場でも1発のシャンクがきっかけになって、ゴルフスイングをどうやってもシャンクの連発で、最後にはもうイヤになってアイアンクラブが振れなくなってしまう方もいるようです。

シャンクの原因は、フェースを開いてインサイドアウトに振りおろしたとき出るミスショットと理解している人が少なくないでしょうが、そればかりとは限りません。

フェースを閉じていてもいなくても、さらにアウトサイドインに振りおろしたときでも、シャンクは出ることがあります。

ダウンスイングの軌道が、正しい軌道よりほんのわずか体から離れ前に出ていれば、いつでも起きるミスショットなのです。

シャンクは体重がつま先にかかり過ぎていたり、ボールから離れて遠くに立っているとき、またはその逆でボールに近づきすぎて立っているときなどによく出るミスです。

スポンサード リンク

シャンクが連発すれば、ゴルフ自体つまらないものに感じてしまい、ストレスも発散どころか貯まる一方です。では、シャンクの原因から考えましょう。

一番のポイントとなるのは、ダウンスイングでクラブヘッドがアウトサイド軌道から下りてきて、その上、身体が左にオープンのまま、インパクトを迎えることです。

つまり、スライスのゴルフスイングと同様でカット打ちの延長線上にあるのがシャンクです。

この状況を打開するためには、スイング軌道を変えるしか方法がありません。今回はアウトからではなく、インサイドから振り下ろす手順を説明しておきます。

  1. まずストロンググリップでクラブを握ることから始めます。以前に説明したように左手甲の半分が前方に来る握り方です。
  2. クラブのフェース面は目標に対して直角(スクエアに構えます。
  3. グリップの位置が左太ももの前に来るハンドファーストの状態で構えをとりましょう。
  4. テークバックでは素早く右手首を折り曲げてコックし、クラブフェースが前傾姿勢と平行になるように角度を維持したままアイアンクラブを引き上げます。
  5. 左手甲を上に向けたままの状態でトップ・オブ・スイングを作ります。
  6. そのままリストの角度をキープしたままダウンスイングに素早く移行します。体、胸のラインが開かないようにインパクトヘと向かいます。
  7. アドレスに似たフォームの状態でボールをヒットし、フォロースルーも取ればシャンクは必ず無くせます。

ゴルフの準備他に注意すべきポイントとしては、「ヘッドアップさえ起こさなければ、シャンク病は治る」という考え方は間違いです。

いくら頭を残しても軌道がアウトサイドからとなり、インパクトでクラブフェース面や胸が開いてしまっては、シャンクやスライスが出てしまいます。

この事実を忘れて、いくらボールを打っても悩みは解決しません。要するに「いかにクラブフェースをコントロールするか」こそ、シャンクの解決の役に立つのです。

ボールをつかまえるためのセオリーを理解して、説明した手順を踏めば、すぐにシャンクは矯正できるのです。

スポンサード リンク



心からゴルフを楽しむために、ゴルフスイングの基本に立ち戻って、シャンクに打ち勝ちましょう。

スイングの基本に立ち戻り、インサイド・ストレート・インサイドの軌道を守ることで必要以上にひざを動かしたり、ウエートシフトをしたりせずに、頭を固定し、スイング軌道が前にずれないように注意してスイングすることが肝要です。

アイアンクラブを選ぶための豆知識を付け加えておきます。

パワーのある男子プロやアスリートゴルファーでも3~4番アイアンはあまり使わなくなり、代わりにユーティリティーやショートウッドを選ぶようになりました。

パワーに自信のある人なら何とか4番アイアンは使えるかもしれませんが、アマチュアゴルファーでもアイアンは5番から9番のセットが中心になりました。

フェアウェイウッドと5番アイアンの番手間の距離の狭間を埋めるには、7番ウッドや9番ウッド、もしくはユーティリティークラブ2本を選ぶことを勧めます。

ここで、同じ7番アイアンでもメーカーによってロフト角に違いがあり、重心位置でもスイングやショットの感触がまったく違うことを覚えておきましょう。

低重心設計のクラブでフェースが大きめ、シャフトは力-ボン製のものが容易に使いこなせるでしょう。構えやすさもアイアンを選ぶ際の基準と考えましょう。

冬場のアイアンショット

冬場のアイアンショットはコンパクト重視で責めるべきです。

冬場に飛距離を伸ばすにはゴルフスイングから無駄を排除して、ゴルフスイングの方向性を高めることが大切です。

ファーストバウンドでフェアウェーをしっかりと捕えることが重要なことです。

これは何もファーストショットのドライバーに限ったものではありません。

グリーンを狙う距離でのアイアンショットも同じことが言えます。

トップ・オブ・スイングをコンパクトにまとめて、左腰の高さにグリップ位置が収まるローフィニッシュのゴルフスイングを最優先で考えましょう。

ドライバーショットとは異なり、アイアンでのゴルフスイングでは飛距離よりも方向性や距離感が重要視されます。

スポンサード リンク



そのためアイアンでのゴルフスイングではコンパクトにすることを心がけて、何よりもショットを曲げないようにすることを優先します。

冬場のアイアンショットの練習法を書いておきます。練習に使うクラブは7番アイアンとします。

パー3のショートホールでのティーショットを仮定して、ボールをティーアップして練習します。テークバックで左腕が地面と平行までに達したら、それ以上は振り上げないことが肝心です。

これによってトップ・オブ・スイングはコンパクトにまとまります。そこからダウンスイングに移行して、インパクトからフォロースルーにかけては両腕を伸ばし切ることに意識的に行ってクラブヘッドを振り下ろしましょう。

大切なのは、飛距離を伸ばすことではなく、狙ったポイントにボールをストレートに運ぶ意識を持つことです。

インパクトの直前になったらクラブヘッドが左足前を通過するフォロースルーに達するまで、フェース面をスクエアにキープしたまま振り抜くことが大切です。

目線はボールのセットした場所にくぎ付け状態にして、クラブヘッドが通過するまで頭を上げずにヘッドアップを避けましょう。

グリップの位置は体の正面に常に維持しながら、体の回転運動と腕の振りを同調させながらスイングすることでサイドスピンの少ないボールの飛び出しが実現できます。

フィニッシュで体の向きがターゲット方向に正対して、グリップのポジションが体の正面にある状態を作ります。

クラブヘッドのトゥ部分が12時の位置に収まっるようにすれば、ボールは狙ったターゲット方向へ真っすぐに飛んでいくでしょう。

フルスイングする時と比較して弾道は低くなりますが、その分、風の抵抗は弱まって、左右の曲がり幅は最小限に抑えられるでしょう。

ゴルフスイングをコンパクトにすることでスイングのにおける無駄な動作が減少して、ミート率が見違えるほどアップしまするでしょう。
005
冬場の寒い季節は体が厚着になって動きが鈍くなり、気温の低下で飛距離も落ちます。

そんな冬場こそ、コンパクトなゴルフスイングが役に立つでしょう。

シーズンインに備えた、この7番アイアンでの練習を積むこともオフシーズンのトレーニングにはもってこいでしょう。

冬ゴルフではグリップ交換も作戦のうち

スポンサード リンク



冬場のゴルフに関する対策のひとつとして、グリップに工夫してみるという手段もあります。

寒くなるとどうしても着ぶくれしてしまうので身体が十分に回らなくなって、ヘッドスピードが低下してシャフトを硬く感じてしまう傾向があります。

その上、グリップを無意識のうちに強く握り締めてしまうことで、ヒッカケやフックなどのミスショットが出やすくもなるのです。

そこで、グリップ交換という話になるのですが、グリップを大別するとフルラバー、ハーフコード、フルコードと質感の違う3タイプになります。

とくに冬場のゴルフプレーでコード入りグリップを使うと、シャフトから伝わってくる振動をより強く感じてしまって、ますます強く握ってしまいやすくなります。

そこで、仮にコード入りタイプのグリップを装着している場合は、フルラバーグリップに交換するのが冬場のゴルフ対策として有効な方法になってきます。

上級者はアイアンクラブの中でもウェッジだけフルラバーグリップを装着すると言った具合に、繊細なタッチが要求されケースには最適な方法です。

さらに軟らかいグリップのメリットとして、インパクト時に受けるショックをある程度吸収してくれるため、不必要なリキミを防いでくれるという点も挙げられますから、ぜひお試しください。

こちらの記事もどうぞ!

スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ