つま先上がりの打ち方

スロープからのゴルフスイングで苦い経験をした方も多いのではないでしょうか。

スロープは状況別に大きく4タイプに分類できますが、どの場合でもバランス良くコンパクトにゴルフスイングすることが大切です。

今回は。つま先上がりのゴルフスイングを説明します。

日本は狭い国ですから、ゴルフコースも郊外にあるケースが多く山の近くだとどうしても傾斜地はさけることができません。しっかりと傾斜地の打ち方をマスターしましょう。

スロープからのゴルフスイングは、①つま先上がり②つま先下がり③左足上がり④左足下がりの4種類に大別されます。

どの場合も何も注意を払わずに打った場合、大きなミスショットを誘発する危険性の高いものです。

特にすり鉢状のホールの場合、左右のOBに挟まれて両サイドの斜面にボールが止まってしまうと第2打、第3打でOBという非常に悔しいミスショットの可能性も高くなります。

それを防ぐ方法を、つま先上がりから今後順番にポイントを説明していきます。

つま先上がりのゴルフスイングのポイント

  1. スタンス 安定感を増すには、肩幅より少し広くどっしりとした構えにします。体重を受け止めるのを両足親指付け根の裏側にするため、両膝を軽く内側に折り曲げるようにします。ウエートの配分は左右均等とします。
  2. ボールの位置 スタンスの中央の位置にセットします。
  3. グリップ 傾斜の度合いががきつくなるほど短くグリップするようにします。
  4. スイング フルスイングは無理な状況です。前傾姿勢を維持したまま、上半身を中心にしたコンパクトなゴルフスイングで抜り切ることが大切になります。下半身のウエートシフトが難しい状況だからといって、振り切らずに手打ちにしてしまうとスイングの軌道にズレが生じます。

スポンサード リンク


002
また、このスロープでは体が開きやすい特徴があるのでクラブがインサイドから下りてぎて、フェースも開いてしまうとシャンクも最悪の場合、出てしまいます。

クラブヘッドが返りやすい状況からして、ヒッカケのミスにも注意を払う必要があります。

それを未然に防ぐにはインパクトの直後にリストが返らないようにしたゴルフスイングにすることも意識する必要があります。

「左足上がり」と「左足下がり」のライからのゴルフスイングの基本には触れてきましたが、今回は体の前後、つま先あるいはかかとに体重が乗りやすいライであるつま先上がりからのアプローチショットをもう少し説明しておきます。

その前にゴルフクラブの特性を把握しておく必要があります。アイアンのクラブフェースのセンターに鉛筆サイズの細い1本の棒を垂直に貼り付けます。

平地でクラブヘッドをソールした場合と、フェース面の棒はターゲットラインを指します。

しかし、ヘッドのヒール側を地面に接地してトゥ側を浮かせる状態にすると、ターゲットラインに対して棒は左サイドを向くでしょう。

これとは反対にトゥ側を地面に接地して、ヒール側を浮かせると棒は右方向を向くようになります。

このクラブ特性を見ることで、つま先上がり下がりの傾斜地でのショットの打ち出し方向がつかめます。

つま先上がりのライでは、ヘッドのトゥ側が浮いた状態になるわけですから左方向に打ち出され、つま先下がりのライでは、ヒール側が浮く状態になるため右方向に打ち出されます。これを必ず念頭に置いておいてください。

今回は、つま先上がりの傾斜地からのアプローチショットです。ショットは左方向に打ち出されることになりますから、ターゲット方向よりも右方向にアドレスを取るのが正解になります。

スポンサード リンク



つま先上がりのゴルフスイングのポイントで説明しましたが、かかとにウエートがかかり過ぎるため、少し前傾姿勢でつま先寄りに体重を乗せることが必要です。かかと体重は体のバランスを崩しやすい状況なので注意が必要です。

そしてボール位置が足場よりも高くなる関係上、その分クラブを短くグリップすることもお伝えしました。

ゴルフスイングはアドレス時の右手のリストのくの字形を終始維持したまま体の回転運動と同調させることに心を配ります。

グリップ位置が体のセンターに位置するようなゴルフスイングを目指すということです。

体のターンが止まって腕だけが走ったり、グリップのポジションが体の幅から外れたりしてしまうのは望ましくありません。

クラブフェースが極端に返り過ぎて左にヒッカケのミスを招くことをもう一度付け加えておきます。

ゴルフスイングの最中に体のバランスを崩しやすい傾斜地ですから、性急なゴルフスイングや無理に飛距離を伸ばそうとするゴルフスイングは避けるようにしましょう。

つま先上がりをどう攻める

つま先上がりの傾斜からのゴルフスイングはコースに出たら必ずと言って良いほど直面する問題です。

つま先上がりの傾斜では、方向性はフックしやすいのが特徴と言えるでしょう。

つま先上がりのライではボールの高さが自分の両足のそれよりも、高い位置にある状況です。

この場合の球筋を考える場合、つま先上がりを極端な状況にして検討してみるとより、理解しやすくなると思います。

たとえば、ボールがおへその高さにあるとしたら、どうやってボールを打てば良いのでしょうか。この高さのボールをアイアンで打つとしたら、必ずと言って良いほど左方向へ飛んでいきます。

アドレスしたときのフェースの向きに思いを向ければ、よくわかるでしょう。それがつま先上がりのライだということです。

ボールが左へ飛んでしまうのだから、攻略法としては最初からターゲットの右狙いとするのがゴルフスイングの常識です。

スポンサード リンク



ピンを狙えるようなポジションであれば、ピンの右を狙っていく攻略法を選択するわけです。

ボールは勝手に左方向へ飛んでくれるのですから、本来の狙った方向にボールを運ぶことがでるでしょう。

どの程度ボールが左方向へ曲がっていくかですが、つま先上がりの傾斜の度合いがきついほど左方向へ飛ぶ傾向が強まります。

アドレスは上体を起こしてとることが基本になります。つま先上がりのライの状況ですと、どうしてもウエートがかかと側にかかり、体が後ろ側へ倒れ込みそうになります。

この対策としては、両膝を深く折り曲げて、上体を前かがみにすることを考えがちですが、このアドレス姿勢ではライに見合わない構え方とは言えない状態です。

上体を前に折り曲げてしまうと、ウエートはつま先寄りにかかった体勢となります。

しかし、この状態ではゴルフスイングの最中にウエートが両足のかかと側に、移動する可能性が高くなります。

体重も地球からの引力の影響で、低いほうへ流れてしまう傾向があるためです。

つま先上がりの傾斜では本人は土台となる下半身をしっかりさせて構えるつもりで前傾を深くすることが多いようですが、このアドレス姿勢では傾斜に逆らった立ち方をしていることなります。

傾斜地のゴルフスイングの基本についてもう一度考えてみましょう。つま先上がりの傾斜では、ウエートは両足のかかと寄りに置いて立つことが基本となります。

これを実現するには両膝を、あまり深く折り曲げないようにして、つっ立ったポーズにするのが良いのです。

ボールが左方向へ飛んでいくのをできるだけ防ぐ方法としては、ボールの位置を内側にセットします。

両足の中央付近まで右に寄せるのがですが、傾斜が極端にきつい場所では、もっと右に寄せたほうが良いようです。

状況次第で、臨機応変にボールのセットポジションを調整するように考えるのが正解です。

スポンサード リンク



両足の真ん中あたりを基準の位置として、スロープの度合いがきつくなればなるほど、ボールを右足のほうへ寄せるようにします。

これによって、ボールは比較的曲りが小さく飛びことになります。ただし、フルスイングすることだけは禁物です。

フルスイングすると体のバランスを崩しやすくなり、せっかくこれまで準備したアドレスの姿勢やボールの位置がすべて無駄になって、ミスショットにつながるからです。

ゴルフスイングの大きさはスリークォータースイングくらいをイメージすれば良いでしょう。

小さくコンパクトなゴルフスイングを心がけるのが、つま先上がりのライでの基本です。

ウエートシフトも無しで、トップ・オブ・スイングの大きさもいつもの大きさよりも小さくコンパクトにまとめます。

トップでの手の位置は、肩の高さくらいを限度に考えて止めます。この高さ以上に振りあげてしまうと、体が後ろにのけぞってしまいかねません。

当然、ボディーターンをフルに使った大きなゴルフスイングはミスショットを招く原因につながります。

手の動きを中心に意識してクラブを振りあげていき、ダウンスイングも同じ要領で振りおろすようにします。

強くボールをヒットしようとすると、ボールは左方向へ飛ぶ可能性がそれだけ高くなります。

こんなライからのゴルフスイングでは、ある程度のことはあきらめた方が良いのです。距離に欲を出したりすると、大きなトラブルにつかまる可能性が高いのです。

言って盛れば、つま先上がりのライにボールがある状況自体が、既にトラブルになっているのです。リカバリーショットだと割り切った方が正解の状況なのです。

次のショットが打ちやすいエリアに、ボールを運んでおくだけの意識を持つことがたいせつです。

そのため、身体が後ろの低いほうによろけてしまうような、大振りは避けるべきなのです。

こちらの記事もどうぞ!

スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ